長野県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗長野県第2区
衆議院小選挙区 長野県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 長野市(旧更級郡大岡村上水内郡豊野町戸隠村鬼無里村信州新町中条村域)、松本市大町市安曇野市東筑摩郡北安曇郡上水内郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
選出議員 下条みつ
有権者数 38万2971人
1.656 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

長野県第2区(ながのけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

長野県の北西部を選挙区に持つこの地域は2000年から下条みつ自由民主党の候補者の戦いが続いている。

民主党公認での下条の初出馬となった2000年の第42回衆議院議員総選挙は前回の新進党から自民党に移籍した村井仁に敗れたが、2003年の第43回衆議院議員総選挙は下条が雪辱を果たした。

2005年の第44回衆議院議員総選挙前に行われた郵政民営化法に対する投票で村井が反対票を投じた事で自民党は村井の公認を認めずに新人の関谷理記を擁立したが結果は下条が再選。村井は同年の長野県知事選挙で田中康夫知事を降し、同知事選初の現職を破っての当選となった。

関谷で失敗した自民党は2009年の第45回衆議院議員総選挙務台俊介を擁立したが、またも下条に敗れた。

その務台は2012年の第46回衆議院議員総選挙に再び下条に挑み、復活当選を許さずに初当選し、2014年の第47回衆議院議員総選挙でも務台は下条を返り討ちにして再選した。2017年の第48回衆議院議員総選挙では務台が平成28年台風第10号被災地での不適切な行動やそれを正当化した発言で批判に立たされ、下条が希望の党公認で出馬。務台を降して5年ぶりに返り咲いた(務台も比例で復活当選)。下条は続く2021年の第49回衆議院議員総選挙でも立憲民主党公認の野党統一候補として挑み、務台を返り討ちにした(務台も比例で復活当選)。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 村井仁 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 下条みつ 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年 務台俊介 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 下条みつ 希望の党
第49回衆議院議員総選挙 2021年 立憲民主党

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 長野県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:38万2082人 最終投票率:57.04%(前回比:減少1.43%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
下条みつ65立憲民主党101,391票
47.52%
――
比当務台俊介65自由民主党68,958票
32.32%
68.01%公明党推薦
手塚大輔38日本維新の会43,026票
20.16%
42.44%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 長野県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:38万8839人 最終投票率:58.47%(前回比:増加4.14%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
下条みつ61希望の党78,343票
35.47%
――民進党長野県総支部連合会推薦
比当務台俊介61自由民主党67,210票
30.43%
85.79%公明党推薦
中川博司59社会民主党41,274票
18.68%
52.68%
手塚大輔34日本維新の会34,073票
15.42%
43.49%
  • 中川は2019年の長野県議会議員選挙(松本市・東筑摩郡選挙区)に無所属で立候補し当選。
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 長野県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:38万4529人 最終投票率:54.33%(前回比:減少8.43%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
務台俊介58自由民主党75,718票
37.02%
――公明党推薦
下条みつ58民主党63,558票
31.08%
83.94%
百瀬智之31維新の党41,232票
20.16%
54.45%
清沢達也40日本共産党24,006票
11.74%
31.70%
  • 長野県選挙管理委員会の資料による[4][5]
  • 百瀬は2015年の長野県議会議員選挙(松本市・東筑摩郡選挙区)に立候補し当選。
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 長野県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:38万6742人 最終投票率:62.76%(前回比:減少11.71%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
務台俊介56自由民主党93,092票
39.49%
――公明党推薦
下条みつ56民主党64,278票
27.27%
69.05%
比当百瀬智之29日本維新の会49,489票
20.99%
53.16%
北村正弘50日本共産党26,626票
11.30%
28.60%
味岡淳二53幸福実現党2,239票
0.95%
2.41%
  • 長野県選挙管理委員会の資料による[6][7][8]
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 長野県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:38万7779人 最終投票率:74.47%(前回比:増加4.46%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
下条みつ53民主党158,666票
55.89%
――
務台俊介53自由民主党79,267票
27.92%
49.96%公明党推薦
中川博司51社会民主党18,603票
6.55%
11.72%
岸野正明43日本共産党18,529票
6.53%
11.68%
上條昭太郎37無所属6,682票
2.35%
4.21%×
大槻穂奈美53幸福実現党2,118票
0.75%
1.33%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 長野県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:38万9698人 最終投票率:70.01%(前回比:増加4.01%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
下条みつ49民主党124,973票
46.74%
――
関谷理記37自由民主党86,735票
32.44%
69.40%
山口わか子70社会民主党30,991票
11.59%
24.80%
岸野正明39日本共産党17,081票
6.39%
13.67%
東城日出子34無所属7,591票
2.84%
6.07%×
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 長野県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:38万8988人 最終投票率:66.00%(前回比:減少0.50%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
下条みつ47民主党108,397票
43.01%
――
比当村井仁66自由民主党98,756票
39.18%
91.11%
山口わか子68社会民主党26,865票
10.66%
24.78%
清水啓司51日本共産党18,038票
7.16%
16.64%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 長野県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 最終投票率:66.50% (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村井仁63自由民主党95,046票
37.99%
――
下条みつ44民主党81,710票
32.66%
85.97%
比当山口わか子65社会民主党45,584票
18.22%
47.96%
清水啓司48日本共産党27,858票
11.13%
29.31%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 長野県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
村井仁59新進党122,483票
51.94%
――
望月雄内44自由民主党60,399票
25.61%
49.31%
比当北沢清功69社会民主党27,930票
11.84%
22.80%
清水啓司55日本共産党24,990票
10.60%
20.40%

出典・脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第183回国会 制定法律の一覧 >衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第六十八号(平二五・六・二八)”. 衆議院 (平成25-06-28). 2021年10月2日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 長野県”. 総務省. 2021年10月2日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月2日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  4. ^ 市町村別投票結果確定速報(小選挙区) (PDF)”. 長野県選挙管理委員会. 2014年12月15日閲覧。
  5. ^ 開票状況速報(小選挙区第2区) (PDF)”. 長野県選挙管理委員会. 2014年12月15日閲覧。
  6. ^ 平成24年12月16日執行 衆議院小選挙区選出議員選挙長野県第2選挙区 立候補者一覧表 (PDF)”. 長野県選挙管理委員会. 2012年12月17日閲覧。
  7. ^ 市町村別投票結果確定速報(小選挙区) (PDF)”. 長野県選挙管理委員会. 2012年12月17日閲覧。
  8. ^ 開票状況速報(小選挙区第2区) (PDF)”. 長野県選挙管理委員会. 2012年12月17日閲覧。

関連項目[編集]