奥谷通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥谷 通
おくたに とおる
生年月日 1951年10月7日
出生地 兵庫県神戸市北区
没年月日 (2003-07-08) 2003年7月8日(51歳没)
死没地 兵庫県神戸市中央区
出身校 甲南大学法学部
所属政党 自由民主党山﨑派

選挙区 比例近畿ブロック
当選回数 2回
在任期間 1998年11月17日 - 2003年7月8日
テンプレートを表示

奥谷 通(おくたに とおる、本名・奥谷 通敏1951年10月7日 - 2003年7月8日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(2期)、兵庫県議会議員(2期)。人材派遣会社ザ・アール代表取締役社長の奥谷禮子は元妻(1984年に離婚)。

来歴[編集]

兵庫県神戸市北区山田町出身[1]甲南中学校・高等学校を経て[2]1974年(昭和49年)3月、甲南大学法学部を卒業[1]1970年(昭和45年)の第25回国民体育大会に剣道で出場した[1]

1975年(昭和50年)4月、神戸大学環境工学研究室勤務[1]1977年(昭和52年)、原健三郎衆議院議員秘書[1]。1979年(昭和54年)4月、国土庁長官秘書[1]1986年(昭和61年)、衆議院議長公設第一秘書[1]

1991年(平成3年)4月、兵庫県議会議員に初当選。同期当選に中貝宗治(豊岡市長)、室井邦彦(日本維新の会参議院議員)、渡部完(元宝塚市長)。

1996年(平成8年)10月の第41回衆議院議員総選挙兵庫県第2区より自民党公認で出馬するが、赤羽一嘉新進党新党平和公明党)に敗れ落選。その後、1998年(平成10年)に野田実公職選挙法違反の連座制適用で失職したことに伴い、近畿ブロック比例繰り上げで初当選。山崎派に所属する。選択的夫婦別姓制度導入に賛同し[3]例外的に夫婦の別姓を実現させる会などにも賛同。

2000年(平成12年)6月の総選挙では公明党との選挙協力に伴い兵庫2区を赤羽に譲り、近畿ブロック比例単独で出馬し2回目の当選を果たす。2002年、第1次小泉内閣環境大臣政務官に就任する。

2003年(平成15年)7月8日に肝不全のため神戸大学医学部附属病院にて急逝[2]。51歳没。叙・正五位勲三等瑞宝章。同年10月3日、森田健作によって追悼演説が行われた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 環境大臣政務官
  2. ^ a b c 国会会議録検索システム
  3. ^ 野田聖子「選択的夫婦別姓制度」2001年11月6日

出典[編集]