おじゃMAP!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おじゃMAP!!
ジャンル 旅番組 / バラエティ番組
放送時間 水曜日 19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2012年1月25日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監修 戸渡和孝(フジテレビ)
プロデューサー 上野貴央(フジテレビ)
西敏也、ながさわコーヤ、三浦雅登
黒木彰一(フジテレビ、CP
出演者 香取慎吾
山崎弘也アンタッチャブル
ほか
ナレーター 平野義和
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回放送は20:54までの2時間スペシャル放送。
旧タイトル名:おじゃマップ( - 2015年3月
テンプレートを表示

おじゃMAP!!』は、フジテレビ系列2012年1月25日から毎週水曜日の19:00 - 19:57(JST)に放送されているバラエティ番組である。初回放送は20:54までの2時間スペシャル放送。キャッチフレーズは「あなたの街をおじゃMAP!!」。

2015年3月までのタイトルは『おじゃマップ』で、2015年4月放送分より現在のタイトルに変更となった[1]

ステレオ放送文字多重放送[2] を実施。

概要[編集]

2012年1月25日から毎週水曜日の19:00 - 19:57(JSTゴールデン枠)で放送開始。この放送枠では2005年10月以降『クイズ!ヘキサゴンII』が放送されてきたが、司会を務めていた島田紳助芸能界を引退したことから2011年9月で打ち切りと暫定的なつなぎ番組を編成していたが、正式な後番組として本番組がレギュラー番組として開始された。

本番組は2011年1月から単発の特別番組として合計5回放送され、香取慎吾アンタッチャブル山崎弘也が全国各地の「日本一」にちなんだの数々を訪れ、人々との出会いを通して番組独自の地図おじゃマップ」を作り上げる旅番組紀行番組として視聴者の高評価を得てレギュラー放送化した。毎回、香取と山崎の他に2組程度のゲストが登場する。

2012年10月以降から視聴者からの投稿を元にその願いを叶えるという趣旨の回が増え、香取は11月28日の放送で「ハッピーサプライズ番組」と称した。2013年4月から2014年3月まで、ゲスト数名とグルメスポットを訪れて名物メニューとご飯10合(2時間版は20合、2013年12月25日の2時間30分SPは25合)を平らげるグルメロケ「おジャーマップ」や、テーマパーク・百貨店などの観光スポットなどを司会・ゲストが変装して訪れる回などの新企画が行われた。2014年4月から日本各地にある人気店の社長に訪問するロケ「ご当地社長におじゃマップ」や様々な依頼の中から面白い依頼に応える「オモシロご依頼におじゃマップ」などの企画が行われている。

2015年4月からタイトルロゴが変更され「おじゃMAP!!」に改題。2015年3月まで基本的にすべてロケの番組構成であったが、改題に伴ったリニューアルにより、これまで頻繁に登場したゲストを中心にした「おじゃMAP!!ファミリー」が、古民家の茶の間風のスタジオでロケパートを見る構成に変更となった。香取・山崎が「今後レギュラーになってほしい」、「自らレギュラーになりたい」ゲストらを迎えてロケを行ったが、スタジオパートの挿入は数回程度で取り止められた。

2015年6月放送回からタイトルロゴが再度変更されて「おじゃ」と「!!」が黒の細字、「MAP」は様々な色で表した太字になった。

ケーブルテレビ局のNCVニューメディア函館センターで函館を紹介する当番組と同名の「おじゃマップ」が放送されているが、無関係である。

2017年10月4日の放送は、香取のジャニーズ事務所独立後初めての放送となった。内容は同じくジャニーズ事務所を独立した草彅との2人旅であった。また偶然にも収録日の2017年9月22日新しい地図のサービス開始日であった。同年11月1日には未公開シーンと新たに収録されたスタジオパートが放送された。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

  • 香取慎吾
  • 山崎弘也アンタッチャブル
    • 民家でのロケ交渉などアポイント取りは山崎曰く「アポ取り名人」の香取が、ロケ地での購入品などの荷物持ちは山崎の役目となっている。また、山崎はほかの番組ではボケたり共演者を弄ったりしているが、当番組では香取のボケをツッコむ(「おジャーマップ」の企画では、香取がご飯以外の主食(例:ラーメンなど)をこっそり食べているシーンがあり、それを山崎が注意する)役目を担っている。
    • 番組では「慎吾ママ」を登場させる回(2012年2月22日放送分)もある。
    • ちなみに、両者とも『笑っていいとも!』のレギュラーであったが、一度も同じ曜日レギュラーになることはなく、特大号のみの共演であった。

ナレーター[編集]

現在
  • 保村真(2016年6月22日 - 、番組全体を担当)
  • 高塚正也(レギュラー放送開始~2015年12月23日放送回まで、2016年1月13日以降は予告スポットを担当)
過去

スタッフ[編集]

  • ナレーター:高塚正也庄司宇芽香寺瀬今日子平野義和保村真小幡研二津野まさい若本規夫
  • 構成:鈴木おさむ、松田敬三、佐藤大地、本松エリ、岩本哲也
  • スタイリスト:黒澤彰乃
  • メイク:石崎達也、中村いと(維斗子)
  • タイトル:田中秀幸フレイムグラフィックス
  • TP:高瀬義美
  • TD・カメラ:宮本直也
  • VE:武田和浩
  • 音声:浮所哲也
  • 照明:加藤紗絵子
  • TK:楮本眞澄
  • 編集:宮下圭介、篠原一瑞
  • MA:東口智大
  • オフライン:坂口雄祐(一時離脱→復帰)
  • 音響効果:高島慎太郎、長濱麻衣子
  • 美術プロデューサー:三竹寛典(以前は美術制作→一時離脱)
  • 美術進行:中村秀美
  • デザイン:邨山直也
  • 大道具:山本和成
  • 装飾:川合将吾
  • アクリル装飾:犬塚健
  • 編成:渋谷謙太郎(一時離脱→復帰)、春名剛生(以前はプロデューサー)、加藤達也
  • 広報:山本麻祐子
  • デスク:宮崎由佳
  • FD:北村高雄、大熊一成(以前はAD)
  • AD:川口翼、雲越昭弘、中山拓也、後亮佑、後閑雄介、鈴木勇介、山口ひとみ、宮崎弘平、水主惟弘、鈴木雅己(巳)、芳賀直之、新垣拓也、芝内竜成、岡本暸、永井玲名、阿部渚
  • ディレクター:井熊俊博(以前は総合演出→D)、石武士、渡辺剛、松清弘卓、岡田純一、前場智也(以前はFD)、東隆志、井上融、角山僚祐、松永健太郎、印田弘幸
  • プロデューサー:上野貴央、ながさわコーヤ(以前は制作プロデューサー)、西敏也、三浦雅登
  • 監修:戸渡和孝
  • チーフプロデューサー:黒木彰一
  • リサーチ:フォーミュレーション、リベラス、近藤雄亮、大石依里香
  • CG:グレートインターナショナル
  • 技術協力:ニューテレスプログレッソOMNIBUS JAPAN、東京オフラインセンター
  • 制作協力:ビー・ブレーン、LOGIC ENTERTAINMENT、フナヤ278
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室(旧バラエティ制作センター→制作局第二制作センター)
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • スタイリスト:内田あゆみ
  • メイク:中逸あゆみ
  • リサーチ:LLPプラモ、ビスポ、高木美嘉、PLAMO
  • 技術:ヴァーテック千代田
  • TP:志水敏明(ヴァーテック千代田)
  • SW:横山政照
  • CAM:野口弘、平野善男、深澤克仁、植田和彦、永島良一、桧山賢一郎
  • MIX:津田浩之、湯沢春城、池上行大、清家克己
  • VE:山口聡、関文彦、久保翼、高橋正直
  • 照明:向出進、熊田毅、本郷朋之、佐藤博樹
  • 装飾:門間誠、山下正美
  • 電飾:田上淳子
  • 植木装飾:広田明
  • MA:小川るみ
  • 車両:増田功
  • 音響効果:斉藤信之
  • 編集:梅本大介
  • オフライン:安部華子、崔豪成、中村広嗣
  • TK:小島美和子、松下絵里
  • 広報:稲葉恵子、小中ももこ
  • デスク:保坂美帆
  • FD:浅倉俊之
  • AD:長谷部敏史、高松晃希、池田健吾、井上未来、森実慶太郎、山浦秀也、秦彰宏、林昇平、山脇達雄、早川大介、百田真規、植木やよい、配藤麻衣
  • AP:鈴木貴也、後藤央、中村悦子
  • 制作進行:陣川友裕
  • ディレクター:竹山耕太郎、橋本康弘、陣川友裕、樋谷昌史、中島太一、山中豪、斉藤カツオ、阿部和孝、熊澤謙一、後藤啓一、松田由紀子、濱口賢治、山田晃久、中川大輔、渋川大輔、鈴木圭介、相澤雄、大森千代美
  • チーフディレクター:制野慎太郎、田中慶、鈴木隆浩、川名良和
  • 演出:かわのけいすけ
  • プロデューサー:鬼頭貴彦
  • 技術協力:千代田ビデオワインド・アップFLTfmt
  • 協力:ジャニーズ事務所

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX)
製作局
フジテレビ系列 水曜 19:00 - 19:57 同時ネット
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
不定期放送[3] 遅れネット
山口県 テレビ山口(tys) TBS系列 日曜13:54 - 14:54
青森県 青森放送(RAB) 日本テレビ系列 土曜12:30 - 13:30
  • 四国放送(日本テレビ系列)では土日の空いた編成枠を使って不定期放送が行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 「おじゃマップ」から「おじゃMAP!!」に変更!初回はダレノガレ明美の両親がテレビ初登場”. シネマトゥデイ (2015年4月8日). 2015年4月8日閲覧。
  2. ^ ちなみに字幕では、香取の声が黄色、山崎の声が緑色(レギュラー前までは他の出演者と同様白)で表示される。
  3. ^ 開始当初は水曜16:53-17:53に放送されていた。その後、水曜9:50-10:50→木曜14:56-15:52に移動してレギュラー放送していたが、2015年秋頃から不定期放送になった

関連項目[編集]

  • サタ☆スマ:同局系でかつて放送されていたバラエティ番組。香取が出演。ロケ演出、視聴者参加型番組の点が同様。
  • SMAP×SMAP:同局系でかつて放送されていたバラエティ番組。香取が出演。スタッフも共通。
  • 笑っていいとも!:同局系でかつて放送されていたバラエティ番組。香取・山崎が出演。スタッフも共通。
  • SmaSTATION!!:別系列でかつて放送されていた情報バラエティ番組。香取が出演。香取は当該番組とこちらを「姉妹番組」とみなしている。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 水曜19:00 - 19:57枠
前番組 番組名 次番組
おじゃマップ

おじゃMAP!!
-