菅原喜重郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅原 喜重郎
すがはら きじゅうろう
生年月日 (1926-11-09) 1926年11月9日
出生地 日本の旗 岩手県一関市(旧東山町
没年月日 (2019-06-26) 2019年6月26日(92歳没)
死没地 日本の旗 岩手県一関市
出身校 同志社大学神学部
所属政党無所属→)
民社党→)
(無所属→)
新進党→)
自由党
称号 従四位
旭日中綬章

選挙区旧岩手2区→)
比例東北ブロック
当選回数 4回
在任期間 1983年12月 - 1986年7月
1990年2月 - 1993年7月
1996年10月 - 2001年8月
テンプレートを表示

菅原 喜重郎(すがはら きじゅうろう、1926年11月9日 - 2019年6月26日)は日本政治家。元衆議院議員(通算4期)。

略歴[編集]

同志社大学神学部卒業。東山町長を経て、1983年第37回衆議院議員総選挙民社党から初当選する。1992年3月、民社党を離党。その後、新進党を経て、1998年1月の自由党結成に参加。2001年8月、「衆院議員勤続10年をメドと考えていた。今後はライフワークである学術著作に専念したい」として衆議院議員を辞職。

2017年4月29日付の春の叙勲で、旭日中綬章を受章[1]

2019年6月26日、慢性呼吸不全のため、自宅で死去[2]。92歳没。死没日をもって従四位に叙される[3]

政治経歴[編集]

家族[編集]

次女の佐藤奈保美は菅原の公設秘書を務めた後に温泉旅館「かみくら」の女将となり、2012年に実施された第46回衆議院議員総選挙において岩手県第3区から日本未来の党公認で立候補した[4]が、民主党現職の黄川田徹に敗れ落選した。

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞 2017年4月29日 13面
  2. ^ 菅原喜重郎氏死去=元自由党衆院議員 - 時事ドットコム 2019年6月27日
  3. ^ 『官報』第57号7ページ 令和元年7月25日号
  4. ^ 小沢王国で骨肉の争い!旅館女将VS復興副大臣
議会
先代:
西村眞悟
衆議院懲罰委員長
2001年
次代:
塩田晋