新党大地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 日本政党
新党大地
New Party DAICHI Poster.JPG
新党大地のポスター
代表 鈴木宗男
成立年月日 2005年8月18日
本部所在地
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-9-6 十全ビル206[1]
衆議院議席数
0 / 465   (0%)
(2017年10月23日現在)
参議院議席数
1 / 242   (0%)
(2019年7月21日現在)
市区町村議数
6 / 29,839   (0%)
(2018年12月31日現在)
党員・党友数
609人
(2018年5月31日現在[2]
政治的思想・立場 緑の保守主義
地域主義
公式サイト 新党大地
シンボル 党歌「大空と大地の中で」
法人番号 4010005018215
テンプレートを表示

新党大地(しんとうだいち、英語:New Party DAICHI)は、日本政治団体北海道地域政党である。略称は大地NPD

概要[編集]

鈴木宗男事件自民党を離党した後、胃癌手術のため2003年平成15年)の第43回総選挙に出馬せず、翌2004年(平成16年)の第20回参院選無所属で出馬し落選していた鈴木宗男北海道開発庁長官が、2005年(平成17年)8月8日衆議院解散直後、8月18日になって結成した。

結成直後の第44回総選挙以降、衆議院比例北海道ブロックで獲得した1議席を保持し続けており、民主党統一会派(民主党・無所属クラブ)を組むとともに、民国連立政権閣外協力与党として活動していた。また、道内の地方選挙でも、民主党・国民新党とは互いに候補者を推薦しあうなどし蜜月関係にあった。しかし、2015年から2016年にかけて民主党と日本共産党が急接近し始めると状況は一変。代表の鈴木宗男は、いわゆる民共共闘に難色を示し、長女で民主党所属の衆議院議員として活動していた鈴木貴子も離党の意思を示す。だが、民主党は離党届を受理せず除籍処分とし対立が深まった。そうした経緯もあって、与党の自民党・公明党と距離を近づけ、選挙協力を行うようになっている。

2019年7月21日の第25回参議院議員通常選挙日本維新の会から立候補していた代表の鈴木宗男が当選。日本維新の会では二重党籍が認められているため、鈴木は維新の国会議員として活動しつつ、新党大地の代表も引き続き兼任する。

基本的に北海道内での活動を主とする地域政党であり[注 1]、国政選挙・地方選挙のいずれにおいても候補者の擁立はほぼ道内に限定されている。また政党要件を満たしていないため、公職選挙法政治資金規正法政党助成法などが定める優遇措置は受けていない。

党名は鈴木と同郷(足寄郡足寄町出身)の親友で、シンガーソングライター松山千春と話し合って決めたものである。また松山は自身のヒット曲である「大空と大地の中で」を党のテーマ曲として提供している。

党史[編集]

第44回総選挙への対応[編集]

党結成前の2004年平成16年)に執行された第20回参院選北海道選挙区無所属で出馬した鈴木宗男代表は、当選には及ばなかったものの48万5382票を獲得しており、このことから新党大地は比例北海道ブロックで1議席の確保が見込まれていた[注 2]政党要件を満たさない政治団体が同ブロックに名簿を提出するためには2人以上の名簿登載者が必要であり[3]、鈴木が同ブロックから出馬する場合でも、少なくとももう1人候補者を擁立する必要があった。

また中川昭一自民党)の地盤である北海道第11区武部勤(同)の地盤である北海道第12区に鈴木を候補者として送り込むという案も浮上したが、政党要件を満たしていない新党大地の候補者には重複立候補が認められないため[4]、鈴木の議席を確保するという点ではリスクが大きかった。

そこで鈴木を比例北海道ブロックの名簿単独1位に据える安全策を採り、党副代表の多原香里を同2位、同じく党副代表の田中いづみを同3位に登載した。また道内の小選挙区では最も有権者数の多い北海道第1区に党副代表の秋元正博を擁立した。

なお概要の項で述べたように松山千春のヒット曲「大空と大地の中で」を党のテーマ曲として採用していたため、この曲を電話の保留音などに使っていた松山の故郷の足寄町役場では、新党大地の応援と誤解されかねないとして曲を変更することになった。また、同年9月4日放送予定の「NHKのど自慢」(島根県出雲市にて収録)において、出場者の一人が「大空と大地の中で」を歌っていたため、同番組の放送が延期された。さらにNHKBS2にて同年9月10日に放送予定だった「おーい、ニッポン、私の好きな北海道」も、番組中で同曲が使用されるため、生放送から録画に切り替えて、同年10月1日に放送することで対応した[5]

衆議院進出[編集]

2005年(平成17年)9月11日に執行された第44回総選挙では比例北海道ブロックで43万3938票(得票率13.4%)を獲得、比例名簿1位の鈴木宗男代表に議席が配分された。新党大地は選挙の争点となった郵政民営化に反対の姿勢を示しており、かつ同じく郵政民営化に反対していた保守系新党の国民新党新党日本はいずれも同ブロックに名簿を提出しなかったため、民営化に反対する保守票を一手に引き受ける形となった。

地域別に見ると、鈴木が地盤とした北海道第7区を構成する釧路支庁根室支庁で名簿届出政党中トップの得票を得るなど、道東での善戦が目立った。他方で、大票田の札幌市では得票率9.4%とやや伸び悩み、北海道第1区から出馬した秋元正博も供託金没収のうえ落選と振るわなかった[6]

なお比例北海道ブロックで「ムネオ新党」「鈴木大地」と記載された票は新党大地への有効票として扱われた[7]

第44回総選挙後の動向[編集]

2006年(平成18年)4月9日北見市議会議員選挙で新党大地の公認候補が当選。新党大地としては初の市議会議員が誕生した。同年10月26日、関東地区の支部「新党大地埼玉友の会」を設立する。

2007年(平成19年)4月8日投開票の北海道知事選挙では元民主党衆議院議員荒井聰を支援したが現職の高橋はるみに敗北。同年7月執行の第21回参院選では北海道選挙区(改選数2)に多原香里副代表が無所属で出馬、民主党・国民新党の推薦を取り付けたが次点で落選した。

2008年(平成20年)9月19日、衆議院で国民新党と統一会派「国民新党・大地・無所属の会」を結成。同年11月7日、鈴木宗男代表と小沢一郎民主党代表が札幌市内で会談し、第45回総選挙で両党が全面的な選挙協力を行うことで合意が成立した[8]。2007年参院選での協力が不調に終わったことから一時、民主党との協力関係構築を見直すのではないかとの観測も流れたが、選挙協力で合意する前後に行われた釧路市や北見市の市長選挙では両党が推薦した候補が当選しており、共闘が成果を挙げている。

第45回総選挙、民主党会派入り[編集]

2009年(平成21年)7月17日、郵政民営化に反対して自民党の公認を失い、前回総選挙で落選した八代英太郵政大臣が入党。次回総選挙において比例北海道ブロックの名簿単独2位で出馬することを表明した[9]。また前回と同様に鈴木代表を名簿単独1位に据え、同3位に鈴木の秘書である浅野貴博を、同4位に党副代表のHANAジュンコを、それぞれ擁立した。

同年8月30日執行の第45回総選挙では、比例北海道ブロックで43万3122票(得票率13.0%)を獲得、比例名簿1位の鈴木に議席が配分された。得票数・得票率ともに前回からほぼ横ばいであり、地域別の得票状況も前回と同様の傾向を示した[10]

総選挙直後の第172特別国会より民主党・新党日本および一部無所属議員と統一会派「民主党・無所属クラブ」を結成。首班指名選挙では民主党代表の鳩山由紀夫に投票し、閣外協力という形で政権与党入りを果たすことになった。民主党の協力を得て鈴木は衆議院外務委員会の委員長ポストを得たが、あっせん収賄罪等で有罪判決を受け上告中の被告人である鈴木の登用に自民党などが反発し、異例の起立採決を経ての委員長就任となった[11]

同年10月8日には民主党の小沢一郎幹事長と鈴木が第22回参院選の北海道選挙区において選挙協力をすることで一致。一時は新党大地独自の比例名簿提出も検討されたが結局見送られ、北海道選挙区では民主党公認の徳永エリを、比例区では民主党に移籍した八代元代表代行を、それぞれ支援することになった[12]。選挙の結果、徳永は同じ民主党の連合系候補・藤川雅司らを破って当選したが、八代は次点で落選した。

鈴木代表の実刑確定と失職[編集]

2010年(平成22年)9月15日最高裁判所での上告棄却・異議申し立て却下を経て、鈴木代表の懲役2年・追徴金1100万円の有罪判決と刑期満了から5年間の公民権停止が確定した[13]。これにより鈴木は衆議院議員としての地位を失った[14]

本来ならば比例北海道ブロック名簿2位の八代英太が繰り上げ当選するところだったが、前述の通り八代は2010年の第22回参院選で民主党から出馬するにあたって党を離れ、新党大地の候補者名簿から外されていたため当選資格を喪失していた。これにより名簿3位の浅野貴博が繰り上げ当選するとともに、党代表代行に就任した[15]

また鈴木が代表を続投することになったため[16]、収賄罪及び政治資金規正法違反で有罪判決が確定して選挙運動を行うことができない人物を代表に据える異例の政治団体となった。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災者を支援するため、廃品回収業者のエコフィスジャパンと協力して北海道内で集めた計1400枚の毛布を被災地に送った[17]ほか党として募金活動を行った[18]

第17回統一地方選挙における動き[編集]

2011年(平成23年)4月の第17回統一地方選挙で、新党大地は公認候補を10名擁立し[19]、民主党など他党の公認候補と無所属候補ら計43名に推薦を出して選挙に臨んだ[20]。なお公認候補は全員が北海道内の地方議会議員選挙の候補だったが、推薦候補の中には山形県愛知県大阪府など道外の地方議会議員選挙に出馬する候補も見られた。

統一地方選の結果、公認候補8名と推薦候補29名が当選し獲得議席数を大きく伸ばした。特に北海道議会議員選挙で無所属推薦候補として当選を果たした山崎泉・鳥越義孝(いずれも鈴木代表の元秘書)の両名は、選挙後に北海道議会で都道府県議会初の大地系会派となる「北海道・大地」を結成している[21]。また釧路市議会議員選挙では鈴木の元秘書で公認候補の森豊がトップ当選を飾り、第44回総選挙で新党大地を支援して自民党を離党した[22]無所属推薦候補の畑中優周ら2名と共に、市議会で会派「自由新政クラブ」[注 3]を構成している。

他方で、道議選と同時に行われた知事選では、当初は民主党推薦の木村俊昭を共同推薦したものの、その後支持者から異論が出るなどしたため推薦を取り消し、自主投票の方針を採った[23]。なお木村は現職の高橋はるみに敗れている。

国政部分の「新党大地・真民主」への移管[編集]

12月28日、6日に仮釈放[24]された鈴木宗男代表は新党「新党大地・真民主」の設立を総務省に届け出た[25]。新党大地・真民主には大地衆議院議員の浅野貴博の他、無所属衆議院議員の松木謙公石川知裕、参議院からは横峯良郎平山誠が参加する。

新政党結党以降、新党大地が「新党大地・真民主」の前身と報道される例[26]もあるが、新党大地副代表により「従来の地域政党新党大地はそのままの体制で継続[27]」とあることから、国政政党としての新党大地・真民主、地域政党としての新党大地という役割分担が為される見込みである。

国政部分復帰[編集]

2012年11月28日、「新党大地・真民主」から「新党大地」に改名。これにより「新党大地」は地域政党だけでなく、国政部分も再び担当するようになった。ただし、代表の鈴木宗男は政治資金規正法違反の有罪確定により2017年4月まで公民権停止処分となって選挙運動ができない状態であり、2012年12月の第46回衆議院議員総選挙の選挙戦に臨むことになった[28]

その総選挙では比例北海道ブロックで1議席を獲得。石川知裕が復活当選するも他の候補は落選。結果、国会議員3人となり政党要件を喪失した。なお、比例北海道ブロックで獲得した票数は346,848票(得票率13.2%)。自民、民主に次ぐ3位の得票数であった[29]

2012年12月28日、平山誠が離党。2013年1月10日、参議院会派解散を届出。所属議員は衆参各1名(いずれも比例区)のみとなった。これに伴い「新党大地」という会派は衆参ともになくなっている(一人会派は認められていないため)。

2013年5月17日、5生活の党代表である小沢一郎の資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で一審・二審ともに有罪判決を受けて上告した石川知裕が「訴訟に専念するため」として議員辞職願を衆院に提出[30]。鈴木宗男の長女である鈴木貴子が同月31日に繰り上げ当選した[31]

2013年7月21日施行の第23回参議院議員通常選挙では、代表である鈴木と同姓同名で千葉県出身の「鈴木宗男」や、元衆議院議員の松木など9名を比例代表に。選挙区では北海道選挙区と大阪選挙区で候補者を擁立したが、共に当選者を出すことはできなかった。

2014年11月23日、12月21日に予定されている第47回衆議院議員総選挙では、唯一の党所属国会議員である鈴木貴子が民主党に入党して7区から立候補、大地自身は小選挙区や比例ブロックには候補者を擁立せず、民主党候補を推薦する方針を示した[32]。貴子は小選挙区では伊東良孝に225票差で敗れたが、重複立候補していた比例北海道ブロックで比例復活を果たした[33]。2015年の第18回統一地方選挙では北海道知事選札幌市長選、道市議選において民主党や維新の党などと選挙協力を行った[34]

民共共闘への反発と自公との連携[編集]

2015年6月に自民党の町村信孝が物故したことに伴い実施されることになった北海道第5区2016年4月の補欠選挙において、自民党北海道連は、同党北海道5区支部長で町村の娘婿和田義明を擁立。公明党[35]日本のこころを大切にする党[36]も和田の推薦を決定した。この動きに対して民主党北海道常任幹事の池田真紀が無所属での出馬を表明、新党大地など他の野党にも協力を呼びかけ[37]社会民主党[38]や維新の党[39]が推薦に応じたが、共産党が候補を取り下げ、池田を支援する動きを見せると[40]、「世界観や国家観が違う共産党が一緒になった選挙態勢はみじんも考えていない。そこには与しない」として和田の推薦を決定した[41]2月24日には、夏に行われる第24回参議院議員通常選挙においても自民党を支援することを決定した[42]

さらに同年2月26日には、新党大地代表代理で宗男の実娘である鈴木貴子が所属先の民主党からの離党を表明[43]。なお、貴子は当面の間、無所属議員として活動するが、新党大地が今後選挙協力する自民党との統一会派結成を検討する方針[44]

北海道5区補選では、鈴木父娘や松山千春といった新党大地の関係者が和田の応援演説に立つ[45]など、積極的に和田のバックアップを行った。その結果、接戦の末、和田が無所属の池田真紀(民進党・日本共産党・社民党・生活の党と山本太郎となかまたちの4党が推薦の野党統一候補)を約12000票差で破り当選した[46]

7月10日施行の第24回参議院議員通常選挙では公認候補を立てず、北海道選挙区(改選数3)で自民党公認・公明党推薦候補の柿木克弘を単独推薦し、その支援に回った。その結果、柿木は北海道選挙区の3議席目をめぐり民進党公認候補の鉢呂吉雄と接戦を繰り広げたが、約8500票差で敗れ落選した[47]

参院選後の8月下旬、自民党北海道連が会合の中で大地に対し、来春までの解散を求めると発言されたことが報道される[48]。これに対し宗男代表は「新党大地の解党と言う資格は誰にあるのか」と不快感を露わにしながらも「正確な話は聞いていないが、しかるべき時期に話があるものだと思っている」と述べ、解散と自民への合流に含みを持たせた[49]。また貴子議員も「党と党の協議になる。宗男代表がしかるべきタイミングで判断する」と発言し、あくまで自民党本部が協議相手との認識を示し、道連の動きを牽制した[50]

9月26日、貴子が無所属議員のまま自民党との衆議院院内会派に参加。これに従い、会派名が「自由民主党」から「自由民主党・無所属の会」に変更された[51]

2017年4月末に鈴木宗男代表が公民権を回復[52]。10月6日、鈴木代表は第48回衆議院議員総選挙比例北海道ブロックから新党大地の名簿単独1位での立候補を表明。新党大地は今回の衆院選で、初めて道内の小選挙区で自民、公明両党の候補を支援する。貴子は衆院解散後に自民党に入党し、衆院選では比例北海道ブロックに立候補する[53]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では新党大地公認で比例北海道ブロックに鈴木宗男(名簿順位1位)と党副代表の阿部千里(同2位)が立候補した。鈴木貴子は自民党から同じ比例北海道ブロックに重複立候補者より上位の名簿順位2位で立候補した。なお、鈴木貴子は、自民党から立候補するために大地の代表代理を辞任した[54]。新党大地は比例北海道ブロックで226,552票を獲得したが、1人も当選できなかった。自民党から立候補した鈴木貴子は名簿2位で当選した。

2019年4月の第19回統一地方選挙では、北海道知事選において過去に新党大地にも在籍した事もある石川知裕が野党各党の支援を受けて立候補したが、新党大地は石川ではなく自公両党が擁立した元夕張市長の鈴木直道を推薦し、鈴木が当選。北海道議選においても、前回から方針変換し一部選挙区で自民党候補を推薦した。一部選挙区では日本維新の会とも選挙協力を行った。また、党副代表を務めた阿部千里が自民・維新・大地の推薦で出馬したが阿部は落選した[55]

6月20日、鈴木宗男代表が同年夏の第25回参議院議員通常選挙に日本維新の会から比例代表で出馬する意向を表明。新党大地については地域政党として存続させる事も発表された[56]

7月21日、第25回参議院議員通常選挙全国比例区で鈴木宗男代表が220,742票を集め、日本維新の会の比例候補中1位で当選。

政策[編集]

基本理念[編集]

  • 平成23年3月11日の東日本大震災は、我々が自然の持つエネルギーの大きさを再認識する機会になった。先住民族であるアイヌ民族の伝統的価値観にあるように、「大地に還り、大地に学び」、自然を敬い、自然との調和を図ることが日本国家と日本人が生き残るために不可欠であると我々は考える。
  • 我が国において今尚多くの国民が、不当な差別、偏見に苦しんでいる現状からも目を背けてはならない。権力の乱用による被害者の具体例も近年になり数多く明らかになった。近代民主主義の基本は民意による権力の監視であり、我々は真の公平・公正な社会を実現するためにその役割を果たす。
  • 国民を弱肉強食の過度な競争に追いやる新自由主義が蘇りつつある。格差が固定化されれば、国民はやる気を失い、国力が低下してしまう。新自由主義と決別し、国民誰もがやる気を持つことが出来る社会をつくる。
  • 外交に関しては、日米同盟が基軸であり同盟関係を深化すべきである。しかし、普天間基地移設問題にみられるように、我が国の平和のため、沖縄に過度な負担を強いることはゆるされない。平和の配当は日本全体で平等に負担すべきであり、我々は米海兵隊普天間飛行場の移設先は沖縄県外にすべきと考える。
  • 今後の外交戦略の構築にあたっては地政学的観点に立ち、ロシアをはじめとする近隣諸国との信頼関係を強化し、もって我が国益の増進を図る。
  • 我々は、今、3年前のあの歴史的な政権交代の意義を再確認すべき時に来ている。弱い立場に置かれている人、立ち遅れた地方に光を当てるために、何より国民生活を守るために政治がある。この原点に立ち返らなくてはならない。
  • 「新党大地」は、「自然との調和」「格差の是正」「公平公正」を基本理念とし、「情」「道義」「信義」「節度」を重んじ、先人から引き継いだ文化と伝統を守り国家再建を進める。
  • 我々はこの使命を果たすために「大地の塩」となることをここに誓う。
— 新党大地、基本理念[57]

網領[編集]

  1. 自然との調和
    大地に還り、大地に学び、自然を敬い、自然との調和を図る。
  2. 差別、偏見、冤罪の根絶
    ありとあらゆる差別、偏見をなくし、悪しき権力によって挫折させられ、打ちひしがれた人々に希望の光が当たる社会をつくる。冤罪を根絶する。
  3. 新自由主義との決別、格差の是正、貧困の根絶
    国民を勝ち組・負け組と二分する弱肉強食の新自由主義と決別し、貧困を根絶するとともに格差を是正する。額に汗して努力した者が報われる社会をつくる。
  4. 地政学に基づいた外交の展開
    日米同盟を基軸としながら、特にロシアをはじめとする近隣諸国との地政学に基づいた協調共栄体制を構築し、世界平和に貢献する。
  5. 政治家、国家・地方公務員の特権・無駄の排除
    安易な増税に走るのではなく、その前に国会議員の定数削減、ボーナス廃止、歳費削減、国家・地方公務員の定員削減、ボーナス削減、天下りの全面廃止等、特権・無駄の排除を徹底する。
— 新党大地、網領[58]

組織[編集]

党員[編集]

党の綱領・主義・政策等に賛同し、満18歳以上で日本国籍を有する者は入党を認められる。

党費は年3,000円で、初回入党時には党員証が発行される。また、党員特典のカレンダーが提供されている[59]

役職[編集]

党役員[編集]

代表 鈴木宗男(参議院議員)

歴代の役員表[編集]

代表 代表代行 代表代理 副代表 幹事長 幹事長代行 参議院議員会長 就任年月
鈴木宗男 秋元正博
多原香里
田中いづみ
2005年8月
八代英太 町川順子 2009年7月
浅野貴博 2010年9月
松木謙公 (空席) 松木謙公 浅野貴博 平山誠 2012年1月
(廃止) 2012年12月
鈴木貴子 2013年6月
(空席) (空席) (空席) 2013年7月
(空席) 阿部千里 2017年10月
(空席) 2018年

党勢[編集]

衆議院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 得票数(得票率) 備考
選挙区 比例区
(結党時) 0/- 480 - -
第44回総選挙 1/4 480 16,698 (0.0%) 433,938 (0.6%)
第45回総選挙 1/4 480 - 433,122 (0.6%) 入党+2
第46回総選挙 1/7 480 315,604 (0.5%) 346,848 (0.5%)
第47回総選挙 0/- 475 - - 入党+1、離党-1
第48回総選挙 0/2 465 - 226,552(0.41%)

参議院[編集]

選挙 当選/候補者 非改選 定数 得票数(得票率) 備考
選挙区 比例区
(結党時) 0/- - 242 - -
第21回通常選挙 0/- 0 242 - -
第22回通常選挙 0/- 0 242 - - 入党+2、離党-1
第23回通常選挙 0/11 1 242 409,007 (0.77%) 523,146 (0.98%)
第24回通常選挙 0/- 0 242 - -
第25回通常選挙 1/1 0 242 - - 日本維新の会から立候補

所属国会議員[編集]

2019年8月17日現在、所属国会議員数1名(衆議院議員0名、参議院議員1名)

所属地方議員[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし講演会・セミナー等を他の地域で開催することはある。
  2. ^ 第43回総選挙の比例北海道ブロックで最終議席(8議席目)を獲得するのに必要な票数は28万8368票だった。
  3. ^ 同会派は自民党会派が分裂して生まれたものであり、鈴木代表の元秘書で新党大地の推薦を受け当選した蝦名大也釧路市長の系列市議が多いとされる。

出典[編集]

  1. ^ トップページ|新党大地
  2. ^ “平成30年分政治資金収支報告書の要旨” (プレスリリース), 総務省, (2016年11月25日), http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/SS20181130/3070700011.pdf 
  3. ^ 公職選挙法第86条の2第1項第3号
  4. ^ 公職選挙法第86条の2第4項
  5. ^ 中日新聞2005年9月1日付記事
  6. ^ “第44回衆議院総選挙投・開票結果速報(北海道選挙管理委員会)” (プレスリリース), (2006年3月24日), http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hs/20050911/0911ippantop.htm 
  7. ^ “「新党」「イカンザキ」は×…疑問票で総務省が見解”. 読売新聞. (2005年9月8日). http://www.yomiuri.co.jp/election2005/news/20050907i214.htm 2011年8月15日閲覧。 
  8. ^ “民主党:小沢代表、衆院選における民主党と新党大地との選挙協力を表明” (プレスリリース), 民主党, (2008年11月7日), http://www1.dpj.or.jp/news/?num=14496 
  9. ^ “比例に八代氏擁立 新党大地 道ブロック”. 十勝毎日新聞. (2009年7月17日). http://www.tokachi.co.jp/news/200907/20090717-0002096.php 2011年8月15日閲覧。 
  10. ^ “第45回衆議院議員総選挙投開票速報(北海道選挙管理委員会)” (プレスリリース), 北海道選挙管理委員会, (2012年2月16日), http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hs/45shugisokuhou.htm 
  11. ^ “自民、「鈴木宗男外務委員長」に反対 異例の起立採決”. 朝日新聞. (2009年9月18日). http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY200909180176.html 2011年8月15日閲覧。 
  12. ^ “大地が比例擁立せず”. 朝日新聞. (2010年6月14日). http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000871006140003 2011年8月15日閲覧。 
  13. ^ 1999年8月13日改正前の公職選挙法第11条第1項第4号
  14. ^ 国会法第109条
  15. ^ “浅野氏の繰り上げ当選決定 鈴木宗男氏の失職で” (日本語). 47NEWS (共同通信). (2010年9月28日). http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092801000627.html 2011年8月15日閲覧。 
  16. ^ “鈴木宗男氏、収監後も党代表続投 講演で表明” (日本語). 47NEWS (共同通信). (2010年9月23日). http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092301000679.html 2010年9月24日閲覧。 
  17. ^ 毛布提供にご協力賜わり、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。”. 新党大地ホームページ(PDF) (2011年4月). 2011年8月30日閲覧。
  18. ^ 東北地方太平洋沖地震災害地域への募金活動を行います。”. 新党大地ホームページ(PDF) (2011年4月). 2011年8月30日閲覧。
  19. ^ “2011統一地方選挙 新党大地公認候補” (プレスリリース), 新党大地, オリジナルの2012年9月8日時点によるアーカイブ。, http://archive.fo/C5mh 
  20. ^ “2011統一地方選挙 新党大地推薦候補” (プレスリリース), 新党大地, オリジナルの2013年8月28日時点によるアーカイブ。, http://archive.fo/0TUct 
  21. ^ “2011統一地方選・北海道:道議選 大地推薦の2氏、新会派結成へ /北海道”. 毎日新聞. (2011年4月26日). http://mainichi.jp/select/seiji/2011local/hokkaido/news/20110426ddlk01010222000c.html 2011年8月15日閲覧。 
  22. ^ “自民釧路市支部が分裂”. 釧路新聞. (2005年9月27日). http://www.namara-hokkaido.net/topics/news/news.php?id=3528 2011年8月15日閲覧。 
  23. ^ “大地、木村氏推薦撤回 知事選”. 朝日新聞. (2011年2月28日). http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000941102280002 2011年8月15日閲覧。 
  24. ^ “鈴木宗男・前衆院議員:仮釈放、道内各党、動向を注視 7区の対応焦点”. 毎日新聞. (2011年12月7日). http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20111207ddlk01040209000c.html 2011年12月28日閲覧。 
  25. ^ “鈴木宗男氏、新党「大地・真民主党」届け出”. 読売新聞. (2011年12月28日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111228-OYT1T00977.htm?from=main1 2011年12月28日閲覧。 
  26. ^ ““ムネオ新党”助成金を拒否する?結党会見に注目”. ZAKZAK. (2012年1月5日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120105/plt1201051242004-n1.htm 
  27. ^ 町川ジュンコオフィシャルブログ「【お知らせ】新党大地・真民主 結成: 新党大地」より(2012年01月07日閲覧)
  28. ^ “大地代表、選挙運動は不可=公民権停止で-衆院選公示【12衆院選】”. 時事通信. (2012年12月4日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012120400052 
  29. ^ “衆院選2012年 比例代表「北海道」”. 読売新聞. (2012年12月17日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/kaihyou/yc81.htm 
  30. ^ “陸山会事件の石川議員が辞職願 訴訟に専念”. 47NEWS. (2013年5月17日). http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051701001812.html 2014年11月24日閲覧。 
  31. ^ “衆議院議員選挙にかかる繰上補充” (プレスリリース), 総務省, http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/kuriagehoju/kuriagehoju_1.html 2014年11月24日閲覧。 
  32. ^ “民主党:新党大地と衆院選で協力”. 毎日新聞. (2014年11月24日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20141125k0000m010048000c.html 2014年11月24日閲覧。 
  33. ^ “比例当選の鈴木貴子氏、笑顔と涙 小選挙区は225票差で敗戦”. 北海道新聞. (2014年12月15日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2014shuin/580371.html 2017年10月6日閲覧。 
  34. ^ 開票結果-道府県議選・北海道【統一地方選2015】:読売新聞”. 読売新聞 (2015年4月13日). 2019年5月7日閲覧。
  35. ^ “公明党は自民新人・町村氏娘婿を推薦”. 毎日新聞. (2015年12月25日). http://mainichi.jp/senkyo/articles/20151225/k00/00m/010/031000c [リンク切れ]
  36. ^ “こころ、自民2候補推薦を正式決定 衆院補選と参院宮城”. 産経新聞. (2016年2月10日). https://www.sankei.com/smp/politics/news/160210/plt1602100052-s.html 
  37. ^ “民主の池田氏が出馬表明 無所属で”. 毎日新聞. (2015年12月20日). http://mainichi.jp/senkyo/articles/20151220/k00/00m/010/068000c 
  38. ^ “衆院北海道5区補欠選、池田氏を推薦”. 毎日新聞. (2016年2月5日). http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160205/k00/00m/010/003000c 
  39. ^ “維新、衆院北海道5区補選で池田氏を推薦”. 日本経済新聞. (2016年2月9日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS09H31_Z00C16A2PP8000 
  40. ^ “北海道5区補選、野党一本化へ 共産が候補取り下げか”. 朝日新聞. (2016年2月13日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ2D563DJ2DUTFK00F.html 
  41. ^ “大地の鈴木代表、貴子氏の自民党入り「決めていない。時期をみて話し合う」”. 産経新聞. (2016年2月13日). http://www.sankei.com/smp/politics/news/160213/plt1602130026-s.html 
  42. ^ “鈴木宗男代表、参院選も自民支援方針 首相に伝える”. 朝日新聞. (2016年2月24日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ2S54ZRJ2SULFA015.html 
  43. ^ “鈴木貴子氏が民主離党 道7区、各党対応に追われる”. 北海道新聞. (2016年2月27日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0239645.html 
  44. ^ “鈴木貴子氏、民主離党へ きょう表明、自民と統一会派視野”. 北海道新聞. (2016年2月26日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0239313-s.html 
  45. ^ “道5区補選 和田氏に菅長官/池田氏は鳥越氏 告示前に応援合戦”. 北海道新聞. (2016年4月11日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0257956.html 
  46. ^ “衆院補選 北海道5区は自民 和田義明氏が当選”. NHK. (2016年4月24日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160424/k10010496881000.html 
  47. ^ “<参院選道選挙区 激闘の果て>上 苦悩の自民 「中選挙区」身内が敵に”. 北海道新聞. (2016年7月12日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2016sanin/1-0292218.html 
  48. ^ “自民道連会長に吉川氏 長谷川氏は会長代行に”. 北海道新聞. (2016年8月26日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0308947.html 
  49. ^ “鈴木代表「新党大地」解散に含み 自民道連内の要求受け”. 東京新聞. (2016年8月28日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016082801001504.html 
  50. ^ “新党大地解党論に貴子氏 「党間の協議になる」 自民道連の動きけん制”. 北海道新聞. (2016年8月27日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0309387.html 
  51. ^ “松本剛明、鈴木貴子両氏が自民衆院会派入り”. 読売新聞. (2016年9月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160926-OYT1T50059.html 2016年9月26日閲覧。 
  52. ^ 公民権回復の鈴木宗男氏 政界復帰に意欲、警戒も”. 産経新聞 (2017年7月24日). 2017年10月9日閲覧。
  53. ^ 鈴木宗男氏が立候補表明 「新党大地」の比例単独1位で”. 朝日新聞 (2017年10月6日). 2017年10月9日閲覧。
  54. ^ 貴子氏が大地代表代理辞任 自民入りへ長谷川氏と合意”. 北海道新聞 (2017年10月3日). 2017年10月12日閲覧。
  55. ^ 北海道議選:統一地方選挙2019 速報 : 統一地方選 - 読売新聞”. 読売新聞 (2019年4月8日). 2019年5月7日閲覧。
  56. ^ “鈴木宗男氏、維新から参院比例出馬へ”. 時事ドットコム. (2019年6月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062001144&g=pol 2019年6月22日閲覧。 
  57. ^ 基本理念・網領|新党大地
  58. ^ 基本理念・網領|新党大地
  59. ^ 応援団員募集中|新党大地

関連項目[編集]

外部リンク[編集]