室井邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
室井 邦彦
むろい くにひこ
生年月日 (1947-04-10) 1947年4月10日(70歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市
出身校 兵庫県立尼崎西高等学校卒業
追手門学院大学文学部中退
所属政党 自由民主党→)
無所属→)
自由党→)
民主党→)
日本維新の会→)
維新の党→)
おおさか維新の会→)
日本維新の会
公式サイト むろい邦彦ウェブサイト

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2007年7月29日 - 2013年5月8日
2013年7月29日 - 現職

選挙区 比例近畿ブロック兵庫8区
当選回数 1回
在任期間 2003年11月10日 - 2005年8月8日

選挙区 尼崎市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1996年

Flag of Amagasaki, Hyogo.svg 尼崎市議会議員
当選回数 1回
在任期間 1983年 - 1987年
テンプレートを表示

室井 邦彦(むろい くにひこ、1947年4月10日 - )は、日本政治家実業家日本維新の会所属の参議院議員(2期)、日本維新の会参議院幹事長。兵庫維新の会代表。

維新の党幹事長代理、国土交通大臣政務官野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、衆議院議員(1期)、兵庫県議会議員(2期)、尼崎市議会議員(1期)等を歴任した。妻は元衆議院議員室井秀子

来歴[編集]

京都府京都市生まれ[1]兵庫県立尼崎西高等学校卒業、追手門学院大学中退[2]1969年、室井運輸株式会社入社[3]1970年、同社代表取締役[3]に就任するが、室井運輸は1984年に廃業[3]。その後、有限会社室井を設立し、同社代表取締役を務める[3]

1983年尼崎市議会議員に初当選し、1期務める。1991年兵庫県議会議員に当選し、県議には2期5年間在職。また尼崎青年会議所理事長を務めた[2]1996年、兵庫県議を2期目の任期途中で辞職。第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で兵庫8区から出馬したが、新進党前職の冬柴鐵三に敗れ落選。2000年第42回衆議院議員総選挙には無所属で再び兵庫8区から出馬したが、公明党の冬柴鐵三に前回よりも得票差を広げられ、約2万5千票差で落選した。その後、自由党に入党し、2001年第19回参議院議員通常選挙に同党公認で兵庫県選挙区(定数2)から出馬したが、得票数4位で敗北した。2003年民由合併により民主党に入党。同年の第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で兵庫8区から出馬し、選挙区では公明党の冬柴鐵三に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、当選。2005年第45回衆議院議員総選挙では、兵庫8区で冬柴に敗れ、比例復活もならず落選した。

2007年第21回参議院議員通常選挙に民主党公認で比例区から出馬し、72,544票を獲得して党内18位で当選。2011年野田内閣国土交通大臣政務官に任命され、野田第2次改造内閣まで務める。2013年第23回参議院議員通常選挙に際し、民主党公認で比例区からの出馬が内定していたが、同年4月、民主党に離党届を提出。5月8日平田健二参議院議長に辞職願を提出し、参議院議員の辞職が許可された[4]。議員辞職後、日本維新の会に入党。第23回参議院議員通常選挙に日本維新の会公認で比例区から出馬し、32,107票を獲得して党内最下位の6位で当選して2ヶ月ぶりに国政復帰した。

2014年6月の日本維新の会分党に際しては、橋下徹大阪市長らのグループが結成する新党への参加を表明し、党国会議員団幹事長代理兼参議院幹事長に就任。橋下らのグループへの結いの党の合流に伴い、2014年9月21日に結党した維新の党に参加した。同月党国会議員団幹事長代理に就任。また党兵庫県総支部最高顧問に就任。さらに維新の党とみんなの党道州制度合同調査会幹事長などを務めた[5]

その後の維新の党の再分裂騒動に際しては民主党との合流否定派であるおおさか維新の会に参加、参議院幹事長に就任する。旧民主党出身議員の殆どが古巣である民進党参加を選ぶ中、おおさか維新の会側に参加したのは衆議院議員の小沢鋭仁改革結集の会をへて参加)と室井の二人であり、うち結成当初から参加するのは室井のみである。

政策[編集]

  • 「Stairs Man Project」(Facebookに公開)を2017年より開始、団塊の世代による医療費削減への貢献を呼びかける。
  • 2013参院選 毎日新聞候補者アンケートによると
    • 憲法9条の改正に賛成し、自衛隊の役割や限界を明記すべきと回答している。
    • 集団的自衛権の行使に賛成。
    • 村山談話河野談話について、わからないと回答している。
    • TPP交渉参加に賛成。
    • 日本の原発について、当面必要だが将来は廃止すべきと回答している。[6]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
市村浩一郎小泉俊明津川祥吾
日本の旗 国土交通大臣政務官
津川祥吾津島恭一と共同

2011年 - 2012年
次代:
川村秀三郎橋本清仁若井康彦
党職
先代:
(創設)
おおさか維新の会参議院幹事長
日本維新の会参議院幹事長

初代:2015年 -
次代:
(現職)
先代:
清水貴之
兵庫維新の会代表
第2代:2016年 -
次代:
(現職)