慶應義塾大学大学院経済学研究科・経済学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
慶應義塾大学 > 慶應義塾大学大学院経済学研究科・経済学部

慶應義塾大学経済学部(けいおうぎじゅくだいがくけいざいがくぶ)は、慶應義塾大学が設置する経済学部慶應義塾大学大学院経済学研究科(けいおうぎじゅくだいがくだいがくいんけいざいがくけんきゅうか)は、経済学を研究する慶應義塾大学が設置する大学院経済学研究科

概要[編集]

慶應義塾大学経済学部は1890年慶應義塾に設置された大学部理財科を起源とし、慶應義塾大学の看板学部とされている。また、日本で最初の経済学部である。1920年大学令により大学へと昇格、理財科が経済学部に改組され慶應義塾大学経済学部が成立した。1947年、経済学部などの通信教育課程の実施を決定。

1949年新制大学となり、経済学部は経済学科と商学科の2学科体制となった。1957年、経済学部商学科が商学部として独立した。

1990年には経済学部設置100周年を迎えた。2013年、新たに経済学研究所が設置された。

慶応経済学部のカリキュラムは、知識と論理的思考力の双方を身につけることを目標とする。

大学1年・2年では学生は日吉キャンパスで過ごし、外国語科目、一般教育科目、基礎教育科目、専門教育基礎科目、総合教育科目などを幅広く、浅く学んでいく。

大学3年・4年では学生は三田キャンパスで過ごし、専門分野をさらに深く学んでいく。

三田の専門分野は次の10のグループで構成される。

「A、経済理論」、「B、計量・統計」、「C、学史・思想史」、「D、経済史」、「E、産業・労働」、「F、制度・政策」、「G、現代経済」、「H、国際経済」、「I、環境関連」、「J、社会関連」。

外国語科目は、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語を履修できる。

ゼミでは少人数教育で専門分野を学んでいき、学生たちはその総仕上げとして卒業論文を仕上げていく。

また、「研究プロジェクト」というコースでは、学生が興味ある分野について1年間で論文を書きあげることもできる。その研究テーマは学生の自由であり、社会科学から、自然科学、人文科学、芸術、文学、映画、美術、音楽、まで、その中からジャンルを問わず自由に好きなものを決められ、それを発表する機会も用意されている。

沿革[編集]

キャンパス[編集]

学部[編集]

通学課程
  • 経済学科[10]
    • 入学定員1200人・収容定員4800人[11]
      • 履修タイプA(経済理論・数学先習型)[12]
      • 履修タイプB(経済実態・歴史先習型)[12]
通信課程

大学院[編集]

  • 第I領域[14]
    • 経済理論専攻[14]
    • 計量・統計[14]
  • 第II領域[14]
    • 学史・思想史専攻[14]
    • 経済史専攻[14]
  • 第III領域[14]
    • 産業・労働専攻[14]
    • 制度・政策専攻[14]
  • 第IV領域[14]
    • 現代経済専攻[14]
    • 国際経済専攻[14]
  • 第V領域[14]
    • 環境関連専攻[14]
    • 社会関連専攻[14]

研究所[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 慶應義塾経済学会
  2. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(前)、669-671頁
  3. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(前)、671-672頁
  4. ^ 『慶應義塾百年史』 別巻(大学編)、333-335頁
  5. ^ 『慶應義塾百年史』 中巻(後)、852頁
  6. ^ 『慶應義塾百年史』 別巻(大学編)、357頁
  7. ^ 『慶應義塾百年史』下巻、104頁
  8. ^ 「伝統③」 造事務所『慶應義塾大学の「今」を読む OB・現役学生なら知っておきたい大学の真実』実業之日本社 (2014/11/6)
  9. ^ 経済研究所の概要 慶應義塾大学
  10. ^ 学部案内 慶應義塾大学
  11. ^ 学部入学定員・入学者数(過去5年分) 慶應義塾大学
  12. ^ a b 「概要」 慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
  13. ^ a b 「学部紹介」 慶應義塾大学通信教育課程
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「研究領域・専門分野」慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科

関連項目[編集]

外部リンク[編集]