佐賀郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐賀県佐賀郡の位置(水色:後に他郡から編入した区域)

佐賀郡(さがぐん)は、佐賀県肥前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、佐賀市の大部分(三瀬村各町・富士町各大字・蓮池町大字見島・蓮池町大字小松・蓮池町大字古賀・大和町大字名尾・大和町大字八反原を除く)にあたる。

歴史[編集]

佐賀市および佐賀県という地名は佐賀郡に由来するものである。江戸時代以前には佐嘉とも表記していたが、明治初年に佐賀に統一された。地名の由来については佐賀県#県名の由来を参照のこと。

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
佐嘉郡 1座(小)
与止日女神社 ヨトヒメノ 與止日女神社 佐賀県佐賀市大和町川上 肥前国一宮
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 肥前佐賀藩 23町
67村
光法村、為重村、南里村、大堂村、新郷村[1]、木原村、徳富村、山領村、寺井津、諸富村[2]、材木町、唐人町、呉服町、白山町、東魚町、中町、高木町、紺屋町、柳町、牛島町、寺町、長瀬町、道祖元町、六座町、西魚町[3]、八戸町、伊勢屋町、伊勢屋本町、本庄町、岸川町、天祐寺町、下今宿町[4]、点合町[4]、修理田村、牛島村、瓦町村、若宮村、淵村、藤木村、神野村[5]、東高木村、高木村、長瀬村、尼寺村、下和泉村、上和泉村、川久保村、薬師丸村、千布村、金立村、久池井村、梅野村、小副川村、松瀬村、関屋村、福富村、小々森村、犬井道村、早津江村、大詫間村、西古賀村、早津江津[6]、鹿江村、下古賀村、田中村、飯盛村、高太郎村、相応津[7]、末次村、鹿子村、厘外村、本庄村、厘外津[8]、八戸村、中原村、十五村、荻野村、多布施村、八戸溝村、森田村、蠣久村、鍋島村、大財村、袋村、久保田村、新田村、久富村、徳万村、江上村、高尾村
肥前蓮池藩 2村 東西村、蓮池村
肥前小城藩 1村 東山田村
佐賀藩、小城藩 3村 池上村、久留間村、川上村

町村制以降の沿革[編集]

1.北川副村 2.東川副村 3.新北村 4.中川副村 5.大詫間村 6.南川副村 7.西川副村 8.本庄村 9.東与賀村 10.西与賀村 11.嘉瀬村 12.久保田村 13.神野村 14.古瀬村 15.鍋島村 16.兵庫村 17.高木瀬村 18.春日村 19.金立村 20.久保泉村 21.川上村 22.小関村 23.松梅村(紫:佐賀市 *:発足時の佐賀市)
  • 明治22年(1889年4月1日
    • 市制の施行により、水ヶ江町・東田代町・松原町・与賀町・赤松町・西田代町・柳町・紺屋町・材木町・蓮池町[9]・下今宿町・牛島町・高木町・上芦町[10]・中町・呉服町・東魚町・白山町・元町[11]・寺町・唐人町・米屋町[12]・多布施町[12]・伊勢屋町・岸川町・長瀬町・六座町・点合町・伊勢屋本町・西魚町・道祖元町・本庄町・八戸町・厘外津および木原村の一部(安住[13])・多布施村の一部(四本谷[14])・本庄村の一部(西精・鬼丸・中ノ館・新地・四本谷[14])・袋村の一部(大崎[13])・牛島村の一部(寺小路・木塚名・矢矧町・田代・天神名・江湖端[15])の区域をもって佐賀市が発足し、郡より離脱。
    • 町村制の施行により、以下の各村が発足。●は佐賀市に編入された区域を除く。全域が現・佐賀市。(23村)
      • 北川副村 ← 江上村、●木原村、光法村、新郷村
      • 東川副村 ← 徳富村、大堂村、諸富村
      • 新北村 ← 寺井津、山領村、為重村
      • 中川副村 ← 早津江村、早津江津、福富村
      • 大詫間村(単独村制)
      • 南川副村 ← 犬井道村、鹿江村
      • 西川副村 ← 南里村、西古賀村、小々森村
      • 本庄村 ← ●本庄村、鹿子村[一本杉を除く]、●袋村、末次村、厘外村[正里]
      • 東与賀村 ← 下古賀村、飯盛村、田中村
      • 西与賀村 ← 高太郎村、厘外村[正里を除く]、相応津、鹿子村[一本杉]
      • 嘉瀬村 ← 荻野村、中原村、十五村、八戸村[一部]
      • 久保田村 ← 久保田村、徳万村、新田村、久富村
      • 神野村 ← 神野村、●多布施村、大財村
      • 古瀬村 ← 高尾村、修理田村、東西村、●牛島村
      • 鍋島村 ← 八戸溝村、森田村、鍋島村、蠣久村、八戸村[大部分]
      • 兵庫村 ← 淵村、藤木村、瓦町村、若宮村、東高木村[西淵]
      • 高木瀬村 ← 高木村、東高木村[西淵を除く]、長瀬村
      • 春日村 ← 尼寺村、久池井村
      • 金立村 ← 金立村、薬師丸村、千布村
      • 久保泉村 ← 上和泉村、下和泉村、川久保村
      • 川上村 ← 東山田村、川上村、池上村、久留間村
      • 小関村 ← 小副川村、関屋村
      • 松梅村 ← 松瀬村、梅野村、神埼郡鹿路山[名尾]
      • 蓮池村が神埼郡蓮池村の一部となる。
  • 明治30年(1897年6月1日 - 郡制を施行。
  • 明治32年(1899年6月6日 - 古瀬村が改称して巨勢村となる。
  • 大正11年(1922年10月1日 - 神野村が佐賀市に編入。(22村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和28年(1953年)4月1日 - 南川副村が町制施行して南川副町となる。(1町21村)
  • 昭和29年(1954年
    • 3月31日 - 兵庫村・巨勢村・西与賀村・嘉瀬村・高木瀬村が佐賀市に編入。(1町16村)
    • 10月1日 - 北川副村・本庄村・鍋島村・金立村・久保泉村が佐賀市に編入。(1町11村)
  • 昭和30年(1955年
    • 3月1日 - 東川副村・新北村が合併して諸富町が発足。(2町9村)
    • 4月1日 - 中川副村・大詫間村・南川副町が合併して川副町が発足。(2町7村)
    • 4月16日 - 春日村・川上村・松梅村が合併して大和村が発足。(2町5村)
  • 昭和31年(1956年9月30日(2町4村)
  • 昭和33年(1958年6月1日 - 富士村の一部(八反原)が大和村に編入。
  • 昭和34年(1959年1月1日 - 大和村が町制施行して大和町となる。(3町3村)
  • 昭和41年(1966年)10月1日(5町1村)
    • 東与賀村が町制施行して東与賀町となる
    • 富士村が町制施行して富士町となる
  • 昭和42年(1967年)4月1日 - 久保田村が町制施行して久保田町となる。(6町)
  • 平成17年(2005年)10月1日 - 諸富町・大和町・富士町が佐賀市・神埼郡三瀬村と合併し、改めて佐賀市が発足、郡より離脱。(3町)
  • 平成19年(2007年)10月1日 - 川副町・東与賀町・久保田町が佐賀市に編入、同日佐賀郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 記載は新戸村。
  2. ^ 記載は諸富津。
  3. ^ 西魚町・八丁馬場に分かれて記載。
  4. ^ a b 記載なし。
  5. ^ 記載は神浦村。
  6. ^ 記載は早津江村(92石余)。
  7. ^ 記載は相応村。
  8. ^ 記載は厘外村(40石余)。
  9. ^ 柳町の枝町。本項では町数に数えない。
  10. ^ 高木町の枝町。本項では町数に数えない。
  11. ^ 呉服町の枝町。本項では町数に数えない。
  12. ^ a b 中町の枝町。本項では町数に数えない。
  13. ^ a b 水ヶ江町に編入。
  14. ^ a b 与賀町に編入。
  15. ^ 東田代町に編入。

参考文献[編集]

関連項目[編集]