やっぱりさんま大先生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やっぱりさんま大先生
ジャンル バラエティ番組
出演者 明石家さんま
ほか
エンディング記念樹
製作
プロデューサー 加茂裕治
制作 フジテレビ
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
開始から1996年9月まで
放送期間 1996年4月7日 - 1996年9月29日
放送時間 日曜 13:00 - 13:30
放送分 30分
1996年10月から1997年9月まで
放送期間 1996年10月13日 - 1997年9月28日
放送時間 日曜 13:25 - 13:55
放送分 30分
1997年10月から最終回まで
放送期間 1997年10月12日 - 2000年3月19日
放送時間 日曜 13:00 - 13:30
放送分 30分

特記事項:
ナレーション:富田耕生
テンプレートを表示

やっぱりさんま大先生』(やっぱりさんまだいせんせい)は、フジテレビ系列で放送されていたフジテレビ制作のバラエティ番組である。『あっぱれさんま大先生』(第1期)の終了後、番組名と生徒を変え、1996年4月7日から2000年3月19日までの4年間にわたって放送された。

概要[編集]

MCである先生役の明石家さんまと生徒役の子供タレントたちによるバラエティ番組。

前身の『あっぱれさんま大先生』が持っていた「さんまと子供たちの絡み」という基本コンセプトはそのままに、生徒たちをがらりと入れ替え、日曜13:00枠へ再移動してリニューアルしたのが本番組である。また、『あっぱれ』時代には授業参観や運動会等のスペシャル版でしか登場しなかった生徒たちの母親が、番組中期には子供たちと一緒にレギュラー出演するようになった。

主なコーナー[編集]

  • トークルーム - さんまと6人の生徒たちによるテーマトークコーナー。スタジオセットの中央にさんまが座り、その両隣りに生徒たちが3人ずつに分かれて座る。
  • 視聴覚室 - さんまと生徒との1対1での面接形式による対談コーナー。
  • やっぱり学園野球部 - 野球素人の生徒たちによる練習の模様から対外試合が行われるまでを1年間にわたって放送。チーム名は視聴者公募抽選で選ばれた「トータス」。
  • クラスルーム - 『あっぱれ』時代から続くコーナーで、教室形式で進行。
  • ハイキング - 群馬県富士見村での課外授業や、マザー牧場でのロケ企画などを放送。
  • 授業参観
  • 敬老の日 - 生徒たちの祖父母が出演。
  • 大裁判 - 生徒たちの両親が陪審員役の生徒たちの前で公開裁判を受ける。裁判長はさんま。
  • 卒業生大集合 - あっぱれ学園の卒業生たちによる同窓会企画。後半はやっぱり学園生徒との競演。1997年3月30日1999年4月11日に放送。
  • レポート - 生徒たちによる個人レポート。レポートの内容は街角・競技会・体験レポなど様々。
  • 親子トーク - 生徒たちの母親がレギュラー出演していたコーナー。ひな壇形式で、左側に母親たちが、右側に生徒たちが座ってのテーマトークが行われていた。
  • 氷上運動会 - 日本ランドで行われたロケ企画。氷上リンク上で種々のレース等が行われた。
  • 秋の大運動会
  • 水上運動会 - としまえんプールでのロケ企画。リレーやシンクロなどの様々な競技が行われた。
  • ザンゲ - 生徒たちによる年末懺悔企画。生徒の顔には粉が噴射された。
  • 肝試し大会
  • 生徒出演ミニドラマ - ドラマと称していたが、実際にはさんま監督によるミニコント風のコーナーでもあった。演目は『男女13人スナック物語』『緊急家族24時』など。
  • 家族対抗歌合戦
  • クラブ活動 - 忍者部隊クラブ、スケボークラブ、ダンスクラブ等のクラブ活動ロケを実施。
  • VSさっぱり学園 - 後の第2期『あっぱれ』に出演することになるさっぱり学園生との対抗クイズ合戦。

在籍生徒[編集]

スタッフ[編集]

エンディングテーマ[編集]

備考[編集]

  • 第1回放送「やっぱり学園入学式」に参加した生徒数は21人である。下は幼稚園、最上級生で小学2年生であった。なお、この第1回放送でやっぱり学園の校長先生なる人物が最初で最後の1回のみ、後ろ姿で登場している。
  • 野茂英雄投手のメジャーリーグ登板と第2回放送が重なり、急遽番組内で生中継されることになった。番組自体は休止ではなく、スタジオのセットからその模様が衛星中継され、生徒は出演していたがさんまは出演していない。
  • FNSの日』ではスペシャル版で放送されたが、普段の収録と違って生放送で行う年もあった。1996年には「やっぱりさんま大先生夢リンスペシャル」として1時間の収録番組を放送、1998年・1999年には生放送でSMAP中居正広が小学生のまさひろ君役でゲスト出演した。
  • 番組マスコットは、『あっぱれ』時代の「ワシャガエル」から「マガサス」へ、その後「半助」へと変遷した。声は一貫して富田耕生
  • 番組自体は4年間続いたが、『あっぱれ』の時のような区切りとしての卒業式も無く、一部の生徒は第2期『あっぱれ』に続投出演した。

関連項目[編集]

フジテレビ 日曜13:00 - 13:25枠
前番組 番組名 次番組
とれたてガバット
※12:55 - 13:25
【35分繰り下げ】
やっぱりさんま大先生
(1996年4月 - 1996年9月)
上岡・ヒロミの花も嵐も
※12:00 - 13:25
やっぱりさんま大先生
(1997年10月 - 2000年3月)
フジテレビ 日曜13:25 - 13:30枠
とれたてガバット
※12:55 - 13:25
【35分繰り下げ】
やっぱりさんま大先生
(1996年4月 - 2000年3月)
-
フジテレビ 日曜13:30 - 13:55枠
とれたてガバット
やっぱりさんま大先生
(1996年10月 - 1997年9月)
ねばぎば!TOKIO
※13:30 - 14:00