神埼郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐賀県神埼郡の位置(緑:吉野ヶ里町 薄黄:後に他郡に編入された区域)

神埼郡(かんざきぐん)は、佐賀県肥前国)の

人口16,299人、面積43.99km²、人口密度371人/km²。(2022年6月1日、推計人口

以下の1町を含む。

郡域

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記1町のほか、下記の区域にあたる。

  • 佐賀市の一部(三瀬村各町・蓮池町大字見島・蓮池町大字小松・蓮池町大字古賀・大和町大字名尾)
  • 神埼市の全域

歴史

古代

三根郡は、古くは[1]肥前国風土記」「和名抄」などに見えて、「和名抄」では「加無佐岐」と記す。

『肥前國風土記』の「神埼郡」[2]の条に、

昔、この郡に荒ぶる神がいて、往来する人が多く殺されました。景行天皇が巡行なされた時、ようやくこの神が和らぎました。それ以来、二度と災いは無くなりました。[3]

そのため、神埼の郡とである。『肥前國風土記』では9郷[1]ですが、三根(みね)・船帆(ふなほ)・蒲田(かまだ)・宮処(みやこ)の4郷の記載である。

  • 三根郷…『肥前國風土記』[1]で神埼郡三根村を海部直鳥が分郡して三根郡が成立したため、この地が海部直鳥の本拠地であったと思われる。所在地は神崎駅の西の城原川流域と比定。
  • 船帆郡…在地[1]の諸豪族が、船で景行天皇が巡行なされた時に供奉した場所で、三根郷の南に位置する地域にあった。
  • 蒲田郡…遺称[1]に蒲田津(現在の佐賀市蓮池)があり、城原川が筑後川に合流する地域である。船帆郡のさらに南に位置して、海に面した地域である。
  • 宮処(宮所)郡…景行天皇の行宮の置かれた地であり、神埼市千代田町の西南部地域の比定される。

中世

神崎荘は、836年(承和3年)『類聚国史』に[2]天皇の命により新たに、690町の土地開発から始まる。皇室領[2]を経て、院領になる。その後は、白河院領[2]から鳥羽院領、後白河院領へと代々継承されています。鳥羽院領の時代には、院司として平忠盛平清盛の父)が神埼荘の預所となり、管理するようになった。その子清盛も同じく預所となった。

1292年(正応5年)『河上宮造営用途惣田数注文』には肥前國最大の荘園となったことが記され、その範囲は現在の神埼市吉野ヶ里町上峰町みやき町の一部にいたる3000町とも言われている。城原川流域には、櫛田宮は豊次神埼荘の櫛田三所大明神といわれる白角折神社、櫛田宮、高志神社が鎮座されている。

中世の時期[2]には、蒲田郷・中郷・竹村郷・上條郷・倉戸郷・東郷・西郷・土師郷・本告郷・賀﨑郷があったと推定される。

南北朝時代には、北朝九州探題一色氏勢福寺城横大路城を拠点とした。南朝は、菊池武安仁比山城姉川城を拠点としている。

室町戦国時代には、江上元種が城原に、菊池氏の末裔の姉川惟安が姉川城に、本告頼景が本告牟田、執行兼貞が仁比山に拠点を置いた。四家は、少弐氏に従って享禄3年(1530年)、田手畷の戦いで奮戦して大内氏に勝利する。

少弐氏の滅亡後は、四家は大友氏に従う。龍造寺隆信今山の戦いに勝利した後は、姉川氏、本告氏は従属した。江上氏、執行氏は龍造寺と反目している。

近世

江戸時代に全域が佐賀藩領になり、蓮池藩5万2000石(佐賀藩の内高)のうちの3分の1の所領が当郡内にあった。

近世以降の沿革

知行 村数 村名
藩領 肥前佐賀藩 33村 迎島村、柳島村、渡瀬村、箱川村、境原村、託田村、下板村、黒井村、姉川村、横武村、本告牟田村、松隈村、石動村、三津村、大曲村、吉田村[4]、豆田村、田手村、的村、城原村、鶴村、尾崎村、本堀村、神埼村、竹村、志波屋村、田道ヶ里、広滝山、腹巻山、鹿路山、杠山、三瀬山、藤原山
肥前蓮池藩 5村 嘉納村、下西村、小松村、見島村、余江村
佐賀藩・蓮池藩 5村 直鳥村[5]、永歌村、姉村、崎村、古賀村[6]

町村制以降の沿革

1.神埼村 2.西郷村 3.城田村 4.境野村 5.蓮池村 6.千歳村 7.三田川村 8.東脊振村 9.仁比山村 10.脊振村 11.三瀬村(紫:佐賀市 桃:神埼市 赤:吉野ヶ里町)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は現・神埼市。(11村)
    • 神埼村 ← 神埼村、本掘村、田道ヶ里、永歌村、本告牟田村[後の西小津ヶ里・枝ヶ里]
    • 西郷村 ← 横武村、姉川村、本告牟田村[上記を除く]、竹村、尾崎村
    • 城田村 ← 直鳥村、姉村、黒井村、嘉納村、詫田村、下板村
    • 境野村 ← 境原村、余江村、下西村
    • 蓮池村 ← 古賀村(現・佐賀市、神埼市)、見島村、小松村、佐賀郡蓮池村(現・佐賀市)
    • 千歳村 ← 渡瀬村、崎村、迎島村、柳島村
    • 三田川村 ← 吉田村、田手村、箱川村、豆田村(現・吉野ヶ里町)
    • 東脊振村 ← 大曲村、石動村、三津村、松隈村(現・吉野ヶ里町)
    • 仁比山村 ← 的村、志波屋村、鶴村、城原村
    • 脊振村 ← 広滝山、腹巻山、鹿路山[名尾を除く]
    • 三瀬村 ← 三瀬山、藤原山、杠山(現・佐賀市)
    • 鹿路山の一部(名尾)が佐賀郡松梅村の一部となる。
  • 明治26年(1893年7月1日 - 神埼村が町制施行して神埼町となる。(1町10村)
  • 明治30年(1897年6月1日 - 郡制を施行。
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和10年(1935年11月3日 - 蓮池村が町制施行して蓮池町となる。(2町9村)
  • 昭和30年(1955年
    • 3月31日 - 神埼町・西郷村・仁比山村が合併し、改めて神埼町が発足。(2町7村)
    • 4月1日 - 城田村・境野村・千歳村および蓮池町の一部(古賀の一部)が合併して千代田村が発足。蓮池町の残部が佐賀市に編入。(1町5村)
  • 昭和40年(1965年)4月1日(3町3村)
  • 平成17年(2005年10月1日 - 三瀬村が佐賀市・佐賀郡諸富町大和町富士町と合併し、改めて佐賀市が発足、郡より離脱。(3町2村)
  • 平成18年(2006年
    • 3月1日 - 三田川町・東脊振村が合併して吉野ヶ里町が発足。(3町1村)
    • 3月20日 - 神埼町・千代田町・脊振村が合併して神埼市が発足し、郡より離脱。(1町)

変遷表

自治体の変遷
明治22年以前 明治22年4月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和34年 昭和35年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
神埼村 明治26年7月1日
町制
昭和30年3月31日
神埼町
神埼町 平成18年3月20日
神埼市
神埼市
西郷村 西郷村
仁比山村 仁比山村
脊振村 脊振村 脊振村 脊振村
城田村 城田村 昭和30年4月1日
千代田村
昭和40年4月1日
町制
境野村 境野村
千歳村 千歳村

蓮池村 昭和10年11月3日
町制

昭和30年4月1日
佐賀市に編入
(蓮池、見島
小松、古賀の一部)
佐賀市の一部 平成17年10月1日
佐賀市の一部
佐賀市
三瀬村 三瀬村 三瀬村 三瀬村
三田川村 三田川村 三田川村 昭和40年4月1日
町制
平成18年3月1日
吉野ヶ里町
吉野ヶ里町
東脊振村 東脊振村 東脊振村 東脊振村

行政

長崎県神埼郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)10月28日
明治16年(1883年)5月8日 佐賀県に移管
佐賀県神埼郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治16年(1883年)5月9日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 41 佐賀県』角川書店、1982年、p.237~238
  2. ^ a b c d e 特集 肥前國風土記にみる神埼”. 神埼デジタルミュージアム「かんざき@NAVI」. 2022年5月4日閲覧。
  3. ^ 櫛田宮沿革”. 櫛田宮. 2022年5月4日閲覧。櫛田宮の社伝によれば、第12代景行天皇が当地方を巡行された折、当時この地に不幸が続いて人民は苦しんでいたが、神を祭りなごめたら、その後は災厄もなくなった。神の幸をうける地というところから「神幸(かむさき)の里」と名付けられ、今は「神埼」と書いている。
  4. ^ 吉田村・目達原村に分かれて記載。
  5. ^ 丁大田村(佐賀藩領)・直鳥村(蓮池藩領)に分かれて記載。
  6. ^ 用作村(佐賀藩領)・古賀村(蓮池藩領)に分かれて記載。

参考文献

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典』 41 佐賀県、角川書店、1982年3月1日。ISBN 4040014103 
  • 旧高旧領取調帳データベース
  • 神埼デジタルミュージアム「かんざき@NAVI」、”. 神崎市. 2022年5月4日閲覧。
  • 櫛田宮”. 櫛田宮. 2022年5月4日閲覧。

関連文献

関連項目