高谷裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高谷 裕之
基本情報
本名 高谷 裕之
通称 伝説の喧嘩師
喧嘩番長
悪魔の拳
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-06-10) 1977年6月10日(40歳)
出身地 千葉県習志野市
所属 格闘結社田中塾
→フリーランス
→TEAM HARDCORE
→WK高谷軍団
→高谷軍団
身長 167cm
体重 65kg
階級 フェザー級
バックボーン 総合格闘技
テーマ曲 STONP BOX
THE QEMISTS
テンプレートを表示

高谷 裕之(たかや ひろゆき、1977年6月10日 - )は、日本男性総合格闘家千葉県習志野市出身。高谷軍団所属。現DREAMフェザー級王者。

チーマーで、幼少期から喧嘩にあけくれていたというエピソードと、リングでのパンチ中心のファイトスタイルから「喧嘩番長」の異名を持つ。「沢山殴りたいです」「相手の顔を沢山殴る試合をします」などとインタビューで発言するほどパンチへのこだわりは強い。

生粋のストライカーであり、実際に一撃で相手を失神させるほどの威力を持ったパンチを武器とし、フェザー級を中心にKOの山を築いている。

妻はファッションモデル三浦麻穂。現在は芸能プロダクションLDH JAPANとマネジメント契約している。

略歴[編集]

喧嘩や暴走行為に明け暮れる少年時代を過ごし、23歳の時に「とりあえずエネルギーを発散させないとまずい」と思ったのがきっかけで総合格闘技を始める[1]

2001年12月7日、SWAアルティメットボクシング大会で村山光広と対戦。3-0の判定勝ち。

2002年4月12日、掣圏道 アルティメットボクシング大会でガチェチラゼ・イオセブと対戦。3-0の判定勝ち。

2002年5月3日、東京武道館第一武道場で行われた第13回全日本新空手道選手権大会の軽中量級に出場。決勝戦で小林悟(現・サトルヴァシコバ)に本戦判定0-2で敗れ、準優勝となった[2]

2002年9月29日、全日本アマチュア修斗選手権・ライト級(-65kg)に出場し、決勝戦で藤岡正義に敗れ、準優勝となった。

2003年2月6日、修斗新人王トーナメント・ライト級 1回戦で碓氷早矢手にTKO勝ち。7月13日、準決勝で日沖発に3-0の判定勝ち。11月3日、決勝で藤岡正義に3-0の判定勝ち。全日本アマ修斗 決勝戦での雪辱を果たすとともに新人王となった。

2004年1月24日、修斗でジョン・ホーキと対戦。判定1-0で引き分け。

2004年3月13日、全日本キックボクシング連盟「全日本ライト級最強決定トーナメント 1st.STAGE」でサトルヴァシコバと約2年ぶりの再戦。2Rに左ハイキックでダウンを奪われ、0-3の判定負け。

2004年5月3日、修斗でステファン・パーリングと対戦。ハイキックでTKO勝ち。

2004年9月23日、全日本キックボクシング連盟「DANGERZONE」で山本優弥と対戦。0-3の判定負け。

2004年12月14日、修斗でギルバート・メレンデスと対戦。0-3の判定負け。

HERO'S[編集]

2005年7月6日、HERO'S初参戦となったHERO'Sミドル級(-70kg)世界最強王者決定トーナメント1回戦でヤニ・ラックスと対戦。左フックでKO勝ちを収めた。

2005年9月7日、トーナメント準々決勝でレミギウス・モリカビュチスと対戦。激しい打撃戦となったが、最後はパウンドによりTKO(レフェリーストップ)勝ち。レミギウスのキックにより右肘を負傷したがドクターストップを振り切り、トーナメント準決勝で須藤元気と対戦。ほぼ左手のみで戦ったが、三角絞めで一本負け。

2005年11月5日、HERO'S 2005 in SEOULでキム・ドヒョンと対戦。3-0の判定勝ち。

2006年8月5日、HERO'Sミドル級世界最強王者決定トーナメント準々決勝でJ.Z.カルバンと対戦。右跳び膝蹴りでダウンを喫し、KO負け。

2007年3月12日、HERO'S 2007 開幕戦でアンドレ・ジダと対戦。ジダの打撃で鼻骨骨折に追い込まれ、ドクターストップでTKO負け。

2007年9月8日、CAGE FORCE初参戦となったCAGE FORCE 04でジャロッド・カードと対戦、左フックでKO勝ち。

2007年11月8日、修斗でアントニオ・カルバーリョと対戦。激しい打撃戦となり2Rにカルバーニョのパンチで左目尻から出血するも、ドクターチェックからの再開後に右フックでダウンを奪う。3R、膝蹴りからのパンチ連打でTKO勝ち。

WEC[編集]

2008年2月13日、WEC初参戦となったWEC 32でレオナルド・ガルシアと対戦し、右ストレートでKO負け。

2008年12月3日、WEC 37で8月大会から延期になったカブ・スワンソン戦を迎えるも、0-3の判定で敗れWEC2連敗となった。

DREAM[編集]

2009年3月8日、DREAM初参戦となったDREAM.7のフェザー級(-63kg)グランプリ1回戦でキム・ジョンウォンと対戦し、TKO勝ちを収めた。

2009年5月26日、DREAM.9のフェザー級グランプリ2回戦で前田吉朗と対戦し、TKO勝ちを収めた。

2009年10月6日、DREAM.11のフェザー級グランプリ準決勝で所英男と対戦し、パウンドでKO勝ち。続く決勝ではビビアーノ・フェルナンデスに激戦の末に判定負けを喫し、準優勝となった。

2009年11月22日、入籍した[3][4]2010年2月14日には結婚披露宴を行った[5]

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC 対抗戦で小見川道大と対戦し、右ストレートでダウンしたところにパウンドで追撃されTKO負けを喫した。この試合で右眼窩底骨折の重傷を負った[6]

2010年5月29日、ケージ開催となったDREAM.14ヨアキム・ハンセンと対戦し、右ストレートでKO勝ちを収めた。

2010年9月25日、DREAM.16チェイス・ビービと対戦し、左フックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しKO勝ちを収めた。試合後のリング上で1試合前に試合を行ないマイクアピールした小見川に対抗し、「さっき誰かが『フェザー級の中心は俺だ』とか言ってたんですけど、フェザー級の中心は俺です」とマイクアピールした[7]

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜でDREAMフェザー級王者ビビアーノ・フェルナンデスに挑戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[8]

2011年7月16日、DREAM JAPAN GP FINALのフェザー級(-65kg)タイトルマッチで宮田和幸と対戦し、2-1の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
38 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
22 15 0 7 0 2 0
14 5 1 8 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
日沖発 1R 1:12 TKO(右フック→パウンド) PANCRASE 290 2017年10月8日
× ISAO 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 283 2016年12月18日
× アラン・オマー 5分3R終了 判定0-3 Euro FC 1: The New Era 2016年10月1日
× ナザレノ・マレガリエ 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 278 2016年6月12日
DJ.taiki 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS 2015年12月29日
ガイ・デルモ 3R 4:11 TKO(左フック→パウンド) PANCRASE 266 2015年4月26日
高橋遼伍 2R 0:38 KO(左フック→パウンド) VTJ 6th 2014年10月4日
内村洋次郎 1R 1:27 KO(右ストレート→パウンド) VTJ 4th 2014年2月23日
トビー・イマダ 5分3R終了 判定1-0 〜SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT〜 GROUND ZERO TOKYO 2013 2013年11月16日
× ダニエル・ロメロ 1R 3:23 KO(右ストレート→パウンド) VTJ 2nd 2013年6月22日
× ジョージ・カラカニヤン 5分3R終了 判定1-2 DREAM.18 & GLORY 4 〜大晦日 SPECIAL 2012〜 2012年12月31日
リオン武 5分5R終了 判定3-0 元気ですか!! 大晦日!! 2011
【DREAMフェザー級タイトルマッチ】
2011年12月31日
宮田和幸 5分3R終了 判定2-1 DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-
【DREAMフェザー級タイトルマッチ】
2011年7月16日
× ロバート・ペラルタ 5分3R終了 判定1-2 Strikeforce: Diaz vs. Daley 2011年4月9日
ビビアーノ・フェルナンデス 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜
【DREAMフェザー級タイトルマッチ】
2010年12月31日
チェイス・ビービ 1R 1:45 KO(左フック→パウンド) DREAM.16 2010年9月25日
ヨアキム・ハンセン 1R 4:27 KO(右ストレート) DREAM.14 2010年5月29日
× 小見川道大 1R 2:54 TKO(右ストレート→パウンド) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 2009年12月31日
× ビビアーノ・フェルナンデス 2R(10分/5分)終了 判定1-2 DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦
【フェザー級グランプリ 決勝】
2009年10月6日
所英男 2R 0:32 KO(パウンド) DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦
【フェザー級グランプリ 準決勝】
2009年10月6日
前田吉朗 1R 9:40 TKO(右フック→パウンド) DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【フェザー級グランプリ 2回戦】
2009年5月26日
キム・ジョンウォン 2R 0:40 TKO(右ストレート→パウンド) DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦
【フェザー級グランプリ 1回戦】
2009年3月8日
× カブ・スワンソン 5分3R終了 判定0-3 WEC 37: Torres vs. Tapia 2008年12月3日
× レオナルド・ガルシア 1R 1:31 KO(右ストレート) WEC 32: Condit vs. Prater 2008年2月13日
アントニオ・カルバーリョ 3R 1:58 TKO(スタンドパンチ連打) 修斗 BACK TO OUR ROOTS 06 2007年11月8日
ジャロッド・カード 1R 3:02 KO(左フック) CAGE FORCE 04 2007年9月8日
× アンドレ・ジダ 1R 3:29 TKO(ドクターストップ:鼻負傷) HERO'S 2007 開幕戦 〜名古屋初上陸〜 2007年3月12日
× J.Z.カルバン 1R 0:30 KO(右跳び膝蹴り) HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
【ミドル級トーナメント 準々決勝】
2006年8月5日
キム・ドヒョン 5分2R終了 判定3-0 HERO'S 2005 in SEOUL 2005年11月5日
× 須藤元気 2R 3:47 三角絞め HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級トーナメント 準決勝】
2005年9月7日
レミギウス・モリカビュチス 2R 4:16 TKO(マウントパンチ) HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級トーナメント 準々決勝】
2005年9月7日
ヤニ・ラックス 1R 1:56 KO(左フック) HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2005年7月6日
× ギルバート・メレンデス 5分3R終了 判定0-3 修斗 15th Anniversary 2004年12月14日
ステファン・パーリング 1R 2:11 TKO(左ハイキック) 修斗 2004年5月3日
ジョン・ホーキ 5分3R終了 判定1-0 修斗 2004年1月24日
藤岡正義 5分2R終了 判定3-0 修斗 WANNA SHOOTO 2003
【新人王トーナメント ライト級 決勝】
2003年11月3日
日沖発 5分2R終了 判定3-0 修斗
【新人王トーナメント ライト級 2回戦】
2003年7月13日
碓氷早矢手 2R 2:06 TKO(スタンドパンチ連打) 修斗
【新人王トーナメント ライト級 1回戦】
2003年2月6日
ガチュチラゼ・イオセブ 判定3-0 掣圏道 アルティメットボクシング 2002年4月12日
村山光広 判定3-0 SWAアルティメットボクシング 2001年12月7日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 孫煌進 4分1R終了 ポイント18-21 第1回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【ライト級 3回戦】
2001年4月15日
城間貴文 4分1R終了 ポイント22-17 第1回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【ライト級 2回戦】
2001年4月15日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 宍戸大樹 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING2013 act.2 2013年4月20日
× 山本優弥 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟 「DANGER ZONE」 2004年9月23日
× サトルヴァシコバ 3R終了 判定0-3 全日本キックボクシング連盟 「全日本ライト級最強決定トーナメント2004 1st STAGE」
【ライト級トーナメント 1回戦】
2004年3月13日

獲得タイトル[編集]

桜井速人への批判[編集]

2006年4月9日、桜井"マッハ"速人が土木作業員に顔を殴られ、左目の下の骨を折り全治1か月のケガを負うという事件が起こった(作業員は傷害容疑で逮捕)。高谷はこれに対し「人に夢を与える立場である格闘家が、素人に殴られ警察に訴えるのはどうなのか」との辛辣なコメントをブログで発表し、物議を醸した。

脚注[編集]

  1. ^ 格闘技始めた頃 高谷裕之オフィシャルBlog 2006年1月14日
  2. ^ 第13回 全日本新空手道選手権大会 新空手道連盟公式サイト
  3. ^ 結婚報告 高谷裕之 オフィシャルブログ 2009年11月22日
  4. ^ ☆ご報告☆ 三浦麻穂オフィシャルブログ 2009年11月22日
  5. ^ 結婚式 高谷裕之 オフィシャルブログ 2010年2月15日
  6. ^ 『FieLDS Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜』一夜明け会見 DREAM公式サイト 2010年1月1日
  7. ^ 【DREAM】石井慧が国内初勝利、桜庭和志は生涯初の一本負け!(2) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月25日
  8. ^ 【Dynamite!!】 高谷が王座奪取!長島☆自演乙が青木をKO!石井はバンナに辛勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ビビアーノ・フェルナンデス
第2代DREAMフェザー級王者

2010年12月31日 - 現在

次王者
N/A