鳥越俊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥越俊太郎
ShuntaroTorigoe.jpg
出生 同じ
1940年3月13日(74歳)
日本の旗 日本福岡県浮羽郡吉井町
(現うきは市
出身校 京都大学卒業
職業 ジャーナリストテレビタレント
配偶者 あり
子供 鳥越さやか
主な親類 鳥越彦三郎
活動期間 1965年 - 現在
主な業績 ザ・スクープ』(ANN系司会(1989年-現在]
オーマイニュース日本語版』編集長(2006年-2007年)
公式サイト

鳥越 俊太郎(とりごえ しゅんたろう、1940年3月13日 - )は、日本ジャーナリストテレビタレント福岡県浮羽郡吉井町(現うきは市)出身。

来歴[編集]

久留米大学附設高等学校を経て、京都大学文学部史学科国史学専攻卒業。1965年毎日新聞社入社。新潟支局が初任地。1968年10月、見合いで知り合い結婚。その後、同新聞社の週刊誌サンデー毎日』編集部に異動。在籍時に「イエスの方舟事件」が発生し、当時編集長の鳥井守幸の方針で主宰者の千石イエスを匿ったため、鳥越を含む編集部全員が犯人隠避で逮捕されそうになる。外信部テヘラン特派員の時に1984年~1985年イラン・イラク戦争の戦場報道を行う。

1988年4月、サンデー毎日編集長となる。1989年8月に毎日新聞社を退職し、同年10月、テレビ朝日ザ・スクープ』の司会に就任。レギュラー放送終了後も、単発となった同番組の司会を務めている。2003年関西大学社会学部教授に就任。

2005年4月5日、呼びかけ人の一人として『マスコミ九条の会』結成に参加[1]10月3日、レギュラーアンカーを務めていたテレビ朝日『スーパーモーニング』に本人が電話出演し、直腸癌であることを告白した。3日後に手術を受け、その後復帰。2006年5月、インターネット新聞『オーマイニュース』日本語版の初代編集長に就任。

2007年2月、民主党東京都知事候補としての擁立を打診するも、自身が依然として療養中であるため、「(任期の)4年間に責任を持てない」として打診を断る[2]6月1日オーマイニュース』日本語版の編集長を辞任した。

9月17日、『スーパーモーニング』で、癌がに転移していたことを明かす。2007年1月に左肺を一部切除、同年8月には右肺も手術していた。2009年2月9日、同番組で癌が肝臓に転移していることを明かした。翌10日に切除手術を受け療養に入る。2009年2月26日に同番組で復帰した。

2009年3月27日NPO法人がん患者団体支援機構』の3代目理事長に就任。2010年5月まで約1年2ヶ月務めた。

人物[編集]

実家は鳥越製粉の創業者・鳥越彦三郎の親族一族にあたる。歌手鳥越さやかは次女。

訛りの多い筑後弁を話していることに他人に言われて気付いたという[3]

森進一とは30年以上の付き合いがあり、「日本人の心を歌う森は日本のイヴ・モンタンだ」と評している[4]

受賞歴[編集]

1999年埼玉県JR桶川駅前で発生した「桶川ストーカー殺人事件」におけるマスメディアの報道姿勢(「単なる男女の痴話げんか」など)に疑問を抱き、『ザ・スクープ』で独自取材。その結果、警察の虚偽発表と怠慢が次々と明るみになり、2001年には、日本記者クラブ賞を受賞する[5]

2004年、「ザ・スクープスペシャル」における警察の裏金疑惑報道が第41回ギャラクシー賞報道活動部門大賞を受賞[6]

2007年、男性向けエステティックサロンダンディハウスが主催する「第二回『ダンディ大賞2007』」の文化人部門で1位を獲得し[7][8]、翌2008年の第三回でも、同部門で1位になった[9]

癌への姿勢[編集]

がん患者団体支援機構の3代目理事長を務めた後、現在は一般社団法人CSRプロジェクト会長を務める[10]

2010年8月に食道癌を手術した桑田佳祐を「悲観することは一切ない。病気は生活の乱れを見直すいい機会だから、桑田さんも前より健康になれるはず」と激励[11]。70才から週3回のジム通いを始め、「ハンデを持っていても走れる!ということを自分に証明しなきゃならない」と2012年ホノルルマラソン出場を目標にしている。また4度の手術経験から「『がんには痛みがない』という常識を知ってほしい」「がん検診の受診率はいつまでたっても上がらないけど、自分を動かす(受診する)のはあなたしかいないんです」と訴えている[12]。12月9日に行われた40回大会では8時間19分55秒で完走した[13]

主張・言動[編集]

政治に関して[編集]

  • 2008年7月、頻発する無差別殺傷事件について、「日本の社会格差が広がり、ワーキングプアが増えている。小泉構造改革の名の下に進められた変化が、こういう犯罪を産み出していると思えてならない」という見解を示した[14]
  • 2009年7月1日、民主党・鳩山由紀夫代表(当時)のいわゆる「故人献金」問題の報道において、「秘書の浅知恵でしょう」との見方を示した[15]
  • 2010年1月18日、民主党の支持率低下はマスコミのせいであるとし、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体を巡って元秘書3人が逮捕された陸山会事件の報道において、小沢批判をするマスコミは小沢に疑惑をかけている検察から情報をリークされており、「私たち世論は操作されている」と主張。また、1月21日の同番組内で、小沢が疑惑を持たれていた土地購入資金の4億円を、「小沢側が3億円は父親の遺産、1億円は妻から借りたもので4億円は自分で持っていたもの」と主張していた件について、鳥越は庶民には4億は高額だが、銀行がつぶれたら1000万円しか返ってこないため、お金持ちはタンス預金をするものであると主張した[16]4月28日、小沢一郎について東京第5検察審査会が「起訴相当」の議決を行った事に対して、「今回の議決を読むと、『市民目線』とか『市民感覚』とか書いてあるけど、証拠とはあまり関係なく、感情的、情緒的な判断」とコメント[17]
  • 政治に関する世論調査について、調査結果の発表前に選挙担当者が数字を調整するのをしばしば見てきた新聞記者時代の経験から、「私自身は世論調査の数字を疑っています」と述べている[18]。2012年12月に行われた第46回衆議院議員総選挙の結果について「自民勝利は、大手メディアの選挙予測がもたらした」と述べている。大手メディアは連日報じる世論調査結果によって「小沢一郎は悪人」と印象操作してきたと指摘。また1000兆円の国の借金や原発、尖閣諸島在日米軍基地問題はすべて自民党単独政権時代のツケであり、メディアがその負の遺産に触れないことを問題視。勝ち馬に乗って安倍政権批判を控えている新聞やテレビも、1年も経てば手のひらを返したように口汚く罵ると予想している[19]
  • 2007年2月27日中国脅威論を述べた中川昭一衆議院議員(当時)に対して「中国を煽るべきではない」等の発言を繰り返した。2007年9月28日、『報道ステーション』に出演した際に「今の日本は差し迫った防衛上の危機は無い。したがって防衛予算は大幅に削減するべきである。」という主張をした[要出典]
  • 日本未来の党を支持しており、「びわこ宣言」の賛同人に稲盛和夫坂本龍一茂木健一郎菅原文太ともに名を連ねた。

その他[編集]

2009年4月23日SMAPのメンバー・草彅剛が公然わいせつ罪の容疑で逮捕されたことに「午前3時の公園でだれもいないところでしょう。公衆の面前じゃないんだから公然わいせつにはならないと思う。逮捕までしなくてもいいのでは?」と疑問を呈した[20]。その後、草彅は不起訴処分となり、1ヶ月の活動自粛期間を経て芸能界に復帰した。この自粛期間について鳥越は「妥当だ。人騒がせを反省するのに必要な期間かなと。逮捕、家宅捜索はやりすぎで、犯罪を構成してないと思うので、騒がせたということでね」とコメントした[21]

問題視された言動[編集]

2003-2004年に日本損害保険協会、2007年には保険会社アフラックCMに登場。ジャーナリストの神保哲生は「その企業が問題を起こした場合、ジャーナリズムそのものにも傷をつける」、浅野健一は「現役のジャーナリストがコマーシャルに出るなんてあり得ないこと」と指摘。CM出演について鳥越は「保険には公共性があり、世に広まることに意味があると思うので出演した」とコメントしている[22]

2008年11月5日の『スーパーモーニング』で、大阪梅田で発生したひき逃げ死事件の容疑者について「根っからの悪人ではないと思う。悪人ととらえて見てこの事故を考えると違ってくる。酒を飲んでいる、免許がない、警察に捕まると大変なことになる、というので逃げる心理、認めるわけではないけど、そういう心理に人間がなることはあるかもしれない」「問題は、死ぬかもしれないと思って運転していたのか、それを警察、検察の調べの中で言わされたのか。殺人罪に問えるか問えないか、裁判でも分かれ目になるところ」と発言。これに対し他の出演者からは「飲んで乗る、根っこの部分に問題がある」「車を運転しているときに犯罪を起こそうとか事件を起こそうと考えている人間はいない」「悪人といっていいと思います」といった反論がなされた[23]

出演[編集]

テレビ[編集]

現在出演中
過去の出演

ラジオ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 『僕らの音楽 対談集1〜4』 ソニー・マガジンズ
  • 『桶川女子大生ストーカー事件』烏越俊太郎&取材班 メディアファクトリー 2000年10月 ISBN 4840101590
  • 『ニュースの職人』PHP新書 2001年10月 ISBN 9784569618470
  • 『報道は欠陥商品と疑え (That's Japan)』 ウェイツ 2002年10月 ISBN 4901391224
  • 『あめりか記者修業 増補改訂版』 中公文庫 2003年4月 ISBN 4122041936 
  • 『歳には、勝てる』 マガジンハウス 2005年12月 ISBN 4838716397
  • 人間力の磨き方』 講談社新書 2006年6月 ISBN 4062723840
  • 『鳥越俊太郎のエンディングノート 葬送曲はショパンでよろしく』 泰文堂 2011年3月 ISBN 4803002479
  • 『がん患者』 講談社 2011年6月 ISBN 4062169487

脚注[編集]

  1. ^ マスコミ九条の会を知りたいマスコミ九条の会
  2. ^ どうなってるの?東京都知事選 ジャーナリスト・烏越俊太郎さんに聞く―「毎日新聞」
  3. ^ 堂本兄弟フジテレビ
  4. ^ 森進一コンサートに鳩山さんが・・・・鳥越俊太郎オフィシャルサイト 2010年6月24日
  5. ^ 日本記者クラブ賞受賞者(2001年度を参照)”. 日本記者クラブ. 2010年5月24日閲覧。
  6. ^ ザ・スクープテレビ朝日
  7. ^ DANDY HOUSE ダンディハウス - ニュースリリース -
  8. ^ 女性から見た"ダンディ"な男とは? - 「ダンディ大賞 2007」発表
  9. ^ ~女性から見る“ダンディ”とは?~第三回 『ダンディ大賞 2008』 決定!2008年12月25日、ニュースリリース - 男のエステ ダンディハウス)
  10. ^ 出典:組織概要。なお、鳥越自身のホームページにはこの肩書が書かれていない。また、この法人は働き盛りのがん経験者・家族・医療従事者・企業の支援を目的とする法人である。
  11. ^ 鳥越俊太郎、桑田にエール「前より健康に」サンスポ 2010年8月5日
  12. ^ [プレミアムトーク]鳥越俊太郎さん“72歳現役がん患者”ホノルルマラソン完走誓うスポーツ報知 2012年4月25日
  13. ^ 鳥越俊太郎さん:がん乗り越え72歳ホノルルマラソン完走毎日新聞 2012年12月10日
  14. ^ “無差別殺傷事件続く 「小泉改革のせいと思えてならない」”. J-CASTニュース. (2008年7月23日). http://www.j-cast.com/tv/2008/07/23023912.html 2010年8月8日閲覧。 
  15. ^ “鳩山代表「故人献金」の真相 「秘書の浅智恵」程度の話か”. J-CASTニュース. (2009年7月1日). http://www.j-cast.com/tv/2009/07/01044362.html 2010年8月8日閲覧。 
  16. ^ “小沢幹事長は大金持ち? 「捜査はともかく」分かったコト”. J-CASTニュース. (2010年1月21日). http://megalodon.jp/2010-0314-0507-41/www.j-cast.com/tv/2010/01/21058385.html 2010年8月8日閲覧。 
  17. ^ “検察審査会の「市民目線議決」に異論続出”. J-CASTニュース. (2010年4月28日). http://www.j-cast.com/tv/2010/04/28065540.html 2010年8月8日閲覧。 
  18. ^ 鳥越俊太郎氏 若者ら除外する世論調査結果の信憑性に疑問NEWポストセブン 2012年7月20日
  19. ^ 鳥越俊太郎 新聞・TV安倍批判控えるも1年経てば罵倒始まるNEWポストセブン 2012年12月21日
  20. ^ “「草なぎ剛、逮捕しなくても」と鳥越 「未明の公園、『公然』なのか?」”. J-CASTニュース. (2009年4月23日). http://www.j-cast.com/tv/2009/04/23039978.html 2010年8月8日閲覧。 
  21. ^ “草なぎ剛近く復帰 スタジオ陣の賛否は…”. J-CASTニュース. (2009年5月14日). http://www.j-cast.com/tv/2009/05/14041070.html 2010年8月8日閲覧。 
  22. ^ “CM好き”ジャーナリスト鳥越俊太郎の歪んだ晩節日刊サイゾー 2007年9月18日
  23. ^ “某コメンテーターが袋叩きに! ひき逃げ容疑者にかけた言葉”. J-CASTニュース. (2008年11月6日). http://www.j-cast.com/tv/2008/11/06029845.html 2010年8月8日閲覧。 

外部リンク[編集]

メールマガジン