中村裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 中村 裕之
なかむら ひろゆき
生年月日 (1961-02-23) 1961年2月23日(56歳)
出生地 日本の旗 北海道余市郡余市町
出身校 北海学園大学
前職 北海道議会議員
現職 自由民主党北海道4区支部長
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 中村ひろゆき公式サイト

選挙区 北海道4区
当選回数 3回
在任期間 2012年 - 現職

選挙区 後志総合振興局所管区
当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2012年
テンプレートを表示

中村 裕之(なかむら ひろゆき、1961年2月23日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元北海道議会議員(3期)。

経歴[編集]

北海道余市郡余市町出身。北海道小樽潮陵高等学校北海学園大学経済学部を卒業し、北海道庁総務部札幌北道税事務所に勤務[1]1989年平成元年)から中村建設株式会社に入社し、1993年(平成4年)より代表取締役に就任[1]。 北海道PTA連合会会長、日本PTA全国協議会副会長、(社)日本青年会議所道南ブロック会長等を務めた後、2003年(平成15年)に北海道議会議員後志管内)へ出馬し、トップ当選[2]。その後、3期連続で当選を果たした。

2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙において、北海道4区札幌市手稲区・後志管内)から自由民主党公認で出馬。民主党の元経済産業大臣だった鉢呂吉雄比例復活を許さず、初当選を果たした。

2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙でも、鉢呂に比例復活を許さず、再選となった。

2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙では、立憲民主党本多平直希望の党高橋美穂を破って3選(本多は比例復活)。

衆議院議員当選後は麻生派に所属。道路除雪費国庫補助金の拡大(札幌2.5倍、小樽後志1.7倍)、手稲IC小樽方面行き乗口の新設決定、高速道路の共和~余市間新規事業化実現等[3]、インフラ関連の政策を中心に取り組んでいる。 また、漁業関係においてもトドの食害対策に関心を示しており[4]、対策拡充を呼び掛けている。

政策[編集]

  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問いに「どちらかと言えば賛成」と回答[5]
  • 「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」との問いに「賛成」と回答[5]
  • 公共事業による雇用確保は必要だ」との問いに「どちらかと言えば賛成」と回答[5]
  • 原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきだ」との問いに「どちらかと言えば賛成」と回答[5]
  • 「長期的には消費税率が10%よりも高くなるのはやむをえない」との問いに「どちらかと言えば賛成」と回答[5]
  • 2013年11月26日、特定秘密保護法案の採決で賛成票を投じている[6]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2015年4月13日閲覧。
  2. ^ 北海道議会議員選挙(2003年4月13日)”. 統一地方選挙・前半戦(2003年4月13日). 2017年9月22日閲覧。
  3. ^ 政策提言”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月22日閲覧。
  4. ^ 衆議院議員 中村裕之氏 インタビュー”. 選挙ドットコム. 2016年5月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選”. 朝日新聞. 2017年9月22日閲覧。
  6. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  7. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  8. ^ 学校給食に魚介類を、自民党・水産物に親しむ給食PT”. 日刊水産経済新聞. 2017年10月21日閲覧。
  9. ^ 自民党パークゴルフ普及振興議員連盟”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  10. ^ 石油流通問題議員連盟”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  11. ^ 物流倉庫議員連盟”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  12. ^ ジビエ議員連盟”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  13. ^ 地域医療”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]