郡和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郡 和子
こおり かずこ
生年月日 1957年3月31日(59歳)
出生地 日本の旗 宮城県仙台市
出身校 東北学院大学経済学部
前職 東北放送報道制作局部長
現職 民進党宮城県総支部連合会副代表
所属政党 民主党横路グループ)→)
民進党
公式サイト 郡和子 公式ホームページ

選挙区 比例東北ブロック→)
宮城1区→)
比例東北ブロック
当選回数 4回
在任期間 2005年9月12日 - 現職
テンプレートを表示

郡 和子(こおり かずこ、旧姓:高橋、1957年3月31日 - )は、日本政治家、元アナウンサー民進党所属の衆議院議員(4期)。元民主党筆頭副幹事長、元内閣府大臣政務官復興大臣政務官を歴任した。

来歴[編集]

宮城県仙台市出身。仙台市立長町小学校卒業後、仙台市立長町中学校に入学。秋保町立秋保中学校(現在の仙台市立秋保中学校)を卒業。宮城県第二女子高等学校から東北学院大学経済学部にすすむ。大学卒業後の1979年東北放送にアナウンサーとして入社。2005年、解説委員や報道制作局の部長を務める[1]

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙に、宮城1区から民主党公認で出馬。自由民主党土井亨に敗れるも、比例東北ブロックで復活し初当選した。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙に、宮城1区から民主党公認で出馬。土井を破り2選。

2011年9月7日野田内閣内閣府大臣政務官公務員制度改革、拉致問題担当、税と社会保障一体改革担当など)に就任。併せて、東日本大震災復興対策担当大臣政務官、宮城県現地対策本部長に就任。2012年2月10日復興庁の設置に伴い復興大臣政務官(宮城復興局担当)を兼務。12月16日第46回衆議院議員総選挙に、宮城1区から民主党公認で出馬。土井に敗れるも、比例復活で3選。

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙に、宮城1区から民主党公認で出馬。土井に敗れるも、比例復活で4選。

2015年1月に行われた民主党代表選挙では、元代表岡田克也の推薦人に名を連ねた[2]

2016年3月27日、民主党と維新の党が合流し、改革結集の会の一部議員や無所属議員なども参加して民進党が結成される[3]。現在同党に所属[4]

人物[編集]

  • 当選前から地元の重度心身障碍者施設の後援会長を務める[5][1]
  • 地元サッカーチームベガルタ仙台を応援しており、自身のブログではサポーター仲間と撮った写真などをアップすることもある[1][6]

放送作家として[編集]

  • 1998年、浅野史郎宮城県知事(当時)の選挙戦を追ったドキュメンタリー「あれは民主主義の学校だったのか」で、民間放送連盟賞のラジオ部門に入選(優秀賞)[7]
  • 2005年、「北へ渡ったヒーロー ~北朝鮮帰国事業とは何だったのか~」のプロデューサーを務め、日本放送文化大賞のラジオ部門グランプリ候補番組に入選[8]
  • アナウンスメントでは自ら制作した「女たちの 50 年~いのちの歌が聞こえる~」で、アノンシスト賞ラジオ朗読部門で日本一[1]

政策・活動[編集]

  • 日本政府へ公式謝罪要求

2009年5月6日に平頂山事件について日本政府に公式謝罪を民主党の訪中した両院議員団24名で要求した。

参加議員は
衆議院議員
逢坂誠二郡和子近藤昭一佐々木隆博篠原孝田島一成筒井信隆平岡秀夫山田正彦横光克彦
参議院議員
相原久美子犬塚直史岡崎トミ子神本美恵子今野東谷岡郁子中村哲治那谷屋正義白眞勲藤谷光信松浦大悟松岡徹松野信夫水岡俊一 [9]

選択的夫婦別姓制度[編集]

選択的夫婦別姓制度の導入については、個人と個人の選択権の尊重、男女の対等な関係を確立する観点から、賛成し、導入推進を図っている。95%以上の夫婦が、(妻の姓を選択することも可能なのに)夫の姓を選んでいる現状では、女性が「自分の性を変えたくない」と思っていても、事実上はその選択肢を選ぶことは非常に困難であり、個人の選択が社会的に制限されているのは問題、また、個人の選択権の問題ばかりではなく、例えば仕事をしている女性にとっては、姓を変えることで不利益が発生することもある。さらに少子化傾向によって一人っ子同士のカップルが増えるとともに、「自分が結婚すると、家族の姓がなくなってしまう」と、結婚をためらうケースも増えている。世論についても、選択的夫婦別姓制度に賛成する人が反対する人を上回るようになった。すぐにも、選択的夫婦別姓制度を実現するために民法を変えるべき、と述べている[10]

東日本大震災への対応[編集]

2011年3月11日東日本大震災が発生すると、2012年2月11日に宮城復興局の局長に就任。自身のブログで、各省庁から送られてきた専門家を「専門家なるがゆえに視野が狭くなるという陥りやすい穴もそれぞれの足元に持っています」としながらも「経験のある復興庁復興局・支所の職員を多いに使って頂きたい。」と国民に訴えた[11]

また、宮城県の「東日本大震災復興交付金」が岩手県などが申請額を満額で配分されている中で申請額の57%しか配分されなかったことに対する村井嘉浩知事からの抗議に対して、「重く受け止めたい。」と述べた[12]。その後、第2次配分では満額回答となり、村井知事も「これからはいがみ合うことなく、前に向かって力を合わせてがんばっていこうと思います。郡さんとはメールをする間柄で親しい仲なので心配ない」と述べた[13]

その他[編集]

  • 年金確保支援法の成立時、与党厚生労働担当政策調査会副会長としてインタビューでは「無年金から救済される人は最大で40万人に上ります。これはかなり大きな効果であろうと、私たちもひとまずほっとしています。しかし、いま家族のあり方、夫婦それぞれの働き方は多様化しています。旧来の年金制度がはたして時代に合っているかと言えばそうではありません。皆さんが安心できる安定的で公平な年金制度をつくるために、近い将来には抜本的な改正も必要だろうと思っています。」と述べた[14]
  • 拉致問題担当政務官として拉致問題を考える道民集会に出席した際「ぶつけることのできない怒りをお持ちであるということは十分認識している。愛する御家族との再会が果たされない限り、拉致問題は風化しないという思いを強く持ちつつ、野田総理の下、政務官として、1日でも早い拉致被害者の帰国を目指し、関係省庁と協力しながら全力で取り組んでまいりたい。」と述べた[15]
  • 永住外国人への地方選挙権付与に賛成[16]

慰安婦問題[編集]

慰安婦問題については、韓国人慰安婦の活動を支援しており、2006年には自身も水曜デモに参加し「1日も早い謝罪と補償を」と話した[17]。また、同年、戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案成立のために積極的に活動した。また、法案成立を求めている慰安婦の支援団体とも連携しており[18][19]、2006年3月15日には、国会前で開催された700回目の水曜デモに参加し、「一日も早く謝罪と補償」を訴えた[20]。また、2007年、第1次安倍内閣において安倍晋三が「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」とする答弁書(安倍晋三#慰安婦問題・河野談話)を閣議決定したことに対し、「『慰安婦』の教科書からの削除、そうした過去を黒く塗りつぶしてどこが『美しい国』つくりでしょうか、やめてもらいたい。」[21]と批判した。また、安倍については、アメリカ合衆国下院121号決議を引用して、以下のような批判も行っている。

日本政府に対し、従軍慰安婦動員の事実と責任を認めること。従軍慰安婦問題が人権に反する問題であることを現在および次世代の日本国民に教育すること。慰安婦を否認するいかなる主張に対しても公に強く反論すること。日本政府の承諾の下で慰安婦に対して行われた、暴行、強制堕胎、性暴力、人身売買などの反人類的犯罪は、20世紀における最大規模の人身売買事件であり、その被害者は20万人に達するとの歴史学者の見解にも言及している。さて、新総裁に一番近い方は、戦争の歴史観が違っておられるようだが?(群和子 公式ホームページ 2006年9月19日 [14]

さらに2013年、第2次安倍内閣において安倍晋三の第68回国連総会における安倍内閣総理大臣一般討論演説について「この演説は、日本軍による慰安婦の問題に全く触れずに女性の人権とは・・・と批判され、今月11日~15日に女性の地位向上をテーマに開かれる国連会議で、改めて日本政府に対して慰安婦問題の法的責任を認めるよう決議が出される見通しです(実際には15日に韓国代表が慰安婦問題に言及したのみで決議などは行われていない[22])。総理の演説に対し会場から賞賛の(お付き合いでも)拍手は全く起こらなかったといいます。(実際には演説の終了時に拍手は起こっている[23])。」と批判した。

所属団体・議員連盟[編集]

  • 民主党LPガス議員連盟(事務局長)
  • 民主捕鯨対策議員協議会
  • 在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
  • 立憲フォーラム(幹事)
  • インクルーシブ教育を推進する議員連盟(副幹事長)
  • 政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟
  • ILO活動推進議員連盟
  • アルコール問題議員連盟
  • NPO議員連盟
  • ガールスカウト推進議員連盟
  • 海事振興連盟
  • 核軍縮議員ネットワーク・日本
  • 官製ワーキングプア問題解決促進議員連盟
  • 建設労働議員懇談会
  • 交通事故問題を考える国会議員の会
  • 国際人口問題議員懇談会
  • 国連障害者の権利条約推進議員連盟
  • 骨髄バンク議員連盟
  • 子どもの未来を考える議員連盟
  • 自殺対策を推進する議員連盟
  • 児童ら通学安全対策促進議員連盟
  • 障害者スポーツ・パラリンピック推進議員連盟
  • 障がい者の自立の為に所得向上を目指す議員連盟
  • 食の安全研究議員連盟
  • 人権問題を市民と共に考える議員連盟
  • 身体障害者補助犬を推進する議員の会
  • スキー議員連盟
  • 世界遺産議員連盟
  • 全国温泉振興議員連盟
  • 多重債務問題対策議員連盟
  • アムネスティ議員連盟
  • インクルーシブ教育議員連盟
  • LRT推進議員連盟(新交通システム)
  • 沖縄等米軍基地問題議員懇談会
  • 外国人の受け入れと多文化共生社会のあり方を考える議員連盟
  • 開発と女性議員連盟
  • 観光振興議員連盟
  • 休眠預金活用推進議員連盟
  • 高レベル放射性廃棄物等の最終処分に関する議員連盟
  • 国民の安心の医療を目指す民進党看護議員連盟
  • 国会がん患者と家族の会
  • 子どもの貧困問題を考える民進党議員の会
  • 米消費拡大純米酒推進議員連盟
  • 史跡保全議員連盟
  • 宗教と政治を考える会
  • 障害者の芸術文化振興議員連盟
  • 食と農の再生議員連盟
  • 人権政策推進議員連盟
  • 人種差別撤廃基本法を求める議員連盟
  • 水力発電の有効活用を促進する議員連盟
  • ストップ結核パートナーシップ推進議員連盟 *世界経済フォーラム(ダボス会議)議員連盟 *対人地雷全面禁止推進議員連盟
  • チャイルドライン支援議員連盟
  • 電子書籍と出版文化の振興に関する議員連盟 *土地家屋調査士制度推進議員連盟
  • 日韓議員連盟
  • 日本EU友好議員連盟
  • 日本フィンランド友好議員連盟
  • バイオマス活用推進議員連盟
  • 母と子支援議員連盟
  • ハンセン病対策議員懇談会
  • ポリオ根絶議員連盟
  • 未来に向けて戦後補償を考える議員連盟
  • 民進党LPガス議員連盟
  • 民進党花き産業議員連盟
  • 民進党環境整備・生活排水適正処理推進議員連盟
  • 民進党行政書士制度推進議員連盟
  • 民進党港湾振興議員連盟
  • 民進党歯科医療議員連盟
  • 民進党司法書士制度推進議員連盟
  • 民進党柔道整復師の業務を考える議員連盟
  • 超党派地域コミュニティ再生議員連盟
  • 都市農業推進議員連盟
  • 日仏友好議員連盟
  • 日中経済交流促進議員連盟
  • 日本の新しい形をつくる連理の会
  • 日本・香港友好議員連盟
  • ハンセン病問題の最終解決を進める国会議員懇談会
  • フランチャイズを考える議員連盟
  • ミャンマーの民主化を支援する議員連盟
  • 民進党ツーリズム推進議員連盟
  • 民進党医療技術者政策議員連盟
  • 民進党音楽療法推進議員連盟
  • 核兵器のない世界を目指す議員連盟(非核議連)
  • 民進党環境にやさしい総合交通体系を実現・推進する議員連盟
  • 民進党クリーニング振興議員連盟
  • 民進党国民生活と薬を考える議員連盟
  • 民進党私学振興推進議員連盟
  • 民進党市民政策議員懇談会
  • 民進党障害者政策推進議員連盟
  • 民進党税理士制度推進議員連盟
  • 民進党中小企業政策推進議員連盟
  • 民進党統合医療を普及・促進する議員の会
  • 民進党都市・まちづくり議員連盟
  • 民進党取調べの全面可視化を実現する議員連盟
  • 民進党日本バス議員連盟
  • 民進党仏教議員連盟
  • 民進党分散型エネルギーシステム推進議員連盟
  • 民進党リニア中央新幹線推進議員連盟
  • 無年金障害者問題を考える議員連盟
  • 有床診療所を応援する議員連盟
  • ラムサール条約登録湿地を増やす議員の会
  • リベラルの会
  • 民進党トラック議員連盟
  • 民進党難病・脳脊髄液減少症を考える議員連盟
  • 民進党東アジア共同体議員連盟
  • 民進党不動産団体議員連盟
  • 民進党・捕鯨対策議員協議会
  • 民進党ワイン産業振興議員連盟
  • 有機農業推進議員連盟
  • ユニセフ議員連盟
  • リニアコライダー(先端線形加速器)国際研究所建設推進議員連盟
  • 和装振興議員連盟

[24]

発言[編集]

  • 2007年1月26日の日記で、安倍晋三の施政方針演説について『安倍さんの演説は、現場を知らない官僚の作った政策を「美しい国」というラップをかぶせ、現実を見ようとしない、はなはだいい加減、しかも、安倍さん自身の心が微塵も感じられないお粗末な演説だった』と述べている。
  • 2008年9月29日の日記で、麻生太郎所信表明演説について『明治以来歴代の総理を称賛し戦争への誤った道を歩んだ政権も是とするような、驚きの所信表明演説でした。』『驚きと合わせこの国の未来が危険にさらされるのではないかという気持ちを強くさせるものでした。』と述べている。
  • 2014年11月12日の内閣委員会にて(解散がうわさされ)与党席の空席が目立つことを受け「定足数に達していないのではないか。大変不真面目な議会運営だ」と与党を批判した[25]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 公式プロフィール
  2. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事ドットコム (時事通信). (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月8日閲覧。 
  3. ^ “民進党が結成大会 衆参156人、代表に岡田克也氏選出”. 朝日新聞. (2016年3月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJ3W5212J3WUTFK00G.html 2016年3月29日閲覧。 
  4. ^ 郡和子 - 民進党
  5. ^ 衆議院公式ホームページ 議員紹介 郡和子
  6. ^ [1]
  7. ^ 日本民間放送連盟賞/1998年(平成10年)入選・事績[2][3]
  8. ^ 日本放送文化大賞/第1回入選・事績 [4]
  9. ^ http://news.liao1.com/newspage/2009/05/4286321.html
  10. ^ 別姓通信2005年8月
  11. ^ 郡和子 公式ホームページ 2012年2月11日[5]
  12. ^ 東日本大震災:復興交付金で知事抗議 初回配分額、申請の57% 調整力不足の声も  毎日新聞 2012年03月04日 地方版[6]
  13. ^ 宮城県知事記者会見(平成24年5月28日)[7]
  14. ^ 年金額増は最大で1710万人。年金確保支援法が成立しました[8]
  15. ^ [9]
  16. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  17. ^ 郡和子 公式ホームページ 2006年3月15日 [10]
  18. ^ 郡和子 公式ホームページ 2009年10月28日
  19. ^ 郡和子 公式ホームページ 2010年10月28日
  20. ^ 郡和子 公式ホームページ 2006年3月15日
  21. ^ 郡和子 公式ホームページ 2007年9月9日
  22. ^ 慰安婦問題に言及=国連総会で韓国 時事通信 10月16日(木)0時16分配信
  23. ^ 第68回国連総会における安倍内閣総理大臣一般討論演説[11]
  24. ^ [12]
  25. ^ [13]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
設置
日本の旗 復興大臣政務官
吉田泉若泉征三
大串博志金子恵美
津川祥吾加賀谷健
橋本清仁と共同

2012年
次代:
徳田毅
長島忠美
亀岡偉民
島尻安伊子
先代:
阿久津幸彦
大串博志
園田康博
日本の旗 内閣府大臣政務官
大串博志→加賀谷健
園田康博→金子恵美
北神圭朗岸本周平
稲見哲男
大野元裕
本多平直
高山智司と共同

2011年 - 2012年
次代:
山際大志郎
亀岡偉民
島尻安伊子
北村茂男
平将明
秋野公造