奥村展三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奥村 展三
おくむら てんぞう
Tenzo Okumura cropped.jpg
生年月日 (1944-08-10) 1944年8月10日(73歳)
出生地 滋賀県甲賀郡甲西町(現湖南市
出身校 立命館大学文学部(中退)
所属政党 自由民主党→)
新党さきがけ→)
民主党
称号 旭日重光章
親族 父・奥村藤一(滋賀県議・甲西町長)
公式サイト 奥村展三オフィシャルサイト

選挙区 比例近畿ブロック→)
滋賀4区
当選回数 3回
在任期間 2003年11月 - 2012年11月16日

選挙区 滋賀県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1995年7月23日 - 2000年

当選回数 4回
在任期間 1979年 - 1995年
テンプレートを表示

奥村 展三(おくむら てんぞう、1944年(昭和19年)8月10日 - )は、日本の元政治家衆議院議員(3期)、参議院議員(1期)、文部科学副大臣野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)を歴任。

来歴[編集]

滋賀県甲賀郡甲西町(現湖南市)生まれ。昭和38年3月滋賀県立甲賀高等学校(現滋賀県立水口高等学校)卒業、昭和41年3月立命館大学文学部中退。

1968年に甲賀高校野球部監督として第40回選抜高等学校野球大会に出場。水口青年会議所理事長を経て、1976年に甲西町議会議員に初当選。1979年から、滋賀県議会議員を4期務める。県議時代は自由民主党に所属していたが離党し、1995年第17回参議院議員通常選挙新党さきがけ公認で滋賀県選挙区から出馬。無所属の高田三郎に約2,800票差まで詰め寄られるも僅差で破り、当選した。

2000年、衆議院への鞍替えのため参議院議員を辞職。第42回衆議院議員総選挙滋賀3区から無所属で出馬したが、自民党の岩永峯一に敗れ、落選した。2002年の選挙区の区割り変更に伴い、新設された滋賀4区に岩永、奥村は揃って国替えし、2003年第43回衆議院議員総選挙には民主党公認で出馬。選挙区では再び岩永に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、3年ぶりに国政に復帰した。2005年第44回衆議院議員総選挙でも岩永に敗れるが、比例復活により再選。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、滋賀4区で自民党新人の武藤貴也(岩永峯一は引退)を破り、当選した。同年10月、鳩山由紀夫執行部で民主党総務委員長に就任。翌2010年6月に発足した菅直人執行部においても引き続き総務委員長を務めた。

2011年9月、野田内閣文部科学副大臣に任命され、野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣でも再任。なお民主党入党後は小沢一郎の側近であり、一新会(小沢グループ)の会長代行を務めていた[1]が、2012年7月に、野田内閣が推進する消費税増税を含む社会保障・税一体改革関連法案に小沢グループの議員の多くが反対して離党し、国民の生活が第一を結党した際には、この動きには加わらず、民主党に残留した。小沢グループ所属の議員では、奥村の他に三井辨雄中塚一宏階猛らも国民の生活が第一には加わらず、民主党に残留している。

同年12月の第46回衆議院議員総選挙に民主党公認で滋賀4区から出馬したが、自民党新人の武藤貴也・日本維新の会新人の岩永裕貴比例復活)に次ぐ3位で敗れ、比例復活もならず落選した。

2013年第23回参議院議員通常選挙で民主党公認候補として比例区で出馬したが、落選した。

同年9月4日、年齢制限により次期衆院選の民主党の公認を得られる見通しが立たないことから政界引退を表明した[2]

2015年春の叙勲で旭日重光章受章。

家族[編集]

長男の奥村伸一滋賀県立甲西高等学校在学時に第68回全国高等学校野球選手権大会1986年)に出場し、近畿大学体育会硬式野球部プリンスホテル硬式野球部でプレーした後に現在は母校の野球部監督を務めている。そして伸一の息子(展三の孫)である奥村展征東京ヤクルトスワローズ[3])は日本大学山形高等学校3年次に内野手として第95回全国高等学校野球選手権大会2013年)に出場し、2013年ドラフト会議読売巨人軍から4位指名を受けて入団。奥村家は親子三代で甲子園大会にゆかりのある野球人である[4]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]