尾辻かな子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾辻 かな子
おつじ かなこ
201212事務所前にて.jpg
2012年12月、事務所前出発式での演説の様子
生年月日 (1974-12-16) 1974年12月16日(42歳)
出生地 奈良県
出身校 高知大学農学部森林科学科中途退学
同志社大学商学部卒業
所属政党 民主党→)
民進党→)
立憲民主党
称号 学士(商学)(同志社大学・2001年
公式サイト 尾辻かな子公式WEBサイト

選挙区 比例近畿ブロック大阪2区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月27日[1] - 現職

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2013年5月23日 - 2013年7月28日

選挙区 堺市堺区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2003年4月13日 - 2007年4月29日
テンプレートを表示

尾辻 かな子(おつじ かなこ、1974年12月16日 - )は、日本政治家社会福祉士介護福祉士立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。

大阪府議会議員を1期、参議院議員を1期務めた。

来歴[編集]

1974年12月16日奈良県で生まれ、大阪府阪南市にて育つ。兵庫県立夢野台高等学校を卒業し、高知大学農学部森林科学科中退後、韓国にあるソウル大学校への韓国語学習のために語学留学(当初は『韓国への留学』と公表していたが後に『語学留学』に訂正)を経て同志社大学商学部へ入学した[2]。高校時代に空手アジア大会で優勝し、高知大学に在籍していた時にはテコンドーでシドニーオリンピックの予選に出場経験がある[2]。大学在籍中の2000年から、特定非営利活動法人ドットジェイピーの議員インターンシッププログラムに参加し、茨木市議会議員の桂睦子のもとで活動した[3]

2003年第15回統一地方選挙の前半である4月13日の大阪府議会議員選挙に堺市堺区選挙区から出馬し、当時の府議会で最年少だった28歳で初当選した。[4]。2005年10月大阪府の社宅で住宅供給公社が運営管理する住宅について、高齢者だけではく同性カップルなど、法律上の血縁親族以外の単身者同士でも共有住宅として入居出来ることを確認した[5]2006年6月、米国務省のインターナショナル・ヴィジター・リーダーシップ・プログラム (International Visitor Leadership Program) に選ばれて、渡米してワシントンD.C.サンフランシスコなど各地を訪問し見聞を広めた[6]

2007年4月の大阪府議選には同年の7月の参議院選挙に民主党の公認として出馬するために尾辻は立候補しなかったため、同月29日付けで地方議員としての任期満了した。同年7月29日第21回参議院議員通常選挙比例区から民主党公認候補として立候補するも落選した。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙大阪5区から民主党公認候補(引退を表明した民主党の稲見哲男衆議院議員の後継)として比例重複立候補するも、選挙区では公明党の候補に敗北した。更に選挙区の日本共産党の新人にも得票率で負けるなど惜敗率も40%代で比例復活も出来ずに落選した[7][8]。 しかし、2013年5月8日に夏の参院選で鞍替え出馬を模索している民主党の参議院議員であった室井邦彦が辞職したため、繰り上げ当選となった[9][10]。参議院での所属委員会は文教科学委員会沖縄及び北方問題に関する特別委員会。同年7月の参議院選挙には出馬せず、任期満了。

2016年に結成された民進党では大阪2区総支部長に就任。

2017年9月28日、民進党が希望の党への合流方針を取って衆院選で公認候補を出さないことを決定。これを受けて希望の党への公認を求めていた。しかし、希望の党が日本維新の会との互いの選挙区に候補を立てないとの選挙協力が決まった。そのため、希望の党が日本維新の会の公認候補が多数占めている大阪府内で公認候補を擁立しないとの方針によって、府内の公認が受けられなくなった。9月30日、尾辻は希望の党からの公認が得られなくなったが、無所属でも出馬することを表明した[11]10月2日、大阪2区から立憲民主党公認で出馬することを表明[12][13][14]第48回衆議院議員総選挙は10月22日に実施され、大阪2区は自民党左藤章が当選した。日本維新の会椎木保より2万票近く下ったものの、比例復活で当選を果たした(惜敗率52.513%)[15][1]

政策[編集]

2017年の朝日新聞によるアンケートにおいて、

著作[編集]

  • 『カミングアウト〜自分らしさを見つける旅』(講談社、2005年) ISBN 978-4062130905
  • (共著)『パートナーシップ・生活と制度—結婚、事実婚、同性婚』(杉浦郁子、野宮亜紀、大江千束、尾辻かな子ほか著)(緑風出版、2007年) ISBN 978-4846107017
  • (共著)『セクシュアルマイノリティをめぐる学校教育と支援〜エンパワメントにつながるネットワークの構築にむけて』(加藤慶・渡辺大輔編著/尾辻かな子ほか著)日本図書館協会選定図書(開成出版、2010年) ISBN 978-4876034284

訳書[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成29年(2017年)10月27日中央選挙管理会告示第26号(平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b “尾辻かな子|LGBT政策情報センター”. http://www.lgbtjapan.org/otsujikanako.html 2015年11月20日閲覧。 
  3. ^ 前田和男 (2014年9月13日). “若きLGBT人権活動家・尾辻かな子の巻⑪”. 図書新聞. http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3174&syosekino=7566 2016年4月24日閲覧。 
  4. ^ 同性愛差別をなくしていくために、教育の場でできること - 前川 直哉 2016年3月9日閲覧
  5. ^ 親族以外も同居可能に 大阪府公社住宅 同性カップルを念頭に2016年3月9日閲覧
  6. ^ 尾辻かな子 プレス用プロフィール(PDF)2017年3月29日閲覧
  7. ^ 『尾辻かな子: 近畿比例 民主党 : プロフィール : 衆院選2012 : YOMIURI- 読売新聞』毎日新聞,2012年12月16日,2017年10月01日閲覧
  8. ^ : プロフィール : 衆院選2012 : YOMIURI- 読売新聞』毎日新聞,2012年12月16日,2017年10月01日閲覧
  9. ^ 総務省|参議院議員選挙にかかる繰上補充 2013年(平成25年)5月23日中央選挙管理会告示第8号「平成十九年七月二十九日執行の参議院比例代表選出議員の選挙における名簿届出政党等に係る欠員による繰上補充による当選人の住所及び氏名に関する件」
  10. ^ 参院比例、民主の尾辻氏が繰り上げ当選 日本経済新聞 2013年5月22日
  11. ^ “前原氏の説明と違う…民進系ぼう然 大阪で希望擁立せず”. 朝日新聞. (2017年10月1日). http://digital.asahi.com/articles/ASK9Z5H2TK9ZPTIL00T.html?rm=387 2017年10月1日閲覧。 
  12. ^ “衆院選 民進の平野氏が無所属立候補へ 大阪11区”. 毎日新聞. (2017年10月2日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171003/k00/00m/010/109000c 2017年10月27日閲覧。 
  13. ^ “立憲民主、1次公認62人=民進出身者と競合避ける【17衆院選】”. 時事通信社. (2017年10月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100601218&g=pol 2017年10月6日閲覧。 
  14. ^ 「私を覚えて」立候補予定者駆ける 激戦必至の大阪2区 衆院選10日公示 運動会や祭り、ショッピングモールへ”. 日本経済新聞 (2017年10月8日). 2017年10月9日閲覧。
  15. ^ 比例区開票速報 近畿ブロック 朝日新聞
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)

外部リンク[編集]