長野智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながの ともこ
長野 智子
プロフィール
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州[1]
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1962-12-24) 1962年12月24日(58歳)[1][2]
血液型 O型[1]
最終学歴 上智大学外国語学部英語学科卒業[1]
ニューヨーク大学大学院(メディアエコロジー専攻)修士課程を修了[1]
所属事務所 古舘プロジェクト[3]
職歴フジテレビアナウンサー[1]
活動期間 1985年 -
ジャンル 報道、バラエティ
配偶者 あり
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
出演中情報プレゼンター とくダネ!
出演経歴オレたちひょうきん族
朝まで生テレビ!
報道発 ドキュメンタリ宣言

長野 智子(ながの ともこ、1962年[2]12月24日[1] - )は、日本報道キャスターフリーアナウンサー専修大学特任教授。元フジテレビアナウンサー[1]

所属事務所は古舘プロジェクトで、2014年1月からはハフィントン・ポスト日本版の編集主幹も務める[4]。身長167cm[5]。二人姉妹の長女。

来歴・人物[編集]

アメリカ合衆国ニュージャージー州生まれ[1]。ただし、物心ついてから後述の渡米までは、2回程度旅行での渡米経験があるのみだった[6]:18

日本への帰国後には、田園調布雙葉中学校・高等学校を経て、上智大学外国語学部英語学科卒業。このほか、ユタ州に3か月のホームステイ経験がある[6]:16

上智大学への在学中に、文化放送ミスDJリクエストパレード月曜日のパーソナリティーを担当(1982年12月 - 1983年6月)。朝日放送(現:朝日放送テレビ)の人気番組であった『プロポーズ大作戦』の「フィーリングカップル5vs5」に、「ミスDJチーム」の一員として出演した経歴もある(相手男性陣とはカップルにはならず)。

1985年フジテレビに入社[1]。同期アナウンサー三宅正治軽部真一松田朋恵永麻理小田多恵子(新人研修中に本人の希望により一般職転向)。入社後は数々の人気番組に出演。

1990年、28歳の時に商社マン[7]と結婚し退社[1]。夫婦の間に子はいない。その後、フリーアナウンサーとなる[1]

1995年、夫のアメリカ赴任に伴い渡米[1]1999年ニューヨーク大学大学院(メディアエコロジー専攻)修士課程を修了[1]

帰国後、2000年4月から鳥越俊太郎[8]と共にテレビ朝日ザ・スクープ』のキャスターを担当[9]。その後もテレビ朝日の各報道番組『報道ステーション』、『Sunday!スクランブル』、『報道ステーション SUNDAY』、『サンデーステーション』で活躍した[10]

TBSラジオなど他局も出演していたものの、2004年から2020年まで、テレビ朝日専属扱いで、同局系の報道番組に数多く出演していた。

同理由や、他曜日担当だった蓮舫の降板により、同3月、TBSラジオ『BATTLE TALK RADIO アクセス』を降板。蓮舫同様、降板の挨拶なしの翌週から後任担当者への突然の交代に当時さまざまな憶測を呼んだ(番組でも翌週以降、長野についての言及はなかったため。蓮舫も降板挨拶なしに降板し、番組で長野への言及はなかった)。結果的に同年以降テレビ朝日専属契約としたため、そのための降板だったとされる。

2014年1月には、朝日新聞社の提携によって運営するハフィントン・ポスト日本版の編集主幹に就任した[4]

2019年6月、国連UNHCR協会の報道ディレクターに就任[11][12]

先祖に戦国時代武将長野業正がいる。曾祖父は、万延元年遣米使節の通詞(通訳)見習として日米修好通商条約批准書交換の派遣船(米国軍艦ポーハタン号)で渡米し、明治維新後は新政府に勤めた長野桂次郎(立石斧次郎)である[13]

2020年9月27日放送の『サンデーステーション』を最後に、テレビ朝日にて20年半務めた報道番組のキャスターを卒業した[14]。同年10月1日からは、かつて所属していたフジテレビ『情報プレゼンター とくダネ!』でコメンテーターとして出演[9]。フリー転身後にフジテレビの番組にレギュラー出演するのは、ニューヨーク中継として出演していた『めざましテレビ』以来、20年ぶりとなる[14]

出演[編集]

太字は現在出演中の番組。

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • 運命を感じる瞬間(1994年、扶桑社
  • デリシャスな結婚(1995年、世界文化社
  • 普段着のニューヨーク(1997年、扶桑社)
  • 可笑しなアメリカ・不思議なニホン ― NYのメディアを通して見えてきた新しい世界感覚(2001年、青春出版社
  • ニュースの現場から(2002年、NTT出版
  • 麻薬の運び屋にされて(2003年、扶桑社) - メルボルン事件を描いたノンフィクション

レコード[編集]

  • 「気分は、はじけるピーチ」(1986年)
    • 『FNNモーニングコール』の初代テーマソングで、当時の同僚アナウンサー・川端健嗣とのデュエット曲。
    • 既に廃盤になっており、リリース枚数も非常に少なかったために現在では入手困難。
    • 東海テレビでは、同局ローカル版の司会者(アナウンサー・タレント)が歌ったバージョンがオンエアされていた(非売品)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 長野 智子|Talent|古舘プロジェクト”. 2017年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧。
  2. ^ a b みつめて!信州生テレビ2005”. 2020年9月29日閲覧。
  3. ^ 長野 智子|Talent|古舘プロジェクト”. 2020年9月29日閲覧。
  4. ^ a b 長野智子さん、ハフポスト日本版の編集主幹に就任 新しい顔に - ハフポスト 2014年1月20日
  5. ^ 長野 智子|日本タレント名鑑”. VIPタイムズ社. 2020年9月29日閲覧。
  6. ^ a b 『普段着のニューヨーク』1997年
  7. ^ テレ朝POST » 長野智子の曽祖父の話に黒柳も驚き!勝海舟らと幕末を生きたその人物とは?”. テレビ朝日 (2017年4月20日). 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧。
  8. ^ ザ・スクープ”. テレビ朝日. 2004年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧。
  9. ^ a b c 長野智子:「とくダネ!」でコメンテーター初挑戦 小倉智昭の知識量に「いつも驚かされます」”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2020年9月29日). 2020年9月29日閲覧。
  10. ^ 長野智子、フジ『とくダネ!』でコメンテーター初挑戦「散らかりぶりをご覧ください」”. ORICON NEWS (2020年9月29日). 2020年9月29日閲覧。
  11. ^ 国連UNHCR協会の報道ディレクターに就任 キャスター 長野智子さん「日本だからこそできる支援を実現したい」”. PR TIMES (2019年6月14日). 2020年10月5日閲覧。
  12. ^ 国連UNHCR協会の報道ディレクターに就任 キャスター 長野智子さん「日本だからこそできる支援を実現したい」”. Japan for UNHCR. 2020年10月5日閲覧。
  13. ^ さむらいビール - 長野智子ブログ(2008年11月17日)。ブログ中「桂二郎」とあるのは誤記とみられる(参考リンク[1][2])。
  14. ^ a b c 長野智子が「とくダネ!」コメンテーター就任 10・1から古巣フジ20年ぶりレギュラー”. サンスポ (2020年9月29日). 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]