宮城県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗宮城県第2区
衆議院小選挙区 宮城県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 仙台市宮城野区若林区泉区
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年
選出議員 秋葉賢也
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
450,080人
1.93 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

宮城県第2区(みやぎけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。有権者数が、東北地方最大の選挙区である[1]

区域[編集]

歴史[編集]

東北で最も有権者の多い選挙区であり無党派層の数も多い。それ故か、主要政党の候補者が乱立することが比較的多い選挙区の一つである。

小選挙区制施行当初の自民党の候補者は中野正志だったが、第42回第43回の総選挙で中野を破った民主党鎌田さゆりが議員辞職した後の補選秋葉賢也が初当選して以来、コスタリカ方式をとることになった。

第45回では、民主党の新人の斎藤恭紀が自民党の中野を破り、中野は比例復活もできずに落選した。一方秋葉は比例東北ブロック単独で再選した。

第46回では、自民党の秋葉、民主党から日本未来の党に移った斎藤に加え、自民党を離党し日本維新の会に移った中野、さらに民主党から擁立された今野東が立候補する乱戦となったが、秋葉が当選し、それ以外の候補は全て比例復活も叶わず落選した。

第47回では、前回宮城1区から出馬し比例当選を果たしていた林宙紀維新の党から出馬したのに対し、民主党は候補擁立を見送り、民主党と維新の党の選挙区調整の第1号として注目された。結果は秋葉が前回以上の得票で再選し、林は比例復活も叶わず落選した。

第48回では、野党共闘候補として鎌田が立候補。秋葉が1,316票差で接戦を制した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 中野正志 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 鎌田さゆり 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 鎌田さゆり 民主党
第43回衆議院議員補欠選挙 2005年(平成17年) 秋葉賢也 自由民主党 鎌田後援会の選挙違反事件に伴う辞職による
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 秋葉賢也 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 斎藤恭紀 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 秋葉賢也 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 秋葉賢也 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 秋葉賢也 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 宮城県第2区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:450,926人 最終投票率:50.55%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
秋葉賢也 55 自由民主党 111,559票
50.3%
―― 公明党日本のこころ
鎌田さゆり 52 無所属 110,243票
49.7%
98.8% ×
  • 鎌田は第46回、第47回は宮城6区で活動。
第47回衆議院議員総選挙 宮城県第2区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:436,278人 最終投票率:45.96%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
秋葉賢也 52 自由民主党 91,289票
45.5%
―― 公明党
林宙紀 37 維新の党 60,653票
30.2%
66.4%
大内真理 36 日本共産党 21,630票
10.8%
23.7%
増元照明 59 次世代の党 15,228票
7.6%
16.7%
桑島崇史 35 社会民主党 11,725票
5.8%
12.8%
第46回衆議院議員総選挙 宮城県第2区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:429,416人 最終投票率:54.59%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
秋葉賢也 50 自由民主党 76,595票
33.5%
――
中野正志 64 日本維新の会 45,316票
19.8%
59.2%
今野東 64 民主党 35,085票
15.3%
45.8% 国民新党
斎藤恭紀 43 日本未来の党 34,348票
15.0%
44.8% 新党大地
菊地文博 52 みんなの党 23,138票
10.1%
30.2%
福島一恵 52 日本共産党 14,494票
6.3%
18.9%
第45回衆議院議員総選挙 宮城県第2区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
斎藤恭紀 40 民主党 158,041票
58.8%
――
中野正志 61 自由民主党 98,517票
36.7%
62.3%
佐藤豊 56 無所属 9,912票
3.7%
6.3% ×
安部公人 42 幸福実現党 2,086票
0.8%
1.3%
第44回衆議院議員総選挙 宮城県第2区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
秋葉賢也 43 自由民主党 130,257票
52.8%
――
門間由記子 30 民主党 98,645票
40.0%
75.7%
五島平 54 日本共産党 17,906票
7.3%
13.7%
  • 自民党は秋葉と中野の2人が同一選挙区で当選していることからコスタリカ方式をとることになった。中野は比例東北ブロック単独で当選。
第43回衆議院議員補欠選挙 宮城県第2区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 推薦・支持
秋葉賢也 42 自由民主党 58,023票
39.1%
門間由記子 30 民主党 52,381票
35.3%
菊池文博 45 無所属 22,702票
15.3%
五島平 54 日本共産党 8,358票
5.6%
田山英次 45 社会民主党 6,808票
4.6%
  • 鎌田の選挙違反事件に伴う辞職により行われた。なお鎌田は後に2005年の仙台市長選、また第46回の6区に出馬もいずれも落選。
第43回衆議院議員総選挙 宮城県第2区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鎌田さゆり 38 民主党 98,028票
46.0%
――
比当 中野正志 55 自由民主党 94,621票
44.4%
96.5%
五島平 52 日本共産党 11,311票
5.3%
11.5%
田山英次 43 社会民主党 9,107票
4.3%
9.3%
柴田紘一 62 無所属 {{{5得票}}}票 % ×
第42回衆議院議員総選挙 宮城県第2区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鎌田さゆり 35 民主党 99,498票
47.8%
――
中野正志 52 自由民主党 87,949票
42.2%
88.4%
津田宣勝 58 日本共産党 20,914票
10.0%
21.0%
第41回衆議院議員総選挙 宮城県第2区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
中野正志 48 自由民主党 68,137票
35.8%
――
千葉国男 55 新進党 62,533票
32.9%
91.8%
佐藤豊 43 民主党 27,328票
14.4%
40.1%
五島平 45 日本共産党 18,157票
9.5%
26.6%
石川建治 38 社会民主党 12,629票
6.6%
18.5%
五十嵐辰也 44 自由連合 1,490票
0.8%
2.2%

脚注[編集]

関連項目[編集]