岩下栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
岩下栄一
いわした えいいち
生年月日 (1946-07-23) 1946年7月23日(71歳)
出生地 熊本市坪井
出身校 早稲田大学大学院
前職 長崎国際大学講師
現職 熊本県議会議員
所属政党 新自由クラブ→)
自由民主党
称号 政治学修士
公式サイト 岩下栄一 オフィシャルWEBサイト

当選回数 1回
在任期間 1998年 - 2000年6月2日

選挙区 熊本市第1選挙区
当選回数 6回
在任期間 2011年 -
テンプレートを表示

岩下 栄一(いわした えいいち、1946年7月23日 - )は、日本政治家自由民主党熊本県議会議員(6期)。元同党衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

熊本市立帯山中学校熊本県立熊本高等学校を経て、早稲田大学を卒業し、同大学院修了(政治学修士)。

その後、日本学術振興会に勤務。1972年河野洋平文部政務次官の秘書を兼務。

1976年、河野洋平を支え新自由クラブ結成に参画。全国遊説部長、政策委員を務める。1979年熊本県議会議員選挙初当選(最年少32歳・新自由クラブ公認)。1983年、河野洋平の秘書に復帰する。1985年国務大臣科学技術庁長官秘書官。1987年、熊本県議会議員選挙当選(自由民主党公認)。1991年、熊本県議会議員選挙当選・帝京大学講師・熊本音楽短期大学講師。1995年、熊本県議会議員選挙当選・同議会副議長就任。1996年第41回衆議院議員総選挙熊本1区出馬も次点で落選。

1998年細川護熙の議員辞職にともなう第41回衆議院議員総選挙補欠選挙で細川の秘書で後継の松野頼久を破り、初当選。 2000年第42回衆議院議員総選挙2003年第43回衆議院議員総選挙落選。2004年、岩下政治経済研究所設立。2005年近畿大学講師・自由民主党中央政治大学院教授。2008年政党などの推薦を受けず、熊本県知事選挙出馬、落選。45872票獲得。5人中5位。2010年長崎国際大学講師。2011年、熊本県議会議員選挙熊本市選挙区(定数16)に無所属で立候補し5選(22名中15位)。自民党会派に入会。2015年、熊本県議会議員選挙熊本市第1選挙区(定数12)より自民党公認で立候補し6選(14名中2位)。

その他[編集]

  • 過去4回の衆議院選挙はいずれも熊本1区から自由民主党公認で出馬している。
  • イオンド大学教授(総合学部・大学院総合研究科、政治学・コミュニケーション学)の職位と、イオンド大学名誉博士(政治学)の学位を称した。「日本政治史」の授業を担当していたという。
  • 2006年(平成18年)5月21日の統一協会合同結婚式(天宙平和連合祖国郷土還元日本大会)に来賓として出席した。

関連項目[編集]

  • 木原稔-衆議院議員、熊本1区の自由民主党の公認候補