橋本清仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 橋本 清仁
生年月日 (1971-05-08) 1971年5月8日(45歳)
出身地 出生地:宮城県
本籍地:宮城県柴田郡柴田町
出身校 早稲田大学法学部卒業
学位・資格 法学士
前職 衆議院議員
世襲
選出選挙区 宮城3区
当選回数 2回
所属党派 民進党
党役職 宮城県総支部連合会副代表
ウェブサイト 橋本きよひと
テンプレートを表示

橋本 清仁(はしもと きよひと、1971年5月8日 - )は、日本政治家民進党所属の元衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

宮城県に生まれる(本籍柴田町)。宮城県仙台第一高等学校早稲田大学法学部卒業。鹿野道彦元農林水産大臣秘書、介護老人保健施設専務理事、農業生産法人取締役を歴任。

2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙では宮城3区自由民主党西村明宏に敗れたものの約200票差まで迫り、重複立候補した比例東北ブロックで復活し初当選。2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では西村に約2万票差で敗れ、比例復活もならず落選した。

2009年第45回衆議院議員総選挙では西村を比例復活すら許さずに破り、小選挙区で初めて当選。2012年内閣総理大臣野田佳彦消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した[注釈 1]衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、棄権した。同年10月2日第3次野田改造内閣国土交通大臣政務官復興大臣政務官に就任。

2012年第46回衆議院議員総選挙では宮城3区で西村に破れ、比例復活もならず落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙では宮城3区で再び西村に破れ、比例復活もならず落選した。

政策・主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入にどちらかというと賛成[1]

人物[編集]

親族[編集]

  • 高祖父・橋本正吉(医師、県議会議員)

注釈[編集]

  1. ^ 野田は「消費税の引き上げを現在の衆議院議員の任期終了後となる14年4月を予定しているため、公約違反ではありません」と述べている。j-cast2012年1月27日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  2. ^ “<衆院選>遊説中に人助け”. 河北新報. (2014年12月27日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141227_13026.html 2014年12月28日閲覧。 
  3. ^ 2014-12-27 橋本ブログ 2014年12月27日
  4. ^ a b c d 橋本きよひとプロフィール

外部リンク[編集]