内田恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うちだ きょうこ
内田 恭子
プロフィール
本名 木本 恭子
愛称 ウッチー
出身地 西ドイツの旗 西ドイツデュッセルドルフ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-06-09) 1976年6月9日(42歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学商学部
職歴フジテレビアナウンサー
活動期間 1999年 -
ジャンル スポーツ・報道・バラエティ
配偶者 あり
家族 息子2人
公式サイト オフィシャルウェブサイト
出演番組・活動
現在テレビでドイツ語
過去天才をつくる!ガリレオ脳研
すぽると!
笑っていいとも!
タモリのジャポニカロゴス
地球感動配達人 走れ!ポストマン
グータンヌーボ』など

内田 恭子(うちだ きょうこ、1976年6月9日 - )は日本フリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。本名・木本 恭子(きもと きょうこ)旧姓・内田。愛称は「ウッチー」。

経歴[編集]

父親の赴任先である西ドイツデュッセルドルフに、内田家の長女として、1976年6月9日に誕生。「杏子」と命名する意向だったが「杏」が当時人名用漢字に無く已む無く「恭子」と命名[1]。2歳で日本に帰国した事も有りドイツ語を全く話せない。家族は、兄がいる。

小学校5年から高校2年生まではアメリカシカゴで生活。

ワルデン小学校(Walden Elementary School)卒業。

イリノイ州デアーフィールド高等学校英語版(Deerfield High School)から神奈川県立外語短期大学付属高等学校へ編入、慶應義塾大学商学部卒業。

シカゴ双葉会日本語学校補習校)の同期にはTBS豊田綾乃・元日本テレビ小野寺麻衣がいる。 1999年、フジテレビに入社。同期アナウンサーは大橋マキ(現・フリーアナウンサー)と長谷川豊(現・フリーアナウンサー)。『プロ野球ニュース』の終了および先輩アナの荒瀬詩織宇田麻衣子、同期の大橋の退社に伴い2001年4月から5年間同局のスポーツ番組『感動ファクトリー・すぽると!』のキャスターを務める。

また、入社当初はフィールドキャスターも務め、報道の分野で経験を積んだ。

同局の看板アナウンサーとして活躍したが2003年春から交際中の吉本興業社員でダウンタウン浜田雅功の元マネージャー木本公敏と2006年1月10日に婚約。同年3月31日にフジテレビを退職し、同年7月に結婚。退職後はフリーとして活動している。その後2010年4月12日に第1子となる男児を出産[2][3]2012年8月には、第2子の妊娠を自身のブログで報告[2][3]し、同年11月26日の『渋谷LIVE! ザ・プライムショー』の生放送をもって2013年3月までの予定で産休に入り[3][4]、同年1月10日、男児を出産したことを自身のブログで報告した[5]

この産休からの復帰後は、従来通りフリーアナウンサーとしてテレビなどでの司会・ナレーターを行うとともに、2014年にはNHKの大河ドラマ軍師官兵衛』に出演(後述)。内田にとっては2度目の女優業、かつ初の時代劇出演となった。

エピソード[編集]

  • 日本テレビより同局が2006年10月に放送開始した『NEWS ZERO』の初代キャスターを打診されたが、『NEWS ZERO』と放送時間が重複する『タモリのジャポニカロゴス』と『グータンヌーボ』(関西テレビ制作)に2006年10月以降も出演継続のため断ったとされる。退社後丸2年間は同局系列以外のテレビ番組には出演していなかった。その後、自身初のエッセー本『チョコレートと犬とベッド』を発売するのを機に他局へのテレビ出演をついに解禁することとなった(ラジオは2007年春からTOKYO FMでレギュラー番組を持っている)。テレビにおける他局初出演は、2008年6月7日放送のテレビ朝日オーラの泉』(レギュラー番組では10月19日開始のMBSの『地球感動配達人 走れ!ポストマン』)。
  • 2008年4月23日東京ディズニーシーで行われた母校である慶應義塾創立150年記念のイベントではかつての上司の福井謙二と司会を務めた。
  • TBSアナウンサーの海保知里テレビ東京アナウンサーの水原恵理は就職活動時からの友人で、アナウンサー同期でもある。
  • 1年後輩の千野志麻はフジテレビアナウンサー時代からの友人で、結婚式では元上司の露木茂とともに司会を務めた(千野の結婚式には日枝久村上光一などフジテレビ幹部やかつての同僚アナウンサーが出席した)。
  • 夫との出会いは『ジャンクSPORTS』(前述のように内田と共演していた浜田雅功の担当マネージャーだった)。

受賞[編集]

主な出演[編集]

フジテレビ時代の出演番組[編集]

現在の出演番組[編集]

テレビ(現在の出演番組)[編集]

  • ひるブラ(2011年7月12日 - 、NHK総合)- 不定期出演のスタジオゲスト(コメンテーター)

過去の出演番組[編集]

テレビ(過去の出演番組)[編集]

ラジオ[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

連載[編集]

  • 内田恭子のうっとり・おっとりチャレンジ(Domani小学館
  • 内田恭子と高須光聖のTable Talk(GQ JAPAN、コンデナスト・ジャパン)

雑誌[編集]

  • 「LEE」8月号(集英社、7月7日発売)
  • 『マリオン21』(朝日新聞 7月10日夕方版)
  • ユナイテッド航空機内誌『私の大切』掲載(7月10日 - 9月9日機内搭載分)
  • 「美的」9月号「内田恭子の美的×知的対談」(小学館、7月23日発売)
  • TSUTAYAフリーペーパー「V.A.」(全国のTSUTAYAにて2008年7月24日より配布)
  • 「ロクシタンの秘密」 (枻出版社、8月1日発売)
  • 『Domani』9月号連載『3歩さがって黒ネコ。』 (小学館、8月1日発売)

著書[編集]

  • 「内田恭子のやさしいおもてなし」(ワニブックス、2007年12月20日発売)
  • 「チョコレートと犬とベッド」(幻冬舎、2008年6月27日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊現代 2012年3月31日号 74-76ページ「私の地図 : あの場所へ帰りたい(第93回)フリーアナウンサー 内田恭子」
  2. ^ a b “内田恭子、第2子妊娠「来年の頭くらいに」”. サンケイスポーツ. (2012年8月15日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120815/ent12081517220010-n1.htm 2012年12月22日閲覧。 
  3. ^ a b c “内田恭子:WOWOW「ザ・プライムショー」で出産前最後の生放送 産休へ”. 毎日新聞デジタル. (2012年11月25日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130501144807/http://mainichi.jp/mantan/news/20121124dyo00m200038000c.html 2012年12月22日閲覧。 
  4. ^ “内田恭子:「あっという間に戻ってきます」 産休前最後のWOWOW生放送”. 毎日新聞デジタル. (2012年11月25日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130501140503/http://mainichi.jp/mantan/news/20121126dyo00m200035000c.html 2012年12月22日閲覧。 
  5. ^ 2013-01-10 14:16:42 ご報告
  6. ^ 自身の産休のため休演。
  7. ^ 自身の産休のため終了前に降板。
  8. ^ SHELLYの産休時の代役として出演。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]