根本幸典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
根本 幸典
ねもと ゆきのり
根本幸典.jpg
生年月日 (1965-02-21) 1965年2月21日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道砂川市
出身校 一橋大学経済学部
前職 豊橋市議会議員
所属政党 自由民主党安倍派
称号 経済学士
公式サイト 衆議院議員 根本幸典 オフィシャルサイト

選挙区 愛知15区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月16日[1] - 現職

当選回数 2回
在任期間 2003年5月1日 - 2011年4月30日
テンプレートを表示

根本 幸典(ねもと ゆきのり、1965年2月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)。

国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)、豊橋市議会議員(2期)を歴任。

来歴[編集]

北海道砂川市生まれ、愛知県豊橋市小松町在住[2][3]。田原町立東部小学校編入後、豊橋市立杉山小学校を卒業。豊橋市立章南中学校愛知県立時習館高等学校卒業。1988年3月、一橋大学経済学部卒業。同年4月、株式会社リクルートに就職。リクルート社マネージャーなどを務めた[4]

1999年、リクルートを退職。同年4月から2002年8月まで参議院議員の秘書を務めた[5]

2003年4月、豊橋市議会議員選挙に初当選(4070得票・10位)。2007年4月、豊橋市議会議員選挙で再選を果たす(4825得票・3位)。市議会建設消防委員会委員長、福祉教育委員会委員長、環境経済委員会委員長を歴任。

2010年9月21日、前年の総選挙で落選した山本明彦が政界引退を表明。同年10月16日、自由民主党愛知県第15選挙区支部は役員会を開き、後任の支部長に根本を選出した[6]。翌2011年4月24日に行われた市議選には出馬しなかった。

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙愛知15区から自由民主党公認で立候補。民主党現職の森本和義ら5人の候補者を下し初当選した[7][8]自由民主党政務調査会農林部会副部会長に就任。

2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙で、民主党公認の関健一郎日本共産党公認の串田真吾を破り再選した[9]。2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、谷脇暁が局長を務める土地・建設産業局等担当の国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官に就任[10][11][12]

2017年10月22日の第48回衆議院議員総選挙で、希望の党公認の関健一郎、日本共産党公認の野澤康幸を破り3選(関は比例復活により初当選)[13][14]。自由民主党運輸・交通関係団体委員会副委員長[15] 兼自由民主党政務調査会内閣第二部会副部会長兼農林部会副部会長[16]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙で、立憲民主党公認の関健一郎、れいわ新選組公認の菅谷竜を破り4選[17]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2017年の朝日新聞社のアンケートでは「賛成」と回答[18]。2021年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[19]。2021年のNHKのアンケートでは「賛成」と回答[20]
  • 9条改憲について、2017年の中日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[21]。9条への自衛隊の明記について、2021年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[20]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「環境権に関する条項を新設する」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[22]
  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「評価する」と回答[18]
  • 集団的自衛権の行使について、2014年のアンケートで「賛成」と回答[23]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年、2017年、2021年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[24][18][19]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答し[19]、同年のNHKのアンケートでは回答しなかった[20]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「どちらとも言えない」と回答[19]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートでは回答しなかった[20]

その他[編集]

  • 原子力発電所の再稼働問題について、2017年の中日新聞社のアンケートで「新規制基準を満たす原発は再稼働すべき」と回答[21]
  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「現状を維持すべき」と回答[20]
  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、「どちらかといえば賛成」と回答[19]
  • アベノミクスについて、2017年のアンケートで「評価する」と回答[18][25]
  • 安倍内閣による森友学園問題加計学園問題への対応について、2017年のアンケートで「評価する」と回答[18]
  • ドナルド・トランプ大統領を信頼できるか」との設問に対し、2017年の毎日新聞社のアンケートで「信頼できる」と回答[25]
  • 河野談話村山談話を見直すべきだ[23]
  • ヘイトスピーチの法規制に反対[23]
  • 特定秘密保護法は日本に必要だ[23]

統一教会との関係[編集]

  • 2017年11月16日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は、名古屋市の愛知県体育館で大規模集会「2017孝情文化フェスティバルin NAGOYA」を開催。韓鶴子総裁を迎えた同集会に、根本は工藤彰三池田佳隆鈴木克昌とともに来賓として出席した[26]
  • 2022年8月10日、中日新聞社が中部6県の全73人の衆参国会議員を対象に実施したアンケートを公表。全体の4人に1人が統一教会と何らかの関わりを持っていたことが明らかとなった[27]岸田文雄首相は8月8日の自民党臨時役員会で、統一教会をめぐり「政治家の責任で関係をそれぞれ点検し、適正に見直してもらいたい」と述べ、党所属国会議員全員に通達するよう指示[28]したが、根本ら10人の同党議員はアンケートに答えることを拒否した[27]
  • 2022年7月から8月にかけて、共同通信社は、全国会議員712人を対象に、統一教会との関わりを尋ねるアンケートを実施。8月31日に各議員の回答の全文を公表した。しかし根本はここでもアンケートに答えることを拒否した[29][30]

所属団体・議員連盟[編集]

支援団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “議員や首長の任期はいつからカウントするか。”. レファレンス協同データベース. (2011年6月16日). https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000087399 2021年8月18日閲覧。 
  2. ^ 中日新聞(2017年10月11日、23面)
  3. ^ 平成29年10月22日執行衆議院小選挙区選出議員選挙候補者一覧表 (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年11月30日閲覧。
  4. ^ 「2012衆院選 愛知15区 根本幸典」 毎日jp2012衆院選
  5. ^ プロフィール 根本幸典公式サイト
  6. ^ 『中日新聞』2010年10月17日付朝刊、県内版、24面、「15選挙区支部長 根本豊橋市議に 自民役員会で決定」。
  7. ^ 平成24年(2012年)12月18日愛知県選挙管理委員会告示第111号(衆議院小選挙区選出議員選挙の当選者)
  8. ^ 朝日新聞デジタル:愛知 - 開票速報 - 第46回総選挙
  9. ^ 愛知 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  10. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  11. ^ 国交副大臣に末松信介氏と田中良生氏を起用 週刊住宅online
  12. ^ [1] 毎日新聞
  13. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙”. 2017衆院選:朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年12月9日閲覧。
  14. ^ 東海ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙”. 2017衆院選:朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年12月9日閲覧。
  15. ^ [2] 自由民主党
  16. ^ [3] 自由民主党
  17. ^ 衆議院選挙2021 愛知(名古屋・豊橋など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  18. ^ a b c d e 根本幸典”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  19. ^ a b c d e 根本幸典”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  20. ^ a b c d e 愛知15区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  21. ^ a b “<中部6県 立候補者アンケート> 県内46人の回答、おおむね3極化”. 中日新聞. (2017年10月17日). https://static.chunichi.co.jp/chunichi/archives/article/senkyo/shuin2017/aic/CK2017101702000246.html 2022年5月25日閲覧。 
  22. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  23. ^ a b c d 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  24. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  25. ^ a b “第48回衆院選 自民 愛知15区 根本幸典”. 毎日新聞. オリジナルの2020年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201109130500/https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A23015001001 2021年12月9日閲覧。 
  26. ^ 鈴木エイト (2017年11月16日). “統一教会・家庭連合の大規模フェスティバル・愛知大会に同県選出の自民党国会議員が多数出席”. やや日刊カルト新聞. 2022年7月26日閲覧。
  27. ^ a b 4人に1人、旧統一教会と関係 中部国会議員調査、行事出席や祝電”. 中日新聞 (2022年8月10日). 2022年8月10日閲覧。
  28. ^ 旧統一教会との関係点検指示 首相、自民の全国会議員に通達へ”. 共同通信 (2022年8月8日). 2022年8月10日閲覧。
  29. ^ 旧統一教会との接点、全国会議員712人に聞いてみた【全回答の一覧付き】FAXで回答”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  30. ^ 全国会議員712人アンケート 旧統一教会と政治の関係”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  31. ^ “2021年7月号_7面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_7%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  32. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  33. ^ a b c d e f g “各候補、週末の動き 15区:2014衆院愛知”. 中日新聞 (中日新聞社). https://www.chunichi.co.jp/hold/senkyo/shuin2014/aichi/CK2014120702000203.html 2019年7月21日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代
宮内秀樹
江島潔
津島淳
日本の旗 国土交通大臣政務官
大野泰正
藤井比早之と共同

2016年 - 2017年
次代
秋本真利
高橋克法
簗和生
先代
牧島かれん
酒井庸行
高木宏壽
古賀篤
田所嘉徳
豊田真由子
星野剛士
津島淳
白石徹
藤丸敏
日本の旗 内閣府大臣政務官
武村展英
豊田俊郎
務台俊介長坂康正
島田三郎
井野俊郎
田野瀬太道
井原巧
井林辰憲
宮澤博行と共同

2016年 -2017年
次代
舞立昇治
安藤裕
古賀友一郎
白須賀貴樹
石川昭政
菅家一郎
阿達雅志
山田宏と共同