磯田道史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

磯田 道史[1](いそだ みちふみ[1]1970年昭和45年)12月24日 - )は、日本歴史学者[1](日本近世・近代史・日本社会経済史)。国際日本文化研究センター准教授[2]。既婚。

人物[編集]

岡山県岡山市出身。磯田の実家は備前岡山藩支藩である備中鴨方藩重臣の家系で、家には古文書などが残されていた。名前の「道」の字は、代々受け継がれている通字であった[3]。磯田の父は農芸化学が専門の公務員で、母は英語の高等学校教諭であった[4]

磯田は子供のころから歴史好きで、岡山市立御野小学校、岡山市立岡北中学校を経て岡山大安寺高等学校在学中、『近世古文書解読辞典』を使って実家や岡山県立図書館の古文書の解読を行う[5]水本邦彦が教員にいたことや、京都には古文書や史跡が多そうだったことから京都府立大学文学部史学科に進学する。しかし、当時同大に大学院がなかったことから大学の授業を受けながら受験勉強し、翌年には速水融のいた慶應義塾大学文学部史学科に進学した[6][7]。慶應義塾大学文学部史学科を卒業し2002年平成14年)同大学院文学研究科博士課程修了、「近世大名家臣団の社会構造」で博士となった(史学)。指導は田代和生教授が行っている。

2018年(平成30年)3月16日、「明治150年」に際して今上天皇皇后へ進講した[8]

役職[編集]

受賞歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

2010年には森田芳光監督で『武士の家計簿』のタイトルで映画化。

共著[編集]

連載記事[編集]

  • 磯田道史の「古今をちこち」 - 『読売新聞』 第2水曜日朝刊 文化面
  • 磯田道史の「備える歴史学」 - 『朝日新聞』 土曜版be

出演[編集]

現在出演中のテレビ番組
過去に出演・司会をした番組
  • 知るを楽しむ・歴史に好奇心「拝見・武士の家計簿」(NHK Eテレ2006年7月)
  • 直伝 和の極意「古地図で巡る龍馬の旅」(NHK教育、2010年4月 - 5月)
  • 所&磯田ニッポンの謎 ~ふたりでスッキリさせちゃいましょうSP~(2018年6月26日)所ジョージと共に司会

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “(耕論)震度7、熊本地震の衝撃”. 朝日新聞社. (2016年4月20日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12312582.html 2016年4月20日閲覧。 
  2. ^ 研究者一覧”. 国際日本文化研究センター. 2016年4月20日閲覧。
  3. ^ 「磯田道史 第3回 「自然災害は繰り返す。だから私はいままで起きた大地震の古文書を徹底的に読み込むのです」」現代ビジネス
  4. ^ 「磯田道史 第3回 「自然災害は繰り返す。だから私はいままで起きた大地震の古文書を徹底的に読み込むのです」」現代ビジネス
  5. ^ 「磯田道史 第3回 「自然災害は繰り返す。だから私はいままで起きた大地震の古文書を徹底的に読み込むのです」」現代ビジネス
  6. ^ 「家の履歴書」週刊文春2016年5月26日号
  7. ^ 「磯田道史 第3回 「自然災害は繰り返す。だから私はいままで起きた大地震の古文書を徹底的に読み込むのです」」現代ビジネス
  8. ^ 両陛下ご動静(16日・金)”. 産経ニュース. 2018年3月18日閲覧。
  9. ^ 「学会賞等の受賞者一覧」茨城大学
  10. ^ 阿部サダヲ、“庶民の味方”で時代劇初主演 妻夫木聡と兄弟役”. ORICON STYLE (2015年7月4日). 2015年8月3日閲覧。
  11. ^ 東日本放送、松竹と初タッグ 中村義洋監督メガホンで「穀田屋十三郎」を映画化”. 映画.com (2015年4月6日). 2015年4月6日閲覧。
  12. ^ 『磯田道史の「古今をちこち」』読売新聞2016年4月13日

外部リンク[編集]