石井郁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井 郁子
いしい いくこ
生年月日 (1940-10-10) 1940年10月10日(79歳)
出生地 北海道芦別市
出身校 北海道大学大学院教育学研究科博士課程修了
前職 大阪教育大学助教授
所属政党 日本共産党

選挙区旧大阪6区→)
比例近畿ブロック
当選回数 5回
在任期間 1986年 - 2009年
テンプレートを表示

石井 郁子(いしい いくこ、1940年10月10日 - )は、日本政治家教育学者日本共産党名誉役員。元衆議院議員(5期)、党中央委員会幹部会副委員長、常任幹部会委員、北京オリンピックを支援する議員の会メンバー。

教育学者としての専攻は教育学史。ナデジダ・クルプスカヤの教育思想・政策などを研究。

夫の石井守は元教員で、現在は大阪フリースクール特定非営利活動法人・石井子どもと文化研究所 くるみ」を運営。息子の石井逸郎は弁護士[1]

略歴[編集]

政策[編集]

活動[編集]

著書[編集]

  • 家族・それぞれの自立 体験的家庭教育論 石井守共著. 教育史料出版会, 1985.5.
  • 子どもたちのすばらしさの発見 21世紀に向けて親は何ができるか あゆみ出版, 1985.3. あゆみブックレット
  • 親の生きかた子の自立 新日本出版社, 1987.9.
  • はばたく子どもたち 登校拒否・不登校をのりこえて 新日本出版社, 1999.4.

翻訳[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]