宮内秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮内 秀樹
みやうち ひでき
生年月日 (1962-10-19) 1962年10月19日(56歳)
出生地 日本の旗 愛媛県松山市
出身校 青山学院大学経営学部
前職 塩崎潤衆議院議員秘書
塩崎恭久衆議院議員秘書
渡辺具能衆議院議員秘書
所属政党 自由民主党二階派
公式サイト 衆議院議員 宮内秀樹 公式サイト

選挙区 福岡4区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月21日 - 現職
テンプレートを表示

宮内 秀樹(みやうち ひでき、1962年10月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元国土交通大臣政務官第3次安倍第1次改造内閣)。

来歴[編集]

愛媛県松山市生まれ[1]。父は松山市役所の職員[1]松前町立岡田小学校愛媛大学教育学部附属中学校愛媛県立松山東高等学校卒業後、慶應義塾大学進学を志望するが叶わず、青山学院大学経営学部に入学[1]。大学在学中は「音亭狂雀(おんてい・きょうじゃく)」の高座名で落語研究会に所属し、同会の第23代会長も務めた[1]。大学4年次に自ら望んで留年し、アメリカ合衆国へ放浪の旅に出た[1]。帰国後、塩崎潤衆議院議員の私邸に住み込み、秘書を務める[1]。その後、塩崎潤の選挙区を引き継いだ長男・恭久の秘書や、自由民主党衆議院議員の渡辺具能の秘書を務めた[1]

2012年第46回衆議院議員総選挙に、かつて秘書を務めた渡辺具能の選出選挙区だった福岡4区から自民党公認で出馬。日本維新の会新人の河野正美や、民主党から日本未来の党に鞍替えした古賀敬章らを破り、初当選した(河野は比例復活[1][2]2014年第47回衆議院議員総選挙でも福岡4区から自民党公認で出馬し、再選[3]

2015年第3次安倍第1次改造内閣国土交通大臣政務官に任命された[4]2016年1月7日二階派に入会[5]2017年第48回衆議院議員総選挙に福岡4区から自民党公認で出馬し、3選[6]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

公職
先代:
上野賢一郎鈴木馨祐青木一彦
日本の旗 国土交通大臣政務官
江島潔津島淳と共同

2015年 - 2016年
次代:
­ 藤井比早之大野泰正根本幸典