鴨方藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鴨方藩(かもがたはん)は、岡山藩支藩

概要[編集]

備中国浅口郡(現:岡山県浅口市)・小田郡窪屋郡を領有し、藩庁は鴨方陣屋。石高は2万5000石。寛文12年(1672年)、光政の次男・政言が立藩した。藩主はほとんど岡山城下に居住していた。江戸期を通じての名称は岡山新田藩(おかやましんでんはん)で、明治元年(1868年)に鴨方藩と改称した。明治4年(1871年)、廃藩置県により鴨方県となった。

歴代鴨方藩主[編集]

池田家 - 外様 2万5000石

  1. 政言
  2. 政倚
  3. 政方
  4. 政香
  5. 政直
  6. 政養
  7. 政共
  8. 政善
    • 幕府の公式記録にはないが、はじめ政広(官位なし)が藩主を継ぎ、その身代わりで政善が擁立された。
  9. 政詮
  10. 政保
先代:
備中国
行政区の変遷
1672年 - 1871年 (岡山新田藩→鴨方藩→鴨方県)
次代:
深津県