中島正純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中島 正純
なかじま まさずみ
生年月日 (1969-01-14) 1969年1月14日(48歳)
出生地 京都府京都市伏見区
出身校 日本文理大学
前職 警察官
会社役員
コメンテーター
所属政党 民主党→)
無所属→)
国民新党→)
無所属
称号 学士
公式サイト 中島正純オフィシャルサイト

選挙区 大阪3区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月31日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

中島 正純(なかじま まさずみ、1969年1月14日 - )は、日本政治家、元大阪府警察刑事(最終階級:巡査長)。

衆議院議員(1期)、国民新党副幹事長、環境大臣政務官野田第3次改造内閣)などを歴任。

来歴[編集]

京都府京都市伏見区生まれ。洛南高等学校日本文理大学商経学部(現経営経済学部)卒業。1991年4月より大阪府警察巡査。大阪府警察本部警備部第二機動隊刑事部捜査第二課に勤務した。

2004年に大阪府警察を退官すると、株式会社ベスト幸を設立。体育家庭教師を派遣する事業に乗り出した。2007年8月には、株式会社C-TIMEコーポレーションを設立するとともに、防犯親子カフェ「コカトバジ」(現在は閉店)を運営。その一方で、『ちちんぷいぷい』(MBSテレビの情報番組)や、子供の防犯を啓発するテレビ番組のコメンテーターも務めていた。

2009年第45回衆議院議員総選挙民主党公認で大阪3区から出馬し、公明党田端正広を破り初当選。2010年、中島が代表を務める民主党大阪府第三支部で約363万円の不透明な支出が発覚した。その後、同事務所は国庫への返金と修正を行った[1]。同年9月、民主党に離党届を提出し、受理された。

2011年6月の菅内閣不信任決議菅おろし)の採決では与党無所属の議員でありながら賛成票を投じた。同年8月30日の衆議院本会議における内閣総理大臣指名選挙では、同じく無所属の鳩山邦夫に投票した(鳩山本人は自身に投票せず)[2]

同年10月、国民新党に入党。2012年2月15日、国民新党より次期衆議院議員総選挙において東京23区からの出馬が発表されるが、のちに撤回。同年4月、国民新党国会対策委員長に就任。同年10月、野田第3次改造内閣環境大臣政務官に任命される。これに伴い国民新党国会対策委員長を辞任し(後任は平山泰朗)、新たに党副幹事長に就任。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、国民新党から比例九州ブロックに単独で出馬するも落選。

2017年第48回衆議院議員総選挙では、希望の党から北海道1区で出馬する意向と報じられていた[3][4]が、出馬しなかった。

著書[編集]

  • 『元刑事が教える子どもの安全新常識!』(KKベストセラーズ刊、2006年9月発売、ISBN 4584189579

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
高山智司
環境大臣政務官
高山智司と共同

2012年
次代:
牧原秀樹秋野公造
党職
先代:
下地幹郎
国民新党国会対策委員長
2012年
次代:
平山泰朗