比例中国ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗中国ブロック

House of Representives Japan Proportional Blocks.svg

Pfeil links unten rot.svg
行政区域 鳥取県島根県岡山県広島県山口県
設置年 1994年
定数 11人
有権者数 6,226,062人
総務省・2016年9月2日)
政党別当選者数 自由民主党5人
民主党2人
公明党2人
維新の党1人
日本共産党1人
テンプレートを表示

比例中国ブロック(ひれいちゅうごくブロック)は、日本衆議院比例代表ブロック。

地域[編集]

選出議員[編集]

ドント方式による議席割り当て順に表示。

第47回[編集]

政党 除数 議員名 名簿順位 重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 阿部俊子 1 岡山3区 78.06%
2 自由民主党 2 小島敏文 1 広島6区 72.97%
3 民主党 1 柚木道義 1 岡山4区 82.62%
4 公明党 1 斉藤鉄夫 1 なし
5 自由民主党 3 新谷正義 20 なし
6 維新の党 1 高井崇志 1 岡山1区 62.33%
7 自由民主党 4 池田道孝 21 なし
8 日本共産党 1 大平喜信 1 なし
9 民主党 2 津村啓介 1 岡山2区 79.72%
10 公明党 2 桝屋敬悟 2 なし
11 自由民主党 5 古田圭一 22 なし

第46回[編集]

政党 除数 議員名 名簿順位 重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 小島敏文 1 広島6区 86.46%
2 日本維新の会 1 中丸啓 1 広島3区 42.04%
3 自由民主党 2 阿部俊子 1 岡山3区 73.20%
4 民主党 1 柚木道義 1 岡山4区 70.53%
5 公明党 1 斉藤鉄夫 1 なし
6 自由民主党 3 吉野正芳 19 なし
7 日本維新の会 2 坂元大輔 1 広島7区 41.63%
8 自由民主党 4 上杉光弘 20 なし
9 民主党 2 津村啓介 1 岡山2区 70.16%
10 公明党 2 桝屋敬悟 2 なし
11 自由民主党 5 池田道孝 21 なし

第45回[編集]

政党 除数 議員名 名簿順位 重複立候補 惜敗率
1 民主党 1 湯原俊二 1 鳥取2区 99.2%
2 自由民主党 1 阿部俊子 1 岡山3区 54.8%
3 民主党 2 高井崇志 1 岡山1区 96.3%
4 自由民主党 2 村田吉隆 2 なし
5 民主党 3 菅川洋 1 広島1区 91.7%
6 公明党 1 斉藤鉄夫 1 なし
7 自由民主党 3 河井克行 3 なし
8 民主党 4 花咲宏基 1 岡山5区 85.4%
9 自由民主党 4 中川秀直 4 広島4区 94.9%
10 民主党 5 高邑勉 1 山口1区 66.3%
11 民主党 6 小室寿明 1 島根1区 65.8%

第44回[編集]

政党 除数 議員名 名簿順位 重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 阿部俊子 1 岡山3区 59.3%
2 民主党 1 平岡秀夫 1 山口2区 99.4%
3 自由民主党 2 加藤勝信 2 なし
4 公明党 1 斉藤鉄夫 1 なし
5 民主党 2 三谷光男 1 広島5区 93.5%
6 自由民主党 3 増原義剛 3 なし
7 民主党 3 松本大輔 1 広島2区 99.2%
8 自由民主党 4 萩原誠司 4 岡山2区 97.4%
9 国民新党 1 亀井久興 1 島根2区 56.7%
10 公明党 2 桝屋敬悟 2 なし
11 自由民主党 5 橋本岳 4 岡山4区 94.1%
  • 平岡秀夫の衆議院議員補欠選挙立候補(当選)に伴う退職により、和田隆志が繰り上げ当選(2008年4月)。

第43回[編集]

政党 除数 議員名 名簿順位 重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 亀井久興 1 なし
2 民主党 1 山内功 1 鳥取2区 97.1%
3 自由民主党 2 河井克行 2 なし
4 公明党 1 斉藤鉄夫 1 なし
5 民主党 2 津村啓介 1 岡山2区 87.9%
6 自由民主党 3 加藤勝信 3 なし
7 民主党 3 佐藤公治 1 広島6区 85.5%
8 自由民主党 4 能勢和子 4 なし
9 公明党 2 桝屋敬悟 2 なし
10 民主党 4 和田隆志 4 広島7区 80.9%
11 自由民主党 5 佐藤信二 5 山口2区 83.0%

第42回[編集]

政党 除数 議員名 名簿順位 重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 宮澤喜一 1 なし
2 民主党 1 山内功 1 鳥取2区 84.0%
3 自由民主党 2 林義郎 2 なし
4 公明党 1 斉藤鉄夫 1 なし
5 自由民主党 3 平林鴻三 3 なし
6 民主党 2 山田敏雅 1 広島7区 61.0%
7 社会民主党 1 金子哲夫 1 広島3区 44.4%
8 日本共産党 1 中林佳子 1 なし
9 自由民主党 4 谷川和穂 4 なし
10 自由党 1 佐藤公治 1 広島6区 58.4%
11 公明党 2 桝屋敬悟 2 なし
  • この選挙より定数2名削減。
  • 山田敏雅の福山市長選挙立候補(落選)に伴う退職により、中桐伸五が繰り上げ当選(2003年8月)。

第41回[編集]

政党 除数 議員名 名簿順位 重複立候補 惜敗率
1 自由民主党 1 能勢和子 1 なし
2 新進党 1 斉藤鉄夫 1 なし
3 自由民主党 2 桜内義雄 2 なし
4 自由民主党 3 林義郎 3 なし
5 民主党 1 石橋大吉 1 島根1区 62.8%
6 新進党 2 桝屋敬悟 2 なし
7 自由民主党 4 谷川和穂 4 なし
8 日本共産党 1 正森成二 1 なし
9 自由民主党 5 平林鴻三 5 なし
10 新進党 3 加藤六月 3 岡山5区 37.1%
11 自由民主党 6 桧田仁 6 広島2区 89.8%
12 社会民主党 1 秋葉忠利 1 広島2区 70.9%
13 民主党 2 中桐伸五 1 岡山2区 58.2%
  • 正森成二の辞職により、中林佳子が繰り上げ当選(1997年11月)。
  • 秋葉忠利の広島市長選挙立候補(当選)に伴う辞職により、知久馬二三子が繰り上げ当選(1999年1月)。

政党別当選者数推移[編集]

自民党 新進党 民主党 公明党 共産党 社民党 自由党 国民新党 日本維新の会 維新の党 合計
41 1996年 6 3 2 1 1 13
42 2000年 4 2 2 1 1 1 11
43 2003年 5 4 2 0 0 11
44 2005年 5 3 2 0 0 1 11
45 2009年 4 6 1 0 0 0 11
46 2012年 5 2 2 0 0 2 11
47 2014年 5 2 2 1 0 1 11

注:-は立候補しなかった場合(政党等が存在しない場合も含む)、0は立候補したが当選者がいなかった場合をさす。当選者が1度も出ていない政党等は省略。

政党の得票[編集]

自民党 新進党 民主党 公明党 共産党 社民党 自由党 国民新党 さきがけ 自由連合 幸福実現党 日本維新の会 維新の党 次世代の党 みんなの党 日本未来の党
41 1996年 1,578,140 883,319 464,197 356,108 234,642 125,824
42 2000年 1,364,938 831,747 587,603 341,851 353,973 340,358 15,164
43 2003年 1,388,768 1,254,880 657,311 234,359 176,942
44 2005年 1,537,080 1,196,971 658,702 247,073 215,636 330,546
45 2009年 1,388,451 1,704,242 555,552 244,761 156,291 208,208 32,319
46 2012年 1,210,400 570,764 493,800 174,648 68,653 14,383 622,226 209,627 141,360
47 2014年 1,183,903 529,819 516,892 285,224 65,349 18,015 394,306 109,016

脚注[編集]

関連項目[編集]