陸中国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 東山道 > 陸中国
陸中国の位置

陸中国(りくちゅうのくに)は、東北戦争終結直後に陸奥国から分立した、日本の地方区分のの一つ。東山道に位置する。領域はほぼ現在の岩手県にあたるが、岩手県南東部の気仙郡、陸前高田市大船渡市釜石市南部及び岩手県西北の二戸郡を欠き、秋田県北東部の鹿角市小坂町を含む。

沿革[編集]

陸中国管轄の変遷
郡名 幕末 明治元年 明治2年 廃藩置県 第1次府県統合 第2次府県統合 現在
磐井郡(一部) 一関藩[2] 一関県 一関県→水沢県
→磐井県
岩手県
磐井郡(一部) 仙台藩 沼田藩取締地→
前橋藩取締地(伊沢県[1][2]
胆沢県
胆沢郡
江刺郡 松本藩取締地(花巻県[1] 江刺県
閉伊郡(南部) 盛岡藩 盛岡県→岩手県
和賀郡 盛岡藩 盛岡県
稗貫郡
紫波郡(佐比内村)
紫波郡(大部分) 松代藩取締地(盛岡県)[1]
岩手郡
閉伊郡(北部) 江刺県
九戸郡(一部)
鹿角郡 弘前藩取締地→
黒羽藩取締地(北奥県[1]
九戸県→八戸県
→三戸県
江刺県 秋田県
九戸郡(大部分) 八戸藩 八戸県 盛岡県→岩手県 岩手県
紫波郡(ごく一部)

国内の施設[編集]

神社[編集]

一宮

地域[編集]

[編集]

人口[編集]

明治5年(1872年)の調査では、人口は51万521人を数えた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。
  2. ^ a b 磐井郡の一部は一時的に磐城平藩領となる予定であったが、実行されなかった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]