MBSテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
MBSテレビ
英名 Mainichi Broadcasting System, lnc.
放送対象地域 近畿広域圏
ニュース系列 JNN
番組供給系列 TBSネットワーク
略称 MBS
愛称 MBSテレビ
MBS毎日放送
MBS
呼出符号 JOOR-DTV
呼出名称 まいにちほうそう
デジタルテレビジョン
開局日 1959年3月1日
本社 〒530-8304
大阪府大阪市北区茶屋町17-1
リモコンキーID 4
デジタル親局 大阪 16ch
公式サイト 【MBS】毎日放送
特記事項:
1975年3月30日までは、ANNに属していた。
テンプレートを表示

MBSテレビ(エムビーエステレビ)は、大阪府大阪市に本社を置くラジオ・テレビ兼営局である毎日放送(MBS)のテレビジョン放送部門の呼称である。放送対象地域近畿広域圏コールサインJOOR-DTV(大阪 16ch)、リモコンキーIDは「4」。

2011年7月24日の地上デジタル放送完全移行を機に、同日付の新聞・テレビ情報誌などの表記が、(テレビ放送)開局以来使われてきた「毎日テレビ」(または「毎日」)から「MBSテレビ」(または「MBS」)に統一された。地上デジタルテレビ放送Gガイドでは「MBS毎日放送」と表記している。

2011年7月23日までは一般呼称を「毎日放送テレビ」といっていた他、単にMBSと呼称される場合や、アナログ時代には新聞などのラジオ・テレビ欄では「毎日テレビ」と表記されていたが、中日新聞(伊賀・紀州・滋賀・福井版のみ)と日刊県民福井ではラジオと同様「毎日 MBS」と、スポーツニッポン日刊スポーツ神戸新聞デイリースポーツでは「毎日」と表記されていた。なお、当時はラジオ部門とは異なり、「MBSテレビ」と呼称されることは稀であった。

ネットワークはTBSテレビをキー局とするJNNの基幹局かつ準キー局で、Gガイドの番組データの配信を行っている[注 1]。かつては民放テレビ局がNNN/NNS系列局のみの徳島県にもアナログGガイドの番組データの配信を対応していた[注 2]

番組についてはMBSテレビ番組一覧を参照。

概要[編集]

毎日新聞大阪本社旧社屋(毎日大阪会館)跡地 ここにかつて毎日放送の社屋もあった。現在は跡地にエルセラーン化粧品が運営するホテルが建っている

毎日放送の前身である『新日本放送(しんにっぽんほうそう)』は、1956年12月1日に朝日放送(現・朝日放送グループホールディングス)・朝日新聞社毎日新聞社(新日本放送の大株主)と合弁で大阪テレビ放送株式会社おおさかテレビほうそう 略称 OTV、JOBX-TV 6ch)を設立してテレビ放送に参入した。

その後、大阪地区ではもう1つテレビチャンネルが割り当てられ、ともに独自のテレビ局を持ちたい朝日放送と新日本放送は、別々に免許を申請。競願の結果、朝日放送は大阪テレビ放送と合併する事となり、新日本放送は1958年6月1日に毎日放送と改称した上で、大阪テレビ放送から資本と役員を引き揚げ、テレビ開局の為の人員の移籍を行い、1959年3月1日、独自にテレビ局を準教育テレビ局として開局した。開局当初のテレビスタジオは、大阪市北区堂島の毎日大阪会館南館12階にあった。キー局は紆余曲折の末、日本教育テレビ(NET。現在のテレビ朝日)となった。

キー局が教育専門局、なおかつ、当時のNET系列の純粋なフルネットはMBSだけ[注 3] であり、営業面や報道面など様々なハンデを背負いながらMBSのテレビ部門は発足し、毎日大阪会館南館に設けられたスタジオも小さい上に狭く、使い勝手が悪かった(Aスタジオ175m2、Bスタジオ100m2、Cスタジオ170m2と3つのスタジオがあった)。しかしMBSはこうしたスタジオ事情を逆手に取り、難波南街会館からの『番頭はんと丁稚どん』やうめだ花月劇場からの吉本新喜劇中継(現在の『よしもと新喜劇』)などの外部公開収録番組が生み出された。

1960年、日本万国博覧会(1970年開催)の開催地に内定していた大阪府吹田市千里丘陵に、2階建ての近代的なテレビとラジオの総合スタジオ「千里丘放送センター」を開設、弱小局であるNETとネットを組んだ事を逆手に取って「自らキー局となって発展する」将来展望を見据えて設計され、在京キー局に勝るとも劣らない規模と設備を誇った。千里丘移転後も登記上の本社と営業の部署は堂島に残り、堂島の毎日新聞大阪本社内にニュースデスクを開設。

1968年、日本科学技術振興財団が運営していた東京の民放テレビ局・東京12チャンネルが事実上破綻したため、再建策として同局のテレビ番組制作を行う株式会社東京十二チャンネルプロダクション(現在の株式会社テレビ東京)が財界を中心に設立され、毎日放送も経営に参加。1969年10月より東京12チャンネルともネットワーク関係を樹立し、MBSはクロスネット政策を採った。

1975年3月31日、テレビネットワークを整理することとなり、これまでのNETテレビと東京12チャンネルのクロスネットから、TBS系列の準キー局に鞍替えした。ニュース系列もANNを脱退し、JNNに加盟。朝日放送に代わって「五社連盟」に参加した。

ただし、ネットチェンジ後も毎日放送は東京12チャンネルの経営に継続して参加し、ネットチェンジ前からネットしていた東京12チャンネル制作の番組(『大江戸捜査網』、『プレイガールQ』、『人に歴史あり』など)を番組購入の形に切り替え遅れネットで継続させ、MBSに取って代わる近畿地区のTX系列局(現在のテレビ大阪)開局の支援も行った。これらの経緯から、現在もMBSはテレビ東京の大株主であり[注 4]アニメドキュメンタリー番組の制作を得意とし、コーポレートカラーが青と赤でロゴのカラーに緑色を採用するなど[注 5]、系列外となった現在でも両局には共通点が多く残っている。

沿革[編集]

  • 1959年03月01日 - 準教育局として開局(大阪第4局)。ラジオ東京(KRT、現在のTBSテレビ)のフルネット局として開局を目指していたが、KRT側に拒否され、その後フジテレビ(CX)とのネットワーク関係樹立を目指すも断念。結果、日本教育テレビ(NET。現在のテレビ朝日(EX))主体でのネットワーク形成を余儀なくされる[注 6]。しかし、この時点ではスポンサードネットとしてCX・KRTの一部番組をネット受けしていた。また制作番組の一部は、CXにもネットされ、ニュース番組も『毎日新聞ニュース』はKRTからネット受けしていた。ただし、それ以外のテレビニュースについては、自主制作となっていた。
  • 1960年02月01日 - 朝日放送(ABC)が四社連盟(1ヵ月後には五社連盟)に加入したためKRTの番組を手放す。しかし、『毎日新聞ニュース』のネット受けという形でKRTとの関係は残る。また、CXの番組が関西テレビ(KTV)に移行したため、キー局をNET(現在のテレビ朝日 (EX))に統一。
    同年04月01日よりNETのニュース番組をネット受けして共同制作する事になるが、その番組は朝日テレビニュース社制作による『NETニュース』であり、「朝日新聞 制作」のクレジットが付き、朝日新聞社旗がはためくオープニングタイトルであった。しかし、毎日放送はそのタイトルを差し替えて『MBSニュース』として放送していた。「朝日」放送があるにも拘わらず「朝日」新聞制作のニュースが、近畿地区では「毎日」新聞系の局に流れ、また近畿地区のニュースは「毎日」放送が取材した物が「朝日」新聞ニュースとして全国に放送された。これがいわゆる「腸捻転ネット」である(本来朝日との資本関係にある朝日放送はラジオ東京系列の排他協定の都合上『NETニュース』の全面ネットを行わなかったが、NETから裏送りされた3社ニュースでの「朝日新聞ニュース」は放送されていた)。
  • 1963年03月下旬-4月初旬 - 『選抜高校野球(春のセンバツ)』を、毎日新聞社との関係上、特例でTBSにスポンサードネットされた。この前後の時期には、当時TBS系列だったABCの『夏の高校野球』の開会式や決勝戦等、一部の試合がNETや東京12チャンネルにネットされている。
  • 1967年06月 - 民間放送教育協会に加盟。
  • 1969年10月01日 - 東京12チャンネル(現在のテレビ東京(TX))ともネットを結ぶ。NETのみだった全国ネット番組を、一部東京12チャンネルへ切り替えて関西唯一のキー局宣言をする[注 7]。このためNETとの関係が悪化し始める。ただ、MBSは、NET(現在のテレビ朝日)と東京12チャンネルとのクロスネット局時代もNETが優位で、東京12チャンネルとは、非報道関係の番組の一部ネットにとどまった[注 8]
  • 1970年01月01日 - この日からNETをキー局とするテレビニュースネットワークAll-nippon News Network(ANN)が発足(MBSも加盟)。『NETニュース』は『ANNニュース』に改題された。だが、MBSはANNのAを「オールニッポン(All-nippon)のA」ではなく「アサヒ(Asahi)のA」と誤解したため、発足後もタイトル差し替えを継続していた。3か月後の4月01日より差し替えなしで放送するが、ANN発足から4年間「協力・朝日新聞」とクレジットされている事に難色を示した。
  • 1974年04月01日 - ANN正式発足。ニュース協定締結。
  • 1974年11月18日 - TBSから、「1975年03月31日から朝日放送(ABC)に代わりネットを開始する。」との通告を受ける。
  • 1975年03月31日 - 東阪ネット再編。ANNを脱退し(※ABCに引継ぐ)、東京12チャンネルとのネットワーク関係を解消(※近畿放送テレビ→KBS京都サンテレビジョンを経てテレビ大阪。但し、テレビ大阪開局までは番組販売扱いでの放送を継続)。JNN・五社連盟に加盟し、NET系列局から開局以来からの念願であったTBS系列局となる。これにより腸捻転解消。
  • 1992年 - 民間放送教育協会を脱退。KBS京都サンテレビテレビ和歌山ラジオ関西和歌山放送を経て、ABCが引き継ぐ。
  • 2003年12月01日 - 午前11時に地上デジタルテレビ放送(JOOR-DTV)を開始(ISDB-T方式)。
  • 2011年07月24日 - 地上アナログテレビ放送が終了(TBS制作『アッコにおまかせ!』の放送中に終了)。23時58分からはアナログ完全終了の為の特別のクロージングが流され、23時59分にアナログ放送が完全に停波。新聞・テレビ情報誌の表記が「毎日テレビ」から「MBSテレビ」に変更される。

親局データ[編集]

JNN系列のリモコンキーID地図
地図上で青が塗られている地域ではID4である。

チャンネル番号について[編集]

大阪地区のアナログテレビ放送の第4chは元々NHK大阪放送局総合テレビで使用していた。既に開局していた大阪テレビ放送(OTV)(現・朝日放送テレビ。6ch)、既に設立されていた大関西テレビ放送(現・関西テレビ放送。8ch)に続く大阪地区に割り当てられた民放3・4波目のチャンネルを巡り、大阪讀賣新聞系の新大阪テレビ放送(NOTV)(開局直前に讀賣テレビ放送(YTV)に改称)、近畿教育文化テレビ及び関西教育文化放送と競願になり事態が硬直した際、NOTV側は兵庫県姫路地区のNHK向けに割り当てられていた第2chを大阪地区へ持ってくることを提案。これが通って第2chはNHK大阪(アナログ総合)に割り当てられることになり、更に大阪地区には民放へ2波、第4chと第10chが準教育局として免許を与えられることになった。

しかし教育専門局2社の処遇を巡り、当時郵政大臣であった田中角栄がMBS・NOTVにそれぞれ合併するよう示唆したのに対し、NOTVが断固拒否した。次いで教育2社が合併してMBS・NOTVのいずれかと合併することとなり、押し付けあった挙句MBSは第4chの獲得を条件に教育局と合併することを呑み、NOTVはキー局の日本テレビ(NTV)(東京地区を含む関東広域圏)と同じ第4chを断念する代わりに単独開局の道を選んだ。このことが腸捻転解消までの東京地区と大阪地区でNTVNETでチャンネル番号が系列ベースで逆転することとなった[注 9]

MBSが第4chを選択した理由は、当時テレビ受像器の多くのチューナーが6chまでしかないのが多く、端の番号に当たる第10chは営業政策上不利といわれたことと、従来NHKテレビが使用していたために視聴者になじみがあったことによるもの。

開局以降、MBSは「4マーク」[注 10] を導入する等で4を強調していた。腸捻転ネットワークが解消された1975年4月改編ではザ・ドリフターズを起用した「4月から4チャンネルだヨ!全員集合!!(以下、全員集合という)」のキャッチコピーを用いていた。こうして、「4チャンネル」が定着していたこともあり、デジタルテレビ放送のリモコンキーIDも「4」になった(他の在阪広域局も揃ってアナログと同じリモコンキーIDを使用)。

中継局[編集]

都道府県 局名 チャンネル 備考
大阪府 柏原 16
大阪府 枚方尊延寺 45 垂直偏波
大阪府 河内長野寺元 38
大阪府 河内長野清見台 38 垂直偏波
大阪府 天見 16 垂直偏波
大阪府 深日 16
大阪府 能勢 16
大阪府 西能勢 16
奈良県 生駒あすか野 33 垂直偏波
奈良県 桜井慈恩寺 16 垂直偏波
奈良県 栃原 39
奈良県 五條丹原 16 垂直偏波
奈良県 三郷立野 42 垂直偏波
奈良県 三郷南畑 42
滋賀県 大津 16
滋賀県 大津石山 44
滋賀県 大津比叡平 39 垂直偏波
滋賀県 葛川貫井 16
滋賀県 葛川細川上 16
滋賀県 葛川細川下 16
滋賀県 甲賀 16
滋賀県 甲賀大原 28
滋賀県 甲西岩根 44
滋賀県 土山鮎河 16
滋賀県 土山大河原 16 垂直偏波
滋賀県 日野鎌掛 16 垂直偏波
滋賀県 信楽 44
滋賀県 彦根 16
滋賀県 高月高野 40 垂直偏波
滋賀県 マキノ海津 40 垂直偏波
京都府 京都 33
京都府 京都山科 39
京都府 京都八瀬 16
京都府 宇治志津川 16
京都府 田辺大住 16 垂直偏波
京都府 亀岡 16
京都府 福知山 16
京都府 舞鶴 16
京都府 中舞鶴 27 垂直偏波
京都府 舞鶴寿 16 垂直偏波
京都府 宮津 16
京都府 野田川 27 垂直偏波
京都府 峰山 16
兵庫県 神戸 16
兵庫県 神戸灘 48
兵庫県 神戸住吉川 16
兵庫県 神戸楠谷 16
兵庫県 神戸高座 16
兵庫県 神戸長田 37
兵庫県 神戸明泉寺 37
兵庫県 神戸妙法寺 37
兵庫県 神戸兵庫 16
兵庫県 明石朝霧 16
兵庫県 北淡垂水 16 垂直偏波
兵庫県 西宮山口 16
兵庫県 宝塚玉瀬 38 垂直偏波
兵庫県 宝塚中山台 49 垂直偏波
兵庫県 猪名川 38
兵庫県 川西けやき坂 16
兵庫県 川西一ノ鳥居 16
兵庫県 川西湯山台 38
兵庫県 三木 16 垂直偏波
兵庫県 三木志染 16
兵庫県 龍野 16
兵庫県 揖保川ひばりケ丘 16 垂直偏波
兵庫県 姫路 16
兵庫県 姫路西 16 垂直偏波
兵庫県 姫路西脇 16
兵庫県 姫路石倉 16 垂直偏波
兵庫県 姫路出屋敷 16 垂直偏波
兵庫県 赤穂 16 垂直偏波
兵庫県 赤穂高雄 42
兵庫県 西脇 16
兵庫県 西脇合山 46
兵庫県 和田山 16 垂直偏波
兵庫県 城崎 16
兵庫県 日高 27
兵庫県 竹野 27
兵庫県 豊岡戸牧 16 垂直偏波
兵庫県 豊岡西戸牧 40 垂直偏波
兵庫県 豊岡江野 40 垂直偏波
兵庫県 豊岡栄 16 垂直偏波
兵庫県 豊岡高屋 16 垂直偏波
兵庫県 出石町分 16
兵庫県 香住 16
兵庫県 村岡高津 16
兵庫県 浜坂 40
兵庫県 篠山 16
兵庫県 篠山浜谷 16 垂直偏波
兵庫県 篠山福井 16
兵庫県 丹南当野 16
兵庫県 丹南古市 16 垂直偏波
兵庫県 今田新田 16 垂直偏波
兵庫県 氷上 16
兵庫県 青垣 32
兵庫県 市島 32
兵庫県 柏原東奥 27
兵庫県 相生 16
兵庫県 相生若狭野 16
兵庫県 相生佐方 16
兵庫県 相生大谷 42
兵庫県 相生鰯浜 16
兵庫県 山崎 21
兵庫県 一宮安積 42
兵庫県 福崎 16
兵庫県 神河 42
兵庫県 市川東川辺 16 垂直偏波
兵庫県 佐用 42
兵庫県 八鹿 27 垂直偏波
兵庫県 南淡 16 垂直偏波
和歌山県 和歌山 16
和歌山県 海南 16
和歌山県 下津 16
和歌山県 海南小野田 16 垂直偏波
和歌山県 海南小野田南 39
和歌山県 海南木津 39 垂直偏波
和歌山県 海南大谷 16 垂直偏波
和歌山県 下津大崎 16 垂直偏波
和歌山県 下津西ノ浦 29 垂直偏波
和歌山県 紀ノ川 16 垂直偏波
和歌山県 貴志川丸栖 25 垂直偏波
和歌山県 粉河秋葉下 25 垂直偏波
和歌山県 野上緑ケ丘 16
和歌山県 橋本 42 垂直偏波
和歌山県 橋本柱本 42 垂直偏波
和歌山県 高野山 39
和歌山県 高野山東 42
和歌山県 有田 16
和歌山県 吉備 16
和歌山県 印南 39
和歌山県 印南切目 39
和歌山県 美浜三尾 16
和歌山県 由良 39
和歌山県 御坊 47
和歌山県 御坊富安 16 垂直偏波
和歌山県 田辺 47
和歌山県 白浜庄川 47 垂直偏波
和歌山県 田辺 47
和歌山県 南部川 40
和歌山県 上富田生馬 47 垂直偏波
和歌山県 串本 16
和歌山県 新宮 16
大阪府 泉南金熊寺 廃局
奈良県 室生無山 廃局
奈良県 吉野 廃局
奈良県 大淀佐名伝 廃局
滋賀県 甲西妙感寺 廃局
滋賀県 八日市鳴谷 廃局
滋賀県 永源寺甲津畑 廃局
滋賀県 多賀四手 廃局
滋賀県 朽木葛川 廃局
京都府 丹波豊田 廃局
京都府 網野浜詰 廃局
兵庫県 神戸鉢伏 廃局、SHFチャンネル
兵庫県 神戸舞子 廃局、SHFチャンネル
兵庫県 川西黒川 廃局
兵庫県 川西湯山台 廃局
兵庫県 吉川上荒川 廃局
兵庫県 篠山後川上 廃局
兵庫県 篠山後川中 廃局
兵庫県 今田市原 廃局
兵庫県 多可中町 廃局
兵庫県 姫路広畑 廃局
兵庫県 姫路八重畑 廃局
兵庫県 姫路塩崎 廃局
兵庫県 洲本宇山 廃局
兵庫県 淡路三原 廃局
和歌山県 田辺下万呂 廃局
和歌山県 田辺中万呂 廃局
和歌山県 新宮佐野 廃局

ケーブルテレビ再送信局(サービスエリア外)[編集]

以下のケーブルテレビ(CATV)局では、MBSテレビが再送信されている。なお、徳島県では区域外再放送がすべてのケーブルテレビ局[注 11]で開始された(MBS側が同意したため。在阪広域民放局での地上デジタル放送による区域外再放送同意はMBSが初である)。徳島県は地上波系列局が1局(NNN/NNS系列の四国放送)しかないので、いわゆる区域外再配信の特例が認められている。

太字で記したCATV局は、リモコンキーID4で再送信されている局である。

アナログ放送概要[編集]

(2011年7月24日停波時点)

親局[編集]

中継局[編集]

2府4県約200か所の中継局が設置され中継局経由で視聴する場合でも4にプリセットされ視聴されていた。 ここでは5万人以上市の中心部を放送エリアに含む中継局または出力50w以上の中継局を抜粋する

  • 31ch 神戸
  • 33ch 亀岡 宮津 五條 香住
  • 34ch 三木
  • 36ch 大津 新宮
  • 42ch 和歌山
  • 53ch 舞鶴 北淡垂水 御坊
  • 54ch 彦根 山科 福知山 神戸灘 姫路 城崎 田辺
  • 55ch 西宮山口

オープニング(放送開始時)・クロージング(放送終了時)[編集]

千里丘時代[編集]

  • テレビ開局時頃のオープニングは、地球の周りに周波数などが表記されるようなイメージのモノクロ映像で、BGMは現在もラジオで月曜日早朝に使用されている池辺晋一郎作曲のブラスファンファーレ。
  • 1990年8月の茶屋町移転まで、オープニング・クロージングともに毎日放送千里丘放送センターの映像をバックに放送していた(オープニングは53=秒)。開局当時から長らくフィルム映像(1970年頃にカラー化)だったが、1984年4月からVTRに変更。
  • フィルム映像時代のオープニングは4のマークと「JOOR-TV(改行)毎日放送」の表示。その後、朝日と海岸の日の出からズームインで「毎日放送 第4チャンネル」が表示され、千里丘放送センターの鉄塔と建物を映す。クロージングはミリカホールをバックに「JOOR-TV 毎日放送」の表示。その後、廊下の画像を経て夜の千里丘放送センターと「毎日放送 第4チャンネル」が表示され、次第にフェードアウトして終了。
  • VTR時代のオープニングはワームホールのような空間と「JOOR-TV(改行)毎日放送」のテロップ表示。その後、朝日と海岸の日の出の途中で4が背後から現れて吸い込まれていくのち、ズームインで「毎日放送(改行)ch.4」が現れ、千里丘放送センターの鉄塔と建物を映す。クロージングは夕焼けの千里丘放送センターの建物と「JOOR-TV(改行)ch.4」のテロップ表示。その後、次第に消灯していくミリカホールからフェードインで「毎日放送(当時の局ロゴ)」を表示し、夜の千里丘放送センター正面を映したのちフェードアウトして終了。
  • オープニング・クロージングのナレーションは吉田智子藤本永治アナウンサーのコンビで藤本アナが主音声(コールサイン、識別符号、チャンネル)を、吉田アナが副音声(音声多重放送局の名称、チャンネル)を担当した。副音声ではステレオ音声で流れるが左右で少しだけ音がずれている。使用されていたBGM(作曲・池辺晋一郎)はオープニングはファンファーレで、クロージングはよく似た旋律ながらもスローテンポの音楽であった(クロージングはCD「ブロードキャスト・トラックス 毎日放送編」にも収録されている)。現在は、ラジオのオープニング(毎週月曜に放送)でのみ使用されている(詳しくは「MBSラジオ#オープニング・クロージング」を参照)。なお、クロージングの前には「資源を大切にしましょう MBS」(フィルム時代)、「お休み前にテレビは消しましょう 資源を大切に MBS」(VTR時代)のテロップが描かれているイラストが出ており(1979年以降はこのイラストの後に、「この後は、1179 kHz 毎日放送ラジオで お楽しみください」のテロップが描かれている水色バックのイラストが追加された)、並行して「あなたは無駄なことをしていませんか? 大事なエネルギーです。大切に使いましょう」のち「夜も更けて参りました。今日もMBS4チャンネルをご覧いただきありがとうございました。」のナレーション(末期は水野晶子アナのナレーションであった)とオルゴール調(後にピアノ調のものに変更)のBGMが流れた。

茶屋町時代[編集]

  • 1990年9月に現在地の茶屋町に本社・放送センターを移転してからはBGMをファンファーレから別の音楽に変更し、局舎(スタジオ内部や主調整室などの映像を盛り込んだ)とその周辺の映像が使用され、ナレーションも無くなった。BGMは途中でアルフレッド・リード作曲の『MUSIC IN THE AIR!』に変更(日本で唯一の吹奏楽曲をBGMにした)され、オープニングでは曲の前半部分、クロージングでは後半部分が使用されている。
  • 2003年12月1日からはデジタル放送開始に併せてハイビジョン(アナログ放送は、16:9レターボックス放送)によって制作された、サービスエリアである関西各地の名所や局舎・主調整室の様子を織り込んだ映像と、前バージョン放映中に変更された『MUSIC IN THE AIR!』の新バージョンになった。地上デジタルでは5.1サラウンド音声で放送。なお、リードが死去した際には、映像の途中で追悼テロップを流していた。これまでと同様、オープニングとクロージングでは内容が異なる。
  • 2011年9月からはロゴ変更に伴い一新。いずれも共通の画像で、新ロゴを強調する3秒間のIDスポット(曲のフレーズは「MBS、MBS、MBS♪」を繰り返し、ID映像はイモ判を押す子供→Tシャツ→日付の"4"が無限に続く日めくりカレンダー→スタッフロール→赤ちゃん→)がループするような形で流れた後、猫の寝顔と『MUSIC IN THE AIR!』をBGMに「毎日放送(新ロゴ・改行)JOOR-DTV」のテロップが表示。こちらもオープニング・クロージングで映像とBGM出だしの部分が異なる(オープニングは猫が二度寝するシーン、クロージングは猫が寝るシーン)。また、約21年ぶりにコールサイン読み(「JOOR-DTV・毎日放送デジタルテレビジョン」、ナレーションは高井美紀アナウンサー)が復活した。過去には、MBSが取材した植村直己が1978年に北極点に到達したシーンの映像に「つながるMBS」のテロップが記されるIDスポットがMBSの3秒間スポットの前に流されていた(ナレーションは西靖、テーマソングはトータス松本の「ハッピーアワー」)。(この件は、4K映えしやすい設定となっている。)
    • 2004年8月よりフィラーとして「JNNニュースバード」=日曜深夜 - 月曜未明を除く=が開始されるとオープニングは1日の基点での放送となり、クロージングは日曜深夜の放送休止の時に放送していた。2009年11月からは日曜深夜に加え水曜深夜[注 16] に、そして2010年1月12日からは火曜深夜[注 17] にも流れていた。2008年9月28日までの火曜 - 金曜の場合、新聞の番組表には4時45分が基点のように表記されていたが、実際には4時58分にジャンクションとして流れていた。月曜は4時57分に、土曜・日曜は4時59分に放送されていた。
    • 2008年9月29日からは『朝ズバッ!』の前番組として『早ズバッ!ナマたまご』の放送が始まった為、月曜 - 金曜はこれまでよりも15分早まって月曜が4時42分にオープニングとして火曜 - 金曜は4時43分にジャンクションとして流れた。土曜・日曜はこれまで通り4時59分にジャンクションとして放送される(前日の番組が時間延長となった場合は5時29分もしくは5時25分に放送された)。2009年10月から2010年3月28日まで、日曜は新聞の番組表には5時00分が基点のように表記されているが、実際には4時44分にジャンクションとして流れていた。
    • 現在は、月曜未明ならびに設備の臨時メンテナンス時のみの放送となった。ただし、日によりクロージングが放送されず、最終番組終了後は黒画面からフィラーお天気カメラまたは動くカラーバー)へ直行することがある。この場合はオープニングや当局主催のイベント関連CMは割愛されることが多い。
    • 過去にクロージングが放送されなかったのは2例あり、1つは2005年11月頃から2006年1月までで、もう1つは放送終了と放送開始との時間が5分間と短い場合だった(画面は円形に囲まれたカラーバーで、音楽は後述の「こども音楽コンクール」より)。
    • また、ニュースバード終了時やメンテナンスによるクロージング映像直後の試験電波発射前には、お天気カメラ映像をバックにこれまで放送終了時にフルコーラスで演奏された押尾コータローの「ちいさな輝き」が一部放送されている。
    • 定期的に緊急警報信号の試験電波発射が実施されており、アナログ・デジタルともクロージングまたはフィラー前に2分間のEWSテスト映像が流れるが、デジタルではEWS信号音は一切流れない。地デジの移行後はクロージング映像直後のお天気カメラ映像をバックに2分間実施されるが、アナウンスやEWS信号音は一切流れず、右下に「緊急警報放送試験電波発射中」の表示のみに留っている。
    • 2008年7月24日から3年間はニュースバード放送前かクロージング前に地上アナログ放送終了告知画面(30秒、アナウンス付き)を放送していた。画面は一般的なブルーバック画面だが、文字が他局に比べかなり大きめの物を使用している。2010年3月29日からは月曜はクロージング前、火曜から土曜はフィラーのニュースバード終了時、日曜はニュースバード開始後の最初のCM枠で流れている。デジタル放送では2011年7月24日未明まで民放連のCM(温暖化防止15秒CM2本)を30秒間放送していた。

地上アナログ放送終了特別バージョン[編集]

映像外部リンク
アナログ放送終了 - 毎日放送公式YouTubeチャンネル 2011年7月28日公開

2011年7月24日正午に地上アナログ放送が終了し、アナログ放送では23時58分までブルーバック総務省地デジコールセンターとMBS視聴者センターの電話番号が記載されたお知らせ画面に切り替わった。

同日23時58分ごろ、千里丘放送センターのオープニング・クロージング映像の一部(1980年代-1990年8月。クロージングにはミリカホールの館内も)と茶屋町移転後のオープニング映像(1990年9月-2003年11月)の一部を再編集したものを流した後、最後に2003年12月から使われているオープニング映像(茶屋町本社をバックに『長い間のご視聴ありがとうございました(改行) 毎日放送(改行) JOOR-TV』のテロップが表示)が流された。

アナログ終了のクロージングはかつての千里丘時代のEDを彷彿させるかの様に「これで、毎日放送のアナログテレビジョン放送は、すべて終了いたします。長い間のご視聴ありがとうございました。これからは、デジタル放送をご覧下さい。JOOR-TV、毎日放送テレビジョンです。」と元アナウンサーで地デジ化担当だった長井展光によるナレーションの後、1990年8月まで使われたファンファーレ(クロージングバージョン。ラジオでは2011年現在も使用中で、先述の通りCD「ブロードキャスト・トラックス 毎日放送編」にも収録)が流され、最後に前述の2011年8月まで使われたオープニングの最後の映像(茶屋町本社)が映し出されて52年3ヶ月に及んだアナログテレビ放送の歴史に幕を下ろした。

アナログ放送終了の4日後、毎日放送はYouTube内に開設している自社のチャンネル「MBSチャンネル」に、この動画をアップロードし公開した(著作権保護のため画面左上に「MBS」の当時のロゴマークが表示されている)。アナログ放送終了時に放映された動画を放送局が公式にインターネット上に公開している例は他に無い[注 18]

情報カメラ設置ポイント[編集]

スタジオ[編集]

茶屋町本社(M館・B館)[編集]

全てハイビジョン対応

  1. ^ 2014年4月4日のB館グランドオープンを前に、同年2月3日放送分の『ちちんぷいぷい』から運用を開始した。
  2. ^ 当初「ギャラクシーホール」という名でホール兼用スタジオとして運用していたが、スタジオ需要の変化に伴い、ホール機能を封印しテレビスタジオに切り替えた。その際に名称も「ギャラクシースタジオ」と改めた。その後2014年4月の本社グランドオープンに伴い、対外的な名称として「Cスタジオ」を使用(2014年4月7日放送分の『痛快!明石家電視台』冒頭でその旨の紹介あり)。ただし、「ギャラクシースタジオ」という名称も廃止しておらず(MBS社内の案内板などは「ギャラクシースタジオ」のまま)、2つの名称が併存している。
  3. ^ かつては、『ダウンタウンの素』や『宵待5』といった番組の生放送や、『ロケみつ ザ・ワールド』の収録に使われた。

新御堂筋に面する「B館」東側の窓には、A・B両スタジオのフロアを示す看板状の大型プレート(「A STUDIO」「STUDIO B」)が掲げられている。

Cスタジオ(ギャラクシースタジオ)を含むM館2階のスペースについては、当社のテレビ放送事業60周年記念事業の一環として、生放送への対応や報道・制作両局間の連携を強化する目的で2019年2月に「ライブセンター」として新装する予定[3]。Cスタジオのスペースを生放送の情報番組と連動した「情報フロア」へ改装したうえで、視聴者の見学に対応したオープンスペースや、ラジオ放送向けのブースもセンター内に順次設置する[4][5]

MBS Tokyo Biz Studio (東京支社)[編集]

  • ちちんぷいぷい』、『VOICE』など(東京を本拠に活動する政治家や有識者が出演する場合を中心に、茶屋町本社スタジオとの二元生中継で使用)

東京支社のスタジオはラジオ収録が主体でテレビ収録や生中継も可能な多目的スタジオとなっており、スタジオ設備のうちラジオ対応としては、茶屋町本社で受けサブを必要とせずに生放送を送り出せる[注 19]

また茶屋町本社から制御可能な遠隔操作(リモコン)HDカメラが1台常設されているほか、スタジオサブに隣接してテレビ用のVTR機材などが配置されている[6]

テレビ番組概要[編集]

従来のデザインのMBSのハイビジョン中継車(三菱ふそう・キャンター

TBSとの関係[編集]

JNN加盟局のうち5大都市の放送局が参加する五社連盟の構成員、且つ東京放送ホールディングスの大株主で歴代社長は社外取締役を兼ねているということもあり、CBCテレビ(CBC)、RKB毎日放送と並んでTBS系列地方局の中で強い影響力を持つ。

水曜日の特番枠を自社制作番組や阪神タイガース戦中継に差し替えたり、TBS制作の情報番組や深夜番組のネットには消極的である。

1975年のネットチェンジまで、関東地方の東京12チャンネル・テレビ東京へ販売していた過去があるが、MBS制作のローカル番組がTBSで放送されるのは、『よゐこ部』や『ロケみつ〜ロケ×ロケ×ロケ〜』のレギュラー放送など一部に限られる。

2009年4月からはローカル帯番組『ちちんぷいぷい』を金曜日のみTBSにも逆ネットしたが4ヶ月で打ち切られた。

また選挙開票特番でもテレビではTBSが制作した内容の大半を差し替え、ラジオでは完全に自主制作に切り替えて放送している(但し、選挙開票特番についてはBS-TBSおよび地上波でCBC、山陽放送山陰放送が受信できる地域ではほとんどの時間帯で視聴可能)。

その一方でTBS制作の番組や主催イベントをMBSは積極的に宣伝しているほか、MBSの記者が出向してTBS制作の報道番組のキャスターに就任したり、TBSが制作に関わる映画の制作委員会に名を連ねている。また2007年8月に開催された世界陸上大阪大会ではTBSとの共同制作という形をとり、MBSからも実況などでアナウンサー3名が登場した。2010年10月から2012年9月まではTBSとの共同制作による音楽トークバラエティ番組『EXILE魂』を日曜22時台で放送していた他、2011年10月からはTBSとの共同制作によるトーク番組『サワコの朝』を土曜朝7時台後半で放送している。なお、『EXILE魂』と『サワコの朝』は両番組とも実質的な番組制作はTBSが担当し、MBSは番組送出とスポンサーセールスのみを担当するが、著作権は両社が保有する。

MBS記者の三澤肇が『筑紫哲也NEWS23』に起用されたことがあるほか、TBSラジオ所属の政治部記者・武田一顕がニュース解説のコメンテーターとして『ちちんぷいぷい』や『VOICE』に不定期で出演している。

MBS東京支社は2008年2月12日に東京・赤坂の旧TBS本館跡地に建設された高層ビル「赤坂Bizタワー」に移転し、キー局TBSの敷地内に準キー局MBSが支社を置くようになった。

TBS敷地内にある番組グッズの店にはMBSのコーナーがあり、MBSのキャラクター商品が販売されている。

TBS以外の在京キー局との関係[編集]

腸捻転時代にキー局だったNET(現:テレビ朝日)とは、しばしば番組編成や内容を巡る衝突が起きていたという。その典型的な例が『23時ショー打ち切り事件』で、他にも『ヤングおー!おー!打ち切り』『大正テレビ寄席サモン日曜お笑い劇場相互打ち切り』など実際の番組運行にまで響いたケースがある。

ただ、NETが主導した教育・教養番組専門のネットワーク民間放送教育協会(民教協)を通じた両局の関係は、ネットチェンジ後も続いた。1992年3月末にJNN系列の団結をはかるために民教協を脱退したが[7]、それまでは『親の目・子の目』などの民教協制作番組について引き続きテレ朝からの送り出しを受け、『親の目』では持ち回りの発局となることもあった。

開局当初は、大阪テレビとの関係上TBSとのネットが難しくなったため、次善の策として高橋信三鹿内信隆との親交関係や、ラジオでのニッポン放送文化放送との結びつきからフジテレビとネットワークを組むことを考慮していたという。実際、本放送開始当初はフジからの番組がMBSへも流れ(「チエミのかわら版太平記」などのフィルム番組が12本)、また逆にMBS制作の番組をフジにネットすることもあった(鉄腕アトム (実写版)など)。

2010年1月期に、フジが制作参加の深夜アニメ刀語』がMBS制作協力で放送されていた[注 20]。現在でもフジテレビ制作番組を『ちちんぷいぷい』等でプッシュするケースがある。

テレビ東京は同社設立(1968年7月1日に「東京十二チャンネルプロダクション」として設立)以来MBSが大株主の一角に加わっており、1969年10月1日より1975年3月30日までは相互ネットを行っていた。以降も番組販売の関係は1982年3月1日テレビ大阪開局まで続いた(なお、MBSはテレビ大阪開局も支援した)。

日本テレビとの関係は、1959年のプロ野球日本シリーズ中継を共同制作・放送した実績があるが、一部には親密といわれており、1996年に発覚したTBSビデオ問題を巡る報道で日テレとTBSの関係が険悪になった時も、MBSと日テレの関係は維持された。[要検証]

報道・ドキュメンタリー・情報番組[編集]

  • 在阪民放局の中でも古くから報道・ドキュメンタリー・地域情報番組・気象情報に力を入れている。MBSナウからVOiCEに続くローカルワイドニュースなど近畿広域圏初のものも数多い。
    • ニュース番組『VOICE』では数々の事件や、本社のお膝元である大阪市カラ残業問題をスクープしている。
    • 1980年4月に関西初のローカル・ドキュメンタリー番組「映像80」をスタートさせている(「映像’○○」の○○にはその年の年号下2ケタが入る。2017年は『映像'17』)。文化庁芸術祭賞日本民間放送連盟賞日本ジャーナリスト会議賞、ギャラクシー特別賞国際エミー賞の最優秀賞など、国内外のコンクールで高い評価を受けている。
    • 冒険家植村直己兵庫県出身)の活躍を彼の無名時代から密着したことでも知られる。1998年にそのノウハウを生かした人物密着ドキュメンタリー番組『情熱大陸』をスタートさせた。同番組はスポーツ・学術・文化人などの、あらゆる分野で活躍する人物像に迫るのを売りにしたもので、国内外で数多くの賞を受賞し、世界中に評価されている。
    • 昼過ぎから夕方にかけての情報番組ちちんぷいぷい』や、土曜午前から正午過ぎまで放送されている『せやねん!』などの地域密着型番組の制作も行っている。

スポーツ[編集]

  • TBSなどが読売ジャイアンツ(巨人)戦や横浜DeNAベイスターズ戦を放送している時でも、MBSでは自社制作による阪神タイガース戦を独自中継する場合がある(この場合はタイトルも『with タイガース MBSベースボールパーク』に変わる)。
  • その場合、TBS等が巨人戦、横浜DeNA戦等のスポーツ中継を放送しない(雨天中止の予備番組を含む)場合、その番組は系列内での取り決め(排他協定とは直接関係なし)により放送されず、以前は事実上「番組返上」となることがあったり、ある程度の期間が過ぎてからも「再放送扱い」で放送される可能性も低かった。現在は視聴者保護の観点からか数日後(早くて翌日、主に日曜日の昼間の時間帯)に必ず後日放送されるようになっており、選抜高校野球準決勝・決勝(2002年までは準々決勝も該当)で放送できない昼のドラマ番組も特例として放送されていた(話数調整のため。なお昼の帯ドラマ枠は2008年度を持って廃止されている)。
  • なお、実際に巨人戦の放送がないとき(他局が行われる時)に差し替え放送されるのは年に1、2回とごくわずかにある程度で、ほとんどの放送権を持つ全試合は一切差し替えなしで深夜に1時間程度の録画中継放送を行っているため、番組返上されることは皆無である(2006年までは金曜日、2007年は4月10日火曜日と9月18日火曜日に実施。9月18日火曜日は当初の全国放送からローカル放送に格下げとなった阪神対巨人戦となっている。前述の2回ともに被差し替え番組の後日放送は行われている。2008年シーズンは9月13・23・29日のペナントレースと10月19日のクライマックスシリーズに実施し、いずれも翌日から翌週の日曜昼間の時間帯に被差し替え番組の後日放送を実施)。その場合でも、巨人戦は隣県の系列局またはBS-TBS、TBSチャンネルで視聴可能である。
  • 南海電気鉄道が株主の一角を占めていることから、かつては南海ホークス戦に優先的な放送権を持っていた。プロ野球中継のメインは徐々に阪神タイガース戦に移っていったが、南海との関係は1988年11月のダイエーへのホークス売却・福岡移転まで続いた。
  • NET系列時代の1974年までは、金曜日の甲子園球場阪神ホームゲームについては優先放送権を持っていた。ネットチェンジによりABCテレビが現在でも保有し続けている水曜日と日曜日の独占放送権を受け側のTBSが野球中継の定番枠として引き継いだため、MBSは金曜日の枠を持ち込む形でTBS・JNN系列の野球放送実施が水曜・金曜・日曜の週3回に固定した。
  • ちなみに南海電鉄はホークス売却後の1994年当時でもMBS第10位の大株主に名を連ねていた(コーケン出版発行「日本民間放送年間94」より)。
  • 2009年度は、平日に『VOICE』を繰り上げ放送の上、18時05分より中継開始となる場合があったが、この場合でもJNN排他協定の絡みから19時台の『総力報道!THE NEWS』第2部(18時45分 - 19時50分)は野球中継を中断した上でネットしなければならず、編成上のネックとなっていた。
  • 2000年代以降、阪神戦では、ビジター側の地元系列局(主にHBCCBCRCC)がMBSの映像をメインに、乗り込みまたはオフチューブで実況と一部映像を差し替えて中継する場合がある。
  • Jリーグ ディビジョン1は地上波でのレギュラー中継は行わず、概ね年に1-2回程度の放送であるが、2001年から2006年まではTBSニュースバード、2007年以後はTBSch→TBSch1BS-TBS向けに関西のチームが絡む試合に技術スタッフやアナウンサーを派遣して放送しているが、2014年からスカパー!スカチャンBSスカパー!スカイ・エー向け)制作のガンバ大阪主管の一部試合を朝日放送と分担する形で委託制作を行っている。また関連会社の放送映画製作所も2007年からヴィッセル神戸主管試合を委託制作しているが、こちらの実況アナウンサーは主として関西圏のフリーアナウンサーを派遣させており、MBSのアナウンサーの出演はほとんど皆無である。

バラエティ[編集]

  • [月曜 - 木曜24時台]・・・月曜日『痛快!明石家電視台』、火曜日『ごぶごぶ』、水曜日『戦え!スポーツ内閣』、木曜日『メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?』*
    • 1990年代から同時間帯はMBSローカルバラエティ番組(ネット局は少ない。痛快!明石家電視台はGAORAにもネット)が編成されている。この時間に他のTBS系列局がネットする番組が放送されないことや、遅れ放送となることが多い(詳細は23時ショー打ち切り問題を参照)。2000年代後半頃ではTBSでも、同時間帯の番組を遅れネットで放送されている。『痛快!- 』が20年以上に渡り月曜深夜に放送されているの対し、火曜の番組は長続きせず、2011年10月から2012年3月まではTBS制作の深夜番組を遅れネットとして放送した。2012年以降は「まぶしいチカラ」から字幕放送を始めている。その後も5月に「明石家電視台」、6月に「ごぶごぶ」も字幕放送が対応になった。

全国ネット番組[編集]

  • 現在MBSが制作を担当している全国ネット枠は1週間につき約6時間30分で、火曜20時枠、木曜19時枠、日曜17・22・23時枠、土曜6時半・7時半・8時の情報番組『サタデープラス』枠。基本的には「サタデープラス」以外は字幕放送を実施しているが、アニメ番組以外はデータ放送を実施していない。解説放送については、土曜7時30分枠の『サワコの朝』(MBS・TBS共同制作)と日曜17時枠の『所さんお届けモノです!』で実施している。
  • 現在テレビ大阪を除く在阪局は土曜の朝に全国ネットの生ワイド番組を編成しているが、最初に始めたのはMBSである。(1965年4月にローカルで開始し、11月よりNET系全国ネットとなった。KTVは1966年10月、ABCはNET系列となった1975年4月、ytvは1990年4月)
現在放送中のMBS制作全国ネット枠
曜日 時間枠
(放送時間帯)
概要
火曜日 20時枠
(20:00 - 20:54)
2012年10月に『爆笑学園ナセバナ〜ル!』の開始と同時に始まった枠である。
元は、火曜22時枠(1968年4月 - 1975年3月)→水曜22時枠(1975年4月 - 1984年9月)→木曜22時枠(1984年10月 - 1987年9月)→土曜23時枠(1987年10月 - 1988年3月)→水曜19時枠(1988年4月 - 1992年9月)→火曜22時枠(1992年10月 - 2005年9月)→水曜22時枠(2005年10月 - 2011年9月)→水曜21・22時枠(2011年10月 - 2012年3月)→日曜20時枠(2012年4月 - 同年9月)と変遷していた枠である。
2012年4月に水曜21・22時枠のうち、1枠を日曜20時枠と交換、さらに同年10月には火曜20時枠と交換している。
木曜日 19時枠
(19:00 - 20:00)
2012年10月に『使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!』(現『プレバト!!』)の開始と同時に始まった枠である。
2012年4月に水曜21・22時枠のうち、1枠をTBSに返上したが、同年10月に木曜19時枠をMBS制作に変更。
元々は木曜22時枠(-1984年9月)→木曜20時枠(1984年10月-1999年3月)→水曜19時枠(1999年4月-2006年9月)→金曜19時枠(2006年10月-2009年3月)→火曜23時台後半枠(2009年4月-2010年3月)→水曜21時枠(2010年10月-2011年9月)と変遷していた。
土曜日 6時30分枠

(6:30 - 7:00)

2017年4月にMBS日曜17時のアニメ枠を移動(製作枠そのものは継続)しTBS製作の土曜7時アニメ枠と統合して1時間のアニメ枠のアニメサタデー630を開始させたのが始まり。

MBSはこのうち前半30分の製作を担当。

7時30分枠
(7:30 - 8:00)
2006年4月にCBC全国枠と日曜7時のMBS全国枠との交換によって始まった枠であり、
8時から放送していた『知っとこ!』の枠拡大に充てていたが、2011年10月からは『サワコの朝』(TBSとの共同制作)が放送されている。
元は、日曜10時半枠(1975年4月 - 1987年9月)→10時枠(1987年10月 - 1989年9月)→11時枠(1989年10月 - 2000年3月)→7時半枠(2000年4月 - 2004年3月)→7時枠(2004年4月 - 2006年4月2日)と変遷していた。
日曜日 17時枠
(17:00 - 17:30)
2008年4月に土曜18時枠から移動する形で始まった枠である。
元は、日曜19時枠(1962年1月 - 1992年3月)→木曜19時半枠(1992年4月 - 9月)→土曜18時枠(1992年10月 - 2008年3月)と変遷していた枠で、長年クイズ番組が放送されていたが、1993年7月から2017年4月2日まではアニメ・特撮の枠となり(後述)、
同年4月9日からはバラエティ番組『所さんお届けモノです!』が放送中である。
22時枠
(22:00 - 22:54)
この枠は長年MBS枠であり、1975年10月に、22時30分からの30分枠『20世紀の映像』から始まった。
1992年4月に直前のCBC全国枠と金曜19時のMBS全国枠を交換し、1時間枠に拡大した。
なお、『EXILE魂』はTBSとの共同制作だった。
23時枠
(23:00 - 23:30)
1988年4月に『テレビ見たとこ勝負!』を放送していた金曜19時枠を移動させる形で始まった枠で、
現在放送している『情熱大陸』は長寿番組となっている。
なお、2012年度上半期は日曜20時台の枠がMBS制作となったため、2012年4月8日に1回だけ19 - 23時半までの4時間半(特番枠2本とレギュラー番組1本、但し6分間が中心のミニ番組は原則対象外)がTBSとの共同制作番組を含めてMBS制作番組となった。
  • 近年の在阪局制作の全国ネット番組はMBS他各局とも土曜朝の生ワイド番組(テレビ大阪を除く)以外はほとんどが東京支社の企画、東京の制作会社の共同制作によって東京都内のスタジオで収録されている物が多いが、ひるドラシリーズの作品は大阪と東京で交互に制作されていた(CBCのひるドラは1999年以降、全作品名古屋で制作されていた)。
  • 2009年春改編では、新設された帯バラエティゾーン『吉崎金門海峡』の火曜枠を担当。午後の帯ドラマ枠も『ひるおび!』の開始に伴い終了することになり、後継として金曜14時台に『バンバンバン』を開始した。なお、2010年3月に『吉崎金門海峡』と『バンバンバン』の両番組は終了。同時に、両番組の枠がTBSに返上されることになり、MBS制作の全国ネット枠が2枠減る事になった。奇しくも、これにより2009年春改編から1年半MBSが制作するゴールデンタイムでの全国ネットのレギュラー番組がなくなっていた(この時期を含めてKTVでも同様の事例が2007年2月から2015年3月までの8年2か月続いていたことがある)。
  • 2010年秋改編では、水曜21時枠がMBS制作となり、22時枠と合わせMBS枠が連続するようになったこともあり、MBS制作の2時間特番が同枠で放送されることも多くなっていた。
  • 2011年秋改編では、22時枠の『ジャパーン47ch』を『ジャパーン47chスーパー』に改題・枠拡大により、21・22時で1番組のMBS枠となった。後番組の『水曜エンタ!』でも同様だったが、TBS制作の『水曜プレミアシネマ』の開始に伴い、2012年3月をもってこの編成は解消された。
  • 2012年春改編では、MBSが制作する平日の全国ネットでのレギュラー番組が在阪民放テレビ5局では唯一なくなり、特に日曜のプライムタイムは20時・22時の2本だけとなった。うち22時枠はTBSとの共同制作であったため、MBS単独制作は20時台の1本だけであった。
  • 2012年秋改編では、MBS枠は日曜20時から火曜20時に変更。また、木曜19時枠でもMBS制作となり、半年ぶりにMBS制作のプライムタイムが3枠に戻している。
  • TBS系列に移行して以来、在阪局で唯一月曜日のゴールデンタイム・プライムタイムに自社制作の全国ネットのレギュラー番組を放送したことがない(但し、『月曜ゴールデン』枠のドラマなどの単発番組はあり)。
  • 在阪民放テレビ5局では、想定上での21:00 - 21:54という21時台の自社制作のレギュラー番組を現在では5局の中では唯一持っていないが、かつては主に前述の通り水曜に持っていたことがある。

特番について[編集]

アニメ[編集]

  • 近年では漫画・ライトノベル原作の作品を多用する傾向にあるキー局のTBSと比較するとアニメオリジナル作品の比率が高い。アニメ担当プロデューサーである丸山博雄は、オリジナル作品へのこだわりを打ち出した発言も行なっている[9]
  • 全日・深夜問わず、アニメの表現規制に対してTBSとは対照的に緩い傾向が観られ、過激な表現が描かれる事が少なくない。以前は放送時間帯を問わずにほぼ無修正で描写される事が大半であったが、近年はアニメ全体の表現規制の厳格化に歩調を合わせている傾向もあり、2011年の『BLOOD-C』を境に、作品によってはテレビ放送時に一部の残虐描写を修正して放送する事もある。また、『Aチャンネル』や『機動戦士ガンダムAGE』、『ハイキュー!!』のようにそのような表現が比較的少ない作品も放送している。
  • また、アニメ番組のインターネット配信に関しても早くから積極的であり、『TIGER & BUNNY』においてはテレビアニメ史上初の『テレビ放送とのUstream同時配信』を実施した。
  • アニメ コンテンツ エキスポ(2013年)やAnimeJapan(2014年以降)、京都国際マンガ・アニメフェアにMBS(アニメ)ブースを出展している。
  • 深夜アニメ(UHFアニメ)の字幕放送にも積極的で、2014年の『ニセコイ』(第1期のみ)以降、無料放送ではMBSのみ字幕放送を実施することもある。2017年4月期以降は1クールにつき1作品は独自に字幕放送付きで放送している[注 27]
  • 2014年にTBSが開設したアニメ専門のECサイトアニまるっ!」ではMBS製作作品およびMBSで放送した一部のUHFアニメも、関東地区では独立局(主にTOKYO MX)で放送されたアニメを含めて取り扱っており、トップページにも「TBSやMBSの公式アニメグッズが満載!」と明記されている。
  • 近年では時間帯問わずに自社製作分では提供バックを放送しない代わりに、本編パート中に下部もしくは右下に提供クレジットを数秒表示するケースが多い。また、同様に改編期が迫ると次回作の宣伝のために、次回予告を一部もしくは全てカットするケースも目立つ。
  • 2016年4月よりKBS京都から移籍する形で、アニメソング専門音楽番組リスアニ!TV』を水曜未明(火曜深夜)にて1年間放送した。

特撮[編集]

備考[編集]

  • TBS系列局が、番組の制作クレジットに放送局の略称を使うことが多い中、2011年7月24日まではほとんど略称のMBSを使用しなかった("製作著作・MBS"とはせず、"製作著作・毎日放送"とするケースがほとんど)。
    • ただし、過去にTBSとの共同制作番組(アニメ『おおきく振りかぶって』・1995年のプロ野球オリックス戦緊急全国中継・『高校ラグビーハイライト』等)では「MBS」表記が使用され、現在も同局との共同制作番組『EXILE魂』でも同様の表記がみられる。また、MBS単独製作でも『明石家多国籍軍』は「MBS」を使用していた[注 32]
    • 通称を「MBSテレビ」に変更後は、順次「MBS」へ切り替えられた。また、2011年9月からはロゴを使用する際にライトグリーン色の「MBS」ロゴが使われている。
  • 新聞・ポスターではテレビ画面の形にチャンネル番号の4とその下にMBSという文字を入れたロゴが使用される。チャンネル番号の4マーク及び、毎日放送の和文ロゴタイプは、現本社移転時に修正が施された。
    • 2005年頃までは『JNNニュース』開始時にMBSのロゴ(文字のみ)を表示していた。また2009年3月までは夕方の全国ニュース開始時に表示する「2ヶ国語放送」テロップと同じ場所にロゴを表示していた。
    • 2009年4月及び5月には、ローカル枠(再放送番組など)の一部で、番組開始時に画面右上に、当時のキャッチコピーである「おもろい4へ」というロゴを数秒間表示していた。
  • MBS制作のJNN系全国ネット番組のクレジットタイトルには、"製作著作・MBS"の横にTBSグループとTBSネットワーク/JNNのシンボルマークである「ジ〜ン」が表示されている。ただし、ネット局にTBSが含まれていても番組販売形式の遅れネットとなる場合はジーンが外されることもある[注 33] など、使われないケースも見られる。一方、ローカル番組では2005年3月から2007年1月まで「MBS55周年」のロゴを付けていた。また、京都府の伝統や美術に関するの番組(『美の京都遺産』など)は「MBS京都プロジェクト」のロゴを付けている。また、ブロックネット番組には、いずれのクレジットでもなく、単に“製作著作・毎日放送”とだけ書かれていた番組もある。2010年8月からは2011年9月に開局60周年を迎えることにより、一年間限定で「毎日放送 60」のロゴ表記が使われている。
  • テレビ番組の放送時間変更について、告知を行わずに変更する局が多い中(特に深夜番組)、MBSでは全日、深夜にかかわらず本編中または次回予告時にテロップによる告知を行っている(突発的な変更の場合を除く)。
  • 地上デジタル放送の局名表記は、新聞のテレビ欄とは異なり「MBS毎日放送」である。
  • 2014年4月、本社社屋「M館」隣接地に新たな社屋となる「B館」が建設・竣工された。この「B館」は現本社が手狭になってきたことにより、近隣のオフィスビルなどに分散しつつある各部門や、USJのスタジオ、千里丘の中継車車庫など、放送に関連する部門すべてを本社至近地に集約する目的であるとされている。
  • 開局以来、局の方針としてテレビでは創価学会聖教新聞を含む)のCMは一切受け入れてこなかったが、『アッコにおまかせ!』の2010年9月5日放送分で、TBSがPT参加企業の1つとして聖教新聞名義での出稿を受け入れたため、以降はTBSネットワーク全国スポンサードネット番組、かつ制作局と同時ネットの場合に「キー局の名の下に」受け入れるようになった。2012年4月改編でスタートした『衝撃速報!アカルイ☆ミライ』では、MBS製作の全国ネット番組と、創価学会本体名義での出稿についても解禁された。関西ローカルで流れるスポットCMについては、2012年9月に聖教新聞のCMを受け入れた。なお、ラジオでは2009年4月改編で時間帯を限定して受け入れを再開した他、学会直系の学校法人が管理運営する創価大学は出稿者として認めている。また国政選挙運動期間中の公明党のCMは法解釈上政見放送選挙公報と同様の扱いを受け、局側の都合だけでは事実上拒否できないこともあって一般企業と同じ有償扱いで受け入れている(この姿勢は、関西テレビテレビ熊本でもほぼ同様だが、これらの2局はMBSよりも厳しく、フジテレビをはじめとするフジテレビ系列FNNFNS)各局制作のスポンサードネット番組にタイム契約での出稿があったとしても容赦なくACジャパン等他のCMに差し替える。このためフジテレビ系列各局もスポンサードネット番組への創価学会関連組織のCM出稿受け入れに消極的になっている)。

関連人物[編集]

  • 榎本恒幸
  • 丸谷嘉彦(元東京支社所属プロデューサー、2007年に定年退職)
  • 石田英司(元社会部デスク。現在は、ちちんぷいぷいにレギュラー出演中)
  • 竹田青滋(コンテンツビジネス局長、元編成局長、元アニメ部門プロデューサー、元報道部所属)
  • 諸冨洋史
  • 丸山博雄(東京支社所属、アニメ・深夜ドラマ部門のチーフプロデューサー)
  • 福岡元啓(東京支社所属、情熱大陸などドキュメンタリー番組のチーフプロデューサー)
  • 大谷邦郎

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年11月30日まで、近畿広域圏ではANN系列局の朝日放送EPGのホスト局だったが、システム更新時にGガイドの配信を行っている本局に一本化され、現在は本局のみで近畿広域圏内のEPGの番組データの配信を行っている。
  2. ^ このようなかつてJNN系列局が同系列局が存在しない地域へのアナログGガイドの番組データの配信を対応していた局はこちらの項を参照。
  3. ^ 当時は地方の多くは民放局が1局のみ(札幌・名古屋は2局、福岡は3局)であり、ほとんどは民放第1局目の放送局とクロスネットとする局が多かった(名古屋、福岡など例外はある)。このようなクロスネット加盟は、1990年代以後にANNの純粋フルネット(マストバイ)が地方で増加するまでの間、地方局を中心に多くあった。
  4. ^ 2010年にテレビ東京が放送持株会社体制に移行したため、現在はテレビ東京ホールディングスの大株主である。
  5. ^ テレビ東京に社名変更した1981年から3年間、「緑さわやか」をキャッチフレーズにして新しく制定したロゴも緑色であった。MBSも2011年から緑色の新しいロゴを採用している。
  6. ^ 当時のNET系列の地方局で唯一のフルネット(マストバイ)であった。
  7. ^ それ以前の1967年から、『科学テレビ協力委員会』による東京12チャンネル再建支援の一環を兼ね、編成上の都合でNETにネットできなかった一部のMBS制作番組が東京12チャンネルへのネットとなっていた。
  8. ^ これ以後、MBSの編成から外れたNETとTXの番組は、独立県域局として開局したサンテレビジョン近畿放送(以上1969年開局)・テレビ和歌山(1974年開局)を中心に譲渡された。特にサンテレビと近畿放送はNET系列向けの番組を制作したことがある。
  9. ^ NTV:4-YTV:10,NET:10-MBS:4
  10. ^ ブラウン管のなかに4をデザインしたもの。また、日本テレビも「4マーク」を採用していたこともあるが、デザインが異なる。
  11. ^ 山陽放送の再送信となる一部ケーブルテレビを除く。
  12. ^ 広域4局の再送信に加え、テレビ大阪サンテレビテレビ和歌山の再送信をしている局もある。
  13. ^ 広域4局の再送信を行っている。
  14. ^ 朝日放送も再送信している。関西テレビと読売テレビは地元系列局(福井放送、福井テレビ)があるため再送信していないが、独立局はKBS京都びわ湖放送の片方か両方を再送信している。
  15. ^ 2008年12月1日より、デジタル波再送信を朝日放送と同時に行う。
  16. ^ これは木曜未明の2:30から3:30にアニメ再放映枠を設定したことと、その後に3:40からテレビショッピングの番組が2本続けて放送され、その終了が木曜未明4:40になり、フィラー「TBSニュースバード」を放送する時間的な余裕がなくなったため。
  17. ^ これは水曜未明の1:25より経済情報番組がスタートし、その後に3:40からテレビショッピングの番組が2本続けて放送され、その終了が水曜未明4:40になり、フィラー「TBSニュースバード」を放送する時間的な余裕がなくなったため。
  18. ^ アナログ放送終了バージョンでない通常のオープニング・クロージングでは、テレビ朝日がアナログ版・デジタル版ともYouTube内の自社チャンネルで公開している。また関西テレビ(オープニングのみ、コールサインのテロップは表示なし)、サンテレビも2014年よりオープニング・クロージングをYouTube内の自社チャンネルで公開している。また、チューリップテレビニコニコ動画内の自社チャンネルで公開。
  19. ^ 通常、本社以外の外部スタジオには、生放送に対応するための設備(CM送出など放送の自動運行に関わる遠隔操作用スイッチ類や、主調整室など本社主要箇所との連絡用インターカム、インターホン、直通電話など)が常設されておらず、それらの機能が常設されている本社内の副調整室を「受けサブ」として開く必要がある。東京支社スタジオは、本社側の省力化やコスト軽減も目的として、これらの設備を常設しており、本社内のスタジオと同じ環境で番組の収録や生放送が可能となっている。ただし、あくまでこれらはラジオに限ったことであり、テレビについては茶屋町本社に受けサブを開く必要がある。
  20. ^ 再放送は本来の系列局である関西テレビで放送された。
  21. ^ こちらは、青森テレビ・テレビ山梨・テレビ山口・テレビ高知は放送されない。
  22. ^ こちらは、MBSのほか、TBS・CBC・HBC・RKB・MRTが同時ネット。他の局はテープネット
  23. ^ 2008年4月よりTBSが『JNN報道特集』を日曜17時30分 - 18時24分枠から土曜17時30分 - 18時50分枠へ移動・放送時間拡大の上、『報道特集NEXT(現・報道特集)』としてリニューアルする事も伴った。
  24. ^ テレビ東京製作のSDガンダム系統のテレビシリーズや『ガンダムビルドファイターズ』シリーズ、メ~テレ製作の『機動戦士ガンダムUC RE:0096』を除く。
  25. ^ 2004年10月にTBSテレビの深夜アニメ枠が開設されて以降MBSは2本全部もしくは1本のみをネットしているが、2014年7月クールと2015年10月クール、2016年10月クールおよび2017年1月クールでは2本ともMBSでは未ネット、サンテレビでネットされる事態となった。また2017年7月期以降は近畿広域圏での放送が無い。
  26. ^ 2006年4月-9月に放送されたCBC製作のアニメ『ウィッチブレイド』は関東圏ではTBSにネットされたが、関西圏の地上波ではMBSにも独立局にもネットされず未放送に終わった一例である。
  27. ^ 同時期放送であっても、有料の衛星放送であるTBSチャンネルWOWOWでは字幕放送を行わず、MBSのみ字幕放送実施となることもある。クール後に放送の場合ではアニマックスでは字幕放送を実施することが多い(字幕の素材は別)。キッズステーションでの対応は作品により異なる。
  28. ^ 『平成仮面ライダーシリーズ』はテレビ朝日制作、近畿広域圏では朝日放送テレビ
  29. ^ 『仮面ライダー』がMBSで再放送されたのはこの放送が最後となった。
  30. ^ ウルトラマンティガ』から『ウルトラマンコスモス』までMBSが制作。『ウルトラマンネクサス』から『ウルトラマンメビウス』まではCBCが制作。
  31. ^ ABCは腸捻転時代に制作した『好き!すき!!魔女先生』、腸捻転解消後に制作した『それゆけ!レッドビッキーズ』(第53話 - 第77話まで)。KTVは『仮面の忍者 赤影』。ytvは『超人バロム・1』、『スターウルフ』(第14話より『宇宙の勇者 スターウルフ』に改題)と、他の在阪局はABC、ytvは2作品。KTVは1作品しか制作していない
  32. ^ 『明石家多国籍軍』の場合、スタッフクレジットを英語で表記していたため。
  33. ^ 『ロケみつ』がその代表的な例である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 無線局免許状等情報(毎日放送(総務省)
  2. ^ “関西AMラジオ3社が「まいど!ワイドFM」”. 日経ニューメディア IT Pro (日経BP). (2015年7月28日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/072802492/ 2017年4月25日閲覧。  本記事ではMBSとOBCはMBS旧アナログテレビ送信所に設置すると記載。
  3. ^ MBS 生放送を一層重視…番組に来年2月に「ライブセンター」完成で(『デイリースポーツ』2018年1月18日付記事)
  4. ^ 三村景一・毎日放送社長定例記者会見(毎日放送2017年8月30日付プレスリリース)
  5. ^ 「ちちんぷいぷい」見学可能に!? 毎日放送が2019年春「ライブセンター」設置へ(『スポーツ報知』2017年8月30日付記事)
  6. ^ 雑誌「放送技術」2008年5月号より
  7. ^ 『毎日放送50年史』307頁より。なお、ローカルの教育番組『わたしたちの近畿』は2000年3月まで放送していた。
  8. ^ “日5:「ハガレン」「ガンダム」アニメ枠が終了へ MBS、早朝に34年ぶりの1時間アニメ枠”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年12月20日). http://mantan-web.jp/2016/12/20/20161220dog00m200003000c.html 2016年12月20日閲覧。 
  9. ^ 「まどマギ」「タイバニ」テレビ局から見たヒットの背景【後編】その4
  10. ^ 悪魔くん』『仮面ライダー』『河童の三平 妖怪大作戦』『ジャイアントロボ』の4作品。

外部リンク[編集]

ネットワーク[編集]

現在
過去
その他関西のテレビ放送局など