磯田道史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

磯田 道史[1](いそだ みちふみ[1]1970年12月24日 - )は、日本歴史学者[1](日本近世・近代史・日本社会経済史)。国際日本文化研究センター准教授[2]。既婚。

略歴[編集]

岡山県岡山市出身。磯田の実家は備前岡山藩支藩である備中鴨方藩重臣の家系で、家には古文書などが残されていた。名前の「道」の字は、代々受け継がれている通字であった[3]。父は農芸化学が専門の公務員で、母は英語の高等学校教諭[4]

子供のころから歴史好きで、岡山市立御野小学校、岡山市立岡北中学校を経て、岡山大安寺高等学校在学中、『近世古文書解読辞典』を使って実家や岡山県立図書館の古文書の解読を行う[5]水本邦彦が教員にいたことや、京都には古文書や史跡が多そうだったことから京都府立大学文学部史学科に進学。しかし、当時同大に大学院がなかったことから、大学の授業を受けながら受験勉強し、翌年、速水融のいた慶應義塾大学文学部史学科に進学[6][7]。慶應義塾大学文学部史学科卒業。2002年同大学院文学研究科博士課程修了、「近世大名家臣団の社会構造」で博士(史学)。指導は田代和生教授。ほか速水融に学んだ。

2004年茨城大学人文学部助教授2007年准教授2008年 - 2011年国際日本文化研究センター客員准教授。2007年-2009年読売新聞読書委員、永青文庫評議員、2012年東京歯科大学客員准教授、2012年静岡文化芸術大学文化政策学部准教授、2014年同大学教授を経て2016年より現職。毎日新聞書評委員を務める。

2003年の著作『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』で第2回新潮ドキュメント賞2010年には森田芳光監督によって『武士の家計簿』として映画化された。2010年、「専門分野である歴史を視聴者にわかりやすく解説し、放送文化の向上と地域活性化に貢献した」として第15回NHK地域放送文化賞。2015年、『天災から日本史を読みなおす』で第63回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞する。

逸話[編集]

  • 磯田は大学時代に古道具の露天市で保守系政治家・斎藤隆夫の「第七十五帝国議会去感」と書かれた色紙を偶然みつけ、時流に抗して正論を演説し、帝国議会を追われた斎藤が「百年青史の上を看ることを請う」と記しているのを「読んで涙が出てきた。斎藤は『百年後の歴史の上』をみて国を誤らぬよう命がけで自説を述べたのだ。自分は歴史家の卵だ。自分がきちんと歴史を書かねば正しいことをして不遇に終わった人物は犬死にになる、と思った」と語っている(2009年8月28日『読売新聞』「古今をちこち」)。
  • 磯田は歴史時代の地震津波を研究する「歴史地震研究会」の会員でもある。「今後も、この島国ではしばらく地震が続くかもしれない。私も何かしなくてはいけない。」(2011年5月7日産経新聞』「地震記録から見た震災」)。
  • 上述の通り磯田は備中鴨方藩の重臣の末裔で、5代前の先祖・磯田軍次兵衛由道は藩主の師であり、また自身の甥にあたる東京歯科大学創立者・高山紀齋に儒学を教えた[8]。磯田自身が東京歯科大学の客員教授であるという縁もある。

単著[編集]

共著[編集]

  • 『明治維新で変わらなかった日本の核心 この国の思考を「通史的秘密」を解く』猪瀬直樹との共著(PHP新書、2017年)

記事[編集]

  • 磯田道史の「古今あちこち」 - 『読売新聞』 第2水曜日朝刊 文化面
  • 磯田道史の「備える歴史学」 - 『朝日新聞』 土曜版be

出演[編集]

現在出演中のテレビ番組
過去に出演・司会をした番組

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “(耕論)震度7、熊本地震の衝撃”. 朝日新聞社. (2016年4月20日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12312582.html 2016年4月20日閲覧。 
  2. ^ 研究者一覧”. 国際日本文化研究センター. 2016年4月20日閲覧。
  3. ^ 「磯田道史 第3回 「自然災害は繰り返す。だから私はいままで起きた大地震の古文書を徹底的に読み込むのです」」現代ビジネス
  4. ^ 「磯田道史 第3回 「自然災害は繰り返す。だから私はいままで起きた大地震の古文書を徹底的に読み込むのです」」現代ビジネス
  5. ^ 「磯田道史 第3回 「自然災害は繰り返す。だから私はいままで起きた大地震の古文書を徹底的に読み込むのです」」現代ビジネス
  6. ^ 「家の履歴書」週刊文春2016年5月26日号
  7. ^ 「磯田道史 第3回 「自然災害は繰り返す。だから私はいままで起きた大地震の古文書を徹底的に読み込むのです」」現代ビジネス
  8. ^ 「高山紀齋の生涯」東京歯科大学同窓会報第398号
  9. ^ 阿部サダヲ、“庶民の味方”で時代劇初主演 妻夫木聡と兄弟役”. ORICON STYLE (2015年7月4日). 2015年8月3日閲覧。
  10. ^ 東日本放送、松竹と初タッグ 中村義洋監督メガホンで「穀田屋十三郎」を映画化”. 映画.com (2015年4月6日). 2015年4月6日閲覧。
  11. ^ 『磯田道史の「古今をちこち」』読売新聞2016年4月13日

外部リンク[編集]