宇土郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊本県宇土郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)
三角西港にある旧宇土郡役所(現・JEIS西日本九州海技学院

宇土郡(うとぐん)は、熊本県肥後国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 宇土市の大部分(走潟町を除く)
  • 宇城市の一部(三角町各町・不知火町各町)

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

  • 明治初年時点では全域が肥後熊本藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での村は以下の通り。(1町64村)
大口村、大見村、松合村、永尾村、高良村、御領村、柏原村、小曽部村、伊牟田村、下松山村、松山村、境目村、善道寺村、古保里村、立岡村、三日村、佐野村、上古閑村、曽畑村、布古閑村、岩熊村、笹原村、松原村、馬瀬村、築籠村、江部村、宇土町[1]、段原村[2]、城神山村、馬場村、網津村、笠岩村[3]、手場村、里浦村、郡浦村、中村、前越村、戸馳村、波多村、三角浦村、大田尾村、赤瀬村、戸口浦村、下網田村、網田村、長浜村、恵里村、椿原村、飯塚村、神原村、栗崎村、浦上村、網引村、城塚村、下新開村、新開村、伊津野村、鶴見塚村、下恵里村、下椿原村、宮庄村、石橋村、神山村、長崎村、下長崎村
  • 幕末 - 干拓地に西松崎村が起立。(1町65村)
  • 明治初年 - 干拓地に亀尾村が起立。(1町66村)
  • 明治4年
  • 明治6年(1873年1月15日 - 白川県の管轄となる。
  • 明治7年(1874年)(1町1区58村)
    • 恵里村・飯塚村・下恵里村が合併して恵塚村となる。
    • 神原村・神山村が合併して神合村となる。
    • 伊津野村・鶴見塚村が合併して野鶴村となる。
    • 西松崎村・亀尾村が合併して亀松村となる。
    • 下新開村が新開村に、下椿原村が椿原村に、下長崎村が長崎村にそれぞれ合併。
  • 明治8年(1875年12月10日 - 熊本県(第2次)の管轄となる。
  • 明治9年(1876年)(1町1区52村)
    • 三日村・佐野村が合併して花園村となる。
    • 上古閑村・曽畑村・布古閑村・岩熊村が合併して岩古曽村となる。
    • 城神山村・馬場村が合併して神馬村となる。
    • 下松山村が松山村に合併。
  • 明治12年(1879年
    • 1月20日 - 郡区町村編制法の熊本県での施行により、行政区画としての宇土郡'が発足。「宇土下益城郡役所」が宇土町に設置され、下益城郡とともに管轄。
    • 宇土区が宇土町に合併。(1町52村)

町村制以降の沿革[編集]

1.中村 2.郡浦村 3.戸馳村 4.宇土町 5.花園村 6.轟村 7.緑川村 8.網津村 9.網田村 10.大岳村 11.松合村 12.不知火村 13.長崎村 14.高良村 15.三角浦村 16.波多村 17.大田尾村(桃:宇土市 赤:宇城市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。(1町16村)
    • 中村 ← 中村、前越村(現・宇城市)
    • 郡浦村戸馳村(それぞれ単独村制。現・宇城市)
    • 宇土町 ← 宇土町、段原村、築籠村、江部村、松原村(現・宇土市)
    • 花園村 ← 岩古曽村、花園村、立岡村、古保里村、善道寺村、境目村、松山村(現・宇土市)
    • 轟村 ← 栗崎村、石橋村、神合村、宮庄村、椿原村、神馬村(現・宇土市)
    • 緑川村 ← 馬瀬村、野鶴村、恵塚村、新開村、笹原村、城塚村(現・宇土市)
    • 網津村 ← 網引村、網津村、笠岩村(現・宇土市)
    • 網田村 ← 長浜村、網田村、下網田村、戸口浦村、赤瀬村(現・宇土市)
    • 大岳村 ← 里浦村、手場村、大口村(現・宇城市)
    • 松合村 ← 大見村、松合村、永尾村(現・宇城市)
    • 不知火村 ← 御領村、柏原村、小曽部村、浦上村、伊牟田村(現・宇城市)
    • 長崎村 ← 長崎村、亀松村(現・宇城市)
    • 高良村三角浦村波多村大田尾村(それぞれ単独村制。現・宇城市)
  • 明治29年(1896年6月1日 - 郡制を施行。郡役所が三角浦村に設置。
  • 明治32年(1899年
    • 3月30日(1町12村)
      • 三角浦村・波多村・大田尾村が合併して三角村が発足。
      • 不知火村・長崎村・高良村が合併し、改めて不知火村が発足。
    • 4月1日 - 中村・郡浦村が合併し、改めて郡浦村が発足。(1町11村)
  • 明治35年(1902年9月26日 - 三角村が町制施行して三角町となる。(2町10村)
  • 大正5年(1916年5月1日 - 松合村が町制施行して松合町となる。(3町9村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和29年(1954年
    • 4月1日 - 宇土町・花園村・轟村・緑川村・網津村が合併し、改めて宇土町が発足。(3町5村)
    • 10月1日 - 不知火村の一部(伊無田)および飽託郡走潟村が宇土町に編入。
  • 昭和30年(1955年2月1日 - 三角町・戸馳村・郡浦村・大岳村が合併し、改めて三角町が発足。(3町2村)
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 不知火村・松合町が合併して不知火町が発足。(3町1村)
  • 昭和33年(1958年)10月1日 - 網田村が宇土町に編入。宇土町が即日市制施行して宇土市となり、郡より離脱。(2町)
  • 平成17年(2005年1月15日 - 三角町・不知火町が下益城郡松橋町小川町豊野町と合併して宇城市が発足し、郡より離脱。同日宇土郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宇土町・宇土新町に分かれて記載。
  2. ^ 記載なし。石高は宇土町・宇土新町に含むとみられる。
  3. ^ 記載なし。石高は網津村に含む。

参考文献[編集]

関連項目[編集]