中村裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 裕之
なかむら ひろゆき
20211006nakamura hiroyuki.jpg
農林水産副大臣就任に際し公表された公式肖像写真
生年月日 (1961-02-23) 1961年2月23日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道余市郡余市町
出身校 北海学園大学
前職 北海道議会議員
現職 衆議院議員
農林水産副大臣
自由民主党北海道4区支部長
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 中村ひろゆき公式サイト

選挙区 北海道4区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

選挙区 後志総合振興局所管区
当選回数 3回
在任期間 2003年 - 2012年
テンプレートを表示

中村 裕之(なかむら ひろゆき、1961年2月23日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、農林水産副大臣

文部科学政務官北海道議会議員(3期)を歴任。

経歴[編集]

北海道余市郡余市町出身。北海道小樽潮陵高等学校北海学園大学経済学部を卒業し、北海道庁総務部札幌北道税事務所に勤務[1]

1989年から中村建設株式会社に入社し、1993年より代表取締役に就任[1]。北海道PTA連合会会長、日本PTA全国協議会副会長、(社)日本青年会議所道南ブロック会長等を務めた。

2003年、当時の北海道4区選出の衆議院議員である佐藤静雄の影響を受け、北海道議会議員後志管内)へ出馬し、トップ当選[2][3]。その後、3期連続で当選を果たした。

2012年第46回衆議院議員総選挙において、北海道4区札幌市手稲区・後志管内)から自由民主党公認で出馬。民主党の元経済産業大臣だった鉢呂吉雄比例復活を許さず、初当選を果たした。

2014年第47回衆議院議員総選挙でも、鉢呂に比例復活を許さず、再選となった。

2017年第48回衆議院議員総選挙では、立憲民主党本多平直希望の党高橋美穂を破って3選(本多は比例復活)。

2018年第4次安倍改造内閣文部科学政務官に就任 [4]。就任後は幼児教育の無償化、公立小中学校に対する1人1台のパソコンタブレットの支給実現に取り組んだ[5]

2021年自由民主党総裁選挙においては、自身と同じ麻生派に所属する河野太郎では無く、積極的な財政出動で景気浮揚と国土強靱を目指す高市早苗の支持を表明[6]

2021年10月に発足した第1次岸田内閣農林水産副大臣に任命された[7]

同年10月13日、日本共産党第49回衆議院議員総選挙に向け、立憲民主党と競合する22の選挙区で候補者を取り下げる方針を発表[8]。その中には北海道4区も含まれ、党小樽地区委員会副委員長の松井真美子は立候補を見送った。10月19日、衆院選公示。中村は、不適切発言で辞職した本多平直に代わって立憲民主党公認候補として出馬した大築紅葉との一騎打ちとなった[9]。選挙期間中、中村の応援演説に駆けつけた麻生太郎が「温暖化で北海道の米がうまくなった」等と発言したことが各方面で物議を醸し[10]、開票日(10月31日)の直前には大築に先行を許したとの報道もあったが[11]、僅か696票差で大築を制し、4選を果たした(大築は比例復活で初当選)[12]

IR問題[編集]

資金提供を巡る問題[編集]

  • 統合型リゾート(IR)事業をめぐり、秋元司と共に逮捕された500ドットコムより、2017年9月頃に衆議院議員5名へ100万円を渡したとする供述があり、中村の名前も挙げていたことから、2019年末に東京地検特捜部からの捜査を受けた[13]。これに対して中村は、500ドットコムからの資金提供は無く、加森観光代表取締役会長の加森公人から200万円の寄付があり、うち100万円を自身のセミナーの講師として来た岩屋毅へ寄付し、収支報告書上へも記載したと説明した[14][15]政治資金規正法違反罪での起訴が検討されたが、特捜部は500ドットコムが100万円を渡したとした中村、岩屋ら衆議院議員5人の立件を見送った[16]

政策・主張[編集]

憲法問題[編集]

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[17][18]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「家族の尊重や家族間の相互扶助に関する条項を新設する」「各都道府県から必ず1人は参議院議員を選出するよう明記する」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[19]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[20]

北海道関連[編集]

  • 北海道唯一の原子力発電所である泊発電所再稼働に関し、2021年10月時点の回答として、二酸化炭素を排出しない発電方法であり、再生可能エネルギーによる発電は電力供給量が不安定であることから、安全性を確認した上での再稼働容認の立場を取っている[21]。また、2014年のアンケートにおいても、「原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきだ」との問いに「どちらかと言えば賛成」と回答している[22]
  • 寿都町神恵内村で検討が進む放射性廃棄物の処分地を巡る文献調査に関し、2021年10月時点の回答として、地元の決断を尊重するとし、賛否は示していない[21]
  • JR北海道在来線の維持について、2021年10月時点の回答として、小樽―余市間は利用者数が全道7番目と多いことから、維持存続を主張している。また、長万部―余市間については、新幹線が通る倶知安町を起点としたバス路線を拡充し、バスへの転換を進めるべきとしている[21]
  • 道路除雪費国庫補助金の拡大(札幌2.5倍、小樽後志1.7倍)、手稲IC小樽方面行き乗口の新設決定、高速道路の共和~余市間新規事業化実現等[23]、インフラ関連の政策を重要視している。

ジェンダー問題[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[17]。2021年のアンケートでは「反対」と回答[18]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[20]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[18]
  • 候補者や議席の一定割合を女性に割り当てるクオータ制の導入について、2021年のアンケートで「反対」と回答[20]

消費税[編集]

  • 2012年の公開アンケートにおいて、消費税2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立したことについて「引き上げは必要だが、時期は先送りすべきだ」と回答している[24]
  • 2014年の公開アンケートにおいて、「2017年4月に消費税率を10%に引き上げるべきだ」と回答している[25]
  • 2017年の公開アンケートにおいて、消費税2019年10月に10%に引き上げることについて「賛成」と回答している[26]
  • 新型コロナウイルスを取り巻く状況を踏まえ「消費税0%の検討」を掲げた日本の未来を考える勉強会の副会長を務め、『国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言』に賛同している[27]

外交・安全保障[編集]

  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」について、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[22]
  • 「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[22]
  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「賛成」と回答[18]

その他[編集]

  • 公共事業による雇用確保は必要だ」について、2014年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[22]
  • 2013年11月26日、特定秘密保護法案の採決で賛成票を投じている[28]
  • 受動喫煙防止を目的に飲食店等の建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に反対。自身のブログにおいて「分煙を徹底し店前に表示することにより、喫煙者も非喫煙者も飲食店等経営者もビルオーナーも葉タバコ農家もタバコ販売店も、権利を守ることができる」と主張している[29]
  • 「大企業や所得の多い人への課税を強化し、国の財源に充てることについてどう考えるか」について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[20]
  • 「国会議員に定年を設けることの必要性をどう考えるか」について、2021年のアンケートで「どちらかといえば必要」と回答[20]

人物[編集]

  • 衆議院議員当選後は麻生派に所属。
  • キャッチフレーズは「明るく、でっかく、堂々と」。かつての内閣総理大臣である安倍晋三からは「一緒にいると、こっちもおおらかになる」と評されている[30]
  • 2021年現在も出身地である余市町に在住している[30]
  • トドの食害対策に関心を示しており、対策拡充を呼び掛けている[31]
  • 喫煙者であり、超党派の議員連盟であるもくもく会にも所属している[32]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロフィール”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2015年4月13日閲覧。
  2. ^ 衆議院議員 中村裕之氏 インタビュー”. 選挙ドットコム. 2021年10月29日閲覧。
  3. ^ 北海道議会議員選挙(2003年4月13日)”. 統一地方選挙・前半戦(2003年4月13日). 2017年9月22日閲覧。
  4. ^ 第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ”. 産経新聞. 2021年10月29日閲覧。
  5. ^ 政策提言”. 中村裕之オフィシャルWEBサイト. 2021年10月30日閲覧。
  6. ^ 道4区中村氏は高市氏支持 自民総裁選 財政出動など評価 強い保守色、地元懸念も”. 北海道新聞. 2021年10月29日閲覧。
  7. ^ 農林水産副大臣に任命いただきました。”. 中村ひろゆきオフィシャルWEBサイト. 2021年10月29日閲覧。
  8. ^ 佐野格 (2021年10月13日). “共産党、22選挙区で候補取り下げ 野党一本化目的に”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20211013/k00/00m/010/231000c 2021年11月3日閲覧。 
  9. ^ ニセコ地区で双方第一声 北海道4区で一騎打ち 与野党の訴えは”. 朝日新聞. 2021年11月1日閲覧。
  10. ^ 麻生副総裁「温暖化で北海道の米がうまくなった」発言で疑われる自民温暖化対策への本気度”. 東京新聞. 2021年11月1日閲覧。
  11. ^ [衆院選2021]終盤情勢 北海道の注目選挙区”. 読売新聞. 2021年11月1日閲覧。
  12. ^ 696票差で敗れるも比例復活、立憲の大築氏が意気込み 北海道4区”. 朝日新聞. 2021年11月1日閲覧。
  13. ^ “IR汚職、5衆院議員を任意聴取”. ロイターニュース (トムソン・ロイター). (2020年1月3日). https://jp.reuters.com/article/idJP2020010301000965 2021年5月12日閲覧。 
  14. ^ “IR汚職 議員への資金提供「中国企業が原資」と供述”. AERA (朝日新聞出版). (2020年2月3日). https://www.asahi.com/articles/ASN226H60N22UTIL00M.html 2021年5月12日閲覧。 
  15. ^ “1月3日の読売新聞の記事について。”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. (2020年1月4日). https://www.hiro-nakamura.jp/?tag=ir 2021年8月8日閲覧。 
  16. ^ “IR汚職、5議員の立件見送り=金額など考慮か―東京地検”. 時事通信 (時事通信社). (2020年2月3日). https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_doubt-ircorruption-fundflow 2021年5月12日閲覧。 
  17. ^ a b 中村裕之”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  18. ^ a b c d 中村裕之”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  19. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  20. ^ a b c d e 北海道4区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  21. ^ a b c “<候補に聞く 衆院選北海道4区>下 中村裕之氏(60)=自民前 地域の足守る予算充実”. 北海道新聞. (2021年10月29日). https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/amp/article/605361 
  22. ^ a b c d 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選”. 朝日新聞. 2017年9月22日閲覧。
  23. ^ 政策提言”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月22日閲覧。
  24. ^ “2012衆院選 北海道4区 中村 裕之”. 毎日新聞 (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A01004003003 2020年11月30日閲覧。 
  25. ^ “2014衆院選”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/carta/AZZZZZ1KM.htm 2020年11月30日閲覧。 
  26. ^ “第48回衆院選 自民 北海道4区 中村 裕之”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A01004002002 2020年11月30日閲覧。 
  27. ^ 賛同者一覧 国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月17日閲覧。
  28. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  29. ^ 2月9日朝、厚生労働部会では受動喫煙防止法案に対し反発の意見が相次いだ。”. 中村裕之オフィシャルWEBサイト (2017年2月9日). 2018年8月8日閲覧。
  30. ^ a b <候補走る 衆院選北海道4区>下 中村裕之氏(60)=自民前 地方暮らしの実感訴え”. 北海道新聞 (2021年10月22日). 2021年10月24日閲覧。
  31. ^ 衆議院議員 中村裕之氏 インタビュー”. 選挙ドットコム. 2016年5月7日閲覧。
  32. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月). 2018年7月21日閲覧。
  33. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  34. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  35. ^ 学校給食に魚介類を、自民党・水産物に親しむ給食PT”. 日刊水産経済新聞. 2017年10月21日閲覧。
  36. ^ 自民党パークゴルフ普及振興議員連盟”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  37. ^ 石油流通問題議員連盟”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  38. ^ 物流倉庫議員連盟”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  39. ^ ジビエ議員連盟”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  40. ^ 地域医療”. 中村裕之 オフィシャルWEBサイト. 2017年9月30日閲覧。
  41. ^ プロフィール” (日本語). 中村裕之オフィシャルWEBサイト. 2018年12月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
葉梨康弘
宮内秀樹
日本の旗 農林水産副大臣
武部新と共同

2021年 -
次代:
現職
先代:
宮川典子
新妻秀規
日本の旗 文部科学大臣政務官
白須賀貴樹と共同

2018年 - 2019年
次代:
佐々木さやか
青山周平