滋賀県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗滋賀県第1区
衆議院小選挙区 滋賀県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 大津市高島市
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 大岡敏孝
有権者数 32万5187人
1.406 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

滋賀県第1区(しがけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3][4]

歴史[編集]

大津市は京阪神地区への通勤者が多く、また市域南部の瀬田・石山地区は県内有数の工業地帯であり、東レ労組出身の川端達夫民社党時代から20年以上この地を地盤として当選を続けていた(2005年第44回衆議院議員総選挙では比例復活)。そのため、この1区を始めとした滋賀県民主王国と呼ばれていた。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、川端が前年に大津市内の中学校で発生したいじめ問題の批判を受け、静岡県議会議員だった自民党新人の大岡敏孝が初当選した。川端は惜敗率90.6%ながら比例復活もできずに落選した。この選挙では民主党は県内小選挙区4議席すべてを失い、滋賀県の民主党衆議院議員3区で比例復活した三日月大造のみとなった。なお、三日月は2014年滋賀県知事選挙出馬(当選)のため議員辞職し、それに伴って川端が繰り上げ当選した。その後の第47回衆議院議員総選挙でも大岡が再選、川端は比例復活した。2017年第48回衆議院議員総選挙は川端が引退し後継として元滋賀県知事の嘉田由紀子を擁立したが嘉田は希望の党の公認を得られず無所属による選挙戦となった。結果は大岡が3選し、嘉田は約5千票差で落選した。またこの選挙で滋賀県は自民党が衆参ともに選挙区の議席を独占した上、野党は比例復活も含め議席を獲得することができなかった。

2021年第49回衆議院議員総選挙も大岡が4選したが、国民民主党の新人・斎藤アレックスが比例復活を成し遂げ、4区徳永久志とともに比例ではあるが野党が7年ぶりに議席を奪還した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 川端達夫 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 上野賢一郎 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 川端達夫 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 大岡敏孝 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 滋賀県第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:32万4354人 最終投票率:58.90%(前回比:増加2.95%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大岡敏孝49自由民主党97,482票
52.22%
――公明党推薦
比当斎藤アレックス36国民民主党84,106票
45.05%
86.28%
日高千穂42NHKと裁判してる党
弁護士法72条違反で
5,092票
2.73%
5.22%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 滋賀県第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:32万3630人 最終投票率:55.95%(前回比:増加0.99%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大岡敏孝45自由民主党84,994票
47.70%
――公明党推薦
嘉田由紀子67無所属79,724票
44.74%
93.80%×
小坂淑子77社会民主党13,483票
7.57%
15.86%日本共産党推薦
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 滋賀県第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:31万5850人 最終投票率:54.96%(前回比:減少7.71%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大岡敏孝42自由民主党78,567票
46.24%
――公明党推薦
比当川端達夫69民主党69,543票
40.93%
88.51%
佐藤耕平32日本共産党21,790票
12.83%
27.73%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 滋賀県第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 最終投票率:62.67% (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大岡敏孝40自由民主党67,259票
34.87%
――公明党推薦
川端達夫67民主党60,921票
31.59%
90.58%国民新党推薦
奥村利樹49日本維新の会43,003票
22.30%
63.94%みんなの党推薦
節木三千代54日本共産党19,643票
10.18%
29.21%
西田幸光55無所属2,048票
1.06%
3.04%×
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 滋賀県第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川端達夫64民主党112,590票
51.93%
――
上野賢一郎44自由民主党82,262票
37.94%
73.06%
川内卓53日本共産党19,920票
9.19%
17.69%
対中章哲58幸福実現党2,037票
0.94%
1.81%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 滋賀県第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
上野賢一郎40自由民主党94,671票
46.12%
――
比当川端達夫60民主党89,503票
43.60%
94.54%
川内卓49日本共産党21,111票
10.28%
22.30%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 滋賀県第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川端達夫58民主党87,857票
51.02%
――
上野賢一郎38自由民主党64,002票
37.17%
72.85%
川内卓47日本共産党20,340票
11.81%
23.15%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 滋賀県第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川端達夫55民主党78,834票
44.24%
――
目片信58自由民主党67,001票
37.60%
84.99%
吉原稔59日本共産党29,753票
16.70%
37.74%
栗岡尋孝45自由連合2,627票
1.47%
3.33%
  • 山元は川端との選挙区調整で比例近畿ブロック単独立候補で当選(43回は不出馬で引退)。
  • 目片は2004年に大津市長選挙に立候補し、当選。
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 滋賀県第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川端達夫51新進党55,967票
34.71%
――
比当目片信54自由民主党53,476票
33.16%
95.55%
比当山元勉64民主党28,231票
17.51%
50.44%
井上敏一43日本共産党23,590票
14.63%
42.15%
  • 川端は新進党解散後、新党友愛を経て民主党へ合流。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月2日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 滋賀県”. 総務省. 2021年10月2日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月2日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  4. ^ 滋賀郡は志賀町のみで構成されており、2006年に大津市に編入されていること、高島郡は2005年に全町村が合併して高島市が成立したことから実質的に区域は現在と変わっていない。

関連項目[編集]