多田省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多田省吾
ただ しょうご
生年月日 1931年2月18日
出生地 山形県山形市
没年月日 (2010-09-04) 2010年9月4日(79歳没)
出身校 東北大学
前職 聖教新聞記者
第三文明社代表取締役社長
所属政党 (公明政治連盟→)
(公明党→)
(公明→)
公明党
称号 参議院永年在職議員
配偶者 妻・多田時子

選挙区 全国区
当選回数 4回
在任期間 1965年7月5日 - 1989年7月9日
テンプレートを表示

多田 省吾(ただ しょうご、1931年昭和6年)2月18日 - 2010年平成22年)9月4日[1])は、日本政治家山形県山形市出身。東北大学工学部化学工学科卒業。元参議院議員(4期)。

経歴[編集]

1931年2月18日、山形県山形市に生まれる。

1953年、東北大学工学部化学工学科を卒業し、聖教新聞社に勤める。

1965年7月4日第7回参議院議員通常選挙に、全国区から、公明党公認で立候補し、初当選(以降4回)する。

1970年代に、公明党副委員長に就任し、15年以上に渡り務める。公明党参議院議員団長二宮文造の後任として、公明党参議院議員団長に就任する。日中国交正常化交渉の際、第2次、第3次訪中団に参加する。

1989年第15回参議院議員通常選挙に立候補せず、政界を引退。任期満了直前の国会で永年在職表彰を贈られる[2]

政界引退後は、第三文明社代表取締役を歴任する。元公明党副委員長の大久保直彦と共に、「公明党をサポートする会」を結成し、代表を務める。

2010年9月4日、脳こうそくのため死去。79歳没[1]

人物[編集]

  • 雑誌『月刊ペン』が、妻で元衆議院議員の多田時子を、「池田大作の愛人で多田にとっては「拝領妻」」と報じたことに対して、月刊ペン編集長の隈部大蔵を名誉毀損で訴えた。

親族[編集]

  • 妻 多田時子(元衆議院議員)

役職歴[編集]

  • 公明党
    • 中央執行委員会副委員長
    • 参議院議員団長
  • 公明党をサポートする会
    • 代表
  • 第三文明社
    • 代表取締役社長

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 多田省吾氏死去 元公明党参院議員 - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ 第176通常国会・本会議会議録第1号 - 参議院ホームページ、2011年1月17日閲覧。
議会
先代:
中野鉄造
日本の旗 参議院運輸委員長
1988年 - 1989年
次代:
中野鉄造
先代:
原田立
日本の旗 参議院法務委員長
1974年 - 1976年
次代:
田代富士男