鈴木おさむ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
すずき おさむ
鈴木 おさむ
本名 鈴木 収(読み同じ)
別名義 すますま・すずき
生年月日 (1972-04-25) 1972年4月25日(46歳)
出生地 日本の旗 千葉県安房郡千倉町(現・南房総市
血液型 O型
職業 放送作家
脚本家
作詞家
パーソナリティ
タレント
会社役員
映画監督
ジャンル テレビドラマ
バラエティー番組
など
活動期間 1991年 -
配偶者 大島美幸森三中)(2002年 - )
事務所 スマイルカンパニー
公式サイト 公式プロフィール

鈴木 おさむ(すずき おさむ、1972年4月25日 - )は、日本の放送作家脚本家作詞家パーソナリティタレント映画監督。本名、鈴木 収(読み同じ)。ペンネームはすますま・すずき

千葉県安房郡千倉町(現・南房総市)出身。スマイルカンパニー所属。妻はお笑いタレント大島美幸森三中)。また、YouTuber専門事務所UUUM株式会社顧問を務めている。

略歴[編集]

千葉県立安房高等学校卒業、明治学院大学経済学部中退(2年次)[1]

夢で逢えたら』を見て放送作家を志す。太田プロダクションの芸人採用オーディションを受け、審査員の1人として参加していた放送作家の前田昌平の目に留まり前田に師事する。前田からは「芸人さんの気持ちが分からないとダメだから、お前、オーディションを受けて、ライブに出てみろ」と言われ、太田プロのライブに参加していた。事務所のネタ見せ時には、U-turnとして活動していた土田晃之と同じオーディションを受けていた。

当時結成直後で無名のよゐこのライブが初仕事。「つんくタウン」の映画『まぐろのしっぽ おさむ大作戦』プロデューサー・総指揮・製作。テレビ・ラジオ番組から、舞台、映画の脚本・脚色、作詞まで手がける放送作家である。

以前は表舞台に出る機会は少なかったが近年は夫婦でテレビ、CM等での露出の機会が増えタレント活動も行っている。

SMAPキャイ〜ンココリコなど複数の芸能人のブレーンとしてだけではなく、脚本家としても数々のヒット作を手掛ける。フジテレビでは編成部のプロデューサー・荒井昭博と組み、様々な企画・コントを生み出している。

めちゃ²イケてるッ』では『SMAP×SMAP』に力を入れすぎていると弄られて以降、すますま・すずきというペンネームを使用している。

2002年元旦放送『第65回欽ちゃん&香取慎吾の新!仮装大賞』に草彅剛扮する「池の鯉」にエサをやる人の役で出演。司会香取慎吾の妨害にもめげず見事、20点満点を獲得。

2002年10月に「交際0日」で結婚した[2]妻・大島美幸との馴れ初めを描いた著書『ブスの瞳に恋してる』が2006年4月から稲垣吾郎と、大島と同じ森三中の村上知子の主演でドラマ化された。

2012年9月3日、ちゃんこ屋鈴木ちゃんを開店(その後、2018年4月30日に閉店)。

2015年7月6日、自身のブログで育休(本人曰く父勉)のため一部を除き1年間休業することを発表した[3](そのため一時はすますま・すずき名義で担当していた『めちゃ×2イケてるッ』以外の全ての担当番組を一時的に降板していた)。

2018年5月公開の映画『ラブ×ドック』で映画監督デビューを果たした[4]

人物[編集]

ラジオ番組のTHE 放送サッカーズで半年かけて弟子を募集し、弟子を中島知子と鈴木おさむ エンタな日曜日でノーギャラ作家として雇っていた。

大相撲横綱白鵬と親交がある。白鵬が30回目の幕内優勝を果たした翌日には優勝祝賀会に呼ばれており、この時に力士たちが面白いことに気付き、それ以来鈴木は力士をバラエティー番組に起用するようになった。こうしたことから鈴木が遠藤、逸ノ城などを中心とした力士ブームの火付け役となったとする分析も存在している[5]

現在の担当番組[編集]

TBSテレビ[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

AbemaTV

過去の担当番組[編集]

タモリ[編集]

SMAP[編集]

中居正広[編集]

木村拓哉[編集]

香取慎吾[編集]

稲垣吾郎[編集]

草彅剛[編集]

キャイ〜ン[編集]

ココリコ[編集]

田中直樹[編集]

爆笑問題[編集]

太田光[編集]

タカアンドトシ[編集]

Kis-My-Ft2[編集]

藤ヶ谷太輔[編集]

その他のテレビ番組[編集]

日本テレビ[編集]

TBSテレビ[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

LaLa TV[編集]

ラジオ番組[編集]

出演

構成

他多数

出演[編集]

CM[編集]

PV[編集]

  • SunSet Swish「あすなろ」 妻の大島と出演の他、本編中に登場するカップルの写真も二人で撮影。

作品[編集]

脚本[編集]

テレビドラマ

テレビアニメ

映画

アニメ映画

舞台

  • 美幸 - アンコンディショナルラブ - (2012年・2013年・2015年) - 演出も担当[9]

その他

監督[編集]

PV

映画

  • ラブ×ドック(2018年) - 監督・脚本

作詞[編集]

SMAP[編集]

  • 「ジャラジャラJAPAN〜for the Japanese〜」(アルバム「S map〜SMAP 014」内)
  • 「FIVE RESPECT」(アルバム「SMAP 015/Drink! Smap!」内、N.マッピーこと中居正広と合作)
  • 「時間よとまれ」(稲垣吾郎ソロ/SMAP・アルバム「Drink!Smap!」内)
  • 「SMAPのポジティブダンス」(アルバム「We are SMAP!」内)

その他[編集]

  1. 死ぬほどあなたが好きだから
  2. たまには泣いてもいいですか?
  3. さくらいろ
  1. Thank youじゃん!
  2. 友+情を、くっつけて(アルバム「Yummy!!」内)
  1. 神様コネクション
  2. 大吉中吉小吉
  3. 当たり前なんかない
  • A応P「まぼろしウインク」

構成・演出[編集]

舞台・ライブ

前述のよゐこ、キャイ〜ンライブ以外にもライブの構成・演出を手掛け、吉本興業の若手芸人と結成した劇団「ザ・おさむショー」では、座長と構成・演出も。

  • THE SECRET LIVE(1999年7月1日-4日・新宿紀伊國屋サザンシアター。出演・中居正広、草彅剛、香取慎吾)
  • 劇団「ザ・おさむショー」(2003年6月)
    • ザ・おさむショー「あるニューハーフ対ヤクザのはなし」(2004年4月3日-4日)
    • 劇団「ザ・おさむショー」(2004年12月21日-22日)
  • だめんず・うぉ〜か〜舞台版演出(2006年5月16日、5月17日、紀伊國屋サザンシアター)
  • うす皮一枚(2006年9月8日~10日、下北沢本多劇場)構成・演出
  • 田村亮一座立ち上げ公演『噂のホスピタル~太陽のコマチ、エンジェル~』(2007年11月30日、12月1日、LAFORET MUSEUM 原宿)構成・演出
  • 尋常人間ゼロ(2008年3月28日~3月30日、下北沢本多劇場)構成・演出
  • 春子ブックセンター(2008年6月)脚色・演出
  • トークライブ「放送作家 鈴木おさむの芸人お見合い~仲良くなりまSHOW~」(2008年7月8日〜以降不定期、東京カルチャーカルチャー

著書[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木おさむ氏 スペシャルトークイベント 「大学と学びと マスメディア」 明治学院大学 - 高校生新聞オンライン
  2. ^ “大島美幸・鈴木おさむ氏の交際0日婚、結婚後も3カ月別居だった”. デイリースポーツ onlie. (2017年3月22日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/22/0010024956.shtml 2018年6月4日閲覧。 
  3. ^ 鈴木おさむ氏、放送作家1年休業を報告 育休改め“父勉”に専念
  4. ^ “鈴木おさむ、映画監督デビュー!主演は吉田羊”. 映画.com. (2017年4月3日). https://eiga.com/news/20170403/2/ 2018年6月4日閲覧。 
  5. ^ 豊富な宴会人脈 カラテカ入江が語る白鵬との“メル友”秘話  日刊ゲンダイ 2015年2月1日
  6. ^ “鈴木おさむが次世代担う芸人を発掘する新番組始動、初回ゲストはインディアンス”. お笑いナタリー. (2016年10月15日). http://natalie.mu/owarai/news/205440 2016年10月17日閲覧。 
  7. ^ 2014年10月15日のブログ 鈴木おさむオフィシャルブログ
  8. ^ “倉科カナ&三浦翔平、ドロキュン恋愛ドラマで共演 鈴木おさむ氏が描く“奪い愛””. ORICON STYLE. (2016年11月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2081584/full/ 2016年11月17日閲覧。 
  9. ^ 鈴木浩介&大島優子出演 鈴木おさむ作・演出『美幸』が来年5月に上演”. シアターガイド (2015年3月17日). 2015年3月20日閲覧。
  10. ^ 鈴木おさむ初の書き下ろしマンガ原作! しかも少女マンガ誌「なかよし」で!? 強烈キャラが連発!小学生の貧困格差をホラーに描く『秘密のチャイハロ』新連載スタート!”. PRTIMES (2017年12月1日). 2018年9月21日閲覧。
  11. ^ “鈴木おさむ氏が作詞を 南房総 来春誕生の千倉小・校歌”. 房日新聞. (2013年10月10日). http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=8346 2014年4月13日閲覧。 
  12. ^ 森三中大島の妊活突入から出産まで、鈴木おさむ「妊活ダイアリー」発売”. お笑いナタリー (2015年8月27日). 2015年8月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]