福岡県第11区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗福岡県第11区
衆議院小選挙区 福岡県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 田川市行橋市豊前市田川郡京都郡築上郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
選出議員 武田良太
有権者数 25万7535人
1.113 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

福岡県第11区(ふくおかけんだい11く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

保守地盤であるが、保守分裂選挙になるケースが多く、第42回は山本幸三、第43・第44回は武田良太がそれぞれ無所属で当選した。なお山本、武田は後に自民党に入党し、第45回は武田が11区、山本が比例九州ブロック単独で出馬し、共に当選している。第46回で山本は10区に国替えし、その後は武田がここでの当選を続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 山本幸三 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 無所属
第43回衆議院議員総選挙 2003年 武田良太
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 福岡県第11区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:25万6676人 最終投票率:54.28%(前回比:減少2.38%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武田良太53自由民主党75,997票
55.76%
――公明党推薦
村上智信52無所属40,996票
30.08%
53.94%×
志岐玲子68社会民主党19,310票
14.17%
25.41%日本共産党福岡県委員会支持
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 福岡県第11区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:26万5726人 最終投票率:56.66%(前回比:増加5.19%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武田良太49自由民主党81,129票
55.46%
――公明党推薦
村上智信48希望の党42,335票
28.94%
52.18%
竹内信昭64社会民主党22,822票
15.60%
28.13%日本共産党推薦
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 福岡県第11区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:26万5270人 最終投票率:51.47%(前回比:減少7.92%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武田良太46自由民主党85,488票
65.60%
――公明党推薦
藤中寛之40社会民主党24,138票
18.52%
28.24%
山下登美子61日本共産党20,694票
15.88%
24.21%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 福岡県第11区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:59.39% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武田良太44自由民主党86,443票
55.87%
――公明党推薦
堀大助33日本維新の会38,091票
24.62%
44.06%みんなの党推薦
谷瀬綾子36社会民主党18,715票
12.10%
21.65%
山下登美子59日本共産党11,469票
7.41%
13.27%
  • 山本は10区に国替えし当選。
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 福岡県第11区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武田良太41自由民主党106,334票
57.43%
――
山口はるな33社会民主党61,192票
33.05%
57.55%
山下登美子55日本共産党14,475票
7.82%
13.61%
小迫日出典41幸福実現党3,142票
1.70%
2.95%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 福岡県第11区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武田良太37無所属78,757票
39.50%
――×
比当山本幸三57自由民主党78,308票
39.28%
99.43%
稲富修二35民主党32,231票
16.17%
40.92%
村上勝二53日本共産党10,075票
5.05%
12.79%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 福岡県第11区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武田良太35無所属78,882票
42.43%
――×
山本幸三55自由民主党62,628票
33.69%
79.39%
手嶋秀昭61社会民主党35,591票
19.15%
45.12%
村上勝二52日本共産党8,790票
4.73%
11.14%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 福岡県第11区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本幸三51無所属68,440票
36.26%
――×
武田良太32自由民主党65,838票
34.88%
96.20%
比当中西績介74社会民主党41,152票
21.80%
60.13%
柳武フク代62日本共産党11,608票
6.15%
16.96%
伊藤弘毅56自由連合1,698票
0.90%
2.48%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 福岡県第11区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本幸三48新進党66,798票
38.55%
――
比当中西績介70社会民主党51,569票
29.76%
77.20%
武田良太28自由民主党42,152票
24.33%
63.10%
猪本忠夫67日本共産党12,741票
7.35%
19.07%

脚注[編集]

関連項目[編集]