横山北斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山 北斗
よこやま ほくと
生年月日 (1963-10-25) 1963年10月25日(54歳)
出生地 日本の旗 東京都
出身校 中央大学法学部卒業
東海大学大学院政治学研究科博士課程修了
前職 弘前学院大学大学院教授
所属政党 無所属→)
民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
(無所属→)
称号 博士(政治学)(東海大学・1996年

選挙区 比例東北ブロック→)
青森1区
当選回数 2回
在任期間 2005年9月12日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

横山 北斗(よこやま ほくと、1963年10月25日 ‐ )は、日本政治学者政治家作家、病院理事長、元衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

東京都出身。帝京八王子高等学校中央大学法学部政治学科卒業後、白鳥令に師事し、1996年、東海大学大学院政治学研究科博士課程を修了し、博士(政治学)となる。1997年弘前大学教育学部助教授の全国公募で、同職に就任。これを機に青森県へ移り住んだ[1]2002年弘前学院大学大学院社会福祉学研究科教授に就任(2005年に退職)。

2003年1月26日に行われた青森県知事選挙に出馬。出馬を検討していた参院議員の田名部匡省が出馬を断念し、大学教授の横山に白羽の矢が立った[2]。横山本人は完全無所属を表明したが、田名部の意向で、民主、自由に推薦願を出すことになった[3]。しかし、民主と支持母体の連合青森は、現職の木村守男知事を事実上支持した[4]。また、選挙戦のさなかに、弘前学院大学から「立候補に伴い教授を退職にする」と記した文書が送られてきたため、横山は不当解雇で同大を訴えた。この結果、選挙中に裁判所に出廷させられるという異常な戦いを強いられた[5]。横山は「出馬に伴い様々な圧力がかかったが、そうしたものには屈しない」[6]と訴え、無党派層の共感を得たが、結果は無党派層の多い県都青森市では得票が木村を上回ったものの、8万票の差で敗れた[7]。落選後、横山は裁判に勝訴し、大学教授に復職を果たすが、当選した木村知事は週刊新潮に「セクハラ不倫疑惑」が報じられ、辞職勧告決議が可決される。木村知事は辞職を拒んでいたが、青森県議会に知事不信任決議案が提出され、採決前の5月16日に辞職。

木村の辞職に伴って、同年6月29日に行われた出直し知事選では、横山が勝てると踏んだ民主、連合、さらに社民も横山を推薦するという無節操ぶりであったが[8]、横山は「純粋無所属」を標榜し、学生勝手連を中心に草の根選挙を展開した[9]。選挙戦は横山優勢で進み、当時、全国最年少知事の誕生かと思われたが、最終盤で自民・公明の組織戦の前に逆転を許し、僅差で三村申吾に敗れた。この時、三村陣営の選対本部長を務めた津島雄二衆院議員は「芸術的勝利、奇跡の大逆転」と絶叫し、万歳三唱を行った[10]。同年、第43回衆議院議員総選挙青森1区から無所属で出馬。この時も、民主党から出馬していれば、当選確実と指摘されたが[11]、横山は無所属にこだわり、民主、社民、共産、そして横山以外の無所属候補も乱立する中、手堅く組織票を固めた自由民主党津島雄二に僅差で敗れた。落選後、2004年から小沢一郎衆議院議員政策秘書を務めている。

2005年第44回衆議院議員総選挙に青森1区から民主党公認で出馬した。初めての政党公認候補となったが、連合青森は横山の推薦見送りを表明した[12]。横山は核燃サイクル政策について、「安全性を第一に推進」[13]の立場だと、新聞には報じられたが、実際の演説などでは、原子力政策それ自体の危険性を訴えていたため、東北電力労組が絶対に支持しなかった。特に衆院選の数か月前に行われた青森市長選挙で、反核燃をライフワークとする、当時、県会議員で後に青森市長となる鹿内博と組んだことで、不支持は決定的となった[14]。選挙結果は、選挙区では自民党の津島雄二に敗れたが、比例東北ブロックで復活当選している。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、投票締め切りと同時にテレビニュースで当確の報が流れ、10万票を超える得票で圧勝した[15]。小選挙区区割り変更前の青森1区で10万票を超えたのは、横山が最初で最後であった。

2009年の総選挙は民主党300議席超の政権交代選挙であったが、青森県では4選挙区のうち、民主党公認候補で勝ったのは横山だけだった。選挙戦を通じた県内の政策論争も、自民対民主ではなく、自民対横山で争われた感があった[16]。政権交代後、田名部匡省参院議員に代わって横山は県連代表となるが、横山一人が目立つ姿が嫌悪され、県連内での孤立を深めていった。とりわけ、小沢一郎衆院議員の金銭問題が世間の批判を浴びる中、それでも小沢を擁護する一方、反小沢の菅内閣に対しては、「官僚言いなりの政権」[17]として批判する徹底した姿勢が、県連内での横山降ろしにつながり、2011年7月19日、代表辞任に追い込まれた[18]。しかし、その後も、2012年3月30日、消費増税の閣議決定に抗議し、民主党政策調査会副会長を辞任[19]。同年6月26日衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決でも造反し、反対票を投じた[20]。民主党を除籍され、7月11日国民の生活が第一の結党に参加。日本未来の党から2012年第46回衆議院議員総選挙に出馬したが落選した[21]

2014年第47回衆議院議員総選挙には出馬せず、作家に転身。2014年、2015年と続けて、新選組土方歳三の歴史小説を出版している。

2015年12月17日日本を元気にする会の代表、松田公太参院議員が、2016年第24回参議院議員通常選挙に横山が同党公認で出馬すると記者発表したが、横山のコメントはなかった[22]。日本を元気にする会は既に政党要件を失っており、後に横山は青森市長選への出馬を表明。松田自身も予定していた同参院選への出馬を取りやめるなど、不可解な動きが見られた。

2016年11月の青森市長選挙に政党の支援を受けず無所属で立候補。最大の争点となった第三セクター商業ビル「アウガ」の存続問題について、横山は「市が援助するのをやめ、ビルは解体更地にすべき」と訴えたが落選。「アウガ」を市役所として活用すべきと訴えた自民・公明の支援する小野寺晃彦が当選した[23]

横山は、資金パーティーも献金集めも一切行なわず、「金と組織に頼らない」を自身の公約に掲げてきた[24]。親兄弟も政治家や資産家ではなく、地元出身者でさえなかった[25]。こうした環境下で衆議院議員になったのは、青森県では今日まで横山以外にはいない。

2017年8月からは、青森市にある浅虫温泉病院の理事長となっている[26]

2017年の第48回衆議院議員総選挙には出馬しなかった。

政策・主張[編集]

発言[編集]

  • 2010年3月28日青森市内で開かれた「民主党青森県連躍進パーティー」で、「昨年の総選挙では、まさに革命と呼ぶにふさわしい出来事として、私たちは政権交代を実現したが、革命の後は、反革命が起こる」「今、民主党を批判する反革命分子に負けずに、この危機を乗り越えて行かなければならない」と発言した[28]
  • 2010年6月24日の参院選挙の応援演説で、「ノーモア小泉、リメンバー構造改革」と叫んだ[29]

著作[編集]

単著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 産経新聞 2016年11月26日
  2. ^ 東奥日報 2000年12月27日
  3. ^ 毎日新聞 2002年12月25日
  4. ^ 朝日新聞 2002年12月26日
  5. ^ 陸奥新報 2003年1月12日
  6. ^ 朝日新聞 2003年1月16日
  7. ^ 東奥日報 2003年1月27日
  8. ^ 東奥日報 2003年6月3日
  9. ^ 東奥日報 2003年6月22日
  10. ^ 東奥日報 2003年6月30日
  11. ^ 陸奥新報 2003年11月23日
  12. ^ 朝日新聞 2005年8月18日
  13. ^ 朝日新聞 2003年6月21日
  14. ^ 東奥日報 2005年3月20日
  15. ^ NHK青森 2009年8月31日
  16. ^ 東奥日報 2009年8月15日
  17. ^ 朝日新聞 2010年12月22日
  18. ^ 東奥日報 2011年7月20日
  19. ^ ウォールストリートジャーナル日本版 2012年3月30日
  20. ^ 日本経済新聞 2012年6月26日
  21. ^ 朝日新聞 2012年7月5日
  22. ^ 東奥日報 2015年12月18日
  23. ^ 東奥日報 2016年11月21日
  24. ^ 第45回 衆議院議員総選挙公報
  25. ^ 東奥日報 2003年1月10日
  26. ^ 病院概要 :: 一般社団法人 青森精神医学研究所 浅虫温泉病院
  27. ^ a b c d 東奥日報 2012年12月5日
  28. ^ 民主党アーカイブ 民主党青森県連躍進パーティー
  29. ^ 東奥日報 2010年6月25日

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]