山元勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山元勉
やまもと つとむ
生年月日 1932年8月5日
出生地 日本の旗 日本 滋賀県大津市
没年月日 (2010-01-04) 2010年1月4日(77歳没)
出身校 滋賀大学
前職 小学校教員
滋賀県教職員組合委員長
所属政党日本社会党→)
旧民主党→)
民主党

選挙区滋賀県全県区→)
比例近畿ブロック
在任期間 1990年1月24日 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

山元 勉(やまもと つとむ、1932年8月5日 - 2010年1月4日)は、日本政治家。元衆議院議員(通算4期)。

概要[編集]

滋賀県出身。滋賀大学卒業後、小学校教師として勤務する傍ら組合活動を行う。その後、専従役員として滋賀県教職員組合委員長等を務める。

1983年、第13回参議院議員通常選挙日本社会党公認で滋賀県選挙区より出馬するが自由民主党から出馬した河本嘉久蔵に大差で敗れ落選。1990年に行われた第39回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で旧滋賀県全県区より出馬し当選。以後4期連続当選を果たす。

1996年、旧民主党結党に参加。小選挙区制施行後の1996年の第41回衆議院議員総選挙では滋賀県第1区から出馬。小選挙区では新進党から出馬した川端達夫に敗れるも比例復活当選。

1998年の院内会派民主友愛太陽国民連合による新民主党結成に伴い川端が民主党に合流したことで、2000年に行われた第42回衆議院議員総選挙では川端に選挙区を譲り自らは比例近畿ブロックから単独出馬し、当選を果たした。議員在任中は環境委員長、民主党滋賀県連代表等を務めた。また、国立大学の独立行政法人化反対や民族学校の大学受験資格付与運動の代表として活動した。

2003年の衆議院選挙には出馬せず引退を表明した。近年は民主党滋賀県連常任顧問を務める傍ら、林久美子参議院議員の後援会長を務めていた。

2010年1月4日咽頭ガンのため死去[1]。77歳没。

政策[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:山元勉氏 産経新聞 2010年1月8日閲覧
議会
先代:
佐藤謙一郎
日本の旗 衆議院環境委員長
1997年 - 1998年
次代:
北橋健治