火国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

火国(ひのくに。火国別、ひのくにわけ。肥国。? - 8世紀)は、筑紫島(九州)にあったの一つ。火国の範囲については、肥前国長崎県佐賀県)と肥後国熊本県)を合わせたものであるという説と、肥後国阿蘇国のあとであり火国とは必ずしも関連がないとする説など諸説ある。

概要[編集]

国造本紀』によれば、大分国造と同祖で神八井耳命の後裔の志貴多奈彦命の子遅男江命が、第10代崇神朝に火国造に任じられたとされる。また、健磐龍命を火国造の祖とする説もある。

日本書紀』によれば、第12代景行天皇と、襲国襲武媛(その たけひめ)とのあいだに生まれた国乳別(くにちわけ)、国背別(くにそわけ)、豊戸別(とよとわけ)の3人兄弟のうち、一番下の豊戸別が火国別の始祖となった。

次妃襲武媛、生國乳別皇子與國背別皇子(一云宮道別皇子・豐戸別皇子)、其兄國乳別皇子、是水沼別之始祖也、弟豐戸別皇子、是火國別之始祖也。

古事記』・国産み神話においては、隠岐の次、壱岐の前に生まれた筑紫島(九州)の四面のひとつとして語られ、別名を「建日向日豊久士比泥別」(タケヒムカヒトヨクジヒネワケ)といったとされるが、古事記に肥国の名称が登場するのはこの逸文のみである。

次生、筑紫島。此島亦、身一而、有面四。面毎有名。故、筑紫国謂、白日別。豊国、言、豊日別肥国、言、建日向日豊久士比泥別熊曾国、言、建日別。

地理[編集]

肥前国・肥後国の位置
肥前国(■)
肥前国()
肥後国(■)
肥後国()

国域を肥前と肥後とする場合[編集]

肥前は筑後国の西方、肥後は筑後国の南方であり、両者の間には有明海もあり地理的には接していない。このこともあり古事記のいう肥国(建日向日豊久士比泥別)がどの範囲であるかは定かでない。ただ、肥前国肥後国という名称の国が設置されたとき、この二国をあわせて、またはいずれか一国を指して、肥州(ひしゅう)と呼ぶことがあり、また肥前国と肥後国の両国をさす語としては、二肥(にひ)も用いられたことがあった。

肥前(長崎県、佐賀県) - 基肄郡養父郡三根郡神埼郡佐賀郡小城郡松浦郡杵島郡藤津郡彼杵郡高来郡

ただし、先代旧事本紀によれば西九州には、末羅国葛津国筑志米多国といった国々もある。

肥後(熊本県) - 玉名郡山鹿郡菊池郡阿蘇郡合志郡山本郡飽田郡託麻郡益城郡宇土郡八代郡天草郡葦北郡球麻郡

日本書紀の景行天皇紀には阿蘇山(熊本県)と阿蘇国が現れるので、阿蘇郡周辺は阿蘇国であった可能性がある。また先代旧事本紀には葦北国(現水俣市)も現れる。

筑後国を含める場合[編集]

肥前・肥後のあいだにある筑後国も「肥国」に含まれていたとすれば、下記の郡も肥国の郡であった。

筑後(福岡県南部) - 御原郡生葉郡竹野郡山本郡御井郡、三瀦郡(三潴郡)、陽咩郡(八女郡)、山門郡、三毛郡(三池郡))

歴史[編集]

古墳時代[編集]

日本書紀』によれば、火国別造の始祖は、第12代景行天皇襲武媛の子の豊戸別皇子である。

景行天皇期に櫛田宮神埼)が創建された。これはのち、第46代孝謙天皇期の757年(天平宝字元年)の平安時代末期、平清盛日宋貿易の拠点とする博多に勧請され分社されて、博多の櫛田神社が造営されたといわれている。

6、7世紀

6世紀初めには、装飾古墳前方後円墳であるチブサン古墳(熊本県山鹿市)が築造された。

第27代安閑天皇期には、屯倉(開拓地)として春日部屯倉ができた。万日山古墳熊本市春日町、託麻郡)はこれに関連して築造されたという説がある。

8世紀

令制大宝律令ののち、長崎県、佐賀県の範囲に肥前国、熊本県(阿蘇国等)の範囲に肥後国が設置された。

明治時代

廃藩後曲折を経て、肥前国は長崎県佐賀県となり、肥後国は熊本県となった。

脚注[編集]

註釈
出典

参考文献[編集]

関連項目[編集]