須藤元気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


須藤 元気(すどう げんき、本名同じ、1978年3月8日 - )世界学生レスリング日本代表監督、拓殖大学レスリング部監督、作家、ミュージシャン、タレント

東京都江東区出身。拓殖大学大学院地方政治行政研究科修士、サンタモニカ大学芸術学部中退。格闘家時代のニックネームは「変幻自在のトリックスター」。引退後は拓殖大学レスリング部監督になり7回もの最優秀監督賞を受賞している。

来歴[編集]

名前は父親がファンであった小山ゆうボクシング漫画がんばれ元気』が由来。

関東第一高等学校時代に始めたレスリング(グレコローマンスタイル)が格闘スタイルの基礎であり1996年拓殖短期大学に進学すると、全日本ジュニアオリンピック優勝を果たし、世界ジュニア選手権に出場した。

拓殖短期大学を卒業した1998年4月に渡米して、ロサンゼルスのビバリーヒルズ柔術クラブに所属。アメリカの格闘技大会に出場して経験を積む。1999年8月の帰国後はパンクラスを主戦場として、この頃より凝った入場と格闘技の試合にプロレス技を繰り出すことで格闘技ファンの注目を集めた。パンクラスでは菊田早苗らともに格闘家チームGRABAKAの立ち上げメンバーとなるが、活動の範囲をさらに広げるべく、2000年12月に再渡米。

K-1 WORLD MAXでのデビュー戦は、2002年2月11日の日本代表決定トーナメント。第一戦は、日本キックボクシング界のエース的存在であった小比類巻貴之

2002年10月19日、『凶気の桜』で映画俳優デビュー。

2003年12月31日、K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!にて、体重差110kgのバタービーンに2Rヒールホールドで一本勝ち。

2004年5月22日、K-1 MMA Championship ROMANEXにて、ホイラー・グレイシーに1RKO勝ち。

2006年9月6日、「Love&Everything」で歌手デビュー。プロデュースはACIDMAN

2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!にて、ジャクソン・ページと対戦、1R 3分5秒三角絞めで一本勝ちを収めた後にリング上で突然の引退宣言を行った。

2007年11月22日に一般女性との結婚を発表した。

2008年8月23日公開の日本映画『R246 STORY』(6編の短編から成るオムニバス映画)の中の「ありふれた帰省」で映画初監督(自身も主演)を務めた。

2008年11月1日、拓殖大学レスリング部監督に就任した。

2009年5月22日、拓大レスリング部監督として東日本学生リーグ戦で就任以来初となる優勝を決め、最優秀監督賞を受賞した。

2009年、パフォーマンスユニット「WORLD ORDER」を結成し[1]、同年12月16日にデビュー曲『WORLD ORDER』をiTunes先行配信で発売[2]

2010年8月7日公開の映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』にオカマの泉京水(ルナドーパント)役の怪演が話題に。後に「仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーエターナル」にも出演。

2011年4月1日、ボランティア組織「Team WE ARE ALL ONE」を立ち上げ、9月まで毎月被災地に行きボランティア活動をした。

2012年2月、アメリカ・コロラド州で行われたデーブ・シュルツ記念国際大会、日本代表チーム監督として同行。

2012年3月15日、647人でロボットダンスを同時に踊りギネス世界記録を達成。

2012年10月、 フィンランドで行われた世界学生レスリング選手権大会、日本代表監督。

2012年10月19日、全日本大学グレコローマン選手権にて拓殖大学を優勝に導き7回目の最優秀監督賞を受賞。

趣味[編集]

  • 読書
  • 温泉
  • 利き酒

テレビ番組等出演時のエピソード[編集]

  • 映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』で演じた泉京水は、当初は関西弁のオラオラ系キャラクターであったが、同様のキャラクターがいるということと須藤自身が関西出身ではないということで、話し合いの結果、オカマキャラに決定したとインタビュー等で語っている。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 2 11 3 0 2 0
4 1 0 2 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ジャクソン・ページ 1R 3:05 三角絞め K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! 2006年12月31日
オーレ・ローセン 5分2R+延長1R終了 判定3-0 HERO'S 2006 2006年3月15日
× 山本"KID"徳郁 1R 4:39 KO(右フック→パウンド) K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!
【ミドル級トーナメント 決勝】
2005年12月31日
高谷裕之 2R 3:47 三角絞め HERO'S 2005
ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級トーナメント 準決勝】
2005年9月7日
宮田和幸 2R 4:45 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2005
ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級トーナメント 準々決勝】
2005年9月7日
ラモン・デッカー 1R 2:54 ヒールホールド HERO'S 2005年3月26日
ホイラー・グレイシー 1R 3:40 KO(膝蹴り→パウンド) K-1 ROMANEX 2004年5月22日
マイク・トーマス・ブラウン 1R 3:31 腕ひしぎ三角固め UFC 47: It's On! 2004年4月2日
バタービーン 2R 0:41 ヒールホールド K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!! 2003年12月31日
× ドゥエイン・ラドウィック 5分3R終了 判定0-3 UFC 42: Sudden Impact 2003年4月25日
レイ・レメディオス 2R 1:38 チョークスリーパー UFC 38: Brawl at the Hall 2002年7月13日
山本喧一 2R 1:46 チョークスリーパー リングス WORLD TITLE SERIES 2001年12月21日
ブライアン・ローアンユー 1R 2:17 三角絞め リングス Battle Genesis Vol.8 2001年9月21日
クレイグ・オックスレー 1R 3:14 アキレス腱固め PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年10月31日
アンドレ・ペデネイラス 15分終了 ドロー コロシアム2000 2000年5月26日
× 國奥麒樹真 10分+延長3分終了 判定0-3 PANCRASE 2000 TRANS TOUR 2000年2月27日
ネイサン・マーコート 13:31 腕ひしぎ十字固め PANCRASE 1999 BREAKTHROUGH TOUR 1999年12月18日
ビクトー・ハンセイカー 1:43 ギブアップ(肘打ち) PANCRASE 1999 BREAKTHROUTH TOUR 1999年10月25日
× 渡辺大介 不戦敗 PANCRASE 1999 BREAKTHROUTH TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 3位決定戦】
1999年8月1日
× 豊永稔 10分+延長3分終了 判定0-3 PANCRASE 1999 BREAKTHROUTH TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 準決勝】
1999年8月1日
窪田幸生 10分+延長3分終了 判定3-0 PANCRASE 1999 BREAKTHROUTH TOUR
【ネオブラッド・トーナメント 1回戦】
1999年8月1日
ティキ・ゴーセン 5分3R終了 ドロー Extreme Shoot 2 1998年6月6日

K-1[編集]

キックボクシング 戦績
6試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
2 2 0 0 0 0
4 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× イアン・シャファー 2R 0:59 TKO(パンチ連打) K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜 2006年9月4日
マイケル・ラーマ 2R 2:09 TKO(右眉上のカット) K-1 WORLD MAX 2004 〜世界王者対抗戦〜 2004年10月13日
× アルバート・クラウス 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2003 〜世界王者対抗戦〜 2003年11月18日
× 魔裟斗 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2003 〜日本代表決定トーナメント〜
【1回戦】
2003年3月1日
金珍優(キム・ジンウ) 2R 0:16 KO(バックハンドブロー) K-1 WORLD MAX 2002 〜世界王者対抗戦〜 2002年10月11日
× 小比類巻貴之 3R 1:27 KO(右ローキック) K-1 WORLD MAX 〜日本代表決定トーナメント〜
【1回戦】
2002年2月11日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
宇野薫 5分2R終了 判定60-54 CONTENDERS 2000 2000年7月1日

タイトル[編集]

  • 全日本ジュニアレスリンググレコローマンスタイル優勝、ジュニア世界選手権日本代表
  • ウエストサブミッショントーナメント優勝
  • UFC-JAPAN王者

このタイトルはUFCに正式に認められたものではなく、活動を停止しているUFC-JAPANのリングで制定されたベルトである。前王者の山本喧一が個人的に保持していたものを、2001年12月21日にリングスでタイトルマッチを行ない奪取した。

  • UFC38 Brawl at the Hall タップアウト、ベストファイター賞
  • UFC47 Its On !タップアウト、ベストファイター賞

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

TV CM[編集]

書籍[編集]

  • 幸福論(2005年10月、ネコ・パブリッシング / 文庫:2007年10月、ランダムハウス講談社)
  • 風の谷のあの人と結婚する方法(2006年7月、ベースボール・マガジン社)
  • 神はテーブルクロス(2007年4月、幻冬舎)
  • レボリューション(2007年9月、講談社)
  • バシャール スドウゲンキ(2007年11月、ヴォイス)
  • 無意識はいつも君に語りかける(2008年4月、マガジンハウス)
  • キャッチャー・イン・ザ・オクタゴン(2008年11月、幻冬舎)
  • 愛と革命のルネサンス(2009年5月、講談社)
  • Let's猫(2010年1月、朝日新聞出版)
  • 今日が残りの人生最初の日(2011年1月、講談社)
  • 美は肉体に宿る(2011年2月、マガジンハウス)
  • WE ARE ALL ONE 須藤元気のボランティア記録(2011年7月、講談社)
  • 須藤元気のつくり方(2011年12月、イーストプレス)
  • 自分が変われば世界が変わる(2012年4月、講談社)
  • 須藤元気のオフィス・トレーニング(2013年3月、主婦の友社)
  • やりたい事をすべてやる方法( 2013年4月、幻冬舎)

音楽作品[編集]

WORLD ORDER[編集]

DVD[編集]

  • 「GENKI SUDO」(2007年7月4日、TCエンタテインメント)
    格闘を引退した須藤元気本人による責任編集で作られた映像作品。これまでの試合や入場シーンをダイジェストで収録のほか、インタビュー、このDVDのために撮影された「SPECIAL EXHIBITION」も収録。特典映像として未公開の「WESTSIDE SUBMISSION TOURNAMENT 2001」の映像も収録。

脚注[編集]

  1. ^ 須藤元気氏のパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」のPVが完成!! DREAM公式サイト 2009年9月29日
  2. ^ 須藤元気氏のパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」のデビュー曲がiTunesで配信開始!! DREAM公式サイト 2009年12月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]