大西宏幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大西 宏幸
おおにし ひろゆき
生年月日 (1967-07-15) 1967年7月15日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市生野区
出身校 芦屋大学教育学部
前職 大阪市会議員秘書
建設会社役員
所属政党 自由民主党岸田派
親族 父・大西仙太郎(第86代大阪市会議長)
公式サイト 大西ひろゆき公式サイト

選挙区比例近畿ブロック→)
大阪1区
当選回数 2回
在任期間 2014年12月14日 - 現職

選挙区 生野区選挙区
当選回数 4回
在任期間 1995年4月9日 - 2010年
テンプレートを表示

大西 宏幸(おおにし ひろゆき、1967年7月15日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)、防衛大臣政務官。元大阪市会議員(4期)。父は第86代大阪市会議長の大西仙太郎[1]

来歴[編集]

大阪府大阪市生野区小路に生まれる。1980年大阪市立小路小学校1983年近畿大学附属中学校1986年大阪市立此花工業高等学校を卒業。1990年3月に芦屋大学教育学部を卒業し、父・大西仙太郎秘書や建設会社の役員を務める[2]。仙太郎の死後、1995年第13回統一地方選挙大阪市会議員選挙に出馬し、初当選。以降4期連続で当選する[3]

大阪市会議員時代には、労働組合による闇専従問題の解消に取り組んだ。この間、命を狙われ警察の警護が付くほどの抵抗があったという。活動はテレビ番組でも取り上げられた[3]

2010年7月11日に実施された第22回参議院議員通常選挙比例区から出馬するも落選する。

2012年9月、母校・芦屋大学の客員教授に就任。同年12月16日施行の第46回衆議院議員総選挙大阪1区から出馬するも日本維新の会の新人井上英孝に敗れ、比例復活もならず落選。2年後の2014年12月14日に行われた第47回衆議院議員総選挙において、再び大阪1区から出馬し、維新の党から出馬した井上と再び対決し前回より票差を縮めるも及ばず、井上に敗北。重複立候補していた比例近畿ブロックで初当選を果たした。

2017年10月22日に行われた第48回衆議院議員総選挙において、再び大阪1区から出馬し、初めて井上を破り再選。

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第46回衆議院議員総選挙候補者 自民党大阪府支部連合会
  2. ^ “第48回衆院選 自民 大阪1区 大西 宏幸”. 毎日新聞. (2017年10月10日). https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A27001002002 2020年7月31日閲覧。 
  3. ^ a b 政治家直撃インタビュー 大西宏幸 議員.club
  4. ^ 大西ひろゆきフェイスブック
  5. ^ a b c d e 毎日新聞候補者アンケート選挙毎日
  6. ^ 「都構想」行方は― 在阪国会議員に聞く大阪日日新聞
  7. ^ “2019年12月号_2面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年11月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2020/07/2019%E5%B9%B412%E6%9C%88_%EF%BC%92%E9%9D%A2.pdf 2020年7月21日閲覧。 
  8. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  9. ^ 関西州会員名簿 道州制政治家連盟全国協議会
  10. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  11. ^ 『現代印章 2019年4月号』(ゲンダイ出版)
  12. ^ 最新の護る会|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road

外部リンク[編集]

公職
先代:
岩田和親
渡辺孝一
日本の旗 防衛大臣政務官
松川るいと共同

2020年 -
次代:
現職