松浦武四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松浦武四郎。首から下げているのは、武四郎がコレクションしていた古物で自作したもの。

松浦 武四郎(まつうら たけしろう、文化15年2月6日1818年3月12日) - 明治21年(1888年2月10日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての探検家浮世絵師、好古家。名前の表記は竹四郎とも[1]。諱は弘[1]。雅号は北海道人(ほっかいどうじん)、多気志楼など多数[1]蝦夷地を探査し、北海道という名前を考案した。

生涯[編集]

文化15年(1818年)、伊勢国一志郡須川村(現在の三重県松阪市小野江町)にて郷士・松浦桂介ととく子の四男として生まれる[2][1]。松浦家は、肥前国平戸の松浦氏の一族で中世に伊勢国へ来たといわれている。別書では、代々百姓で、父・桂祐の次男として生まれたとしている[3]。父親は庄屋を営んでおり、比較的恵まれた中、文化的な素養を身に付けたとされる[4]。13歳から3年間、平松楽斎(漢学者・伊勢津藩士)のもとで学び、猪飼敬所梁川星巌らと知己を得る[5]

山本亡羊本草学を学び、16歳から諸国をめぐった。天保9年(1838年)に平戸となり文桂と名乗るが、故郷を離れている間に親兄弟が亡くなり天涯孤独になったのを契機に[5]弘化元年(1844年)に還俗して蝦夷地探検に出発する。1846年には樺太詰となった松前藩医・西川春庵の下僕として同行し[5]、その探査は択捉島樺太にまで及んだ。蝦夷では詩人の頼三樹三郎と旅することもあった[5]安政2年(1855年)に蝦夷御用御雇に抜擢され再び蝦夷地を踏査、「東西蝦夷山川地理取調図」を出版した。明治2年(1869年)には開拓判官となり、蝦夷地に「北海道」の名(当初は「北加伊道」)を与えたほかアイヌ語の地名をもとに国名・郡名を選定した。翌明治3年(1870年)に開拓使を批判して職を辞し、従五位の官位も返上した[6]。この間、北海道へは6度赴き、150冊の調査記録書を遺した。

余生を著述に過ごしたが、死の前年まで全国歴遊はやめなかったという。天神(菅原道真)を篤く信仰し(天神信仰)、全国25の天満宮を巡り、鏡を奉納した[5]。好古家としても知られ、縄文時代から近代までの国内外の古物を蒐集し、64歳のときには、自分を釈迦に見立て古物コレクションに囲まれた「武四郎涅槃図」を河鍋暁斎に描かせている[7][8]。また、明治3年(1870年)には北海道人と号して、「千島一覧」という錦絵を描き、晩年の68歳より富岡鉄斎からの影響で奈良県大台ケ原に登り始め、自費で登山道の整備、小屋の建設などを行った。

明治21年(1888年)、東京神田五軒町の自宅で脳溢血により死去[2][1]。遺骨は染井霊園の1種ロ10号2側に埋葬されているほか、武四郎が最も好きだったという西大台・ナゴヤ谷に明治22年(1889年)に建てられた「松浦武四郎碑」に分骨されてもいる。

なお、生地の三重県松阪市小野江町には、生家のほか、武四郎の遺した資料を保管する「松浦武四郎記念館」がある(平成6年(1994年)開館)。また、公益財団法人静嘉堂文庫には、武四郎が収集した古物資料約900点が保存されている[9]

一畳敷書斎[編集]

武四郎が1886年に五軒町の自宅の片隅に造った一畳敷の書斎が、国際基督教大学の敷地内にある実業家・山田敬亮(日本産業重役などを務めた[10])の別荘「泰山荘」の茶室に移築されている(国の登録文化財「泰山荘高風居」[11][12]。武四郎が記した目録『木片勧進』によると[13]法隆寺熊野本宮春日大社久能山稲荷神社、伊勢神宮外宮、東福寺仏殿といった全国の社寺の白鳳時代から江戸時代後期に渡る古材を譲り受けて組み上げたもので、武四郎は「死んだら一畳敷を解体してだびに付してほしい」と遺言したが[14]、死後、徳川頼倫南葵文庫に移築、その後代々木上原の徳川家別邸「静和園」の茶室「高風居(気高い人の住まいの意で、武四郎を称えて命名)」に移され、さらに三鷹の山田敬亮別荘に移築され、戦時中に同別荘地を買い取った中島飛行機が戦後に大学用地として売却したことから同大学キャンパス内に保存されることになった[14][15]。学祭期間中のみ特別公開される。

作品[編集]

  • 『四国遍路道中雑誌』 弘化元年(1844年) - 19歳の天保7年(1836年)に四国八十八ヶ所霊場をまわった紀行文をまとめた三巻からなる草稿。は吉田武三編『松浦武四郎紀行集(中)』(昭和50年(1975年)、冨山房発行)収録。
  • 「蝦夷大概之図」 嘉永3年(1850年) 松浦武四郎記念館所蔵
  • 「蝦夷変革図」 嘉永4年(1851年)
  • 「千島一覧」 大判 錦絵3枚続 明治3年(1870年) 和泉屋市兵衛版 松浦武四郎記念館所蔵
  • 「紅蓮の旅人」 歌謡曲 歌:浪曲師真山隼人 作詞:渡邊八尋 作曲:森悦彦 編曲:吉田まゆみ

催事[編集]

毎年2月最終日曜に、松浦武四郎記念館をメイン会場とした「武四郎まつり」が開催されている。

文献[編集]

著作[編集]

  • 北海道出版企画センター 『松浦武四郎選集』を刊行(秋葉實 翻刻・編)
    • 同社では、多数の著作と関連書籍が出版されている。
  • 吉田武三校註 『三航蝦夷日誌』 上下巻 吉川弘文館2007年(オンデマンド版)
  • 更科源蔵・吉田豊訳『アイヌ人物誌』 平凡社ライブラリー

伝記文献[編集]

その他[編集]

  • 吉田常吉『松浦武四郎蝦夷日誌』 時事通信社、1959年(新版1974年
  • ヘンリー・スミス『泰山荘―松浦武四郎の一畳敷の世界』 国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館、1993年

本稿の参照文献[編集]

  • 高倉新一郎編 『明治の群像8 開拓と探検』 三一書房 1971年 23 - 50頁
  • 原色浮世絵大百科事典 第2巻 日本浮世絵協会編、大修館書店、1982年 129頁

脚注・参照[編集]

  1. ^ a b c d e 松浦武四郎幕末書簡および関連文書:吉永孝雄氏所蔵「松浦武四郎翁尺牘」 小堀一正、待兼山論叢 史学篇 16、1982
  2. ^ a b 秋葉実『松浦武四郎上川紀行』<旭川叢書第28巻>(旭川振興公社、2003年)掲載の略年譜より。ただし、この略年譜は松浦武四郎記念館編『松浦武四郎記念館図録』(1996年)による。
  3. ^ 蝦夷の探検者松浦武四郎 『立志美談』 天福堂主人編(警醒社、1894)
  4. ^ 市川団十郎や勝海舟の“団扇サイン”も 芸術に親しみ江戸文人と交流 十勝毎日新聞
  5. ^ a b c d e The Old Geographer- Matsuura Yorkshire Frederick Starr, HathiTrust
  6. ^ 松浦家文書の寄託解除と現地保存 山田哲好、大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国文学研究資料館」 アーカイブズ・ニューズレター、2006.3
  7. ^ 自分を釈迦に見立て生前に描かせる 還暦迎え悠々自適の境地に 十勝毎日新聞社
  8. ^ 松浦武四郎記念館 展示のご案内 松阪市、2014年8月10日
  9. ^ 静嘉堂文庫所蔵松浦武四郎旧蔵資料の研究と公開 研究成果報告書 - KAKEN - 科学研究費助成事業データベース、2013.6.20
  10. ^ 山田敬亮 『早稲田大学紳士録』(早稲田大学紳士録刊行会、1939)
  11. ^ 国際基督教大学泰山荘高風居 こくさいきりすときょうだいがくたいざんそうこうふうきょ 文化遺産オンライン
  12. ^ 泰山荘 国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館
  13. ^ 泰山荘、その価値とは 【前編】 ICU学生新聞「The Weekly GIANTS」 No.1138/39号、2014年10月16日
  14. ^ a b 数々の難を逃れた一畳敷 泰山荘(東京都三鷹市) 東京新聞、2008年5月28日
  15. ^ 泰山荘、その価値とは 【後編】 ICU学生新聞「The Weekly GIANTS」 No.1138/39号、2014年10月16日

外部リンク[編集]