根室国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
根室国の範囲(1869/08/15)


根室国(ねむろのくに)は、大宝律令国郡里制を踏襲し戊辰戦争箱館戦争)終結直後に制定された日本の地方区分のの一つで、五畿八道のうち北海道 (令制)に含まれた。根室はもと「ねもろ」と読んだ。道東に位置し、領域は当初、現在の根室振興局管内の北海道本島部分と歯舞群島および色丹島で構成された。

沿革[編集]

国郡制定前の歴史[編集]

飛鳥時代斉明天皇のころ阿倍比羅夫樺太で征討した粛慎は、当時根室国域にも及んでいたオホーツク文化圏に属する人たちと言われている。オホーツク文化は平安時代前期ころ擦文文化の影響を強く受けたトビニタイ文化へと移行し鎌倉時代ころまで続いた。

鎌倉時代から室町時代にかけて、日の本と呼ばれる蝦夷(えぞ)が根室国域を含む北海道太平洋岸や千島国域におり、蝦夷沙汰職・蝦夷管領はこれを統括していた。

戦国時代から江戸時代にかけて、蝦夷の人々によって根室半島を中心にチャシ群が築かれている。

江戸時代に入ると、1615年元和元年)から1621年(元和7年)ころにかけて、メナシ地方(現在の目梨郡羅臼町標津町周辺)の蝦夷(アイヌ)が、100隻近い舟に鷲の羽やラッコの毛皮などを積み、松前に行き交易したとの記録が松前藩の「新羅之記録」に記載されている。また根室国域には松前藩によって松前藩家臣の知行地としてネモロ場所が開かれていた。当初はアッケシ場所に含まれたがキイタップ場所を経てネモロ場所となる。場所に関する制度の詳細は商場(場所)知行制および場所請負制の項を参照。

江戸時代以前から明治時代初頭の交通について、陸上交通は、釧路国厚岸郡琵琶瀬から根釧国境を越え根室郡初田牛(現根室市)までの7里28町(30.5.km)、初田牛から花咲郡落石(現根室市)までの3里26町(14.6.km)、落石から根室郡根室(現根室市)までの6里2町(23.8.km)など沿岸部沿いに渡島国箱館から千島国方面に至る道の途上にあたる東西を結ぶ陸路があった。万延元年には根室場所請負人藤野喜兵衛が幕命を受け昆布盛番屋(花咲郡昆布盛)の西方から北の根室郡厚別(あつしべつ、現在の野付郡別海町奥行)に向かう6里17町(25.4km)を新規に開削し、オンネトウの渡し場に長さ14間(25.5m)の橋梁がかけられた。これにより根室会所から厚別止宿所に至る9里10町(36.4km)の根室-厚別間道路が通じるようになった。このほか文化年間にはそれまで蝦夷の人々が利用していた道を標津からチライワツタリに至る8里(31.4km)、チライワツタリから根北国境のルチシ峠を越え北見国斜里郡ワツカオイに至る8里32町(34.9km)など3区間に分け、根室、釧路など三場所の蝦夷に請負わせ改修した斜里越も開削されている。また、釧路国厚岸郡姉別(現浜中町)から根釧国境を越え根室郡西別(昭和47年以後の野付郡別海町別海地区)に至る川船6里(23.6km)余の経路もあった。根室国内の河川には政時代から廃使置県までの間7箇所の渡船場数があり渡し船なども運行されていた。海上交通は、和人地畿内千島国などとの間に北前船の航路が開かれ根室などにも寄航していた。このほか、釧路国厚岸郡姉別から根室郡根室まで海上9里(35.3km)余の航路、根室郡根室から千島国国後郡泊まで海上16里(62.8.km)余の航路、根室郡西別から野付郡野付まで6里(23.6km)余の航路、野付郡野付から千島国国後郡泊まで海上4里(15.7.km)程の航路などが開かれていた。

18世紀には標津郡域にて養老牛温泉が発見されている。寛政元年、蝦夷アイヌ)の人々が蜂起したクナシリ・メナシの戦い(寛政蝦夷蜂起)が勃発し、メナシ地方でも多くの和人が殺害されている。同年、目梨郡域にて羅臼温泉が発見された。寛政4年には漂流民・大黒屋光太夫、磯吉、小市(根室で死亡)の3名を伴い、アダム・ラクスマンが通商を求め根室に来航。このころ、近藤重蔵最上徳内などの幕吏によって北方探検が盛んに行われ根室は基地となっている。また、高田屋嘉兵衛によって航路の運営がされるなど本格的な蝦夷地経営が行われた。

江戸時代後期、根室国域は東蝦夷地に属していた。南下政策を強力に推し進めるロシアに備え、寛政11年東蝦夷地は公議御料幕府直轄領)とされたが、文政4年には一旦松前藩領に復したものの、1854年(安政元年)、ペリーが江戸湾に再来し、日米和親条約が締結されると、幕府は対外政策の見直しに迫られる。安政2年、蝦夷地も再び公議御料となり西別川の古川の河口からチャシコツ、ここからシカルンナイまでを結んだ線以北(標津郡域以北)には会津藩がホニコイに本営陣屋を、以南(野付郡域以南)は仙台藩が根室に出張陣屋を置き警固をおこなった。また、安政3~4年ころ知床半島(目梨郡域)の硫黄山噴火している。安政6年になると6藩分領にともない、標津郡域以北は会津藩領、野付郡域以南は仙台藩領となったが、花咲郡域の島嶼部(歯舞群島と色丹島)は公議御料(仙台藩警固地)のままであった。

国郡制定後の沿革[編集]

国内の施設[編集]

神社[編集]

標津神社は天明年間の創建、金刀比羅神社と市杵島神社は文化年間に高田屋嘉兵衛による創建、野付神社と羅臼神社は安政年間の創建である。

このうち金刀比羅神社の旧社格県社である。

地域[編集]

[編集]

以下の五郡で構成された。

江戸時代の藩[編集]

  • 松前藩領、松前氏(1万石各→3万石各)1599年-1799年・1821年-1855年(根室場所)
  • 仙台藩根室出張陣屋、1859年-1868年(根室場所のうち、後の野付郡、根室郡、島嶼を除く花咲郡に相当する地域)
  • 会津藩シベツ表ホニコイ陣屋、1859年-1868年(根室場所のうち、後の標津郡、目梨郡に相当する地域)
分領支配時の藩
  • 熊本藩領、1869年-1871年(標津郡、目梨郡)
  • 仙台藩領、1871年(熊本藩領を引継)

※この他、分領支配時は寺社領、徳島藩士領、東京府領があった。

人口[編集]

1872年(明治5年)の調査では、人口832人を数えた。 その後次第に増加したものの、1886年の根室県で、1万7千人に留まっている(三県一局時代#廃県置庁)

根室国の合戦[編集]

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ 法令全書 第21冊(明治18年) 近代デジタルライブラリー 国立国会図書館