根本幸典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
根本 幸典
ねもと ゆきのり
根本幸典.jpg
生年月日 (1965-02-21) 1965年2月21日(52歳)
出生地 北海道砂川市
出身校 一橋大学経済学部
前職 豊橋市議会議員
所属政党 自由民主党細田派
称号 経済学士
公式サイト 衆議院議員 根本幸典 オフィシャルサイト

選挙区 愛知15区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[1] - 現職

当選回数 2回
在任期間 2003年5月1日 - 2011年
テンプレートを表示

根本 幸典(ねもと ゆきのり、1965年2月21日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)、豊橋市議会議員(2期)を歴任。

来歴[編集]

北海道砂川市生まれ(現在は豊橋市小松町に在住[2][3])。田原町立東部小学校編入後、豊橋市立杉山小学校を卒業。豊橋市立章南中学校愛知県立時習館高等学校卒業。1988年3月、一橋大学経済学部卒業。

1988年4月から1999年まで株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に勤務[4]。リクルート社マネージャーなどを務めた[5]1999年4月から2002年8月まで参議院議員の秘書を務めた[6]

2003年4月、豊橋市議会議員選挙に初当選(4070得票・10位)。2007年4月、豊橋市議会議員選挙で再選を果たす(4825得票・3位)。市議会建設消防委員会委員長、福祉教育委員会委員長、環境経済委員会委員長を歴任。

2010年12月、自由民主党愛知県第15選挙区支部の支部長に就任。翌年2011年4月24日に行われた市議選には出馬せず、2012年12月、第46回衆議院議員総選挙愛知15区から自由民主党公認で出馬。民主党現職の森本和義に大差をつけて初当選した[1]

自由民主党政務調査会農林部会副部会長を経て、2014年12月、第47回衆議院議員総選挙に愛知15区で再選。2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、土地・建設産業局等担当の国土交通大臣政務官内閣府大臣政務官に就任[7][8]

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙に愛知15区で3選(希望の党関健一郎比例復活により当選)[9]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月18日愛知県選挙管理委員会告示第111号(衆議院小選挙区選出議員選挙の当選者)
  2. ^ 中日新聞(2017年10月11日、23面)
  3. ^ 平成29年10月22日執行衆議院小選挙区選出議員選挙候補者一覧表 (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年11月30日閲覧。
  4. ^ [1]根本幸典Facebook
  5. ^ 「2012衆院選 愛知15区 根本幸典」毎日jp2012衆院選
  6. ^ プロフィール根本幸典公式サイト
  7. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  8. ^ 国交副大臣に末松信介氏と田中良生氏を起用週刊住宅online
  9. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  10. ^ a b c d e f 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  12. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]