エドウイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エドウイン
EDWIN Co., Ltd.
EDWIN COMPANY Head Office.JPG
旧本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビルディング2F
設立 1969年5月(創業:1947年)
業種 繊維製品
法人番号 2011501011549 ウィキデータを編集
事業内容 ジーンズおよびカジュアル衣料の企画・製造・販売
代表者 代表取締役社長 林 史郎
資本金 5000万円
(2012年1月20日時点)
純利益 2億6213万9000円
(2012年1月20日終了期)
純資産 298億7044万8000円
(2012年1月20日時点)
総資産 487億3812万円
(2012年1月20日時点)
決算期 1月20日
主要株主 伊藤忠商事 100%
主要子会社 #グループ企業参照
外部リンク edwin.co.jp
特記事項:1947年「常見米八商店」として創業。
テンプレートを表示

株式会社エドウイン(読みはエドウィン: EDWIN Co., Ltd.)は、デニム素材を中心とした日本ファッションブランド、繊維メーカー。

概要[編集]

1950年代に常見米八商店の商号から発展したTUNEMIは、中古ジーンズアメリカから輸入し市場に提供していたが、1960年代に入り、日本で初めて独自の製法によりジーンズを製造・販売する。

「EDWIN」というブランド名は、デニム(DENIM)の「D」と「E」を逆転し、「NIM」を180度反転し「WIN」として命名されたアナグラム[1][2]。東京の旧称「江戸」(EDO)と勝利(WIN)の意味を持つ[2]

日本テレビ系『TVジョッキー日曜大行進』の人気コーナー「奇人変人大会」では毎回優勝者にエドウインのジーンズが贈呈された。

また一時期はアメリカ・イタリアにも工場を設け、MADE IN U.S.A.シリーズ及びMADE IN ITALYシリーズを生産していたがこれは数年で中止されている。

所有する営業車のナンバーは、同社の代表的なブランドにちなんで「503」としており、車体色もデニムをイメージしたものにしている。

最近では著名人とのコラボレーションジーンズでも有名であり、速水もこみち土屋アンナらがデザインしたジーンズが販売されている。

2012年8月、証券投資の失敗を隠すために不正経理を繰り返していた疑いがあることが報道された[3][4]。報道を受けて同社では第三者委員会の設置などによる調査・適切な対応を行うとコメントした[5]。不正経理の表面化から4ヶ月後の12月24日、この日からエドウインはブラッド・ピットを5年ぶりに起用した「503」の宣伝広告を公開したが、主要金融機関からの借入金690億円の返済が滞り、銀行団に対して返済計画を策定していた真っ最中に、3億は下らない広告費用を費やしたことから、メガバンク幹部はいら立ちを隠せなかったという。経営者一族が野放図な金融取引を行っていたことが経営悪化の要因となったが、そうなった背景には当時の社長である常見修二がワシントン大学で金融工学を学んだ経験を持っていたことによって驕りを抱いていたこと、企業統治が欠けていたことが指摘されている[6]

2013年11月26日、事業再生実務家協会に対し事業再生ADR手続きの利用を申請。その後受理された[7][8][9]

2014年3月10日、伊藤忠商事がスポンサー選定手続において、優先交渉権を獲得。エドウイン・ホールディングスの株式を100%取得し、スポンサー契約を締結したと発表した[10][11][12]。債権者とギリギリの交渉が続いた結果、最終的には12億6000万円以下の債権者は全額一括弁済とし、それ以上は伊藤忠をスポンサーとした債権放棄と超長期弁済との折衷案で金融債権者間との合意を見るようになった[6]

特徴[編集]

エドウインのジーンズの特徴として、ペーパー・ブラシを用いてジーンズにヒゲを出したり、シェービングを用いて全体的な色落ち加工を施したり、ほつれを出すなどのダメージ加工が挙げられる。デザインの特徴としては、ポケットのWのステッチ、EDWINロゴを大きく配した皮ラベルなどが挙げられる。このデザインは1960年代のモデルから引き継がれているデザインである。

沿革[編集]

  • 1947年 - 前身である(株)TUNEMIが中古ジーンズを輸入し販売を開始する。 
  • 1961年 - 日本で初めてデニム生地を輸入し、国産初のブルージーンズを販売する。
  • 1963年 - 「359BF」の発売。
  • 1975年 - 「オールドウオッシュ」の発売(中古加工の先駆けとなる)
  • 1980年 - 「ストーンウオッシュ」の発売
  • 1981年 - 「ロンドンスリム」をドイツで発表する。
  • 1983年 - 日本国内販売第1位となる。
  • 1987年 - リー・ジャパン(株)を買収する。
  • 1994年 - 「505」シリーズ(ニューヴィンテージ)発売。
  • 1997年 - 「503」シリーズ(ニューベーシック)発売。
  • 2001年 - 東洋紡との共同でZYLONの開発、ZYLON-503の発売。
  • 2008年 - 4月26日に日暮里駅前ビル「ステーションガーデンタワー」に日本最大の旗艦店「エドウイン・デニム・ギャラクシー」がオープン。
  • 2018年 - 10月24日に本社が荒川から目黒駅前に初移転する。
  • 2021年 - 前年から続く新型コロナウイルスの感染拡大により販売が激減。秋田県にある子会社「秋田ホーセ」4工場の閉鎖を決定(8月中旬までに生産終了)[13][14]。その後、7月に閉鎖されていた「秋田ホーセ」の本社工場がエドウインの商品開発や技術研究などを行うサンプルセンター(仮称)部門として再稼働することになった(従業員の一部を継続雇用)[14]

日本で生産している主なブランド[編集]

グループ企業[編集]

  • 株式会社エドウイン直営店
  • イー・ジーニング株式会社
  • リー・ジャパン株式会社
  • 株式会社アメリカ屋

CM[編集]

スポンサー番組[編集]

以下は過去にスポンサードしていた番組

脚注[編集]

  1. ^ エドウインの歴史(公式ページ)
  2. ^ a b えっ、日本のブランドだったの? 外国生まれと誤解しがちな5つのブランド” (日本語). ハフポスト (2019年10月7日). 2021年1月8日閲覧。
  3. ^ “投資の失敗で200億円の大穴 ユニクロの激安ジーンズに敗れたエドウインの焦り”. ビジネスジャーナル. (2012年8月31日). http://biz-journal.jp/2012/08/post_613.html 2014年2月11日閲覧。 
  4. ^ “エドウイン、不正経理疑いで調査 証券投資の失敗を隠ぺいか”. 共同通信. (2010年8月24日). http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012082401001559.html 2014年2月11日閲覧。 
  5. ^ “エドウイン、不正経理の疑い解明へ第三者委”. 日本経済新聞. (2010年8月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD240HQ_U2A820C1TJ1000/ 2014年2月11日閲覧。 
  6. ^ a b 藤森徹『あの会社はこうして潰れた』日本経済新聞出版社、2017年4月10日初版、111-123頁、 ISBN 9784532263379
  7. ^ “エドウインが私的整理 ジーンズ大手、再建目指す”. 共同通信. (2013年11月27日). http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112701001692.html 2014年2月11日閲覧。 
  8. ^ “エドウイン破綻で「ジーンズ業界」消滅 5大ブランド中4つが経営破綻”. 日経ビジネスオンライン. (2013年12月4日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131202/256571/?P=1 2014年2月11日閲覧。 
  9. ^ “事業再生ADR申込の正式受理のお知らせ”. 株式会社エドウイン. (2013年12月16日). http://news.edwin.co.jp/news/adr-1.html 2014年2月11日閲覧。 
  10. ^ “エドウイン再建、伊藤忠が支援へ”. 日本経済新聞. (2014年2月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD060VD_W4A200C1TJ0000/ 2014年3月18日閲覧。 
  11. ^ “伊藤忠がエドウイン支援正式発表 全株式を取得”. WWD JAPAN.COM. (2014年3月11日). http://www.wwdjapan.com/business/2014/03/11/00010632.html 2014年3月18日閲覧。 
  12. ^ “エドウイングループとのスポンサー契約締結について”. 伊藤忠商事株式会社. (2014年3月11日). http://www.itochu.co.jp/ja/news/2014/140311.html 2014年3月18日閲覧。 
  13. ^ 秋田県内の全工場を閉鎖へ”. 日本テレビ (2021年5月27日). 2021年5月29日閲覧。
  14. ^ a b エドウイン子会社の秋田ホーセ工場 商品開発担い再稼働へ 秋田魁新報 (2021年9月4日閲覧)

  

外部リンク[編集]