夜のヒットスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夜のヒットスタジオ
Former Fuji Television Headquarters.JPG
「夜のヒットスタジオ」の生放送が行われた
新宿区河田町のフジテレビ旧本社[1]
(写真は番組終了後の1990年のもの)
ジャンル 音楽番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 前田武彦
芳村真理
三波伸介
朝丘雪路
井上順
古舘伊知郎
柴俊夫
加賀まりこ ほか
音声 ステレオ放送
1978年10月 - 放送終了)
外部リンク フジテレビ
夜のヒットスタジオ
放送時間 月曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1968年11月4日 - 1985年3月25日
夜のヒットスタジオDELUXE
放送時間 水曜日 21:02 - 22:52
放送期間 1985年4月3日 - 1989年9月27日
夜のヒットスタジオSUPER
放送時間 水曜日 22:00 - 22:54
放送期間 1989年10月18日 - 1990年10月3日

特記事項:
放送回数:全1131回。
テンプレートを表示

夜のヒットスタジオ』(よるのヒットスタジオ)は、かつてフジテレビ系列で放送されていた音楽番組である。通称『夜ヒット』『ヒットスタジオ』。現在、CS放送のスカパー!スカパー!e2フジテレビONEで再放送を行なっているが、2012年1月から当面のあいだ、再放送を休止している(1976年7月放送分以降の内容から順次。2009年4月より1974年4月に遡り再放送中)。

本項では、『夜のヒットスタジオ』(第1作)から『夜のヒットスタジオSUPER』に至るまでのレギュラーシリーズ全般について述べるほか、以下についても取り扱うこととする。

目次

概要[編集]

1968年11月4日から1990年10月3日まで、約22年間生放送された長寿番組の1つ。

1970年代前半までは「歌謡バラエティ」番組として、1970年代後半以降は、アイドル歌手・演歌歌手からテレビ出演に消極的であったニューミュージック・ロック系アーティスト、人気俳優、海外のアーティスト、歌なしのフュージョンバンドなどを出演させた。生演奏・フルコーラスを番組制作の基本とした。『ザ・ベストテン』(TBS系)と共に、1970・1980年代の代表的音楽テレビ番組のひとつ。芳村真理前田武彦井上順らによる自然体のMCスタイルが印象的。 22年間で紹介された楽曲は概ね13,000曲、出演アーティストは1,000組。 本番組は基本的に一つのスタジオから放送され、大きなセットは組まれなかったが、凝ったカメラワークと大量のスモークや照明などの多彩な演出による評判が高かった。前述の番組と比較し「オケ」と「セット」のベストテン、「カメラ」と「演出」の夜ヒットと呼ばれた。

歴史[編集]

司会者[編集]

第1000回までは基本的に芳村真理を軸に男性パートナーが交代し、第1002回目からは古舘伊知郎を軸にパートナーが交代する形で司会者が変遷した。『夜ヒット』4分割後の『SUPER』以外の司会者については#派生番組を参照。

期間 メイン パートナー サブパートナー
1968.11.4 1973.9.24 前田武彦 芳村真理 (不在)
1973.10.1 1974.3.25 (出演ゲストによる輪番司会制)
1974.4.1 1975.3.31 芳村真理 三波伸介 朝丘雪路
1975.4.7 1976.3.29 (不在)
1976.4.5 1985.9.25 井上順
1985.10.2 1988.2.10 古舘伊知郎
1988.2.24 1989.9.27 古舘伊知郎1 柴俊夫
1989.10.18 1990.10.3 加賀まりこ2
  • 1 1988年2月17日の1001回放送は、古舘単独司会。
  • 2 実際は、1990年9月19日のレギュラー放送最終回まで。10月3日放送は、最終回特番扱い。
補足
  • 芳村・三波コンビでの司会の第1回目は前田降板の次の回に当たる1973年9月24日との記録があるが、当時の新聞の番組表には「さよなら前田武彦芳村真理」とある。
  • 朝丘は、○周年、○百回記念といった歴代司会者が集結する機会にはゲストとして出演しなかった。また、司会者として初回となる1974年4月1日放送分では体調不良により電話のみの出演となった。近年、局側の記録に間違いがあったことが現存するVTR、スチール、当時の視聴者の証言から判明(1クールのみの司会と誤記/1年間の司会が正当)。これが正式な歴代司会者扱いされなかったことの理由のひとつに挙げられる。

代役司会[編集]

尚、月曜放送時代には、毎年1〜2回程度の"定期休業日"が設定されており、その場合はゲスト歌手が代理、もしくは残ったもう一人の司会者が単独で進行を行う形で対処されていた。また、これ以外に司会者のスケジュール(海外への取材、舞台出演等)や体調によって出演が見合わせとなることも数度あった。

プロデューサー・ディレクター・構成作家[編集]

  • 塚田茂(作・構成) - 1968年から番組終了まで構成を担当。但し、1980年代以降は現場で直接指揮を執る形ではなく、総合監修的な役割で番組に参加しており、実際の現場指揮はスタッフ東京(後述)のメンバーが当たっていた。
  • 木崎徹(構成) - 1987年から番組終了まで担当。
  • 伊藤昭(初代プロデューサー) - 1968年から1973年まで担当。平日朝のワイドショー番組『小川宏ショー』との兼務の形で制作・演出を担当。
  • 藤森吉之(ディレクター→2代目プロデューサー)- 1973年から1978年までプロデューサーを担当。
  • 疋田拓(AD→ディレクター→3代目プロデューサー)- フジテレビ入社直後より技術担当のアシスタントディレクターとして番組立ち上げに参加。その後、ディレクターを経て1976年から1987年夏までプロデューサー兼プログラムディレクター(演出)を担当。派手な電飾やドライアイススクールメイツを起用しての演出方法を多用した。
  • 井上信悟(ディレクター) - フジテレビ入社直後の1981年より番組制作に参加。番組エンディングのクレジットでは「ディレクター」として扱われていたが、実際には疋田とともに番組演出の中心的な役割を務めた。
  • 森正行(4代目プロデューサー) - 1987年秋から番組終了まで担当。
  • 渡邊光男(4代目プロデューサー) - 1987年秋から番組終了まで担当。
  • 水口昌彦(番組終期のディレクター・現ポニーキャニオン取締役)
補足
  • このほか、1969年より塚田が立ち上げた構成作家グループ「スタッフ東京」も構成に参加。若き日の玉井貴代志高田文夫松岡孝らも制作に参加していた。また、『DELUXE』以降には現在フジテレビの音楽番組制作を一手に引き受けている「音組」のきくち伸らもADとして制作に関わっており、現在の「音組」の基礎を築いた番組でもあった。同局の『FNS歌謡祭』や『新春かくし芸大会』もこれらのスタッフが主要ブレーンとして制作の陣頭指揮を執っていた。
  • 1980年代までは、夜のヒットスタジオを含め、フジテレビプロデューサーのパワハラは激しく、新人からベテラン歌手、更には現場スタッフに至るまでプロデューサーの思い通りにいかない場合、鉄拳制裁が恒常的に行われていた[2]
    たとえば、プロデューサーの意に添わなかった一世風靡セピアなどは、全員が一人ずつプロデューサーから激しいビンタを受けており、そのような局のプロデューサーの暴力は、まったく珍しいことではなく氷山の一角であった[要高次出典]

演奏[編集]

本番組のオーケストラによる伴奏はオリジナルから大幅に編曲される場合が多かった。デラックスにリニューアル後はメンバーが削減されたため、出演者がバンドを引き連れたり、カラオケを使用する歌手が増えた。

  • 有馬徹とノーチェ・クバーナ(指揮:有馬徹)・高橋達也と東京ユニオン(指揮:高橋達也) 1968年11月4日 - 1969年3月24日
    • モノクロ放送時代のみ担当。この当時はオケピットの配置が後年知られている並びとは大幅に異なっており、吹奏楽器(トランペットなど)演奏者と弦楽器(バイオリン)演奏者の配置は全く逆となっていた(弦楽器担当者のほうが歌手たちが座っているひな壇に近い位置に陣取っていた)。
  • ダン池田とニューブリード(指揮:ダン池田) 1969年3月31日 - 1985年3月25日
    • カラー放送開始と同時に番組に参加し、月曜日の放送終了までの16年間活動。バンドマスターのダン池田は、番組前期の頃は指揮だけでなく「歌謡ドラマ」にも頻繁に客演するなどコメディリリーフとしても活躍した。ダン池田は、たまにラテンパーカッション・クラシックパーカッションなどを担当する事もあった。歌謡ドラマ出演などで指揮ができない場合はニューブリードのピアノ担当の小泉宏が代理指揮を担当した。
    • ニューブリードの起用と同時にオケピットの配置も(ひな壇に近い順番から)吹奏楽器・ドラム及びギター・弦楽器(及びシンセサイザーなどの演奏補助<1978>)という並びに変更された。
  • ザ・ニューブリードスペシャル(指揮:三原綱木)1985年4月3日 - 1986年3月26日
    • 番組リニューアルとダン池田の降板を機に、「ダン池田とニューブリード」の一部メンバーを入れ替え・整理。三原は郷ひろみの誘いを受けてバンドマスターの仕事を引き受けた。

三原は指揮をしないでギターを弾いていることも多々あった。

  • THE HIT SOUND SPECIAL(指揮:新井英治) 1986年4月2日 - 1989年9月27日
    • 三原綱木が脱退した以外メンバーの変更はなし。指揮の新井は、トロンボーンを演奏する事が多々あった。
  • THE HIT SOUND SPECIAL(指揮:服部隆之) 1989年10月18日 - 1990年9月19日
    • 服部は指揮者のほか、番組の音楽監修として一部歌手の歌の編曲も担当した(それより前は広瀬健次郎(月曜時代のオープニング・エンディング音楽は広瀬の手によるもの)や大村雅朗らが音楽監修を担当していた)。
  • 三原綱木&ザ・ニューブリード(指揮:三原綱木)
    • 2001年の復活版(但し純然たる復活版ではない)担当。それ以外の復活版では、1991年4月3日放送分で若干オケピットの並び方が違うが、楽譜を置く台などは当時のデザイン。

ちなみに、オーケストラを配置しなかったのは1988年3月30日、1989年9月27日の『DELUXE』最終回、1990年10月3日、1987年・1988年・1989年の年末のスペシャル、あるいは全編総集編の回のみであり、それ以外の回は演奏時間に関係なく設置されていた。

レギュラー陣[編集]

  • 塚田茂 - 番組初期(1976年4月まで)の頃に「出たがり放送作家」という名目で「歌謡ドラマ」等に客演。
  • 鶴岡雅義と東京ロマンチカ - 1974年10月までレギュラー出演。
  • 小林大輔 - 1968〜1972年までレギュラー出演。「コンピュータ恋人選び」コーナー担当。前田武彦が命名した「もぐらのお兄さん」の愛称で親しまれた。
  • 野沢那智 - 1972〜1975年までレギュラー出演。「コンピュータ恋人選び」コーナー・番組ナレーション担当。
  • 田中まこ - 1980〜1989年まで外国タレントスタジオ出演時の通訳としてほぼ毎週スタジオで通訳を担当。
  • 服部真湖 - 1985〜1989年まで衛星中継コーナーのレポーター兼通訳としてイレギュラー出演。
  • Dee-Dee - 1985年〜1990年までバッグダンサーとしてレギュラー出演。当初は「B・G・M」というグループ名であったが、翌年にレコードデビューしたのを機に「Dee-Dee」に改名。オープニングメドレー時はトリの歌手のバックに登場していた。

コーナー[編集]

  • オープニングメドレー
    番組のオープニングを飾る定番コーナー。司会者登場の後、司会者から最初に紹介された歌手が「他歌手の持ち歌」のワンフレーズを歌い、次に「さっき歌われた歌の持ち主」にマイクを手渡しその歌手が「他歌手の持ち歌」を歌う。バトンリレーの様に他人の歌をワンフレーズづつメドレー形式で歌っていき、最後はトリの歌手が「トリ前の歌手が歌った自分の歌」のサビを歌い(1975年 - 1980年頃まではバンドセット近くに待機した他の出演者の元に歌手が向かい、1980年以降は歌手の元に他の出演者が集合する)集まった出演者と共にフィニッシュとなる[3]。クリスマス時前後の放送ではメドレーの曲目がクリスマスソングに変更される事があった[4]
  • 季節の風物詩(1987年頃まで)
    オープニングで司会者が、巷で話題になっている出来事や実物の品を紹介するコーナー。
  • 歌謡ドラマ
    スタジオ内のセットでコントを行い、歌に関するオチから歌につなげるコーナー。
  • コンピューター恋人選び
    出演歌手の恋愛相性をコンピュータで計算、理想の相手を選出・紹介する(と言う設定だが、山口百恵が行った時三浦友和が選出される等[5]、事前の「仕込み」があったと思われる)コーナー。
  • ラッキーテレフォンプレゼント(番組開始〜1987年まで。エンディングコーナー)
    (1975年3月までの内容) 乱数表から下4桁の電話番号の数字を抽出し、予めコンピューターに登録された応募者のデータから当該数字に該当する応募者を検索、その中からさらに無作為に1人の応募者に絞って、その応募者が電話に出ることを条件に現金を贈呈する内容。
    (1976年4月からの内容)5桁のスロットマシーンで下4桁の電話番号を抽出し、その番号に該当する視聴者に対して応募を告知、翌週にその番号に該当する応募者から送られたハガキの中から司会者・歌手が無作為に選んだ一人に対して、スロットではじき出された数字に相当する額の現金をプレゼントするというもの。スロットの数字がすべて0となった場合にのみ最高額の10万円が送られる。
    尚、一時休止期間中には「スターびっくり箱」コーナー(1975年4月より。数回で終了[6])、「愛のスターテレフォンプレゼント」コーナー(1975年11月〜1976年3月まで[7])がエンディング企画として行われた。
  • 夜ヒットテレカ(1987年から番組終了まで)
    ラッキーテレフォンプレゼントの後継コーナー。
    番組放送中に撮影された写真をテレホンカードにして、応募した視聴者にプレゼントするもの。
    同企画開始後、生放送内で(特に演奏披露前)に幾度が信号音が鳴っていたが、これは夜ヒットテレカの撮影準備を告げる合図によるものである。
  • ご対面企画
  • サヨナラ企画
    歌手の引退・音楽グループの解散時に放送された特別企画。殆どの場合は番組の一部で「サヨナラ」歌手の特集コーナーを行ったが[8]、山口百恵の引退時(1980年10月6日放送回)のみ番組全編がサヨナラ企画に充てられた。
  • ジョイント企画
  • ファッションショー(1988年2月まで)
    ファッション業界にも豊富な人脈を持っていた司会の芳村(芳村はファッションモデルを経て女優→司会者に転向した経緯を持つ)によるプロデュース企画。月曜放送時代の後期から不定期で行われていたが、水曜への放送枠移動後、ハーフタイムコーナーとして定着。芳村が番組を勇退する1988年2月まで続いた。
  • スター家庭訪問(1976年)
    司会の井上が、放送当日の出演歌手のうち数組の自宅を井上が訪問し、歌手本人やその家族・関係者にインタビューを行う。1976年末には、番組自体の構成の変化により、自然消滅。
  • タイムトンネル(1985年)
    ゲスト歌手の過去の出演シーンと現在の姿・歌声とを対比するDELUXE開始当初のコーナー。その後、「タイムトンネル」の名称はなかったが、同趣旨の企画は何度か放送された。

節目・記念の回[編集]

  • 第1回 - 1968年11月4日
  • 第100回 - 1970年9月28日(2時間スペシャル)
  • 第200回 - 1972年8月28日
  • 第300回 - 1974年8月5日
  • 第400回 - 1976年7月5日( - 26日まで記念月間)
  • 10周年(突入) - 1977年10月3日(2時間スペシャル、実際には11月7日放送から10年目突入)
  • 第500回 - 1978年6月5日(前週の5月29日に繰り上げて500回記念放送)
  • 第600回 - 1980年5月12日(5月5日 - 26日まで記念月間)
  • 第700回 - 1982年4月12日(4月5日 - 26日まで記念月間、26日に特別編成(前述参照))
  • 15周年(突入) - 1982年10月4日(2時間スペシャル、実際には11月1日放送から15年目突入)
  • 第800回 - 1984年3月26日
  • 第900回 - 1986年3月12日(26日に900回突破記念の特別編成を組む)
  • 第1000回 - 1988年2月10日(3時間特番・芳村真理勇退)
  • 20周年 - 1988年11月23日-12月7日(1週目は今昔特別編、2週目は全編海外衛星中継、3週目は総集編企画。実際には11月2日放送から21年目突入)
  • 第1100回 - 1990年2月7日
  • 第1131回(最終回) - 1990年10月3日(3時間特番)
    • 一部資料では通算放送回数を「1133回」とするものがあるが、1990年3月28日及び4月4日の放送はなかったことから実際の通算放送回数は「1131回」である。

なお、第500回以降の回数計算はなぜか実際上は1回欠落した状態で放送されていた模様であり、特別編成もその関係でその節目の回を含む月の1週目もしくは4週目、場合によってはその月全体を特別月間として編成することが多かったが、特別企画「世界紅白歌合戦」として放送された1986年12月31日も放送回数に通算されており、1988年2月10日の第1000回放送は誤りはない。

10周年・15周年記念特別番組については10年目・15年目に入った時点で行われていたが、20周年に関しては満20年に到達した時点で行われた。このほか、1980年代までは毎年10月から11月の間は「○周年突入記念月間」と銘打って、またはその間の1回を特別編成にして放送した。12年目突入の1979年には10月1日、17年目突入の1984年には10月8日にそれぞれ2時間の記念編成が組まれ、通常プログラムと異なる趣向が採られた。

年表[編集]

年度・期間 番組タイトル
・放送時間
司会者 事項・初出演等
男性 女性
1968年(昭和43年) 夜のヒットスタジオ
毎週月曜夜10時
- 10時54分
前田武彦
1968年11月4日 - 1973年9月24日
第1回 - 256回
芳村真理
1968年11月4日 - 1973年9月24日
第1回 - 256回
11月4日、放送開始。当初はモノクロ放送
・初代司会: 前田武彦・芳村真理
・レギュラー: 鶴岡雅義と東京ロマンチカ(1974年10月まで)、小林大輔アナウンサー(恋人選び担当)、
・演奏: 有馬徹とノーチェ・クバーナ・高橋達也と東京ユニオン(1968年11月 - 1969年3月、隔週で担当)
・第1回出演者:島倉千代子布施明美川憲一ピンキーとキラーズほか
ご対面コンピューター恋人選び[9]他人の歌OPメドレーラッキーテレフォンプレゼント(乱数表方式)
11月11日、男優での第1号歌ゲスト・加山雄三初登場、森進一青江三奈園まりらも初登場
11月25日、伊東ゆかり中尾ミエ初登場
12月16日、北島三郎水前寺清子初登場
12月23日、村田英雄橋幸夫初登場
1969年(昭和44年) 「恋人選び」コーナーなどで中村晃子(1月27日)、いしだあゆみ、小川知子(2月24日)が突然放送中に号泣。泣きの夜ヒットとして話題に
1月6日、ザ・ピーナッツ初登場「ガラスの城」。女優の歌ゲスト第1号として松原智恵子が出演
1月27日、春日八郎菅原洋一初登場
2月24日、都はるみ初登場「好きになった人」
3月17日、最高視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録
3月31日、モノクロからカラー放送へ移行、ダン池田とニューブリードがオーケストラに(1969年4月 - 1985年3月)。また、当日からは同番組に続く生番組として「テレビナイトショー」がスタート。同番組の月曜日は「ヒットスタジオ延長戦」として位置づけられ、司会の前田・芳村、構成の塚田ら主要スタッフがそのまま連投(〜1970年9月)
3月31日、吉永小百合が歌手として初登場
4月21日、坂本九初登場
5月19日、由紀さおり初登場「夜明けのスキャット
6月9日、和田アキ子初登場「どしゃぶりの雨の中で
6月23日、佐良直美初登場「ギターのような女の子」
7月7日、ハナ肇とクレイジーキャッツ森山良子初登場
7月14日、同番組構成の塚田茂が前田武彦の代理司会を担当。ザ・ドリフターズ森山良子初登場
8月4日、勝新太郎ちあきなおみ初登場
8月25日、コント55号出演
9月8日、江利チエミ初登場、当時米国に長期滞在中だった親友・雪村いづみと国際電話で久々に会話し号泣
9月15日、浅丘ルリ子が歌手として初登場「愛の化石
9月29日、大原麗子、歌手として登場
10月6日、スポーツ界からの初のゲストとして大相撲の北の富士が出演
10月13日、渡哲也初登場「ギターと旅びと」
10月20日、沢田研二ザ・タイガースのヴォーカルとして初登場。番組方針によりキャスティングが見合わせられていたグループサウンズバンドの番組出演がこの回を機に解禁される。
10月27日、石原裕次郎が初登場
11月17日、元読売ジャイアンツ選手・金田正一が現役引退からほどなく特別出演
11月24日、キックボクシングの人気者・沢村忠が歌手として番組初登場「いかす街だぜ」
12月1日、森田健作ピーター初登場
12月8日、加藤登紀子初登場「ひとり寝の子守唄」
12月15日、西郷輝彦藤圭子初登場、岡田眞澄を特別ゲストとして迎える
12月22日、海外(日本国外)から初のゲストとしてオズモンド・ブラザーズ出演
12月29日、年末特別版として「御対面」の特別ゲストとして金田正一、「恋人選び」の特別ゲストとして津川雅彦を迎えて放送。北島三郎、いしだあゆみ、水原弘、水前寺清子、森進一、佐良直美ら10組以上の常連歌手が“飛び入り”の形で出演、1コーラスずつ当時の最新曲を披露。
1970年(昭和45年) 1月5日、堺正章井上順ザ・スパイダースの一員として番組に初登場
1月12日、松方弘樹が歌手として登場、ジェリー藤尾が一家総出で初出演
1月26日、フォーリーブス初登場「若者は旅をつづける」
2月2日、加藤和彦初登場
2月16日、三田佳子、歌手として登場
3月30日、司会者・土居まさるが歌手として登場「ラブレター」
4月27日、千葉真一、歌手として登場
6月8日、左卜全がヒット曲「老人と子供のポルカ」をひっさげ番組初登場
6月29日、司会者・大橋巨泉が自前のバンド「ザ・サラブレッツ」を引き連れて歌手として登場
7月20日、萩原健一ザ・テンプターズのボーカルとして番組初登場
8月17日、丸山明宏(現・美輪明宏)初出演「むらさき小唄」
9月7日、藤純子(現・富司純子)、歌手として登場
9月14日、倍賞千恵子てんぷくトリオが歌手として登場
9月28日、放送100回達成。人気コーナー「コンピューター恋人選び」で選び出された“擬似カップル”(布施明・水前寺清子、森進一・いしだあゆみ、舟木一夫・佐良直美、ほか)が互いの持ち歌に挑戦
10月5日、藤岡琢也酒井和歌子、歌手として登場
11月2日、朝丘雪路初登場「雨がやんだら
11月9日、同年に制定された日本歌謡大賞特別企画を組む(ちなみに当時の同賞授与式司会は前田武彦であった)。番組史上最年少での初出演歌手・皆川おさむが出演「黒ネコのタンゴ
12月14日、北大路欣也が歌手として番組初登場「矢は放たれた」
12月28日、歌謡界の女王・美空ひばり初登場「愁い酒」
この年、夫婦での出演多数(井上順・青木エミ、和田浩治・梓みちよ、松山英太郎夫妻、長沢純・川口晶など)
1971年(昭和46年) 2月8日、元・タイガースの沢田研二、元ザ・テンプターズの萩原健一をツインボーカルに据えて新たに結成されたバンド「PYG」が番組初登場。ディープ・パープルのナンバーから「Black Night」を演奏
2月8日、ペギー・マーチが特別出演
2月22日、小林旭が初登場「ついてくるかい
3月15日、鶴田浩二初登場「傷だらけの人生
5月24日、「新三人娘」の先陣を切り、小柳ルミ子初登場「わたしの城下町
5月31日、尾崎紀世彦初登場「また逢う日まで
6月21日、夜ヒット最多出演記録を誇る五木ひろしが初登場「よこはま・たそがれ
6月21日、南こうせつ、「かぐや姫」のボーカルとして番組初登場「ひとり寝のかぐや姫」
7月5日、研ナオコ初登場
9月27日、杉良太郎が特別ゲストとして番組初登場。また、「新御三家」の先陣を切り、野口五郎が初登場「青いリンゴ
10月25日、欧陽菲菲初登場「雨の御堂筋」
11月1日、天地真理南沙織初登場
11月15日、第2回日本歌謡大賞特集を組み、尾崎紀世彦ら各賞受賞者が受賞曲を披露
11月22日、坂本九が前田武彦の代理司会を担当
1972年(昭和47年) 5月1日、ペドロ&カプリシャス初登場「さようならの紅いバラ」5月29日、石坂浩二浅丘ルリ子夫妻(当時)が特別出演。これに因み、当日ゲストの一組であったビリーバンバンが石坂作詞の「さよならをするために」を番組初披露
7月24日、あがた森魚初登場「赤色エレジー」
7月31日、チェリッシュ初登場「ひまわりの小径
8月14日、「花の中三トリオ」の先陣を切り、森昌子が初登場「せんせい
8月21日、麻丘めぐみ初登場「芽ばえ
10月2日、大和田伸也牧村三枝子初登場
10月23日、沖雅也、歌手として初登場
12月4日、西城秀樹初登場「チャンスは一度
12月25日、郷ひろみ初登場「小さな体験
10月、「コンピューター恋人選び」担当の小林大輔アナが番組降板。人気声優の野沢那智が2代目“モグラのお兄さん”として新たに番組レギュラー入り
1973年(昭和48年)
( - 9月まで)
1月1日、アグネス・チャン初登場「ひなげしの花
5月28日、桜田淳子初登場「天使の初恋
6月4日、あべ静江アン・ルイス初登場
6月4日、高橋真梨子、「ペドロ&カプリシャス」の新ボーカルとして番組に初出演
7月30日、山口百恵初登場「としごろ
8月6日、テレビ西日本開局15周年記念特別番組として福岡より中継放送、浅田美代子初登場「ひとりっ子甘えっ子
8月13日、殿さまキングス初登場「北の宿」
9月10日、キャンディーズ初登場「あなたに夢中
6月、前田武彦の「共産党バンザイ発言」事件起きる。9月24日に司会降板、芳村真理も同時に一時番組を離れることに
1973年(昭和48年)
(10月 - 1974年3月)
特定司会者なし
(ゲスト歌手輪番制)
1973年10月1日 - 1974年3月25日
第257回 - 281回
固定のレギュラー司会者を設定せず、ゲスト歌手2組が交替で司会を務めるスタイルが採られる
1973年11月5日、梶芽衣子、歌手として番組初出演「やどかり」
1974年2月11日、八代亜紀初登場「しのび恋」
1974年2月18日、石川さゆり初登場「おもいで」
1974年3月4日、チューリップテレサ・テン初登場
1974年(昭和49年)
(1974年4月 - 1975年3月)
三波伸介
1974年4月1日 - 1976年3月29日
第282回 - 386回
芳村真理
朝丘雪路
1974年4月1日 - 1975年3月31日
第282回 - 334回
芳村真理が司会復帰。三波伸介、朝丘雪路が加わりトリオ司会体制に
このころよりスタジオに観客を入れての公開番組形式となる(1976年3月まで)
歌謡ドラマ
4月1日、布施明、ちあきなおみ「ドッキリ虚偽結婚発表」
5月27日、沢田研二・萩原健一・井上堯之バンドが久々に「PYG」名義で生演奏を披露(曲は「初めての涙」)
8月5日、放送300回達成・大磯ロングビーチ中継
8月19日、五木ひろし、ご対面コーナーで2人の恩人との対面に涙の歌唱
10月21日、約1年の休養を経て、舟木一夫が再起作「旅路」で番組に久々の登場
11月4日、グレープ中村雅俊あのねのねが初登場
11月18日、山口百恵の応援ゲストとして、映画で共演したのちの夫・三浦友和が出演
12月9日・16日、同年制定された『FNS歌謡祭』特集を組む。五木ひろし(同年度の年間グランプリを「みれん」で受賞)・布施明(上期の最優秀歌唱賞を「積木の部屋」で受賞)・西城秀樹(下期の優秀歌謡音楽賞を「傷だらけのローラ」で受賞)・郷ひろみ(下期の優秀歌謡音楽賞を「よろしく哀愁」で受賞)・グレープ(下期の特別賞を「精霊流し」で受賞)ら、上期・下期の部門賞(グランプリ候補)を受賞した面々が出演、受賞曲を披露
12月9日、太田裕美初登場「雨だれ」
12月、騎手・増沢末夫が「さらばハイセイコー」で歌手として出演
1月27日、平尾昌晃が特別ゲストとして出演。
2月17日、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド初出演「スモーキン・ブギ」
2月24日、ザ・スリー・ディグリーズ初出演「にがい涙」「荒野のならず者」。これを契機に海外アーティストの出演機会が増え始める
3月31日、ザ・ピーナッツ「サヨナラ」企画(初の「サヨナラ」企画)
司会の朝丘雪路、レギュラーの野沢那智が番組を降板。
放送開始当初からのエンディングコーナー「ラッキーテレフォンプレゼント」が一旦終了
1975年(昭和50年)
(4月- 1976年3月まで)
芳村真理
1974年4月1日 - 1988年2月10日
第282回 - 1000回
4月、「ラッキーテレフォン」に代わるエンディングコーナーとして「スターびっくり箱」開始(但し不評につきわずか数回で自然消滅)
5月5日、細川たかし初登場「心のこり
6月16日、岩崎宏美初登場「二重唱 (デュエット)
7月7日、千昌夫VS佐々木更三民社党委員長(当時)の「東北弁おしゃべり」対決
7月21日、
沢田研二、放送前日に行われた「比叡山フリーコンサート」での元ザ・ピーナッツ・伊藤エミとの結婚報告の模様を撮影したフィルムを独占放送
8月11日、沖縄・海洋博会場から台風直撃のなかで中継
10月20日、テレビ新広島開局記念番組として広島郵便貯金ホールより公開放送、バンバン初出演
11月17日、作詞者・作曲者名のクレジットが曲名・歌手名とともに併記されるようになる
11月24日、同日開催された第6回日本歌謡大賞を組み、布施明ら各賞受賞者が受賞曲を披露。布施はひさびさに実父と感動の「ご対面」
11月、エンディングの新コーナーとして「愛のスターテレフォンプレゼント」スタート(〜76年3月まで)
12月1日、初の「4スタライブ」実施(憂歌団初登場「ひとり暮し」)
12月8日、戦前派の大物・淡谷のり子が特別出演(歴代出演歌手中最高齢での出演)
1976年2月16日、桂三枝(現・六代目文枝)が歌手として登場
1976年3月1日、当日のゲスト歌手の一組、キャンディーズのリードボーカル・ラン(伊藤蘭)の病欠に伴い、当日披露予定となっていた新曲「春一番」の歌唱が見合わせる措置が採られる
1976年(昭和51年) 井上順
1976年4月5日 - 1985年9月25日
第387回 - 877回
井上順が司会に参加
このころから、原則として全曲フルコーラスで歌われるようになる。また、ヒットメドレー企画・ジョイント企画が本格的に番組の看板企画として多用される
エンディングの名物コーナー「ラッキーテレフォンプレゼント」が乱数表方式からスロット方式[10]に変更された形で再開
スター家庭訪問(短期間で打切り)
4月5日、大竹しのぶ初登場「みかん」
6月21日、ジョイント - 森昌子×山口百恵×桜田淳子×岩崎宏美
7月5日、放送400回突破、同月を「400回記念月間」と銘打ち放送
7月19日、あおい輝彦、かつて所属していたジャニーズのメンバー(飯野おさみ、中谷良)とひさびさのご対面、即興で「太陽のあいつ」をワンコーラス披露
8月9日、アグネス・チャン「サヨナラ」企画(カナダへの一時留学による芸能活動休止)
10月11日、三波春夫初登場「人生おけさ」
11月8日、あおい輝彦「君が優しすぎるから」で歌の冒頭でマイクから音が出ないトラブルが発生、1番の半フレーズ近くを歌ったところでいったん演奏を打ち切り、再度歌い直しの措置がとられる
11月15日、アダモ初登場
12月6日、通常使用する第6スタジオを離れ第10スタジオより放送。特別ゲストに阪神タイガース田淵幸一選手(当時)登場
12月20日、ピンク・レディー初登場「ペッパー警部
1977年(昭和52年) 1月31日、当日出演予定のシルビア・クリステルが急病のため出演を直前でキャンセル(翌2月7日放送に代替出演)
2月14日、ビューティ・ペア初登場「かけめぐる青春」
3月21日、高田みづえ初登場「硝子坂
5月2日、狩人初登場、作曲者・都倉俊一の特別指揮の下、「あずさ2号」を披露
5月16日、アグネス・チャン「おかえり」企画(カナダから一時帰国)
6月6日、ジョイント - キャンディーズ×ピンク・レディー
6月27日、ジョイント - 矢野顕子×山本邦山、このジョイント企画が評価され1977年度の民放祭優秀賞を受賞
7月11日、大磯ロングビーチより大雨のなかでの中継、松崎しげる初登場
7月18日、キャンディーズ引退発表会見の模様を放送
8月15日、初代クラリオン・ガールアグネス・ラムが歌手として登場。番組に7年ぶりに登場の作曲者・加山雄三との共演で「雨上がりのダウンタウン」を披露
8月22日、榊原郁恵初登場「わがまま土曜日」
9月19日、ブラザーズ・フォアが特別出演
10月3日、放送10周年突入記念特別番組を放送。
・ジョイント - 布施明×五木ひろし×森進一×沢田研二「マイ・ウェイ」、梓みちよ×小柳ルミ子「カルメン'77」
・花の高三トリオ×新御三家デュエット大会、ほか
11月28日、十朱幸代が歌手として初登場
12月26日、中島みゆきが登場、「わかれうた」「アザミ嬢のララバイ」を披露。このほか、この年から翌年にかけてフォーク・ニューミュージック勢の初登場が相次ぐ(7月11日:大橋純子、7月25日:イルカChar、8月29日:桑名正博、10月10日:五輪真弓、12月5日:原田真二アリス、1978年1月9日:世良公則とツイスト渡辺真知子、2月13日:大塚博堂、5月8日:ハイ・ファイ・セット、5月15日:NSP、6月5日:庄野真代、7月10日:尾崎亜美、10月2日:柳ジョージ&レイニーウッド、12月11日:ゴダイゴ、ほか)
1978年(昭和53年) 1月30日、沢田研二、畳バージョン「サムライ」熱唱
3月27日、石原裕次郎、8年半ぶりの出演「赤いハンカチ」「夜霧よ今夜も有難う」「昭和たずねびと」
3月27日、石野真子がデビュー2日後にして初登場「狼なんか怖くない
4月3日、キャンディーズ、解散コンサートを翌日に控え、会場の後楽園球場より最後の熱唱
中原理恵初登場「東京ららばい
4月17日、竹下景子が歌手として初登場「結婚してもいいですか」
5月8日、歌舞伎俳優・市川染五郎(現・松本幸四郎)が歌手として初登場「野バラ咲く路」
6月5日、番組放送500回達成(5月29日に前夜祭として500回記念放送)
7月3日、石川ひとみ初登場「右向け右
7月31日、サザンオールスターズ初登場「勝手にシンドバッド」、番組史上初めて歌詞テロップ表示の措置を採る
9月25日、南沙織「サヨナラ」企画
10月2日、関東地区にてステレオ放送を開始(これを機にOPのファンファーレ音楽をステレオ放送対応バージョンのものに変更)
11月6日、11周年に突入、記念企画として沢田研二・五木ひろしの異色ジョイント企画を放送
11月13日、11周年突入記念の特別ゲストとしてジャニス・イアンを迎えて放送
12月4日、日本ゴルフ界の第一人者・青木功が特別出演
12月25日、増位山、歌手として登場
1979年(昭和54年) 1月15日、ジョイント - 和田アキ子×柳ジョージ「ひとり酔い」、竹内まりや初出演「戻っておいで・私の時間」
2月19日、杏里初出演「オリビアを聞きながら
2月26日、森進一ナベプロ独立後最初の番組出演、「きみよ荒野へ」を涙の熱唱
3月5日、フジテレビ開局20周年記念番組として放送、ジョイント - 安奈淳×西城秀樹×郷ひろみ×野口五郎「愛あればこそ」
5月14日、小林幸子初登場「おもいで酒
同局系平日夕方のワイドショー番組『3時のあなた』の企画「歌え!ママさん」の優勝チームが中継回線を繋いで岸洋子が歌う「希望」のコーラスを担当
6月4日、ジョイント - 萩原健一×柳ジョージ×井上尭之「大阪で生まれた女」
7月9日、ジュディ・オング、合成映像(ドライアイスの上に海の映像をかぶせたもの)のなかで「魅せられて」を披露
7月30日、ミス・インターナショナル各国代表が総出演、トリの松崎しげる「セーリング・ラブ」でバックダンサーを務める
8月13日、浜田省吾初登場「風を感じて」、敏いとうとハッピー&ブルー田辺靖雄「よせばいいのに」競演
9月10日、松坂慶子初登場「愛の水中花
10月8日、西武ライオンズ球場より強風のなかで中継
11月12日、CHAGE and ASKA初登場
12月24日、初の聖夜週特別編成を組む
1980年(昭和55年) 2月4日、岩崎良美初登場「赤と黒」
3月10日、庄野真代「サヨナラ」企画(長期の歌手活動休止)
4月28日、松田優作松田聖子初登場「裸足の季節
5月5日、水谷豊、歌手として初登場「あす陽炎」
5月12日、放送600回達成
6月2日、イエロー・マジック・オーケストラ初登場「ライディーン」「テクノポリス
6月23日、芦ノ湖畔・箱根園庭園より中継。ところが濃霧がかかってしまう
6月30日、吉田拓郎初登場「いつか夜の雨が」「あの娘といい気分」の2曲を披露。また、田原俊彦河合奈保子も初登場
8月11日、美空ひばり、1970年12月28日以来10年ぶりの出演
8月25日、第10スタジオ・第4スタジオからの放送実施
9月1日、ジョイント - アン・ルイス×竹内まりや「リンダ」(アンのセカンドネームが「リンダ」という縁で)
9月29日、三原じゅん子初出演「セクシー・ナイト」
10月6日、山口百恵最後のテレビ生出演
10月20日、ポール・モーリア楽団が出演、西城秀樹と「サンタマリアの祈り」でセッション
10月27日、ノーランズ初出演
11月17日、多岐川裕美、歌手として初登場「酸っぱい経験」
11月24日、近藤真彦初登場「スニーカーぶる〜す
12月15日、井上陽水初登場「夢の中へ」「クレイジーラブ」
1981年(昭和56年) このころより海外アーティストの出演も増加し、衛星中継も度々行う
1月26日、横浜銀蝿初登場、以降、翌1982年にかけてJohnny嶋大輔杉本哲太ら「銀蝿ファミリー」が続々番組に登場
2月2日、ポリス出演
2月16日、郷ひろみが井上順の代理司会を担当、RCサクセション初登場「トランジスタ・ラジオ」
2月23日、寺尾聰初登場「シャドウ・シティ」「ルビーの指環
3月9日、桃井かおり初登場「バイバイ子守唄」
3月30日、ピンク・レディー「サヨナラ」企画
4月13日、当時、自身のラジオ番組で当日ゲストの一組である村田英雄ネタで笑いを採っていた縁から、ビートたけしが特別ゲストとして出演
6月8日、西田敏行初登場「もしもピアノが弾けたなら」
6月15日、柏原芳恵初出演「ガラスの夏」
6月22日、柴田恭兵阿川泰子初出演
7月20日、山本譲二初出演「みちのくひとり旅
8月17日、イモ欽トリオ初登場、萩本欽一が応援ゲストとしてスタジオに駆けつける。長山藍子が歌手として初出演。
8月24日、真田広之が歌手として初登場「青春の嵐(ハリケーン)」
8月24日、松田聖子が当時公開中の主演映画「野菊の墓」の主題歌「花一色」を披露。応援ゲストに共演者の桑原正が駆けつける
8月31日、石野真子「サヨナラ」企画、タモリが歌手・トランペット奏者として登場
10月26日、宮内淳時任三郎宮崎美子が歌手として番組初登場
11月2日、アリス「サヨナラ」企画
11月9日、シーナ・イーストン初出演
11月23日、松本伊代初登場「センチメンタル・ジャーニー
11月30日、重傷のため長期休養中だった河合奈保子が同番組で復帰、薬師丸ひろ子が初登場
12月14日、オリビア・ニュートン=ジョン出演「フィジカル」
12月21日、北島三郎山本譲二がこの年の互いのヒット曲「風雪ながれ旅」「みちのくひとり旅」で師弟競演
12月21日、来生たかお初登場「夢の途中
同年の「なめ猫」ブーム、横浜銀蝿に代表される「ツッパリ」ブームに便乗する形で製作されたアニメキャラクター「川崎黄金猫舎」が正式のアーティスト扱いで番組に登場、「パープリング・ブギ」を披露(アニメキャラクターの歌披露はこれが唯一のケース)
1982年(昭和57年) 1月11日、竹下景子が芳村真理の代理司会を務める
3月1日、デラ・セダカ&喜多郎、「千年女王」のテーマ曲で競演
3月8日、ピーター・ポール&マリー出演(春一番・PPM特集として放送)、稲垣潤一初登場「雨のリグレット
3月22日、小泉今日子初登場「私の16才
3月29日、アンディ・ウィリアムスが特別出演。松平健が歌手として初登場
4月5日、堀ちえみ初出演「潮風の少女
4月12日、番組放送700回達成。特別ゲストとして内田裕也が初登場。沢田研二桑名正博らロック仲間をコーラスに従え、「さらば愛しき女たち」ほか2曲を披露
4月26日、放送700回記念企画として新婚夫婦300組を招待してのディナーショー形式の記念番組を放送(東京プリンスホテルより)
5月3日、シブがき隊三田寛子初登場。三田の歌につきマイク故障のトラブルが発生し、急遽再度歌い直しの措置が採られる
5月10日、石川秀美初登場「妖精時代」
5月17日、早見優初登場「急いで!初恋」
6月14日、RCサクセション「ガム吐き捨て」事件
6月28日、少年隊が未レコードデビューながらソロのアーティストとして番組に初登場。同放送回のトップバッターとして所属事務所の先輩・フォーリーブスのヒット曲「ブルドッグ」を披露
7月12日、美空ひばり、作者の谷村新司を目の前に「」を熱唱
8月2日、古手川祐子が歌手として初登場(「煙草」)。同放送回のラストでは学生時代からのファンである郷ひろみの相手役を務める
8月16日、あみん初登場「待つわ
8月30日、もんたよしのりの結婚祝福企画を放送
9月20日、中森明菜初登場「少女A
10月4日、15周年突入記念スペシャル、特別ゲスト・ジョーン・バエス
11月1日、松坂慶子、当時公開中の主演映画「蒲田行進曲」の主題曲を共演者の風間杜夫平田満萩原流行石丸謙二郎をコーラスに従えて披露
12月13日、フリオ・イグレシアス、衛星中継で初出演
12月20日、海援隊「サヨナラ」企画、THE ALFEEが初登場「別れの律動(リズム)」
1983年(昭和58年) 1月10日、歌舞伎俳優・先代中村勘三郎が特別出演
1月31日、クリストファー・クロス初登場
2月28日、井上順の代理として田原俊彦が芳村真理の相手役を務める。ジョイント - 佳山明生×日野美歌×箱崎晋一朗「氷雨」、EPO初登場「う、ふ、ふ、ふ、
3月7日、樋口可南子が歌手として番組初登場
3月21日、映画『ブッシュマン』で話題となった"ニカウさん"出演
3月28日、ライオネル・リッチー初出演
4月4日、シルヴィ・ヴァルタン初出演。映画「だいじょうぶマイ・フレンド」で主演を務めるピーター・フォンダが特別出演。同じく同映画に出演する渡辺裕之乃生佳之広田レオナ、音楽監督を務める加藤和彦とともに同映画の主題歌を披露。

5月2日、長渕剛原田知世初登場
5月9日、プロゴルファーの湯原信光倉本昌弘が特別出演
5月16日、THE GOOD-BYE初登場
6月13日、カルチャー・クラブ初出演
6月20日、「007」シリーズの「ジェームス・ボンド」役で人気のロジャー・ムーアが特別出演
6月27日、新曲「夏模様」を引っさげて登場の柏原芳恵の応援ゲストとして、同曲の作詞者・“微笑杏里”こと藤真利子が登場。翌年4月には歌手として出演を果たす
7月4日、細川たかしが井上順の代理司会を担当。美空ひばりが作者・来生たかおとのジョイントで異色作「笑ってよムーンライト」を披露
8月8日、岸本加世子が歌手として番組初登場「心が・・・」。ドラマ共演で親交を深めた宇津井健が応援ゲストとして登場
8月22日、風間杜夫が歌手として番組初登場「夏も泣いている」
10月10日、代々木第一体育館より中継、海外ゲスト: リック・スプリングフィールド
11月14日、ジョイント - チョー・ヨンピル×渥美二郎、内田あかり、殿さまキングスほか「釜山港へ帰れ」。原田芳雄が歌手として番組初出演
11月21日、U2ジャッキー・チェン初出演、U2の演奏時にアンプが突然故障するハプニング発生
12月5日、ジョイント - 研ナオコ×小椋佳「泣かせて」
12月19日、ポール・アンカ初出演
同年春より出演歌手のキャスティング方針が変更され、新人歌手の番組出演機会が大幅に制約されることに(バーニングプロダクション渡辺プロダクションジャニーズ事務所所属新人を除き、原則2年目から出演解禁の方針が採られる)

1984年(昭和59年)
( - 1985年3月まで)
1月16日、デュラン・デュラン初出演
1月23日、ジョイント-森昌子×円広志「越冬つばめ
2月6日、安全地帯(「ワインレッドの心」)・戸川純(「玉姫様」)初登場
2月13日、チェッカーズ初登場「涙のリクエスト
3月、番組放送800回達成
4月9日、中井貴一杉山清貴&オメガトライブ初登場
4月16日、THE MODSが衛星生中継で初登場「バラッドをお前に
4月23日、荻野目洋子初登場「未来航海〜Sailing〜」
4月30日、「52歳の大型新人」芦屋雁之助初登場「娘よ」<br/>5月21日、世界的人気を誇るピアニスト・リチャード・クレイダーマンが特別出演、「渚のアデリーヌ」を生演奏
同年後活場所で力士を引退したばかりの元関脇・高見山が特別出演
5月28日、前日開催の東京優駿で1着になった三冠馬・シンボリルドルフに搭乗の騎手岡部幸雄と調教師・野平祐二がオープニングの特別ゲストとして登場
6月18日、大沢誉志幸初登場「その気×××(mistake)」
映画『瀬戸内少年野球団』で共演した郷ひろみの応援ゲストとして同映画の主演・夏目雅子が特別出演
7月30日、一世風靡セピア初登場
9月3日、舘ひろし初登場「泣かないで」
辻久子、前橋汀子ら、クラシック界からの出演者が登場
9月24日、松坂慶子志穂美悦子、当時公開中の映画「上海スパンキング」での一コマを番組で再現、主題歌「ウェルカム上海」を披露
10月1日、映画『おはん』の主題歌を歌う五木ひろしの応援ゲストとして同作品の原作者・宇野千代と主演の吉永小百合が出演
10月8日、2時間スペシャル
・松田聖子「あなた」、田原俊彦「BEAT IT」、中森明菜「イミテイション・ゴールド」、美空ひばり「ラブ・イズ・オーヴァー」など
・萩本欽一率いる「欽ちゃんファミリー」総出演、ファミリーを代表して志穂美悦子「もしも明日が
・ジョイント - 石川秀美×早見優×堀ちえみ「やさしい悪魔
10月15日、ビートたけし、歌手として「たけし軍団」を率いて登場
11月5日、「Footloose(フットルース)」が日本でも大ヒットのケニー・ロギンスが来日初出演
11月12日、同年、世界的なヒットとなった映画「ゴーストバスターズ」の主題歌を歌うレイ・パーカーJr.が初登場
11月19日、西城秀樹・郷ひろみ、「Careless Whisper」で「対決」
12月17日、都はるみ「サヨナラ」企画
1985年1月21日、マドンナ初出演「ライク・ア・ヴァージン」
1985年1月28日、吉幾三初登場「俺ら東京さ行ぐだ」、プロデュースを務めた千昌夫が応援に駆けつける
1985年2月18日、プロレス界の第一人者・アントニオ猪木が特別出演
1985年2月18日、菊池桃子初登場「卒業-GRADUATION-」、木の実ナナ・細川俊之、ミュージカル「ショーガール」の一コマを再現
このころよりシングル(当時はEP盤)B面・アルバム(当時はLP盤)収録曲披露の機会が多くなる(松田聖子「ボン・ボヤージュ」「夏服のイブ」、小泉今日子「風のマジカル」、郷ひろみ「暗闇のディーン」、シブがき隊「100万粒の涙」など)
1985年(昭和60年)
(4月 - 9月)
夜のヒットスタジオ
DELUXE

毎週水曜夜9時2分
- 10時52分
曜日を月曜→水曜へ移動、2時間へ拡大
ニューブリードのバンマスがダン池田から三原綱木に交替(ザ・ニューブリードスペシャル、1985年4月 - 1986年3月)
また、このころから、番組で芳村真理プロデュースのファッションショーがレギュラー企画化される
マンスリーゲスト制(第1回目のマンスリーは小柳ルミ子)
今夜のヒットスタジオ(事前2分番組。牧原俊幸、本間淳子〈のちに永真理〉各アナウンサーが担当)、タイムトンネル、このほかDX初期にはビデオレター、ニュースコーナーなども存在
4月10日、ボン・ジョヴィ初出演
4月10日、吉幾三、地元の村民とご対面(村民全員が駆けつけたとの話もある)
4月17日、フランク・シナトラ、スタジオ出演&ティナ・ターナー衛星中継出演
4月17日、とんねるず初登場
5月1日、斉藤由貴初登場「卒業
5月22日、バリー・マニロウ、衛星中継で番組初登場。当日放送でのマニロウからのリクエストに従い、来日初出演時(同年6月12日)には全国から募集した100人の現役芸者が彼を出迎える
6月5日、高田みづえ「サヨナラ」企画、引退前最後のテレビ出演
6月19日、世界的サックス奏者・渡辺貞夫がマンスリー・田原俊彦とのセッションで番組初登場
7月3日、東京ティズニーランドの人気キャラクター、ミッキーマウスミニーマウスが登場
7月24日、おニャン子クラブ中山美穂初登場
大関・北尾が特別出演
7月31日、高中正義TUBE初登場
8月7日、谷村新司・佐藤隆が「12番街のキャロル」で「対決」
8月14日、中森明菜が喉の不調のため、当日歌唱予定だった新曲「SAND BEIGE」の披露を見合わせる措置が採られる。
8月21日、森進一、坂本九を追悼して「見上げてごらん夜の星を」絶唱
原田知世野村宏伸渡辺典子の当時の角川映画を代表する俳優3人が特別ユニット「BIRD」として登場
9月4日、競輪選手・中野浩一が特別出演
9月18日、おニャン子初のソロデビュー組として河合その子が初登場。以後、うしろゆびさされ組(85年10月9日)、新田恵利(86年1月8日)、国生さゆり(同2月5日)、吉沢秋絵(同3月19日)、福永恵規(同5月28日)、城之内早苗(同7月16日)、渡辺美奈代(同11月5日)、渡辺満里奈(87年1月28日)らが続々ソロ歌手として番組に登場、1987年初頭にかけて番組にも「おニャン子旋風」が吹き荒れる
9月25日、9年半にわたって司会を務めた井上順が番組を降板。田原俊彦河合奈保子ら当日出演の予定のなかった歌手が井上のラスト司会を見送るために駆けつけエンディングでは「お世話になりました」を歌唱。相方の芳村真理は号泣しながら井上の10年に及ぶ労を労った。
1985年(昭和60年)
(10月 - )
古舘伊知郎
1985年10月2日 - 1990年10月3日
第878回 - 1131回
テレビ朝日アナの古舘伊知郎が4代目の男性司会者として登場
10月2日、アン・ルイス・吉川晃司が「六本木心中」で過激なライブパフォーマンスを展開、物議を醸す
10月2日、岸千恵子が大勢の地元の後援会の面々が駆けつける中、「千恵っ子よされ」をスタジオ狭しに駆け回りながらの熱唱。随奏の三味線伴奏者や当日のゲスト歌手までもが即興で踊り出し、スタジオ内が異様な熱気に包まれる
10月9日、ジョイント - 矢野顕子×坂本龍一(夫婦競演)
10月9日、HOUND DOG初出演。多数のファンがスタジオに駆けつける中で「ff (フォルティシモ)」を熱唱、曲の途中で当日の出演者の一人、サザンオールスターズの桑田佳祐が飛び入りでジョイント。
10月16日、阪神タイガース優勝の瞬間を生中継
11月13日、ホイットニー・ヒューストン衛星生中継で初出演
11月20日、矢沢永吉、ロサンゼルスからテレビ初生出演
12月4日、ジョイント - 西城秀樹(マンスリー)×バリー・マニロウ腕の中へ
12月11日、SHOW-YA初登場
12月18日、逸見政孝が古舘の代役司会、ジョイント - 沢口靖子×布施明「白の円舞曲」
12月25日、当日放送回の前半トリで「夢よ急げ」を披露する予定となっていたTHE ALFEEの演奏中にギターが故障して演奏の続行が不可能になるアクシデントが発生。急遽、後半(22時台)の曲順・構成を入れ替え、番組の最後に再演奏する措置が採られる。
1986年(昭和61年) オーケストラがTHE HIT SOUND SPECIALに(指揮: 新井英治、1986年4月 - 1989年9月)
1月29日、大関・朝潮夫妻が特別ゲストとして登場
2月5日、露木茂、古館の代理司会を担当(芳村・露木という当時の『FNS歌謡祭』司会コンビでこの回は進行がなされた)
2月12日、本田美奈子初登場「1986年のマリリン
3月5日、BOØWY初登場「わがままジュリエット
3月26日、放送900回突破を記念して、歴代の出演歌手を集めての2時間の総集編企画を組む。番組中盤にはおニャン子クラブからの卒業を発表した中島美春河合その子の送迎企画を放送
4月2日、ハリー・ベラフォンテ出演。ゲスト歌手全員での「We Are The World」大合唱
4月9日、南野陽子初登場「悲しみモニュメント
4月16日、西村知美初登場「夢色のメッセージ
5月7日、聖飢魔II初登場「蝋人形の館
5月21日、スティーヴィー・ワンダーが衛星生中継で初出演。ブレッド&バターとともに「remember my love」をジョイント
フィルピンコラソン・アキノ大統領の実娘、クリス・アキノが特別出演
5月28日、甲斐バンド、最初にして最後の出演、「漂泊者」などを披露
6月11日、シンディ・ローパー初出演
7月23日、渡辺美里初登場
8月6日、スターダストレビュー初登場「今夜だけきっと」
8月20日、ジョイント-西城秀樹×カシオペア×宇崎竜童「約束の旅」ほか
8月27日、森昌子「サヨナラ」企画
9月10日、オメガトライブの新ボーカル・カルロス・トシキ、久々の肉親との対面に号泣
9月10日、モナコ公国公女・ステファニー・ド・モナコが歌手として衛星中継で出演
9月17日、陣内孝則が歌手として初登場
9月24日、ジャネット・ジャクソン初登場
10月8日、ジョイント-桜田淳子×寺泉憲、ミュージカル「アニーよ銃をとれ」のナンバーから3曲を披露
10月22日、ロッテオリオンズから中日ドラゴンズへと移籍したばかりの落合博満が特別ゲストとして出演。翌年1月には「サムライ街道」をひっさげて歌手として出演を果たす
11月26日、ジョイント - 岩崎宏美×布施明
広島東洋カープ山本浩二選手が特別出演
12月31日、特別企画「世界紅白歌合戦」として放送、衛星生中継でロッド・スチュワートボブ・ゲルドフバングルスレジーナが初登場[11]
1987年(昭和62年)
( - 1988年2月まで)
視聴者プレゼントの賞品がテレカ
2月4日、今井美樹初登場「頬に風」
2月25日、TM NETWORK初登場「Self Control」
3月4日、ジョイント - 宇崎竜童(マンスリー)×内田裕也、ジョー山中、桑名正博ほか「ロックンロール・ウィドウ
3月11日、堀ちえみ、休業前最後のテレビ出演
3月25日、ジョイント-EPO×鈴木雅之「Down Townラプソディー」
5月 - 6月10日、結婚を控えた郷ひろみが6回連続の最長記録マンスリーゲストに
5月13日、ジョイント - 河合奈保子×杏里「オリビアを聴きながら
5月27日、大相撲の新大関・小錦が特別出演
6月17日、斎藤由貴、島田歌穂ら「レ・ミゼラブル」のキャストが勢揃い、「ピープルソング」を大合唱
7月22日、直前に逝去した石原裕次郎の追悼企画として、1978年3月27日放送分より、彼の出演パートを抜粋してノーカット放送。
7月29日、光GENJI坂本冬美初登場
8月5日、五木ひろしが芳村真理の代理司会を担当
8月19日、デッド・オア・アライブ初登場
8月26日、久保田利伸初登場「TIMEシャワーに射たれて」、おニャン子クラブ「サヨナラ」企画
9月16日、徳永英明酒井法子初登場
10月7日、バービーボーイズ初登場「泣いたままでListen to me」
10月14日、米米CLUB初登場
大物海外アーティストの出演相次ぐ(11月18日:ポール・マッカートニー、12月16日:エルトン・ジョンほか)
11月25日、「ダウン・タウン・ブギウギバンド」再結成・8年ぶりの出演
12月、渡辺謙がマンスリーゲストとして1か月連続出演
12月23日、クリスマス特別企画として東京ディズニーランドの人気キャラクターがスタジオに勢揃い。番組中盤では大勢のダンサーを交えた大規模なレビューショーを展開。
12月30日、初の「スーパーデラックス」版放送
・ジョイント - 田原俊彦×久保田利伸×AMAZONS「It's BAD」、中森明菜×玉置浩二×井上陽水「飾りじゃないのよ涙は」、吉田拓郎×THE ALFEE「アジアの片隅で
THE BLUE HEARTSがテレビ生番組初登場
1988年1月6日、谷村新司・堀内孝雄、「アリス」再結成・同バンド名義では7年ぶりの登場、プリンセス プリンセス初登場
1988年2月3日、999回記念・ロンドン衛星生中継を実施
1988年2月10日、放送1000回達成、同時に第1回より司会を務めた芳村真理が同記念放送を以て司会を引退(3時間特番、新高輪プリンスホテルより)
1988年(昭和63年)
(1988年2月 - 12月)
古舘伊知郎/
柴 俊夫
1988年2月24日 - 1989年9月27日
第1002回 - 1084回
柴俊夫が司会に参加、男性2人制に
4月20日、泉谷しげる初登場「褐色のセールスマン」
6月、1985年秋から活動を休止していたサザンオールスターズがマンスリーゲストとして復活。初日にあたる6月1日放送では2年半ぶりの新曲「みんなのうた」を熱唱
6月22日、尾崎豊、テレビ生番組初出演「太陽の破片
7月20日、大江千里初登場「GLORY DAYS」
7月、マンスリー・小泉今日子が10分近い大作「夏のタイムマシーン」を前後編に分けて披露
8月、マンスリーゲスト制を休止し、特別企画として毎週異なるアーティストによる第4スタジオでの公開ライブ企画を実施(翌1989年8月期にも実施)
8月24日、活動休止を発表した安全地帯のボーカル、玉置浩二が報告をかねて単独で番組に出演。休止前最後のシングル曲「微笑みに乾杯」をソロで披露(但し、クレジット上はグループとしての出演として取り扱われる)
9月7日、所ジョージ、歌手として登場「故郷」
9月28日、ジョイント - 加山雄三ザ・ワイルドワンズ「旅人よ」
10月19日、志村けんが『だいじょうぶだぁ』ファミリーを率いて登場
11月9日、津川雅彦一家が特別出演。列車にちなんだ歌をメドレー形式で披露。
11月、番組放送20周年
マンスリー・スタジオLIVE恋人選びコーナー12年ぶりに復活
・11月23日、初代司会の前田武彦・芳村真理を迎え20周年特別版放送
・11月30日、ザルツブルクより衛星中継
・12月7日、20周年記念今昔総集編放送
・マンスリーに松山千春登場
12月28日、『スーパーデラックス』放送
・ジョイント - HOUND DOG×THE ALFEE「SWEAT&TEARS+ff(フォルティシモ)」、渡辺美里×泉谷しげる×大友康平「恋したっていいじゃない」ほか
1989年(平成元年)
( - 9月まで)
3月1日、「サディスティック・ミカ・バンド」再結成・初登場「Boys&Girl」
3月29日、パリより衛星中継
4月、さだまさし、マンスリー出演
・4月5日、「親父の一番長い日」ノーカット披露
・4月19日、「建具屋カトーの決心」TV放送と同時にレコーディング
5月3日、横浜アリーナ中継
6月14日、田原俊彦、当時放送中の主演ドラマ「教師びんびん物語II」の"教え子"たちとドラマ主題歌「ごめんよ涙」で共演
7月12日、ジョイント - 大江千里(7月マンスリーゲスト)×渡辺美里×TM NETWORK「ジェシオ'S BAR」、ほか
7月26日、UNICORN初登場
8月2日、ジョイント - さだまさし・佐田玲子「あなたを愛したいくつかの理由」
8月23日、DREAMS COME TRUE初登場「うれしはずかし朝帰り
9月20日、宮沢りえ初登場「DREAM RUSH」
9月27日、DELUXE終了、柴俊夫が司会降板
1989年10月 - 1990年(平成2年) 夜のヒットスタジオ
SUPER

毎週水曜夜10時
- 10時54分
古舘伊知郎 加賀まりこ
1989年10月18日 - 1990年10月3日
第1085回 - 1131回
2時間から1時間へと放送時間短縮(番組4分割)
バンマスが服部隆之に交替
1989年11月8日、2日前(11月6日)に逝去した松田優作を追悼するコーナーを特別に設定、松田が出演した1980年4月28日放送分のVTRを放映
1989年11月15日、菅原文太が歌手として登場
1990年3月7日、B'z初登場
1990年4月25日、香港から生放送
1990年5月30日、コロッケが歌手として登場
1990年6月以降、テコ入れ策の一環として、オープニング後の最初の曲に往年のヒット曲を据える構成が採られるようになる(南こうせつ神田川、CHAGE and ASKA「万里の河」、長渕剛「巡恋歌」、など)
1990年8月29日、番組史上最後の初出演アーティストとしてB.B.クィーンズが登場
1990年9月、22年ありがとう月間として放送
・マンスリーに松山千春再登場
・22年の最後を締めくくる歌は若手最多出演者・田原俊彦「ジャングル Jungle」
1990年10月3日、22年間にわたる歴史に幕

夜のヒットスタジオ(第1作)[編集]

  • 放送期間:1968年11月4日 - 1985年3月25日
  • 放送時間:月曜日 22時 - 23時(1972年4月からは22時56分まで、1972年10月からは22時55分まで、1975年10月からは22時54分まで)

新種の歌謡バラエティ番組として(1968 - 1973)[編集]

従前、フジテレビの月曜22時台はドラマ枠であったが、1960年代における22時台は当時の放送業界の認識では深夜に近い時間帯であり、視聴率は苦戦を強いられていた。1968年11月、『夜のヒットスタジオ』は3ヶ月〜半年程度の繋ぎ番組としてスタートした。第1回のゲストは島倉千代子ピンキーとキラーズ布施明小川知子ほか計8組。ネット局はフジテレビ・東海テレビ関西テレビテレビ西日本の4局で、当時クロス局であった広島テレビ仙台放送札幌テレビはネットしていない。

構成は当時多くの人気番組を抱えていた塚田茂、プロデューサーはフジテレビ朝のワイドショー番組『小川宏ショー』のスタッフであった伊藤昭。司会には塚田が構成を務めた『お昼のゴールデンショー』の司会として人気タレントとなっていた前田武彦、その相手役には『小川宏ショー』のホステス役を務めた経験から伊藤とも面識のあった芳村真理。このほかムードコーラスグループの鶴岡雅義と東京ロマンチカ(1974年10月まで出演)と、当時フジの看板アナウンサーであった小林大輔もレギュラー出演者として名を連ねた。前田・芳村の司会者への起用は、当番組開始の前年にニッポン放送で放送された前田がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組『男性対女性』で芳村がゲストパートナーとして出演した際の二人のやりとりを偶然聴取した塚田が、伊藤に「新番組の司会はこの二人でいきたい」と強く推薦して決まったものであるという[12]

それまで視聴者にとって雲の上の存在だったスター歌手の人間性を引き出すことを当初のコンセプトとし、終了時まで続いた「ご対面」や「他人の歌オープニングメドレー」、エンディングで視聴者に電話をしスロットで表示された額(最高10万円)をプレゼントする「ラッキーテレフォンプレゼント」のほか、その回のゲストが歌う曲をモチーフとしたコント形式の「歌謡ドラマ」、ゲスト歌手の性格・嗜好を電子計算機にインプットし相性の合うタレントをはじき出す「コンピュータ恋人選び」といったバラエティ色の強い企画が用意された。当時集団就職等で夜遅くまで働いている若者たちが丁度落ち着いてテレビを見られる時間帯に歌を聴かせる番組、楽しませる番組が一つぐらいあってもいいのではという点もあり、その時折に沿った童謡をBGMに司会者が登場するシーンや「ご対面」などはその点を強く意識したものであると言われている(伊藤昭談)[13]

司会者が歌手たちと自然体でやり取りするというスタイルも異色であった。前田は自らを「あだ名の名人」と称して、必ず歌手やスタッフにあだ名を付けた(例:芳村真理→「ナマズのおばさん」、塚田茂→「ドンドンクジラ」、小林大輔→「モグラのお兄さん」等。前田自らも「カワウソおじさん」と称した)。当時「フリートークの天才」として持て囃された前田と丁々発止のやり取りを繰り広げた芳村の司会振りはそれまでのテレビ番組の世界では置物的色彩の強かった女性司会者の概念を覆し、この番組をきっかけにこの後、1980年代にかけて『3時のあなた』『ラブラブショー』(何れもフジテレビ系)、『料理天国』(TBS系)など多数の人気番組の司会を担当、テレビ司会者としての地位を確立した。

レコード会社や事務所側との出演交渉が難航した[14]影響から番組スタートからしばらくは視聴率10%台を行ったきたりの低空飛行を続けていた(第1回放送の視聴率は12%)が1969年1月27日と1969年2月24日の放送で小川知子、中村晃子いしだあゆみが「ご対面」「コンピューター恋人選び」のコーナーで相次いで突如号泣するハプニングが発生(「泣きのヒットスタジオ(夜ヒット)事件」)。スターが一人の人間として涙を流しながら必死で歌うシーンが話題となり、これを機に視聴率が急上昇し、1969年3月17日の放送では最高視聴率42.2%を記録。『ヒットスタジオ』は当時高視聴率番組が少なかったフジテレビにあって貴重な「ドル箱」番組となった。

1969年3月31日、モノクロ放送からカラー放送に移行と同時に、番組専属の演奏バンドとして結成間もない「ダン池田とニューブリード」を抜擢。この頃から当初は出演を拒否していた歌手・タレントも番組の評判を聞きつけ続々と出演するようになり、時には出演したいのに出演できない歌手も出るほど(前田武彦談)であったという。『夜ヒット』の出演者人選の特色の一つに「男優・女優を歌手としてゲスト出演させた」点が挙げられるが、この時期には吉永小百合加山雄三勝新太郎石原裕次郎浅丘ルリ子ら当時のスター俳優が多数出演した。1969年末には海外ゲスト第1号として、当時日本でもアイドル的存在として人気急上昇中であったオズモンド・ブラザーズ (en:The Osmonds) が出演するなど、「バラエティに富んだ出演者陣を網羅する」という番組の特色の土壌がこの時期に築かれた。

当時の歌謡番組は『ロッテ 歌のアルバム』(TBS)等に象徴される純然たる歌謡ショー形式の番組が大半であったが、1969年10月にスタートした『NTV紅白歌のベストテン』で「ウソ発見器」などのコーナーで歌手の人間性を重視する構成がなされたり、歌手が自然体でMCを行う歌謡番組が多く登場するなど、当初異色の扱いだった『ヒットスタジオ』は、他局の歌謡番組の制作方針にも大きな影響をもたらした。

番組の挫折とバラエティ色の強化(1973 - 1976)[編集]

1973年6月、前田武彦が参議院大阪選挙区補欠選挙に立候補した日本共産党沓脱タケ子候補の応援演説の際に「生放送中に候補者が当選した際にはバンザイを必ずやりますから見ていてください」という旨の約束をし、その候補者が当選したことから『夜ヒット』のエンディング時にバンザイのポーズをしたところ、このことが「反共」を掲げていた鹿内信隆フジサンケイグループ議長の逆鱗に触れ、これが引き金となり、最終的に前田は同年9月をもって当番組の司会を解任、他局の大半のレギュラーもこれと時同じくして降板の憂き目に遭った(「共産党バンザイ事件」)。

この騒動は『夜ヒット』に大きなダメージを与えた。番組自体は続けられることとなったが、共産党をはじめとする左翼政党に対して一般の支持者がそれなりに多かったこの時代において、番組についてしまった負のイメージの早期払拭を図るべく、前田の解任と同時に芳村真理も一旦降板させ、1973年10月からはあえて正規の司会者を置かずに、ゲスト歌手の中から男女1名ずつ司会を起用。水前寺清子坂本九佐良直美井上順など司会者としての実力もある歌手から五木ひろし森進一ピーター南沙織など司会経験がほとんどない歌手に至るまで、意外性のある人選で注目度を維持し続けることを狙いとしたが、このスタイルはあくまでも暫定的なもので、実際には早い段階で芳村を番組の軸としての仕切り直しが検討されていた。芳村には当番組の一時降板と同時に同番組スタッフによる木曜20時枠の新番組『木曜リクエストスタジオ』が用意され、その半年後には当番組に復帰(これに伴い、『木曜―』は1974年春の改編で打切り)したため、この復帰劇に対して一部週刊誌・テレビ情報誌では「芳村の番組復帰は既に前田との同時降板の段階から、前田サイドには内密のうちに仕組まれていた“出来レース”復帰に過ぎない」といった批判もなされた。)[15]

半年間のレギュラー司会者なし、歌手による司会者輪番制による放送を経て、1974年4月から芳村真理が再び司会者に復帰。芳村を軸として、塚田とは旧知の仲であり、当時『笑点』(日本テレビ系)や『お笑いオンステージ』(NHK)などで幅広い年代層に人気司会者の地位を確立していた三波伸介、そして、前田時代からの常連歌手の一人であり、またかつてごく短期間ながら同局系の歌謡番組『ゴールデン歌謡速報』の司会を務めた経験のある朝丘雪路を新たにパートナーに起用してのトリオ司会体制に移行。[16]この体制が採られた当初は芳村と朝丘の二人が番組進行の全般を行い、その間にコメディリリーフ的な役割として三波が茶化しを入れに割り込むという当時のテレビ番組としては異例ともいえるMCスタイルが採られた。[17]が、1974年7月以降、舞台公演との兼ね合いから朝丘が度々番組出演を見合わせるようになったために、三波も朝丘の代役として番組進行に本格的に参加する機会が多くなり、最終的に1975年3月末で朝丘は起用からわずか1年で司会を降板。同4月以降は芳村・三波の男女ペアによる司会体制に完全移行した。

三波にとってはこの番組が初めての本格的な歌謡番組での司会であった。『ヒットスタジオ』は前田司会の時代から「歌謡番組」を軸としてバラエティ色を盛り込む構成がとられていたが、三波登板の時期にはその回で歌われる曲を題材としたコントコーナー「歌謡ドラマ」がメイン企画となり、東北弁で桜田淳子和田アキ子扮するホステスを口説く中年男性や、はげ頭のカツラをつけて新婦役の小柳ルミ子の父親の役などをふんだんにアドリブを交えながら演じるなど、芸人としての三波の魅力が最大限発揮された。また、毎回冒頭では三波が時期や場所を使った「川柳」を言うのが毎回のパターンとなった[18]。この他三波の芸人ならではの軽妙洒脱な司会ぶりも、番組カラーの明朗化をアピールする上で効果を発揮した。

その一方でバラエティ色が極端に強くなったことへの批判に対応すべく、1975年に入ってからは実力派の黒人女性コーラスグループ・スリー・ディグリーズや戦前派の大物・淡谷のり子を出演させたり、バンバンシグナルダウン・タウン・ブギウギ・バンドといった新人のフォークグループバンドにもいち早く出演交渉を行い、放送スタートから満7年を迎えた同年11月からはそれまでは省略していた作詞・作曲者のクレジットを曲名・歌手名テロップとの併記で表示するようになるなど、キャスティング・演出面でのテコ入れが頻繁に行われるようになった。これらの強化策を講じていく中でで、特に当時のディレクター・疋田拓を中心とする中堅スタッフを中心に製作サイドの間で総合音楽番組への方向転換への機運が次第に本格化、当初はバラエティ要素の要として司会に起用された三波と番組の路線との間にも次第に齟齬が目立ち始めるようになった(実際、司会後期の頃には、ポップス・フォーク系歌手の司会の場面で前提知識の疎さを露呈してしまう場面も多々見られた)。そして、1976年春、製作陣は放送スタート以来の看板企画であった『歌謡ドラマ』の打切りを柱として、段階的ながら大幅な番組構成の刷新を断行する方針を決定。同時に三波は2年で番組を離れることとなり、ここで歌謡バラエティ番組としての『ヒットスタジオ』は一応の区切りが付けられる事となった。

三波司会時代の最大のハプニングといえば、1975年8月の沖縄国際海洋博覧会からの生中継である。中継当日に台風が沖縄全土を襲来し、特設ステージを設置したにもかかわらずほとんど使用できず、スタッフ用の手狭なブースの中で放送を行う事態に陥った。これ以降、西武球場からの中継(1979年10月8日放送)では強風、大磯ロングビーチからの2回目の中継時(1977年7月11日放送)では大雨のために途中からニューブリードによる生演奏が不可能となり、カラオケ演奏に切り替えるハプニングに見舞われるなど、「ヒットスタジオが野外会場から放送するときは悪天候に見舞われる」とのジンクスを生むきっかけとなった出来事であった。

尚、この前田・芳村司会時代最末期→司会者輪番時代→芳村(・朝丘)・三波司会時代(1973年〜1976年3月まで)は関東近郊の視聴者を募っての公開番組形式で放送された。

総合音楽番組への変容(1976 - 1985)[編集]

1976年4月、三波伸介に代わる男性司会者として井上順を起用[19]。井上の司会起用後程なくして、バラエティ色の強い人気コーナーを廃止する[20]に公開放送方式も廃止。1回あたりの出演者数を9 - 10組から7 - 8組程度まで絞り込み、原則としてフルコーラスを披露する構成を採った。

この時期には「楽曲・歌手を中心に」という番組の趣旨から、それまでは軽視されていた歌唱・演奏中の演出(特に舞台装飾)についても様々な試みがなされた。例えば、スタジオ一面に敷きつめた畳の上で歌った沢田研二の「サムライ」、当時まだ珍しかった生放送での合成映像により海の上で歌っているという演出効果を行ったジュディ・オングの「魅せられて」、世良公則とツイストの「あんたのバラード」や山口百恵の「絶体絶命」などでの歌舞伎との融合、郷ひろみの「ハリウッド・スキャンダル」におけるスタジオ全体の電飾装置の配置などである。オーケストラの配置についても、ステレオ放送開始に対応してか、1978年からはシンセサイザーや補助のギター演奏者を配置するブースが設けられ、ストリングスの配置人数も1980年3月からは6名から8名に増員される等、音のクオリティの向上も頻繁に図られた。

当時ADを務めたきくち伸によれば、『ヒットスタジオ』は当時局内でも一番制作現場が厳しい番組として恐れられていたという[21]。当時の看板プロデューサー・疋田拓の総合演出のもと、リハーサルは毎回10時間以上に及び、若手スタッフは怒号の入り混じった制作首脳陣の指示に従い、本番中も数十秒の間にセット・舞台装置のチェンジを完了させるなど、相当の労力が一つ一つの演出・構成に対して注がれていた。その緊迫感は、宇崎竜童、郷ひろみら当時の出演歌手や関係者の多くから後年「夜ヒットの現場は"戦場"そのものだった」と形容されるほどであった[2]和田アキ子は後年「バンドの人もカメラマンの人もみんな厳しかった」と当時の現場スタッフたちの様子を回顧している。

他方、この時期の司会進行は、それまでのパターンを踏襲しながらも、ボケ(井上)とツッコミ(芳村)の役割が明確化されたスタイルでなされた。井上は当時「芳村家・井上家でホームパーティーをやる」、芳村も「歌手・出演者・スタッフ全てとお祭りをする」というコンセプトでスタッフや歌手たちに接していたと後年回顧している。上述のスタジオ全体を覆う厳格さ・緊迫感の中で萎縮している歌手たちの気持ちを解きほぐし、最大限の力を発揮してもらいたいとの思いがあってのことであったという。この司会コンビによって『ヒットスタジオ』は大人向けからファミリー向けの番組へと変質していった。なお、両者の細かな役割分担は時期によって微妙に異なり、1980年ごろまでは細部進行を芳村が行い、井上は茶化しや盛り上げ役を担当するパターンが一般的だったが、その後は井上も細部進行を行いつつ茶化しを入れ、所々で芳村が軌道修正やフォローのための要所を締めるコメントや掛け合いをして歌手を送りだすことが多くなった。また、海外アーティストの来日時等に用意されたいわゆる「4スタライブ」の進行については、芳村と井上が各回で交互に担当する形となっていた。

芳村真理の派手な服装と奇抜なヘアスタイルもこの時期に顕著となった。芳村は花井幸子イッセイ・ミヤケなど自身と交友の深い国内のデザイナーのもの以外にも、クリッツアやジャン=ポール・ゴルチエなど当時日本ではまだ浸透していなかった海外のデザイナーの服も多く着用していた。女性歌手にあっては、芳村に負けじと特注の衣装を何着も用意し、また服飾関係の知識に精通した人物の助力を借りてその衣装に似合うスタイリングを行うケースも多く見られた。この慣習がのちにスタイリストという職業が脚光を浴びる契機を作ったとも伝えられている。芳村に対しては当時「司会者の方が歌手よりも派手なのは如何なものか」といった批判も向けられていたが、この番組特有の華やかさのベースとして不可欠の要素となっていた。

この時期には、1977年に五輪真弓(10月)、中島みゆきアリス(12月)、1979年には浜田省吾(8月)、1980年には吉田拓郎YMO(6月)、井上陽水(12月)、1983年には長渕剛(5月)などこれまでテレビ出演に消極的姿勢を採ってきたフォーク系・ニューミュージック系の一流ミュージシャンが次々と初出演した。また、松坂慶子小林旭松田優作三浦友和竹下景子舘ひろし田中裕子水谷豊など多くの人気俳優も頻繁に新譜発売時に歌手として出演し、前橋汀子中村紘子などの海外でも活躍する歌手以外のアーティストも出演。1980年代に入ってからはフランク・シナトラシーナ・イーストンフリオ・イグレシアスポリスオリビア・ニュートンジョンジョン・デンバーU2などの海外アーティストを登場させる一方で、戸川純シーナ&ザ・ロケッツVOW WOWLOUDNESSTHE MODS大沢誉志幸といった異色・新手のバンド・ミュージシャンに対しても門戸を広げるなど、「広いジャンルの歌を楽しめる番組」「普段テレビで見ることができないアーティストを見られる番組」という番組イメージを確立していった。

また、人気歌手同士による"ジョイント"企画[22] には"花の高2トリオ"の森昌子・山口百恵・桜田淳子岩崎宏美小室等矢野顕子ダラ・セダカ喜多郎萩原健一柳ジョージ井上堯之アン・ルイス竹内まりや、岩崎宏美と布施明、杏里河合奈保子大江千里渡辺美里TM NETWORK宇崎竜童内田裕也THE ALFEEHOUND DOGなど)や、山口百恵を筆頭に南沙織石野真子高田みづえなど、結婚のため引退する歌手を送り出す「サヨナラ」企画は「ヒットスタジオだからこそ実現可能な企画」と言われた。

当時の音楽業界において『夜ヒット』でトリで歌を披露することは歌手にとっての一つのステータスと認識されており、森進一、五木ひろし、沢田研二、山口百恵、西城秀樹、郷ひろみ、松田聖子、中森明菜らが抜擢された。また『夜ヒット』への出演が曲の売り上げやアーティスト自体の人気に好影響をもたらすことも少なくなく(山本譲二がこの番組で「みちのくひとり旅」を話題曲として披露したのを契機にスター歌手の仲間入りを果たしたエピソードがある)、新曲発表の際には各事務所・レコード会社が同番組への出演枠を奪い合った。他の歌謡番組では時間的制約などから歌詞の2番や3番にあたる部分を省略した短縮バージョンで歌われることが多かったが、『ヒットスタジオ』ではフルコーラスの完全版が披露されることも売りであった。

しかし、1981年春より同じく月曜に放送していた『紅白歌のベストテン』が完全ランキング方式の『ザ・トップテン』にリニューアルしたのを機に、日本テレビと関係のある事務所(研音など)の所属歌手や、日本テレビの関連会社が版権を有する曲を歌う歌手の中には同番組出演に制約を受けるケースが生じたり、同番組のスポンサーの同業他社のCMソングを歌っている[23]という理由で『ヒットスタジオ』に出演できないアーティストが現れ始めた(但し「B面またはアルバムの曲を披露する」という形で『夜ヒット』出演を優先させた歌手も多かった)。また、1978年の『ザ・ベストテン』(TBS)の登場により、歌番組のトレンドが本格志向な音楽番組から情報番組的な色彩を加味したものへと移行してゆく中で、上記の制約等により必ずしも「最新のヒット曲を手広くカバーする番組」と言い切れなくなった事情が災いして1984年頃から長年安定していた視聴率がやや下降線を辿り始めた。そのような歌謡番組全体を取り巻く環境の変化の中で、1985年4月、放送曜日の変更と2時間枠への拡大という刷新が図られることになった。

夜のヒットスタジオDELUXE[編集]

  • 放送期間:1985年4月3日 - 1989年9月27日
  • 放送時間:水曜日 21時2分 - 22時54分(1986年4月以降は22時52分まで)
    • 21時0分から21時2分まで予告番組『今夜の夜のヒットスタジオDX』を放送。牧原俊幸本間淳子永麻理各アナウンサーが出演。
    • 当番組の移動に伴い、関西テレビの放送枠であった水曜22時枠は『夜ヒット』を放送していた月曜22時枠に入替となった(『三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』)。

ワールドワイドな音楽情報番組として刷新(1985)[編集]

1985年4月3日、『ヒットスタジオ』は「ワールドワイドな音楽番組として国際色をより強くし、フルコーラスの原則を徹底してより歌を楽しんでもらう」との方針から、『DELUXE』として水曜21時・22時台の2時間枠の大型番組にリニューアルされた。放送曜日移動の理由は、フジテレビが水曜19・20時台にプロ野球中継をする機会が稀であり、その後に出演者の拘束時間などの面で何かと縛りのきつい生放送の番組を持って来ても特に支障なしとの判断が働いたためと伝えられる(詳しくはプロ野球中継#プロ野球中継と通常番組を参照)。

司会は月曜時代に引き続いて芳村真理井上順のコンビが続投。オープニング映像を、それまでのスタジオ風景を背景とした白色テロップによる簡素なものから、宇宙空間をサーキットで走っていきスタジオ風景にワープする様を描いたCG映像に変更(制作費は数千万と言われる)。また、それまではスタジオ内の吊るされたスタンドマイクから司会者の声を拾い上げていたが、リニューアルを機にハンドマイクを持たせるようになった。演奏は引き続きニューブリードが務めることとなったが、ダン池田に代わりグループサウンズ出身者の三原綱木をバンドマスターに引き入れ、「ザ・ニューブリードスペシャル」としてメンバーを再編成した(1986年3月まで担当。その後はいわゆる"仕込屋"と言われるオーケストラ編成、「THE HIT SOUND SPECIAL」に交替)。多様な音楽に更に深く対応していくとの方針であったため、オーケストラの人員配置についても大幅な変更がなされ、吹奏楽部門担当は計13名を7名に削減、トランペット担当の演奏者が座っていた場所に木琴・鉄琴・クラシックパーカッションなどの打楽器担当者の席が配置された(1988年3月23日をもって撤廃)。また指揮者席も設置され、オーケストラが演奏を行わない際に指揮者はその席に座位するようになった。またメインセットについても、階段状のセットに電飾が施され、ひし形の飾りが立体化されるなどの変更が行われた。照明装置にも、色彩や光線が自由自在にコントロールできるバリライトが当時のスタジオに導入され、より演出の質の向上を実現させた。またハンドマイクに書かれている「8」のマークは目玉マークに変わっても変更されていない。(ちなみに司会者用のハンドマイクについては縦書きに「8フジテレビ」と書かれていた。)

新生『ヒットスタジオ』を象徴する企画が、一組のゲストに1ヶ月連続で出演してもらい、毎回異なる趣向のステージングでそのアーティストの多面的な魅力を引き出すというコンセプトで設置された「マンスリーゲスト」制である。最初のマンスリーゲスト(1985年4月)は小柳ルミ子、最多出場マンスリーゲストは郷ひろみ田原俊彦の各3回である。この企画の中で布施明五木ひろし等が三味線やフルートなどの楽器演奏に挑戦したり、他歌手とのジョイント、近藤真彦が歌舞伎の扮装で登場したり、中森明菜がボーカルに特殊加工を施し黒装束で妖艶に舞い踊る派手なパフォーマンスを展開した。

また、ワールドワイドな番組を目指すというコンセプトを反映し、話題の海外アーティストを生出演させるセクションを設置した。特に大物のアーティストについては主要スタッフが海外へ赴き、直接出演交渉することもあったという。リニューアル直後の1985年4月17日には、アメリカのみならず世界のショービジネス界の大御所で、すでに伝説的な存在であったフランク・シナトラ(スタジオ生出演)と、世界的な人気を誇っていたティナ・ターナー(衛星生中継)が出演した際には5000万円は下らない制作費が投じられたといい、この2人が生番組で会すること自体海外の番組でもほとんどないことであったために当時の海外の音楽業界でも話題となり、これを契機に出演交渉がスムーズにいくようになったとも言われている。エルトン・ジョンジャネット・ジャクソンポール・マッカートニーボン・ジョヴィホイットニー・ヒューストンシーラ・Eバリー・マニロウといったアーティストが出演した。

このほか、バックダンサー要員として、振付師西条満の弟子で番組独自の女性ユニット「B・G・M」を結成(のち「Dee‐Dee」に改名)させ、エンディングテーマ曲「YOU'VE GOTTA NAME」でレコードデビューさせた。また、ゲスト歌手の過去の出演シーンと現在の姿・歌声とを対比させる「タイムトンネル」、月曜日時代から不定期に行っていた司会の芳村のプロデュース企画「ファッションショー」をレギュラー化するなど新企画も立ち上げられた。ランキング番組主流の中で、ランキングに入らなくとも恒常的な人気のあるアーティストの曲が締め出されているという『ザ・ベストテン』などへの批判を汲み、『DELUXE』へのリニューアル当初にあった「ヒットスタジオはこれ(曜日変更・時間枠拡大)で終わった」という局内外での批判を跳ね除けてみせた。

新旧交替〜井上順と芳村真理の降板、若手の積極的起用(1985 - 1988)[編集]

1985年9月25日、井上順が「自らの可能性をより広める」ためとして司会を降板[24]。代わってテレビ朝日から独立して間もない古舘伊知郎が起用される[25]。古舘は局アナ時代の1982年に、スケジュール多忙のためにコーナー別撮りになった西田敏行の後任として、タモリと共に『夢のビッグスタジオ』の司会になって[26]以来の音楽番組担当となった。古舘の司会第1回目の放送(1985年10月2日)で芳村真理は「時間が経てば終わるのよ」とフォローの言葉をかけ、古舘の緊張をほぐしたという[27]。当時「ストロボする言葉マシーン」を自称していた古舘はプロレスF1の実況中継の時と同様に巧みな話術を展開し、それまで井上と芳村が交互に担当していた「4スタライブ」の進行も一手に引き受けることとなった。後に芳村は、古舘と最初に組んだ『ヒットスタジオ』の放送の時に若手司会者らしからぬ堂々の進行ぶりに圧倒され「自分の中で(司会勇退に向けて)心の整理を始めていた」「この人なら、後を任せられると思った」と著書の中で回顧している。

この時期には新進気鋭のアーティストの存在に注目し、久保田利伸レッド・ウォーリアーズ今井美樹BOØWYTHE BLUE HEARTS米米CLUB尾崎豊らを他に先駆けて出演させた。また、ミュージカルの1シーンの再現や、渡辺謙松坂慶子ら人気俳優の「マンスリーゲスト」への起用のほか、アルバム収録曲が頻繁に披露されるなど、クオリティの高い番組制作が試みられた。松坂慶子が銀粉まみれの男性ダンサーと入り乱れながらの「桃色吐息」(1986年5月28日放送)、西城秀樹バリー・マニロウのジョイントによる「腕の中へ」(1985年12月4日放送)、THE ALFEEをバックコーラスに従えての吉田拓郎による「アジアの片隅で」(1987年12月30日放送)、アン・ルイス吉川晃司による「六本木心中」での過激なパフォーマンス(1985年10月2日放送)、宇崎竜童内田裕也うじきつよしらロック仲間総出での「ロックンロール・ウィドウ」(1987年3月4日放送) などのシーンが生まれた。

古舘起用後も、制作の中心的役割を担ってきた塚田茂疋田拓が引き続き担当したものの、1987年夏を契機に制作の一線を外れ、代わって日本テレビ出身で古舘とは学生時代より面識があったという木崎徹、プロデューサー・ディレクターには渡邊光男水口昌彦などの若手作家・スタッフ陣が起用され、それまで番組出演回数や貢献度などを主たる選定基準としていた「マンスリーゲスト」に出演2回目であった若手・久保田利伸を抜擢(1987年10月)するなど、制作者や出演者の顔ぶれに新旧交替の傾向が強くなった。

そして、放送開始当初より司会を続けてきた芳村真理も、遂に1987年晩夏の頃に、翌年初冬に控えた第1000回放送を区切りとして同番組の司会降板の意思を固める。これについては当初、1988年の新春が明けてから公表する予定となっていたが、1987年12月頃に一部スポーツ紙がこの話題をスクープ記事として取り上げる事態に発展したため、急遽この報道を受けての緊急記者会見という形で正式に明るみにされることになった。この席上、芳村は「しばらく家庭の時間を持ちたい」との意向が同番組降板の最大の理由であると説明[28]、降板と同時に以後の芸能活動の大幅縮小(事実上のセミリタイヤ)を示唆する格好となった(この芳村の『ヒットスタジオ』勇退は、第1回放送から出演してきた番組の象徴の番組降板という事情もあってか、スポーツ紙のみならず全国紙の社会面にもトピックス的な扱いながら取り上げられた)。

そして、この記者会見以降、第1000回放送に向けての企画準備が急ピッチで進められ、年が明けた1988年1月の放送分はマンスリーゲストを廃して、芳村の勇退記念企画を編成。そして同2月3日の第999回記念「ロンドン全編衛星生中継」企画(これは長年芳村とともに番組を支えてきたスタッフや当時の同番組の常連歌手たちの慰労旅行を兼ねた企画であった)を経て、同2月10日の第1000回放送「芳村真理サヨナラ特番」では、第1回放送時のゲストであった島倉千代子布施明を筆頭に総勢300名以上の歴代出演歌手と歴代の男性司会者(故人の三波伸介を除く[29])が出演し、芳村の最後の司会を見守った。芳村は放送の最後に一列に並んだ彼らから薔薇の花を一輪ずつ受け取り、「テレビの向こうにたくさんの顔が見えます」と、既に業界の一線を離れている過去の番組関係者や出演歌手らに向けたメッセージを残して番組を去っていった。この放送時の視聴率1977年9月26日以降に放送された日本のレギュラー音楽番組で歴代2位となる36.0%(ビデオリサーチ社調べ)を記録した[30]

なお、月曜日時代から続いていた「ラッキーテレフォンプレゼント」は1987年に「夜ヒットテレカ」プレゼント企画スタートのため終了。また、現在同番組を表す略称として使われる事の多い『夜ヒット』の呼称は古舘が司会に起用されてから頻繁に使用されるようになった。

若手・中堅主導に(1988 - 1989)[編集]

芳村が番組勇退の意向を正式に固めた1987年晩夏の頃より、番組スタッフは芳村に代わる古舘の新パートナー役のキャスティングに着手。当初は女性タレントを軸に選考が行われ、その中で番組初期からの常連歌手であり、またかつて同局系にて放送されていた『ゴールデン歌謡速報』を始めとして、司会者としての実績も豊富な由紀さおりが最有力候補としてピックアップされた。しかし、このキャスティング作業が進められていた最中の同年夏に疋田拓が突如、フジテレビを退職(テレビ朝日へ移籍)。新プロデューサーとして渡邊光男が起用された事により、この後任人事は白紙に戻された。 渡邉は当時アメリカの多くの人気娯楽番組で男性、もしくは女性同士のペアによる司会スタイルが「ニューヨークスタイル」として流行していることに着目し、「今は女性の時代だが、あえて男性色を出したい」との意向の下、一転して男性タレントを軸に司会者の選考を実施。同時期に塚田茂に代わり、番組構成の現場指揮に当たることになった木崎徹の、「これまでの歌謡番組としてのヒットスタジオのイメージを破壊したい」との意図[31]も考慮しながらキャスティングが進められた結果、俳優の柴俊夫を芳村の後任として抜擢。第1002回放送分(1988年2月24日)より古舘・柴の男性司会コンビにより番組の進行が行われることになった。同時にエンディング時に使用されていた円形のテーブルも通常の平面的なものへと変わり、オープニング時の司会者登場のシーンも、最初から両司会者がいわゆる「板付き」で既にスタンバイしている状態で番組本編が始まる、などといった具合にマイナーチェンジが加えられた。

1988年11月、放送開始20周年を契機に、それまでテレビ出演に消極的であった松山千春をマンスリーゲストに起用。同月第4週から12月第1週までの3回は特別企画を組み、様々な形で20年間の足跡を回顧した。11月23日の『20周年前夜祭』では、初代司会者の前田武彦と芳村真理を迎え、今昔の番組内容を対比するというコンセプトから新旧の歌手が登場し、かつてのヒット曲に今のアイドル歌手らが挑んだり、「歌謡ドラマ」を復活させるなどの企画を組んだ。この際に行われた企画モノは、芳村降板後、徐々に下降線を辿っていた視聴率の(一時的にではあるが)向上に一役買い、この放送を契機に「恋人選び」コーナーを正式に復活させたり、総集編企画の多用や公開レコーディングの実施、マンスリーゲスト以外の歌手でもメドレー形式で歌を披露させる機会を増やすなど様々な企画がテコ入れとして投入された。一方で、1988年夏ごろから行われるようになったマンスリーゲストによる別スタジオでのファン限定ライブ企画に関しては、基本的に番組内では一部しか放映されず、アーティスト側の意向によっては非公開で行われるケースもあった。

この頃の出演歌手の顔ぶれは俳優や海外アーティストの出演機会が減り、他方ではアイドル歌手やジャニーズ系タレントが複数名出演する回があった。それまで『夜ヒット』の常連組の出演サイクルは、原則として3 - 4回に1回というペースが長らく堅持されていたが、この時期になるとマンスリーゲストではないにもかかわらず2週連続で出演するケースも目立っていた。

疋田・芳村・塚田が相次いで番組制作の一線を離れて以降、渡邉・古舘・木崎を中心とする若手・中堅スタッフ主導により、かつての人気企画の復活、実験的な新たな試みの導入など、番組像の模索を図り続け、一時的には視聴率は回復傾向を示したものの、1989年の春以降は深刻な視聴率低迷に悩まされ、この頃より1回の放送で費やされる莫大な製作費に対して視聴率が追いついていない現状を局上層部やスポンサー側で問題視。結局、同年9月末をもって『DELUXE』は4年半で打切りとなり、同時に柴も番組を降板。同年10月からは番組をジャンルにより4分割化、総合番組としての『夜ヒット』は1時間番組の『SUPER』として仕切り直し(実質上の番組規模の縮小)が図られることになった。

『オレたちひょうきん族』との関係について[編集]

『DELUXE』放送の水曜日は『オレたちひょうきん族』(ひょうきん族)のスタジオ収録日でもあり、『ひょうきん族』の出演者が『DELUXE』に飛び入り出演することがしばしばあった。明石家さんまは「タケちゃんマン7」の中での悪役キャラクター「パーデンネン」の変装をしている最中、芳村真理から毎週のように「さんまちゃん、派手ね〜」と言われたという。さんまは1985年9月18日放送で桑田佳祐、1988年3月2日には薬師丸ひろ子の応援ゲストとして扮装をして同番組に乱入したが、歌手として出演することはできなかった。また、真偽は不明だが芳村やプロデューサーの疋田との関係で生じた珍事件がさんまやビートたけし、島田紳助らにより多く紹介されている。

夜のヒットスタジオSUPER[編集]

  • 放送期間:1989年10月18日 - 1990年10月3日
  • 放送時間:水曜日 22時 - 23時(※1990年4月までは月末最終週放送日のみ、23時24分まで放送時間を拡大)

加賀まりこの「暴言」から始まった番組の迷走[編集]

芳村から柴に司会が変わって以降視聴率の低下が始まっていた『DELUXE』に代わり、『SUPER』が1989年10月からスタートした。司会は『DELUXE』から続投の古舘伊知郎と新たに参加した加賀まりこ。オープニングは司会者登場のシーンおよびトークが省略され、1968年の開始以来続いていた童謡の演奏がなくなり、司会者のトークを3分間にし、CMをはさんでオープニングメドレーに入る形式となった。1回の放送につきゲストとして出演するアーティスト数は初回(7組)をのぞいて5 - 6組という少数に限定、番組冒頭では「神田川」「関白宣言」「万里の河」といったかつてのヒット曲を紹介するなどの演出上のテコ入れが図られた。また、これを機に指揮者も新井英治から服部隆之(音楽監修兼任)になった。

新司会者の加賀は当時、バラエティー番組などでの歯に衣着せぬ毒舌ぶりが注目されていた時期であり、同番組でもその毒舌を遺憾なく発揮したが、B'z稲葉浩志CHAGE and ASKA酒井法子光GENJI諸星和己工藤静香プリンセス・プリンセス奥居香などの若手アーティストらに対して、音楽番組の司会者としては不適切と思われる問題発言を度々起こし[32]、本番中に吉幾三の頬にキスをして、吉がキスマークをつけたまま歌ったこともあった(1989年11月29日放送)。

失速・そして夜のヒットスタジオシリーズの終了(1990年)[編集]

この時期から歌番組に対するニーズの変化もあり[33]、放送時間の短縮を機に予算が大幅に削減されたことも影響し、大物アーティストの出演頻度が下がった。布施明井上陽水サザンオールスターズ北島三郎森進一らは『SUPER』には一度も出演せず、それまで月に1、2回出演していた番組最多出演者の五木ひろしも1990年1月10日放送を最後に出演がなくなり、1980年代には毎週のように出演していたジャニーズ事務所の所属タレントの出演頻度も激減。時期的にJ-POPJ-ROCKが隆盛を迎え、若手バンドやロック・アイドル歌手が出演者の大半を占めるようになり、1990年4月18日放送に出演した石川さゆりを最後に純然たる演歌歌手の出演はついに途絶え[34]、「幅広いジャンルを網羅する」という部分は事実上形骸化してしまった。

また、これまでの同番組では全盛期を担当した疋田拓に象徴されるように、放送業界や音楽業界にも絶大な力を持つプロデューサーが一手にキャスティング・曲目選定の決定権限を持ち、これが番組人気の要因であった「歌手や曲目のジャンルの幅広さ」を実現させる生命線として機能していたが、渡邉光男・森正行体制に移行して以降、逆に局側が歌手・レコード会社・芸能事務所に曲目・出演者選定にあたった過剰な配慮をするようになっており、その傾向が『SUPER』改編後はさらに顕著に生放送上でも現れるようになっていた。例えば、菅原文太が出演した際には、「歌が苦手なのでを1コーラスのみの歌唱にしてほしい」と放送内で要望し、トーク部分を引き伸ばそうとする行動に出たり(1989年11月15日放送)、長渕剛に配慮して3曲ノーカットで歌を披露させたり(1990年7月25日放送)、別スタジオで曲が披露される機会が増えたことなどが挙げられる。2 - 3曲を披露するアーティスト(長渕剛・さだまさし・松山千春・甲斐よしひろ・久保田利伸ら)がこの時期には毎回のように最低1組は登場していた。このような放送内容上・製作上での変容が「番組の影響力が衰えた」との印象を業界内に与える契機となり、出演歌手の幅が狭まる遠因にもなってしまった。

このような変容に相まって、ビッグバンドによる生演奏・手書きテロップの使用・オープニングでのリレーメドレーなど番組の構成、または定式自体が「時代遅れ」という印象を強く持たれ始めたことも視聴者離れにより拍車をかける格好となった[35]

こうした諸因が積み重なり、新体制移行から8か月後の1990年5月9日の放送で10%の大台を大きく割り込み、5.6%という史上最低の視聴率を記録。この低視聴率に危機感を募らせた製作陣は、同年6月以降、トップバッターに実力派アーティストを置いてかつてのヒット曲を披露させる、トリの位置に実力派に代えて若手のバンドなどを多く起用するといった、それまでの『ヒットスタジオ』が守り続けてきた「様式美」ともいうべき部分にも大胆な変更を加えた、結局これらの策も番組の人気回復には繋がらなかった。

この深刻な同番組の低調ぶりやその遠因となった番組構成・製作の迷走ぶりを重く見たフジテレビは、1990年8月、遂に同番組の打ち切りを正式に決定。これを受けて、同年9月の放送分3回を「22年ありがとう月間」と題した特別編成で放送したあと、同10月3日、3時間枠での特別番組『ありがとう&さよなら夜のヒットスタジオ』を放送。この放送をもって、足掛け22年、放送回数1131回に亘って放送された『ヒットスタジオ』はその歴史に幕を閉じた。

ヒットスタジオ(派生番組)[編集]

前述の『SUPER』放送当時、同番組とは別に下記の派生番組も放送されていた。

ヒットスタジオR&N - ロック・ニューミュージック専門
ヒットスタジオInternational - 洋楽専門
ヒットスタジオ演歌 - 演歌専門

ちなみに本家『夜ヒット』との違いは次のとおりである。

  • 『SUPER』が『DX』を引き継いだ総合音楽番組であるのに対し、こちらは番組ごとにジャンルを限定していた。
  • 『夜の〜』が冠されておらず、タイトルは単に『ヒットスタジオ○○』となっていた。
  • 『R&N』および『International』は深夜、『演歌』は土曜日(のちに日曜日)午後の放送だった。
    • 『R&N』と『International』については、当初別枠だったものがのちに『コンプレックス』として統合され、2部構成番組として扱われた。

既述のとおり、本来は夜ヒットをジャンルごとに分割する目的で設けられたものであった[31]。しかし、以上の相違点からも実際には本家からの派生番組という扱いであった。ちなみにフジテレビ側の公式見解においても、厳密な意味で(いわゆる『DX』の後継番組として)『夜ヒット』シリーズに含まれるのは『SUPER』のみとなっている。

ヒットスタジオコンプレックス[編集]

『R&N』と『International』の2部構成番組。

  • 放送期間(統合後):1990年4月6日 - 9月28日、金曜日深夜(土曜未明)。

ヒットスタジオR&N[編集]

『R&N』は「Rock(ロック)& NEW MUSIC(ニューミュージック)」の略。全国のライブハウスからオススメのミュージシャンを紹介する「インディーズ情報」(バブルガム・ブラザーズ、戸川純時代は「We Love ROOKIE」のタイトルで放送)や、新譜情報を紹介する「MUSIC PRICE」などのコーナーもあった。

  • 放送期間:1989年10月6日 - 1990年9月28日(1990年4月6日からは『コンプレックス』第1部)
  • 放送時間:金曜日 深夜0時40分 - 26時(土曜日午前2時)
  • 司会
【古舘伊知郎時代】
  • 下記のとおり、他の派生番組以上に『SUPER』との関連性が高かった。
    • 司会は『SUPER』と同様に古舘が務めていた。
    • 出演者自身の曲ではあるが、オープニングメドレーが行なわれた。
  • 1989年10月13日深夜の生放送で、ZERRY(忌野清志郎)率いるタイマーズFM東京(現:TOKYO FM)を非難する「FM東京」を歌い、放送禁止用語を連発した[36]。フジテレビ側では放送を中断せず曲の一部始終を流した(地方局の録画放送も同様。後年のフジテレビ721の再放送では歌の部分のみカット)。
【バブルガム・ブラザーズ時代】
  • オープニング形式が以下のように変更され、番組構成も『夜ヒット』とは大きく異なる形式が採られた。
  1. 出演者は冒頭からいわゆる「板付き」の状態で横一列に並ぶ。
  2. そこに司会のバブルガム・ブラザーズと戸川が別々に登場し、軽いトークをする。
  3. すぐに最初の歌手の曲を紹介する。

ヒットスタジオInternational[編集]

  • 放送期間:1989年10月6日 - 1990年9月28日(1990年4月6日からは『コンプレックス』第2部)
  • 放送時間:金曜日 深夜2時30分 - 3時30分
  • 司会:服部まこ(1990年4月6日 - 9月28日)

ヒットスタジオ演歌[編集]

  • 放送期間:1989年4月 - 1990年3月
  • 放送時間:土曜日 14時00分 - 14時30分→日曜日 14時30分 - 15時00分(週一回)
  • 司会:堀内孝雄

レギュラーシリーズ終了後のスペシャル番組[編集]

  • ありがとう&さよなら夜のヒットスタジオ(1990年10月3日、21:00 - 23:48)
    • 最終回特番。歴代司会者、主な出演歌手らがスタジオに集合。フジテレビなど系列8局で電話リクエストを受け付けた。関東地区では同年11月3日の12:00-14:55に再放送された。なお、このスペシャルからは2日前にフジテレビ系単独ネット局化したばかりのテレビ長崎がネット復帰した。
  • 夜のヒットスタジオ大感謝祭スペシャル(1990年12月26日、1991年4月3日)
  • 島原救済緊急特別番組・夜のヒットスタジオスペシャル(1991年7月3日、21:20 - 23:30)
  • 夜のヒットスタジオ・リターンズスペシャル(1993年3月31日、21:00 - 23:03)
    • 司会:井上順、田原俊彦、八木亜希子(フジテレビアナウンサー、当時)。芳村真理が特別ゲストで番組途中より参加し、彼女がセレクトした名場面のコーナーも設置された。ゲスト歌手は田原のほか中森明菜、プリンセス・プリンセス都はるみ、CHAGE and ASKA(コンサート会場の大阪城ホールより生中継で出演)。プリンセス・プリンセスは今野登茂子病欠のためメンバー4人だけ出演。山形テレビ最後のネット番組。この番組は20%以上の高視聴率を挙げ、以後数年間にわたる『夜ヒット』特別番組放送の契機となった。
  • 夜のヒットスタジオ春・秋スペシャル(1994年 - 1996年)
    • 1994年10月12日(21:00 - 23:03)『'94夜のヒットスタジオ超豪華秋スペシャル』 - 『緊急たけし生特報スペシャル』の放送中止を受けて急遽企画された番組。司会:井上順、中井美穂(フジテレビアナウンサー、当時)。出演:田原俊彦、松田聖子、中森明菜、小泉今日子少年隊光GENJI SUPER5SMAPほか。本放送の出演経験がなく初登場のSMAPは中継で登場。芳村真理、小泉今日子らがVTRでインタビュー出演。
    • 1995年4月5日(20:00 - 23:14)『'95夜のヒットスタジオ・グレートアーティスト・超豪華!春のスペシャル』 - 司会:関口宏、中井美穂。出演:郷ひろみ、田原俊彦、中森明菜、西城秀樹、和田アキ子、藤井尚之、米米CLUB、Dreams Come True、SMAP、篠原涼子TRF、内田有紀、H Jungle with t。浜田雅功が番組史上初の口パク出演[37](あくまでも自称である)
    • 1996年4月3日(21:00 - 23:08)『'96夜のヒットスタジオ・桜満開!超デラックス』 - 司会:明石家さんま近藤サト(フジテレビアナウンサー、当時)。出演:近藤真彦、中森明菜、V6、THE ALFEE、DREAMS COME TRUEほか。さんまも1曲歌った。
  • クリスマススペシャル(1994年 - 1996年)司会:関口宏(1994年)、石田純一(1995年)、明石家さんま(1996年)、中井美穂。
    • 1994年12月24日(19:00 - 20:54)『'94夜のヒットスタジオ 超X'masデラックス
    • 1995年12月23日(19:00 - 20:54)『'95夜のヒットスタジオ 純白のX'masスペシャル』 - 出演:松田聖子、中森明菜、小泉今日子、中山美穂、CHAGE&ASKA、少年隊、SMAP、trf、globe、華原朋美、小沢健二ザ・ハイロウズ、内田有紀、鈴木蘭々。中井アナの退社前の最後のフジでの仕事であり、エンディングでは夫の古田敦也がお祝いに駆けつけた。
    • 1996年12月25日(22:30 - 24:09)『'96夜のヒットスタジオ 超X'masデラックスin NY』 - ニューヨークから衛星生中継/出演:中山美穂、ASKA、Dreams Come True、安室奈美恵、globe、TRF、華原朋美、小沢健二、hitomi、dos。
  • ザッツお台場エンターテイメント!第1夜・歌番組の38年(1997年3月31日、19:00 - 21:24)
    • フジテレビ新社屋移転記念特番として放送。お台場新社屋V4スタジオロサンゼルスの衛星生中継の二元構成。ロサンゼルスからは明石家さんまと中井美穂の司会で、松田聖子、中森明菜、工藤静香、内田有紀らが登場。V4スタジオからは露木茂と八木亜希子の司会で、安室奈美恵観月ありさシャ乱Qが新曲を歌った。スタジオの外ではV6が大階段から歌ったほか、KinKi Kidsも中継で登場した。『夜ヒット』のメインセットを完全再現した最後の特番となった。開局を翌日に控えたさくらんぼテレビ高知さんさんテレビでも試験放送にてオンエアされた。
  • 拓郎&マチャミの夜のヒットパレード(2002年8月14日、19:00 - 21:00)

通算出演回数[編集]

番組最多出演歌手は五木ひろしで222回。女性歌手では、初代マンスリーゲストでもある小柳ルミ子が最も多く、145回にわたり出演している。

『夜ヒット』の出演枠については事務所のいわゆる「力関係」が大きく作用しており、特に1970年代までは渡辺プロダクション(ナベプロ)、1980年代についてはバーニングプロダクションジャニーズ事務所が当番組と強いパイプを持っており、新人歌手の番組初出演などにつき優遇的な扱いを受けていた。例えば、バーニングプロの石野真子はデビュー2日目となる1978年3月27日に初登場をした。このほか、芸映ホリプロダクションサンミュージックについても、前述の3事務所ほどではないがある程度番組出演枠については優遇される立場にあった。下記のリストでは、森進一布施明沢田研二小柳ルミ子はナベプロ所属、郷ひろみ細川たかしはバーニング所属、田原俊彦近藤真彦はジャニーズ所属、和田アキ子山口百恵がホリプロ所属、西城秀樹岩崎宏美河合奈保子が芸映所属、桜田淳子松田聖子がサンミュージック所属、といった具合である。

順位 回数 歌手名 出演期間
1 222回 五木ひろし 1971年6月21日(第138回)-1990年1月10日(第1096回)
2 204回 森進一 1968年11月11日(第2回)-1989年9月20日(第1083回)
3 190回 西城秀樹 1972年12月4日(第214回)-1988年11月23日(第1041回)
4 177回 布施明 1968年11月4日(第1回)-1988年1月13日(第996回)
5 176回 郷ひろみ 1972年12月25日(第217回)-1990年6月20日(第1117回)
6 158回 田原俊彦 1980年6月30日(第607回)-1990年9月19日(第1130回)
7 153回 沢田研二(※) 1969年10月20日(第51回)-1990年2月21日(第1102回)
8 145回 小柳ルミ子 1971年5月24日(第134回)-1989年9月13日(第1082回)
9 126回 近藤真彦 1980年11月24日(第628回)-1990年7月18日(第1121回)
10 124回 野口五郎 1971年9月27日(第152回)-1987年3月4日(第951回)
11 116回 八代亜紀 1974年2月18日(第276回)-1990年2月14日(第1101回)
12 112回 和田アキ子 1969年6月9日(第32回)-1990年3月14日(第1105回)
13 104回 岩崎宏美 1975年6月16日(第345回)-1988年6月1日(第1016回)
14 103回 前川清(※) 1969年4月14日(第25回)-1989年5月10日(第1064回)
15 87回 松田聖子 1980年4月28日(第598回)-1990年9月5日(第1128回)
15 87回 河合奈保子 1980年6月30日(第607回)-1990年6月27日(第1118回)
17 86回 中森明菜 1982年9月20日(第723回)-1990年8月22日(第1126回)
18 83回 山口百恵 1973年7月30日(第248回)-1980年10月6日(第621回)
19 74回 細川たかし 1975年5月5日(第339回)-1989年12月13日(第1093回)
19 74回 桜田淳子 1973年5月28日(第239回)-1986年10月8日(第930回)

CSでの再放送・映像の保存頻度[編集]

1998年よりフジテレビTWO(旧フジテレビ721)にて当番組の再放送が行われている。当初は『DELUXE』版よりスタートし、月曜時代のものについては翌1999年夏より再放送を開始した。2011年4月よりフジテレビONEに放送チャンネルを移した(チャンネル編成の再編に伴うもの)が、2011年12月末で本番組の再放送が一旦打ち切られ、当面の間休止することになった。

フジテレビTWO→フジテレビONEでの再放送は、1974年4月1日以降が対象となっている。また、旧フジテレビ721時代にはカットされていたエンドタイトルもそのまま放送されるようになった。月曜時代の本編の放送時間は提供表示部分とCMのみのカットで概ね46分間だが、内容によってはさらに一部の本編部分もカットされるケースもある。一部の本編部分でエンディング部分のスタッフ、制作クレジットがカットされる場合は本編部分の最後に現行のロゴマーク(目玉マークは表示しない場合あり)を編集時に挿入している。

以前は、ほぼ完全な形で局に現存している第400回(1976年7月5日放送)以降が対象となっており、1974年以前の放送で現存が確認されているのが1969年1月27日2月24日7月28日1973年8月6日1974年3月25日4月1日8月5日(第300回記念)・8月19日の計8回分のみ(2008年現在)であることや、三波伸介の親族が生前の映像使用の許可を出していないことが要因とされていた。過去の総集編企画等でも大半のパートを第400回以降の映像が占めていた。1000回記念では前田武彦・三波伸介時代の映像も多数放送されたが、それ以降は井上順以降の映像が大半を占めた。

また、当時の出演歌手の版権上の問題や過去映像に対する解釈により、完全な形での再放送は実現していない。再放送不可能なのが確認できるのは、主だったところではジャニーズ事務所所属タレント(田原俊彦ら元所属タレントを含む)、とんねるずおニャン子クラブ南野陽子、来日アーティストら(テレサ・テンチョー・ヨンピルなど一部放送可能なアーティストもいる)。サザンオールスターズラッツ&スター(シャネルズ)についても途中から再放送されなくなった。あすか組の出演回の再放送に際しては、当初は通常通り放送されていたが、途中から彼女たちの顔にモザイクをかける処置がとられた。沢田研二については当初「コバルトの季節の中で」を歌った1976年10月25日分が再放送され、その後リストから外されていたが、フジテレビTWOにチャンネル名変更になってからの再放送で再び可能となった。

『SUPER』の再放送は、近年まで5回分程度にとどまっていた。2008年にそれまで再放送のなかった4回分が新たに追加されたが、再放送の充分でない状況に変わりはない。

ラッキーテレフォンのコーナーでは、個人情報保護のこともあり、CS再放送時には当選はがきにぼかしをかけている(住所や電話番号が書かれているため)。

2008年にはB'zがデビュー20周年記念ライブとなった「GLORY DAYS」ツアーにおいて、B'zの過去を振り返るコーナーで当番組出演時の映像が使用され、この公演を収録したDVDにもその映像が収録されている。

2009年4月開始の再放送で放送可能だった山口百恵の出演回が2010年1月リストから外されるようになる、 同年6月に百恵出演の全てを収めたDVD-BOXが発売。

ピンク・レディーについても2009年4月以降の再放送ではリスト落ちしている。

2009年4月開始の再放送は1980年6月分までを放送して2012年1月以降長期の休止中。

余談[編集]

初代司会の前田武彦は司会当時、当番組の映像を数多く家庭用VTRに保存していたが、司会解任時にテープを全て廃棄してしまったという。[38]

ネット局[編集]

系列は放送当時(打ち切り時はネット打ち切り時)のもの、太字は放送開始当初からの放送局。
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ 日本テレビ系列
フジテレビ系列
1972年3月まで
北海道文化放送 フジテレビ系列 1972年4月開局から
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1985年『DELUXE』以降から[39]
宮城県 仙台放送 フジテレビ系列
秋田県 秋田テレビ
山形県 山形テレビ [40]
福島県 福島中央テレビ フジテレビ系列
NETテレビ系列
1971年9月まで
福島テレビ フジテレビ系列 1971年10月の福島中央テレビとのネット交換から
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 1978年3月6日から1985年3月まで[41]
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県
→島根県・鳥取県
山陰中央テレビ 1972年9月までの放送エリアは島根県のみ
相互乗り入れにより鳥取県でも放送
岡山県
岡山県・香川県
岡山放送 1979年3月までの放送エリアは岡山県のみ
1979年4月の相互乗り入れにより香川県でも放送
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列
フジテレビ系列
1975年9月まで
テレビ新広島 フジテレビ系列 1975年10月開局から
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
1985年3月打ち切り[42]
徳島県 四国放送 日本テレビ系列 一時期のみ
香川県 西日本放送 電波相互乗り入れ前の一時期のみ
愛媛県 テレビ愛媛 フジテレビ系列
高知県 高知放送 日本テレビ系列 一時期のみ
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎 1985年3月に打ち切ったが[41]
1990年10月3日の最終回はネット[43]
熊本県 テレビ熊本
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1985年3月打ち切り[44]
宮崎県 テレビ宮崎 1985年3月に打ち切ったが、同年10月再開[45]
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
1981年4月6日から1985年3月まで[41][46]
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列

ネット局に関する備考[編集]

  • 福島テレビは、当時TBS系列メインの編成でありながら1971年10月に福島中央テレビとネット交換をして以降も最終回まで同時ネットを継続させた。このためTBS系列とのクロスネット時代は『月曜ロードショー』のネットは行っていない。なお、『月曜ロードショー』の非ネットはテレビ山口も同様であった。
  • 1985年4月に『DELUXE』となり放送曜日が変更された際、ネットを打ち切る局が出たが、打ち切られた放送局の視聴者からは抗議の投書が相次いでしまうものの遅れネットで放送する枠が無く対応出来ないので、要望に応える事無く打ち切りしざ得ない状況となった(青森放送の例外はあるが)。
  • ネット局のロールスーパーでは略称の横にあるカッコ枠に放送局の所在地である都道府県名が表記されていた。但し、仙台放送(OX)は「仙台」、東海テレビ(THK)は「名古屋」、山陰中央テレビ(TSK)は「山陰」と表記されていた。

セット[編集]

基本的には22年間の放送期間全期を通じて、左側にビッグバンドの演奏スペースを、右側に本編では歌手・司会者の待機場所として使用される通称「大階段」セットと円形の小階段セットを、スタジオの上部には丸みを帯びた菱形の連なった飾りを両スペースにそれぞれ配置するという基本コンセプトは一切変わらなかったが、放送時期によって若干のマイナーチェンジがなされている。この番組セットのデザインは初代美術担当の妹尾河童が手掛けたものである。

初代(1968年11月 - 1969年3月)[編集]

  • セットデザインの模様がカラー放送開始以後のそれとは異なり、線のはっきりした菱形模様が伸縮したようなデザインが使用されていた。
  • ビッグバンドの配置もカラー放送開始以後とは異なり、歌手の待機場所に近いほうから、ストリングス→ギター(下段)・ドラム(上段)→ピアノ(下段)・ブラス(上段)という配置となっていた。コーラスは指揮者の隣に配置された1本のリボンマイクロホンで歌に参加する手法が採られていた。
  • スタジオの背景色は基本的には紺色であった。

2代目(1969年4月 - 1973年)[編集]

  • セットデザインが擦れかかった菱形模様の伸縮したようなデザインへと変更。このデザインは放送終了時まで変更されなかった。
  • ビッグバンドもストリングスとブラスの配置が逆となり、これも以降放送終了時まで変更はなかった。
  • コーラスもこのころより、大階段セットと一体化している円形階段の最上段で歌に参加することが多くなった。
  • スタジオの背景色はその回によってまちまちで、白背景や紺背景の場合も1970年ごろまではあった。その後は青背景に統一され、以後この部分での変更は番組終了まで行われなかった。
  • 1969年秋頃に一時曲名テロップが縦書きのものに変更されたが、短期間で元の横書き形式のものに戻されている。
  • 1971年(具体的な時期は不明)より司会者のMCスペースとして1ヶ所、指揮者の指揮スペースとして1ヶ所、歌手の立ち位置として計3ヶ所(正面とメインセットの円形階段最上段およびビッグバンドの演奏スペースのストリングス・ピアノ演奏者の配置している箇所)に円形のシートが敷かれるようになった(但し、セット正面側の歌唱スペース用シートについては前田武彦の降板の頃に、円形階段最上段の円形シートについても1976年夏以降、このスペースに季節の花や植物を常時設置するようになったのを機をそれぞれ撤収されている)。この中のデザインは当初は丸みを帯びた菱形を1つだけ大きく描いたものが使用されていたが、前田降板後の1973年秋以降は黒を基調に白いドット柄が複数輪を描くようなデザインに、次いで1975年4月からはスタジオ上段の飾りのデザインと同様の丸みを帯びた菱形模様が輪を描くようなデザイン(黒基調、菱形模様が白)が使用された(尚、この菱形模様への変更当初のころはビッグバンドの演奏スペース側の歌手の立ち位置に敷かれた円形シートに限り、その下にこの円形シートよりも更に大きいサイズの番組タイトルロゴが等間隔で小さく描かれた赤い円形シートが敷かれていたが、井上順の司会就任間もなくの頃に赤の大型円形シートに関しては撤収されている)。

3代目(1973年 - 1976年3月)[編集]

  • ビッグバンドの演奏スペースと、大階段と円形階段のセットが切り離された。通常オーケストラの配置に組み込まれているレギュラーで出演していたコーラス3名も、階段状セットに配置されていた円形のひな壇の上でコーラスを担当する形となっていた。
  • 歌手の座る椅子の置場は、円形階段のところではなく、大階段セットの端の部分に置かれるようになった。
  • 公開放送のスタイルを採ったことから、スタジオの裏に観客が座るベンチが置かれた。人気歌手が出るときには用意していたベンチに収まりきらず、立ち見をする観客もいたという。

4代目(1976年4月 - 1985年3月)[編集]

  • ビッグバンドの演奏スペースと、大階段と円形階段のセットが再び直結。演奏スペースが広くなったためか、このころから適宜、演奏補助者(シンセサイザー、ギター、コーラスなど)がスペースの隅(ピアノ伴奏者の左隣)に座れるスペースが用意されるようになり、1978年からは、長方形型の補助者用のスペースが常時配置されるようになった。また、コーラス担当者も上段のストリングス演奏者のスペースの左隣に常時スタンバイする形となった。
  • ビッグバンドの譜面台のデザインも、それまでは演奏バンドであるニューブリード専用のもの(中央に「NEW BREED」と書かれたもの)や当時のフジテレビのロゴマークである「8」マークを描いた、同局の音楽番組共通のものが使用されていたが、1978年5月22日放送分からは番組限定の白を基調に、丸みのある菱形の下半分を黒く描いた柄が使用されるようになった。
  • 1976年7月からは、円形階段の最上部にその時折の季節の花や植物が常時配置されるようになり、これに併せてオープニングの司会者登場シーンも最初はこの階段上に飾られた花・植物をまず大写しにした後にメインの階段セットを下りてくる司会者を映すというカメラ割りが1988年に芳村真理が司会を勇退するまで定番化されるようになった。[47]
  • 1979年10月からは、大階段側のほうにあった上部の菱形の飾りが上下に昇降できるようになり、歌の間はスタジオの最上部に隠されるようになった。これによって、大掛かりなセットや演出が階段の上にも行えるようになった。
  • スタジオ床に当初4箇所あった円形のスペースは、1976年以降は中央の歌手の立ち位置のスペースがまず撤去され、1978年以降はオープニング時以外はMC用のスペースについても撤去されるようになり、指揮者用とビッグバンド側の歌手用スペースの2ヶ所だけが残された。また1980年からは指揮者用のものを除き、上記の複数の菱形が円弧を描くデザインの配色が白黒逆転したものに変更された。

5代目(1985年4月 - 1990年9月)[編集]

  • 『DELUXE』へのリニューアルに伴い、基本コンセプトは維持しつつも、セットを全て新調。階段状のセットおよびビッグバンドの演奏スペースには電飾が付けられ、スタジオ上部の菱形模様も立体的なものとなり、それぞれの菱形の中央に電飾が一つずつ付けられた(ただし、1989年夏ごろからは番組短縮が決定したことに伴い以前と同様に平面的なものに切替えられた)。また、ブラスバンドの譜面台もデザインはそれまでと同様であるが若干縦長のものとなり、演奏中には白光するようになった(これは大階段と円形階段のセットも同様)。
  • ブラス担当が4名減り、その代わりに打楽器担当(木琴など)の演奏場所が配置されるようになった(1988年3月で撤去)。
  • 1988年3月以降、司会者が男性のコンビになったことも影響してか、演奏スペース側にも階段セット(ブラス担当者が座っているスペースの2段目の部分に階段セットを接着させたもの)が追加された。
  • 1989年に第6スタジオの床が張り替えられたことから、それまで指揮者用、歌手の立ち位置としてそれぞれ1ヶ所ずつバンドの演奏スペース側に配置されていた円形のスペースは全編を通じて撤去された。

オープニング映像と番組内でのテロップ表記の変遷[編集]

  1. (番組開始 - 1975年10月27日)ドット抜きされた番組ロゴが現れ、徐々にドットが埋まっていき、ロゴが現れる。
    • 1973年9月までは、オープニングでの司会者名・歌手名テロップを始め、CMに入る直前に画面右端に表示される番組タイトルロゴ、曲名テロップなど、番組内で表示されるテロップは全て白色のものに統一されていた。同年10月の歌手輪番制司会体制に移行して以降、オープニング時の司会者名・歌手名テロップは黒く縁取られた黄色のテロップを、曲名テロップも同様に黒縁付きの色つきのものにそれぞれ変更された。
  2. (1975年11月3日 - 1983年3月28日) 画面右下と左下から多数の白い斜めの太線が出てきて、画面全体が線で埋まると線が回転し、番組ロゴに変形する。
    • 1975年11月から、上記のCM入り前の番組タイトルロゴも黒縁付きの色付きテロップに変更(当初は緑色に統一されていたが、1977年からは影付きのものに変更されたため、そのCMに入る直前に披露された曲のイメージを考慮した色が使用されるようになった)された。また、曲名テロップについても作詞者・作曲者名が併記されるようになった。
    • 1981年1月の放送より、曲名テロップのフォントサイズが縮小された。
  3. (1983年4月4日 - 1985年3月25日) 格子模様が現れ、徐々に模様が細かくなり、光の筋のような線に変形し、番組ロゴが現れる。
    • (以上の映像は、スタジオ風景が背景になっている)
  4. (1985年4月3日 - 1989年9月27日) 宇宙空間をサーキットで走っていき、ライトアップされたスタジオ風景にワープし、ロゴが現れる。※時期によって、ロゴのカラーリングに変更があるほか、特別番組の時はロゴの上に千社札が付いた。また最初期はロゴがばらばらになった。
    • このオープニング映像は『とんねるずのみなさんのおかげです』『志村けんのバカ殿様』「爆チュー問題」のコントなどで、出演者がジェットコースターに乗っているように見せる合成映像として使われることも多かった。出演者が「何で夜ヒットなんだ?」と慌てたり、「(芳村)真理さーん!」と呼びかける様子が視聴者の笑いを誘った。
    • 『'94夜のヒットスタジオ超豪華秋スペシャル』以降ではこの映像の最後に「サーキットに銀球が登場し爆発する」カットが追加されたオープニングが使用された(『'95夜のヒットスタジオ 純白のX'masスペシャル』からはこれら一連の様子を時期に合わせて新規作成した映像が流れた)[48]
    • 『DX』への改編の初期の頃(1985年4月 - 6月頃)は、曲名テロップの下にこれまで併記されていた歌手名テロップがなぜか省略されていたが、すぐに元の(上段から)手書きの曲名・作詞及び作曲者名・歌手名の表記に戻された。また、番組で使用するテロップの制作に主に携わっていた藤井苑子が年に数回休暇を取ることがあり、その際にはあらかじめ定式化されたテロップを代用することもあった。
  5. (1989年10月18日 - 1990年10月3日) さまざまなポーズをとった多数のCGイラストが回転し、シンセ音で「come It,s Me」と2回声を発し、それらが消え、ロゴが現れる。

DVD『中森明菜 IN 夜のヒットスタジオ』にはこれらオープニングの内2〜5(及び『夜のヒットスタジオ大感謝祭スペシャル』〜『'95夜のヒットスタジオ 純白のX'masスペシャル』のオープニング)が、『沢田研二 IN 夜のヒットスタジオ』には1・2・4・5が収録されている。

関連書籍[編集]

  • 夜のヒットスタジオ ぼくのスター名鑑(前田武彦著、1969年、新人物往来社
  • 芳村真理の夜のヒットスタジオDELUXE(芳村真理著、1988年、フジテレビ出版)ISBN 978-4594002527
  • どんどんクジラの笑撃人生(塚田茂著、1991年、河出書房新社
  • テレビ番組事始(志賀信夫著、2002年、NHK出版)※番組(特にスタート時)に関する詳細な論述あり。

DVD[編集]

  • 山口百恵 in 夜のヒットスタジオ(フジテレビ、AVBD91791、2010年6月30日)
山口百恵が歌唱したシーンなどを6枚組に収録。
中森明菜が歌唱したシーンなどを6枚組に収録。
  • ピンク・レディー in 夜のヒットスタジオ(フジテレビ、PCBC-61679、2011年5月27日)
ピンク・レディーが歌唱したシーンなどを4枚組に収録。
沢田研二が歌唱したシーンと歌唱前後の司会陣とのトーク(全ての回ではない)を6枚組に収録。但し『DELUXE』以降の司会である古舘伊知郎・柴俊夫・加賀まりこに関する映像は一切収録されておらず(歌唱時のバックに写り込んでいる場面はある)、『DELUXE』期・『SUPER』出演時(1990年2月21日放送回)収録のディスク6には歌唱シーン(オープニングメドレー含む)のみ収録されている。
また以前に発売された夜のヒットスタジオDVDでは番組本編以外にも他のフジテレビの番組映像が収録されていたが、沢田の場合はDVD収録の番組映像が1975年〜1990年の15年分(102回)に及ぶため[49]か他番組映像の収録は一切ない。
  • THE ALFEE 40th Anniversary スペシャルボックス(ポニーキャニオン、PCBP-62039、2014年9月3日)
THE ALFEEのCD+DVD‐BOX。DVD2枚組にTHE ALFEE出演・歌唱時の映像を収録している[50]

脚注[編集]

  1. ^ 番組の放送は、主に河田町本社の玄関から奥手に存在したグランドスタジオ棟にある第6スタジオにて行われた。
  2. ^ a b http://blog.livedoor.jp/katokeach/archives/50262392.html  『A!Blog of SALLY』「ザ・芸能界、「夜のヒットスタジオ」初出演」2006年10月21日(2016年4月29日閲覧)。
  3. ^ DVD『沢田研二 IN 夜のヒットスタジオ』収録のオープニングメドレー映像から。
  4. ^ 1982年12月20日放送回・1985年12月25日放送回(DVD『中森明菜 in 夜のヒットスタジオ』より)。
  5. ^ 1976年5月17日放送回(DVD『山口百恵 in 夜のヒットスタジオ』ディスク1収録)。
  6. ^ 司会者を含む出演者の過去の秘蔵写真・映像をターゲットとなる出演者のみ事前告知しない状態で放送するもの
  7. ^ オープニングメドレー時に出演歌手たちにハガキが入ったボックスから1枚ずつを抜き出してもらい、その中から1枚だけを抽出して記念品を贈呈する内容のプレゼントコーナー
  8. ^ 1981年3月30日放送回(DVD『ピンク・レディー in 夜のヒットスタジオ』ディスク3)、1978年4月3日放送回(DVD『キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM』ディスク2)
  9. ^ 放送第1回目のターゲットは布施明、コンピューターがはじき出した“理想の恋人”は水前寺清子であった
  10. ^ 5桁のスロットマシーンで下4桁の電話番号を抽出し、その番号に該当する視聴者に対して応募を告知、翌週にその番号に該当する応募者から送られたハガキの中から司会者・歌手が無作為に選んだ一人に対して、スロットではじき出された数字に相当する額の現金をプレゼントするというもの。スロットの数字がすべて0となった場合にのみ最高額の10万円が送られる
  11. ^ 1985年12月31日にも放送されているが、こちらは『火曜ワイドスペシャル』の特別企画として放送されている。
  12. ^ 『マエタケのテレビ半生記』(いそっぷ社刊)より。
  13. ^ 但し、オープニングでの司会者登場時におけるBGMに童謡が恒常的に選曲されるようになったのはカラー放送に移行して以降の事であり、モノクロ放送時代は音楽担当の広瀬健次郎、及び当時の演奏バンドのバンドマスターであった有馬徹豊岡豊が作・編曲をしたアメリカンポップス調の番組オリジナルBGMが使用されていた。
  14. ^ 22時台という(1960年代の感覚でいえば)深夜に程近い時間帯の生放送番組であったために、一部レコード会社や芸能事務所の間で万全のコンディションで歌手が歌を披露できない恐れがあるとして同番組の出演を控えるケースがあったほか、当時の歌手は週末に地方での営業・興行を入れる代わりに週明けの月曜をオフ日に宛てる者も多く、この事も出演者集めに苦慮する要因となった。
  15. ^ 「バンザイ事件」発生後の両司会者の処遇については、当初、前田・芳村の同時降板案のほかに、芳村のみを残留させて新たなパートナー役を起用する形で軌道修正を図る案もあったが、初期番組スタッフの中には構成の塚田を筆頭に前田と古くから関わりを持つ人物も多数おり、仮に後者の案を採った場合、前田シンパの番組スタッフの多くが露骨な「マエタケ外し」に反対して番組制作から一斉に離れてしまう危険があったこと、また既に大物司会者の域に達していた前田のプライドを不用意に傷つける虞があったこと、長年前田のパートナー役を務め、公私共に親しい間柄にも関わらず、突然何の脈略もなく「万歳」を前田が採ったことに対して、芳村がその真意を汲み取ることができず適切なフォローをしなかったことが「バンザイ事件」を重大化させた端緒であるとして、芳村の責任を問う声も局内に少なからずあったこと等の事情から、最終的には前田サイドには極秘に「芳村には半年ないし1年の間は代替の新番組の司会をやってもらい、機が熟したら即座にヒットスタジオに戻ってきてもらう」という既定路線を敷いた上で、1973年秋の改編での前田・芳村(芳村に関しては事実上の一時出演休止)の同時降板という形で収拾が図られたとされる。
  16. ^ 当時、まだ「バンザイ事件」による番組に対するネガティブイメージが完全に払拭されたとは言い切れる段階ではなかったことや、短期間での司会復帰となる芳村に対する“出来レース復帰”の批判を最小限に食い止める必要があったことから、視聴者に番組イメージの刷新を強く印象付ける目的から、当時、前任者の前田とは正反対とは言える豪放ながら軽妙・親しみやすいキャラクター性で幅広い世代で高い好感度を誇っていた三波の新司会起用、男性1人・女性2人のトリオ体制司会、女性司会者中心の番組進行スタイルの採用が決定したとされる。
  17. ^ この時期は、オープニング時の司会者登場の演出も、まず芳村と朝丘が大階段セットから降壇し、両者がトークを始めて少し経ったタイミングで三波が両者の間に割って入ってくるという変則的な形となっていた
  18. ^ 例えば大磯ロングビーチでの第300回記念放送(1974年8月5日放送)の時は「大磯へ 大磯がしい(お忙しい)のに 良く来たね」。なお芳村最終日となる『DELUXE』時代の1988年2月10日放送分で、三波の相方だった伊東四朗が出演した時は、伊東が「天国で 三波な様(皆々様)に ありがとう」と、三波の川柳を再現した。
  19. ^ 「ゆくゆくは歌手・歌重視の演出手法に変えたい」という当時の番組スタッフの方針から、幅広い人気を得ている歌手(または歌手業も活発に行っているタレント)を司会に置きたいという意向が働いたことに加え、当時まだ弱冠29歳の若さながら、既に1970年代初頭から『ゴールデン歌謡速報』(フジテレビ)、『火曜歌謡ビッグマッチ』(TBS)、『ベスト30歌謡曲』(NET、現・テレビ朝日)などゴールデン・プライム枠の歌謡番組の司会経験が豊富であったこと、更に前述の前年夏に行われた沖縄海洋博会場からの野外中継時にスケジュールの都合でリハーサルを欠席した三波の代わりを井上が急遽務めた際、芳村と丁々発止のやりとりを繰り広げ、急な悪天候により極度の混乱状態に陥ったスタッフや他のゲスト歌手、また中継に協力する博覧会関係者たちを和ませた事を製作サイドが高く評価したことが決め手となって井上の司会起用が決定した。尚、この司会交代により、『ヒットスタジオ』を去る事となった三波への懐柔策として木曜20時枠で彼をメイン司会者(キャップ役)に起用しての新番組『スターどっきり(秘)報告』が同番組スタッフにより立ち上げられた。
  20. ^ 厳密には井上の司会起用後も制作側は急な番組カラーの変化による視聴者離れを避ける目的から、従来からの歌謡バラエティ要素も残しながら、徐々に音楽番組としてのカラーを強めてゆく方向で当面の放送を続けてゆく構想を立てていたため、「歌謡ドラマ」はそのまま継続されたほか、新たに「スター家庭訪問」コーナー(放送当日の出演歌手のうち数組の自宅を井上が訪問し、歌手本人やその家族・関係者にインタビューを試みるというもの)が井上の起用に併せて設けられたが、「歌謡ドラマ」は井上の司会起用からわずか数回のうちに打ち切られ(この「歌謡ドラマ」終了による代替コーナーとして1976年6月までの期間限定の形で心理学者の浅野八郎監修による新方式での「コンピューター恋人選び」が臨時に編成された)、当初は毎週放送されていた「家庭訪問」も1976年夏頃には不定期のコーナーに格下げされた上、1976年末の段階で自然消滅。1977年以降は「他人の歌オープニングメドレー」「ラッキーテレフォンプレゼント」「ご対面」を除き、ほぼ全編を司会者と歌手とのトークと歌だけで構成する総合音楽番組路線へと転換した。
  21. ^ http://www.musicman-net.com/relay/67-2.html#item-1 Musicman-NET「Musicman's RELAY 第67回 きくち伸 2. 第一志望は小学館?〜想定外のフジテレビ入社」(2016年4月29日閲覧)
  22. ^ 正式なコーナー名は「対決!」。但し、実際の放送上でこのコーナー名を司会者が用いることはほぼ皆無に均しかった。
  23. ^ 特に資生堂以外の化粧品メーカー(カネボウ化粧品コーセーなど)のCMソングはCMのオンエア終了後しか披露できなかった。
  24. ^ ただしこれは表向きの理由であり、実際は当時、井上が所属事務所に無断で製菓メーカーのCMの仕事を入れた事が問題視され、ペナルティーとして一定期間の芸能活動縮小に追い込まれた事による降板であるとされる。また、井上降板直後に刊行された元番組バンドマスター・ダン池田による暴露本『芸能界今日モ反省の色ナシ』の中で、かなりの頁数を割いてダンが井上(特に当番組に取り組む姿勢)に対する批判を展開している事を事前にキャッチした番組製作サイドが、これによって番組全体のイメージに傷が付く事を怖れて、刊行前のタイミングで井上を番組から外し、番組カラーを転換する必要に迫られたとの説もある。このような事情もあってか、井上司会最終回の1985年9月25日放送のエンディング時に芳村真理は号泣しながら「順さん、必ずまた(番組に)戻って来てね」と、井上の降板が実際上は自発的なものではなく、当人の意思に反した降板であることを匂わせる発言をしている。
  25. ^ 当初、同年春に『ザ・ベストテン』を降板した久米宏を井上の後任に迎える案があったが(『週間TVガイド』1985年4月27日号より)、既に久米はテレビ朝日系で同年秋スタート予定の報道番組(『ニュースステーション』)に専念することが内定していたために頓挫。久米の代わりとして、フリー転身直後の活躍ぶりを考慮して古舘の司会起用が決定したとされる
  26. ^ しかし西田が生で出演しなくなった事で人気は低下し、6回で降板した皇達也プロデューサーの後を追ってタモリ・西田と共に降板し、番組は8回で打ち切りになってしまう。なお残りの2回は、局アナの佐々木正洋南美希子が代行した。
  27. ^ 古舘が自身の著書で回顧している。
  28. ^ 但し、後年の芳村の述懐によれば、1987年7月に光GENJIが番組に初出演した際、彼らの中に、自身の子供よりもずっと年下の中学在学中のメンバーがいた(恐らく赤坂晃佐藤アツヒロの事を指していると解される)事や、「ちわーす」「(芳村の物真似をしながら)どぅもー」等と軽い調子で挨拶をされたことに強いジェネレーションギャップを感じ、「もうここは私がいるべき場所ではない」と思ったことが番組降板を決断した最大の要因であったとされる(2015年10月2日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)に芳村がゲスト出演した際、司会のふかわりょうから番組を降板の原因を尋ねられた際にも同様の返答をしている)。
  29. ^ 同放送回は歴代の男性司会者の担当期間を一つの時代と捉え、各歴代男性司会者が交代で芳村と自身の担当した期間に該当するトピックスを紹介する各コーナーの進行を行う構成を採ったが、三波司会時代の回顧コーナーは三波の元相方である伊東四朗が特別ゲストとして出演、古舘を進行役として、生前の三波の出演シーンを見ながら芳村と伊東が三波の思い出を語り合うという内容となっていた。
  30. ^ TBSの研究 (4)低迷続く視聴率読売新聞、2005年12月9日。
  31. ^ a b http://www.musicman-net.com/relay/67-2.html#item-1 Musicman-NET「Musicman's RELAY 第60回 木崎徹 4.『夜のヒットスタジオ』の復活劇」(2016年4月29日閲覧)
  32. ^ 奥居香については「ブタ」発言があった直後のラジオ番組『ポップン・ルージュ』(TBSラジオ)にて、加賀の番組内で見せた態度を批判するとともに、自身を含むメンバー全員につき、番組への出演拒否を表明。以後1993年の復活版をのぞいて、一度も出演することはなかった。
  33. ^ テレビ朝日系の『はなきんデータランド』の台頭に象徴される、純粋に音楽を楽しむというよりもヒットチャートを調べるために見るという、「目的から手段への変化」である。
  34. ^ 派生番組としても、『ヒットスタジオ演歌』が同年3月に終了している。
  35. ^ 特にビッグバンドについては、演歌・歌謡曲系歌手の出演機会が激減した影響から、回によってはオープニングのメドレーのみしか演奏を行わないということも少なくなかった。
  36. ^ マイケル宮内『笑えるけど超ヤバい! テレビ放送事故&ハプニング』p190-191、廣済堂出版、2007年7月、ISBN 978-4-331-51243-2。この中に清志郎が歌った歌詞が掲載されている。
  37. ^ 自著エッセイ『読め!』より。
  38. ^ 前田が自らの著書で後年回顧している。
  39. ^ きょうの出来事』などが終了後、本放送同日23時40分から2時間40分遅れでネットしていた。スポンサーもローカルスポンサーに差し替えられていた。
  40. ^ その後、1993年3月31日をもってフジテレビ系を脱退し、現在はテレビ朝日系フルネット局となっている。
  41. ^ a b c 水曜21時台・22時台は日本テレビ系ネット枠の為打ち切り。
  42. ^ 水曜21時台・22時台はTBS系番組枠の為打ち切り。
  43. ^ 1990年10月1日よりNNNを離脱し、FNNの単独ネット局となる。
  44. ^ 水曜21時台はテレビ朝日系の番組を、水曜22時台は1985年9月まではテレビ朝日系の番組を、同年10月からは日本テレビ系の番組をそれぞれネットしていた。
  45. ^ 水曜21時台と22時台がテレビ朝日系同時ネット(『欽ちゃんのどこまでやるの!?』、『特捜最前線』)だったが、『ニュースステーション』開始に伴いネット再開(『欽ちゃんのどこまでやるの!?』と『特捜最前線』は遅れネット降格)。
  46. ^ ネット開始前はテレビ朝日系番組を放送していた。ネット開始日の出典は当日の南日本新聞
  47. ^ 但し、通常とは異なる構成(例:1980年10月6日放送の「サヨナラ山口百恵」や1984年10月8日放送の17周年突入記念2時間特番、1985年4月3日放送の「DELUXE」としての第1回放送、このほか大磯ロングビーチ代々木第一体育館など外部会場を借りての公開放送を行った場合など)を採った回や特別な装飾がスタジオに施された回(例:1979年以降のクリスマスシーズンの放送回、新春1回目の放送回など)に関しては、その回の内容やスタジオ・会場の特別な雰囲気に合わせた特別のカメラ割りやオープニング構成が採られるケースも多かった(例えば、上述の「サヨナラ百恵」の放送時ではスタジオ全体が暗転している中で、既に板付きの状態でスタンバイしている井上・芳村の立ち位置にだけ本編開始と同時のタイミングでスポット照明を当てて、そこから両司会者が番組開始の挨拶と通常とは異なった内容の放送を行う旨の告知、そして同回のメインゲストである山口百恵を紹介するという構成が採られている)。
  48. ^ 『中森明菜 IN 夜のヒットスタジオ』ディスク6収録映像より。
  49. ^ 沢田研二の超貴重映像満載、『沢田研二 in 夜のヒットスタジオ』の収録曲と映像が解禁2012年6月21日閲覧
  50. ^ http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400000632&DSP_SKHKETSEQ=001

関連項目[編集]

外部リンク[編集]