斉藤滋宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
斉藤 滋宣
さいとう しげのぶ
Saito shigenobu.jpg
能代市総合体育館で、2010年12月4日
生年月日 (1953-03-02) 1953年3月2日(67歳)
出生地 北海道勇払郡厚真町
出身校 中央大学経済学部
所属政党 (自由民主党→)
無所属
称号 経済学士

当選回数 4回
在任期間 2006年4月23日 - 現職

日本の旗 参議院議員
選挙区 秋田県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1998年 - 2004年

選挙区 山本郡選挙区
当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1998年
テンプレートを表示

斉藤 滋宣(さいとう しげのぶ、1953年3月2日 - )は、日本政治家。秋田県能代市長(4期)。元参議院議員(1期)、元秋田県議会議員(2期)。

人物[編集]

北海道勇払郡厚真町出身。中央大学在学中に、野呂田芳成(当時・参議院議員)の秘書となった[1]ことが契機となり、山本郡二ツ井町(現・能代市)を地盤として、1991年に当時の山本郡選挙区から出馬し、県議を2期目途中まで務める。

1998年、引退する参議院議員・佐々木満の後継として、参議院議員選挙に自民党公認で立候補し初当選。

2004年、元テレビ局アナウンサーの鈴木陽悦(無所属)に敗れ落選。

2006年に新設合併した能代市の市長選に出馬し、旧市の市長であった豊澤有兄を下し、初代市長に就任(なお、平成の大合併期に発足した合併自治体の初代首長で、旧自治体の首長以外が当選したのは秋田県では唯一のケースとなった)。

2010年、無投票で再選。2014年、3選。2018年、前市議会議員の小野立を退け、4選[2]

政策・主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成[3]
  • 2020年4月30日、新型コロナウイルス感染の拡大を受け、業種や県の休業要請の対象か否かにかかわらず、同年1~12月までの任意の月の売り上げが前年同月比で3割以上減少した全事業者に市独自で一律20万円の支援金を給付すると発表した[4]
  • 同年5月12日、コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の6月期末手当を全額カットし、副市長、監査委員、教育長と市議の期末手当を50%減額する条例改正案を市議会臨時会に提出した。削減額は執行部側と市議19人(欠員1)を合わせて982万5,440円で、改正案は同日、可決された[5][6]

役職[編集]

  • 参議院労働社会政策委員会理事
  • 参議院自由民主党副幹事長
  • 参議院厚生労働委員会理事
  • 自由民主党秋田県連会長(2001年6月~)
  • 参議院内閣委員会理事
  • 参議院国会対策委員会副委員長
  • 参議院議院運営委員会理事
  • 国土交通大臣政務官(2003年9月~)

脚注[編集]

  1. ^ 公式プロフィール
  2. ^ “能代市長選、斉藤氏が4選果たす”. 秋田魁新報. (2018年4月15日). http://www.sakigake.jp/news/article/20180415AK0030/ 2018年4月19日閲覧。 
  3. ^ 別姓通信79号
  4. ^ “新型コロナ 能代市、独自に20万円 仙北市も支援金給付へ /秋田”. 毎日新聞. (2020-5-). https://mainichi.jp/articles/20200501/ddl/k05/040/097000c 2020年5月22日閲覧。 
  5. ^ “新型コロナ ボーナスカット相次ぐ 能代、湯沢市長は全額 /秋田”. 毎日新聞. (2020年5月13日). https://mainichi.jp/articles/20200513/ddl/k05/040/049000c 2020年5月22日閲覧。 
  6. ^ 令和2年5月臨時会の概要 - 能代市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
新設
Flag of Noshiro Akita.JPG秋田県能代市長
2006年 -
次代:
現職