石背国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 東山道 > 石背国

石背国(いわせのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。奈良時代陸奥国から分立したが、短期間しか存続しなかった。

石背国の位置(718年)

沿革[編集]

養老2年(718年)5月2日[疑問点 ]陸奥国の5郡を割いて設置された[1]。現在の福島県中部・西部にあたる。存続は数年間にすぎず、養老4年 (720年)11月26日から神亀5年(728年)4月11日にかけてのいつかの時期に陸奥国に復した。

終年の下限の年養老4年については、『類聚国史』に収録された陸奥・石背・石城を対象にした勅、上限の神亀5年については陸奥国に白河軍団を置いた『続日本紀』の記事が根拠である[2]。さらに時期を絞り込む推定が様々にある。

岩代国[編集]

明治元年(1869年)に設置された岩代国(いわしろのくに)はほぼ同域だが、東部のいくつかの郡が磐城国に含まれたため、石背国より狭くなった。

畿内の山城国(やましろのくに)が奈良時代は「山国」と表記されたことから「石背」も「いわせ/いはせ」でなく「いわしろ/いはしろ」と読むと考えられていた[いつ?]

[編集]

5郡で構成された。

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』養老2年5月乙未(2日)条。
  2. ^ 高橋崇 『律令国家東北史の研究』 吉川弘文館1991年、22–24。ISBN 4-642-02245-7