熊本県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗熊本県第4区
衆議院小選挙区 熊本県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 八代市人吉市水俣市天草市宇土市上天草市宇城市下益城郡八代郡葦北郡球磨郡天草郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2013年2017年区割変更)
選出議員 金子恭之
有権者数 40万5257人
1.752 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

熊本県第4区(くまもとけんだい4く)は、日本衆議院における選挙区である。1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]5区の廃止により区域が大幅に変わった。

2013年から2017年までの区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]。2013年の選挙区割り変更で、下益城郡美里町が4区から5区に移った。(旧区域2)

2013年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[4]。(旧区域1)

歴史[編集]

小選挙区制導入以来、園田博之新党さきがけ時代から強固な地盤を築き、連続6選している。第45回でも自由民主党に対する強い逆風をはね返して当選した。園田は民主党政権期間の2010年4月、再度自民党を離党してたちあがれ日本を結成し、党幹事長に就任。2012年には日本維新の会に合流。また、第46回において自民・公明両党の公認候補が共に出馬しなかったのはこの選挙区と福岡6区のみである。第47回では園田が次世代の党公認で当選した。この時、公明党と自民党熊本県連が園田を推薦した。2015年9月、園田は次世代の党を離党し、翌月に自民党に復党。第48回では熊本県内での定数減により、園田は比例単独で立候補し当選、廃止された旧5区を選挙区としていた金子恭之が出馬し当選した。なお園田は任期途中の2018年に死去した。金子は第49回も相手候補の比例復活を許さずに再選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 園田博之 新党さきがけ 旧区域1
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 日本維新の会
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 次世代の党 旧区域2
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 金子恭之 自由民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 熊本県第4区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:40万4286人 最終投票率:57.50%(前回比:減少0.51%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金子恭之60自由民主党155,572票
68.07%
――公明党推薦
矢上雅義61立憲民主党72,966票
31.93%
46.90%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 熊本県第4区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:42万6191人 最終投票率:58.01% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金子恭之56自由民主党150,453票
62.76%
――公明党推薦
比当矢上雅義57立憲民主党89,279票
37.24%
59.34%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 熊本県第4区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日 (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田博之72次世代の党101,581票
75.92%
――公明党・自由民主党熊本県連推薦
井芹栄次58日本共産党32,223票
24.08%
31.72%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 熊本県第4区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田博之70日本維新の会102,975票
65.92%
――公明党・自由民主党熊本県連推薦
矢上雅義52無所属36,652票
23.46%
35.59%×
蓑田庸子61日本共産党16,585票
10.62%
16.11%
  • 矢上はかつては5区で活動。その後相良村長へ転身していた。
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 熊本県第4区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田博之67自由民主党123,900票
59.17%
――
松永真一50国民新党78,811票
37.64%
63.61%民主党社会民主党推薦
河野一郎49幸福実現党6,668票
3.18%
5.38%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 熊本県第4区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田博之63自由民主党136,380票
68.34%
――
松本基督49民主党63,169票
31.66%
46.32%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 熊本県第4区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田博之61自由民主党137,428票
73.62%
――
森川生朗65社会民主党36,977票
19.81%
26.91%
井芹しま子52日本共産党12,262票
6.57%
8.92%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 熊本県第4区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田博之58自由民主党149,156票
79.18%
――
若城浩史56自由連合21,028票
11.16%
14.10%
福田慧一34日本共産党18,188票
9.66%
12.19%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 熊本県第4区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
園田博之54新党さきがけ117,441票
58.96%
――
安田公寛47新進党73,231票
36.77%
62.36%
山本伸裕33日本共産党8,511票
4.27%
7.25%
  • 安田は2000年に本渡市長選挙に立候補し、当選。

脚注[編集]

関連項目[編集]