牧原秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
衆議院議員 牧原 秀樹
生年月日 (1971-06-04) 1971年6月4日(46歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
出身校 東京大学
ジョージタウン大学ロースクール
前職 経済産業省通商政策局通商機構部
現職 副幹事長
スポーツ立国調査会スポーツビジネス小委員会委員長[1]
所属政党 自由民主党谷垣政策集団
称号 法学修士
公式サイト 衆議院議員 牧原ひでき 公式サイト
選挙区 比例北関東ブロック埼玉5区
当選回数 3回
テンプレートを表示

牧原 秀樹(まきはら ひでき、1971年6月4日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。麻布中学校・高等学校東京大学法学部卒業。弁護士(埼玉弁護士会、牧原総合法律事務所)、アメリカ合衆国ニューヨーク州弁護士。

略歴[編集]

政策・主張[編集]

  • 牧原を中心に環境省では2013年11月、犬猫の殺処分ゼロを目指し「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」を立ち上げ、2014年6月3日、アクションプラン(牧原プラン)とロゴマークを発表した。牧原は記者会見で、「今まで別々だった取り組みをつなげていきたい。2020年の東京五輪までに、動物先進国の人に対しても恥ずかしくないよう(なレベル)にしたい」と語っている[4][リンク切れ]
  • 2008年11月18日、国籍法改正案を議題とした本会議では、法務委員会での審議が不十分として赤池誠章西川京子らと共に採決前に退席した[5]
  • 野党や野党時代の自民党でも行われていた、国会での日程闘争について、全国民の代表である国会議員が日程闘争で審議が止まり、ただ待機しているだけというのは、急速な社会の変化の中で苦労している国民に対して今や説明できないやり方で、もったいないことだと述べ、そうした国会の仕組みや慣習を見直すべきと衆院本会議で演説している[6]
  • 青少年の健全育成を理由としたインターネット規制強化の請願を国会に提出した[7][リンク切れ]

以下は複数の選択肢の中から一つを選ぶ形式のアンケートへの回答。

所属団体・議員連盟[編集]

など。

脚注[編集]

  1. ^ スポーツを産業に…自民がスポーツビジネス小委員会設置 - スポーツ報知、2016年1月26日
  2. ^ a b c d 牧原秀樹 公式ホームページ プロフィール
  3. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦 読売新聞 2009年7月30日
  4. ^ [1]
  5. ^ 国籍法改正案が衆院で可決、自民一部議員が採決前に退席 読売新聞 2008年11月23日閲覧
  6. ^ 第192回国会 本会議 第15号(平成28年11月29日(火曜日))『衆議院』2016年11月29日
  7. ^ [2]
  8. ^ 第186回国会法務委員会21号
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ 毎日新聞2012年衆院選アンケート
  11. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  12. ^ 自民党新役員にも多数/カジノ議連メンバー しんぶん赤旗 2014年9月15日

外部リンク[編集]

公職
先代:
齋藤健
秋野公造
環境大臣政務官
浮島とも子と共同

2013年 - 2014年
次代:
高橋比奈子
福山守
党職
先代:
木原稔
自由民主党青年局長
2015年 - 2016年
次代:
鈴木馨祐