BISTRO SMAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SMAP×SMAP > BISTRO SMAP

BISTRO SMAP」(ビストロスマップ)は、フジテレビ系列で放送されていたバラエティ番組SMAP×SMAP』内のコーナーである。『SMAP×SMAP』の看板コーナーでもある。ビストロSMAPと表記される場合も多いが、本項ではBISTRO SMAPという表記で統一する。

概要[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

SMAPのメンバー(中居正広木村拓哉稲垣吾郎草彅剛香取慎吾)がレストラン「BISTRO SMAP」のオーナーシェフに扮して、来店したゲストのオーダーに合った料理を振る舞い、一番ゲストの気に入った料理を作った勝者を決めるコーナーである。1996年の番組放送開始から2016年12月まで放送されており、作られた料理のレシピをまとめた番組本がベストセラーになるなど、番組の顔とも言えるコーナー。

当初は、メンバーの中で料理が得意だった森且行(当時SMAPメンバー)と木村が料理で対戦するというコンセプトで始まり、「あなたの想い出つくります」というサブタイトルもあった。しかし、番組開始直後に森がオートレースの選手になるためSMAPを脱退。残った5人のうち、中居(オーナー)を除く4人が二手に分かれて料理を作って対戦する形態に変更になった。

メンバーが着ているシェフの衣装で、首に巻いているタイの色は、中居はピンク、木村は、稲垣は、草彅は黄色、香取はとなっている。これらの色の由来は、『夢がMORI MORI』のコーナーの一つ「音松くん」で各メンバーが演じていた6つ子のキャラクター個々のイメージカラーに由来していると言われるが、「音松くん」の配役では、中居は青松で、稲垣は桃松でピンクであり、BISTROでは入れ替わっている。個人のイメージ色が指定される以前は、向かって左の(木村のいる)ペアは必ずのタイで、右は稲垣を含むペアの時はのタイ、草彅・香取ペアの時は黄色のタイだった。(なお、森卒業後、木村のいない方のペアは、白地ではなく薄いピンク地のシェフ衣装だった。) 森在籍時は「オーナー」の中居はタキシード姿、ギャルソン役を香取ないし稲垣が務めていた。森脱退後も1999年ごろまで中居はタキシード姿を続けていたが、99年の4月ごろからはギャルソン風の衣装に変化している。

香取がいない方のペアの作った料理をゲストが試食する時には、中居のトーク展開によりゲストから「おいしい(またはそれに各当する語)」という一言を引き出し、それを合図に香取が、ゲストにちなんだ仮装や演技などの一人ショートコントを繰り広げるのが恒例(おいしいリアクション)。香取曰く、この仮装には20分程度かかるらしい。当初は相手ペアの料理に対し「おいしい」と言われて、「ピンチ!」というショックの意味合いが強かった。よって、香取以外のメンバーもやったことがある。最初は香取が隣のカメラに向かってあらゆるリアクションをとることから始まり、調味料を口に含む、スタジオのあらゆる場所に隠れる、ボードから顔を出す、そして仮装…と変貌を遂げている。最近では中居がトークの最後にあらためて「お味の方はいかがでしたか?」などと聞き直し、「おいしい」を引き出して中居が「おいし〜い!!」とコールした後で「おいしいリアクション」に入る。リアクション内容によっては編集でカットされる場合も稀にある。

  • 2010年11月22日放送では香取がゲスト・向井理が出演した『ゲゲゲの女房』にちなんで目玉のおやじの衣装でおいしいリアクションに望むも、逆にゲストの向井はもちろん他のメンバーやスタッフに大爆笑の嵐が舞い込んでしまい、それが原因で最下位になってしまった。その後の松下奈緒がゲストだった同年12月13日放送でも、目玉のおやじの衣装でおいしいリアクションに望み、大爆笑の嵐を舞い込んでしまったが、自分が作った韓国料理の味に助けられ、1位を勝ち取った。後に、目玉のおやじに扮する香取がADに挑戦する『ゲゲゲのAD』としてコーナー化した。
  • 2011年1月31日放送ではゲストに沢口靖子を迎えた。稲垣・香取・草彅と試食が続き、最後の木村の試食の際においしいリアクションをしようと裏でスタンバイしていた香取だったが、沢口が木村の作った料理の味をイマイチ気に入らないというハプニングが発生、「おいしい!!」と言わなかったため、誕生以来初めておいしいリアクションが無かった。結局、勝者草彅へのキスの際に用意していたグッズ(沢口のデビューシングルのジャケットやそのコスプレ)を伴って裏から登場した。勿論、この回の最下位は木村。
  • 2011年3月7日放送では『漫才ギャング』から佐藤隆太上地雄輔石原さとみ品川ヒロシが出演し、おいしいリアクションで品川の相方の庄司智春がサプライズで登場した。

女性ゲストのときは、勝利したチームの二人にキスをするのが定番(おいしいキス)。また、男性ゲストでもキスをさせられることがあり、爆笑問題田中裕二は身長が低いため、しがみついてキスをしていた。

  • 2002年1月7日放送の生放送スペシャルで勝利した香取がゲストの深津絵里からキスをもらうことになった。目をつぶって心躍らせて待つ香取に同じくゲストだった堤真一がアドリブでキスをした。キスをされた直後、香取は深津のキスだと思い込み喜んでいたが、口紅が付いていないことを木村に指摘されると、深津ではないことに気付き、「堤真一の匂いがする!」と抗議した。

調理時間は収録時はまちまち(平均30分程度)だが、生放送版では調理時間が30分(かつては12〜15分)と限られている。

コーナーのナレーションは増田晋、担当ディレクターは代々木明徳である。服部栄養専門学校の指導、フードコーディネーター・結城摂子の監修の下、料理対決が行われている。

また、このコーナーに限っては、地上デジタル放送にてBISTRO SMAPロゴによるウォーターマークを左上に表示している(CM中は非表示、2007年3月までは右上に表示していたが、4月からフジテレビなどで局ロゴのウォーターマークを表示し始めた関係から、現在の位置による表示となった)。

SMAP×SMAP』の番組内において料理コーナーを設けることになった理由は、番組開始の前年に中居が料理ドラマ『味いちもんめ』に主演したことがキッカケであると考えられている[注 1]

コーナーの進行[編集]

(2016年現在。)

  1. オーナーを務める中居が、お客様を呼び出し、「ご予約のお名前は?」と聞く。
  2. お客様が名前を言った後に、中居が続けて「ご注文は何にしましょう?」と聞く。
  3. お客様が食べたい料理を言った後に、中居が呼び鈴を鳴らし、「オーダー! ○○!!」と叫びながら、シェフを務める木村、稲垣、草彅、香取に伝える。4人のシェフは2つのチームに分かれており、毎回、チームのメンバーが入れ替わる。
  4. 中居に注文を言われると、すかさず4人のシェフが「ウィームッシュ」と叫びながら、返事をする。
  5. 返事の後、4人のシェフが一斉に調理にかかる。
  6. シェフの調理が開始すると、中居とお客様のトークが始まる。
  7. コーナーの後半になると、中居とお客様が下の厨房に降りて、4人のシェフも交えて、別の企画が始まる。
  8. 企画終了後、実食が始まり、チーム毎にそれぞれの料理をお客様が実食する。
  9. 実食の途中になると、中居がお客様の「おいしい」を引き出して、「おいし〜い!!」と叫ぶと、香取による「おいしいリアクション」が始まる。「おいしいリアクション」は、香取がお客様にまつわる芸能人やキャラクターのコスプレをして登場する。
  10. コーナーの最後には、中居が「○○対決、判定は!?」と聞き、対決の勝敗を決める。
  11. お客様が女性の場合は、勝者チームにキスのプレゼントをする。

コーナーの歴史[編集]

  • 1996年4月15日『SMAP×SMAP』放送開始・同コーナー開始。第1回のゲストは大原麗子
  • 1996年7月29日放送(ゲスト:真野響子)では史上初の引き分けを記録。その後、引き分けは後述する最終回まで20年途絶えることになる。
  • 1998年3月30日放送では「BISTRO SMAP in ロサンゼルス」と題してアメリカでロケを敢行し、ゲストであるウーピー・ゴールドバーグ(同コーナー史上初の外国人ゲスト)に料理を振る舞った。
  • 2001年8月24日に稲垣が逮捕され、活動を自粛していた際には、2チームに分かれるグループ戦ではなく、4人のうち1人がオーナーとなり、3人で個人戦を行った(稲垣の復帰以降も個人戦はしばらくの間続いた)。
  • 2003年1月13日放送分からグループ戦が復活。中居は2003年2月24日放送分までグループ戦に参戦していたが、2003年4月から中居がオーナーで他の4人が料理を作る形式に戻った。
  • 2006年2月6日放送は草彅がインフルエンザにより欠席したため、中居以外の3人で個人戦となった。
  • 2006年4月17日放送では放送開始10周年ということを理由に、タモリが初登場し、翌週2006年4月24日放送に中居と組んで勝利した木村・稲垣と、料理対決をすることになり、香取、草彅がオーナーの立場で行った。
  • 2006年7月10日放送は中居が流行性角結膜炎により欠席したため、代わりにオーナーは稲垣・香取が行い、木村vs草彅の対決になった。
  • 2007年1月1日放送のスペシャルでは、石原軍団渡哲也館ひろし神田正輝徳重聡)がゲスト出演。最初は通常通りの対決を行い、木村・稲垣ペアが勝利した。その後引き続いて、勝った木村・稲垣ペアと石原軍団(神田・徳重ペア)とで料理対決を行い、判定はSMAP・石原軍団全員がどちらかに札を上げる形で行った。この時西部警察の裏話に加え、石原プロモーションが制作した名物・炊き出しのプロモーションビデオを披露した。
  • 2008年1月14日放送の「生BISTRO SMAP」から中居がウィッグを被って登場。これは中居が当時、映画『私は貝になりたい』の役作りとして丸坊主にしたためだが、ウィッグを中居が気に入ったのか映画撮影が終了後もしばらく、2013年頃まではウィッグ姿で出演していた。そのため、この時期の中居は、ビストロとビストロ以外のコーナーで髪型が違っていた。
  • 2008年3月10日放送から「お友達ビストロ」がスタート。来店経験のあるゲストが親友を連れて来店する。紹介されるもう一人のゲストは放送本番まで明らかにされない。開始日には、泉ピン子シークレットゲストと来店。
  • 2008年10月20日放送分は全編BISTRO SMAPであった(ゲストは明石家さんま)。だが調理がすぐ終わる、トークの内容が自分が考えていたのと違う等、さんまが駄々をこね始め、終いには「動きません!」とゲスト席の床に寝転び、大の字になった。それをメンバー達は調理場で只々見上げて失笑していた。また、さんまの思い出のレモンソースを稲垣が試行錯誤して再現し、さんまが感心する場面もあった。
  • 2009年3月2日放送のゲストにベッキーとベッキーの実の母親が出演した。一般人の出演はもちろん、BISTRO SMAP初の親子出演となった(その後、2009年6月15日放送から、芸能人とその家族に招待状が送られる「ビストロ Invitation」として正式にコーナー化)。
  • 2009年4月23日に草彅が逮捕され、活動を自粛していた際には、SMAPやスタッフらの意向により通常放送そのものを自粛した為(総集編・特別編で復帰まで繋いだ)、BISTRO SMAP自体の放送が行われなかった(4月27日放送予定だった木下優樹菜三姉妹がゲストの回は草彅復帰後の6月15日に放送された)。
  • 2009年6月1日放送から、6週間ぶりにBISTRO SMAPが再開。爆笑問題をゲストに迎えたが、草彅の復帰を記念してか、ゲストとメンバーが同時に食事したり、ゲストの代わりに草彅が「おいし〜い!!」と言ったり、勝利した木村が久々に稲垣の腕に噛み付くシーンが再び見られたりと、珍しい場面がいくつかあった。
  • 2009年10月26日放送ではコーナー開始以来初となるジャニーズ事務所の後輩であるKinKi Kidsが出演[注 2]し、先輩であるSMAPのバックダンサーをしていた頃のトークで盛り上がった。また、これ以降ジャニーズ事務所所属の後輩タレントが出演するようになった。
  • 2010年9月13日放送から「格付けビストロ」と称した個人戦形式に移行。1人1品を作り、事前の抽選順に1人ずつ料理をゲストに提示、1品食べる度にゲストが暫定順位を付け、4人分食べ終えた時点で1位から最下位まで最終的な順位を決定。1位は通常通りのご褒美が、最下位は皿洗いのペナルティ。格付けビストロ開始に伴い、第1回からそれまで行われていた「みんなで試食」が廃止された。
  • 2011年5月23日放送からは再びグループ戦に戻った。それに併せて観覧席も新設された。
  • 2013年3月25日放送から「BISTRO SMAP 別館」が従来のグループ戦と共存する形でスタート。個人戦で、1人ずつカウンターで料理を振る舞い、オーナーや料理していないメンバーは、ゲストと企画・トークを繰り広げる。「別館」の最初のゲストは堀北真希
  • 関東地区では2013年9月29日放送の『SMAP GO!GO!直前SP』内で、昨年(2012年)春に収録をしながらも未放送となっていた回(ゲスト:三ツ矢雄二・戸田恵子竹下景子)を放送した。
  • 2014年3月24日放送では、『笑っていいとも!』のフィナーレを一週間前に控えたタモリが登場。その際に、タモリが「もう、誰も文句言わないよ」という言葉を草彅に言ったため、草彅が実に5年ぶりに禁酒を解禁した。そして試食の際にSMAP全員と乾杯をした。
  • 2014年7月27日放送の『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』内で、総合司会を務めるSMAP5人がゲストとして迎え入れられる「ごちそう BISTRO SMAP」が放送された。また、同日の『27時間テレビ サザエさんスペシャル』では事実上、当コーナーが登場した(これは、磯野家の近くにある公園で、SMAPメンバーが移動キッチン車で料理を作る内容があったため)。
  • 2015年5月11日放送から不定期で且つ番組開始20年目突入イヤー特別企画として、SMAPメンバーがゲストとして迎え入れられる「シャッフルBISTRO」がスタート(ゲストがSMAP自身というのは、FNS27時間テレビや総集編等を除くと放送開始以来、初めてのことである)。ゲストのメンバーは私服で登場した。オーナーは前回のゲストのメンバーが務める交代制。
    • 放送日・ゲスト・オーナーは以下の通り。
放送日 オーナー ゲスト
第1回 2015年5月11日 中居正広 草彅剛
第2回 2015年8月10日 草彅剛 香取慎吾
第3回 2015年11月16日 香取慎吾 木村拓哉
第4回 2016年2月8日 木村拓哉 稲垣吾郎
第5回     ※    稲垣吾郎 中居正広
  • ※「シャッフルBISTRO」は第5回のみSMAP解散騒動の影響で、行なわれていない。
  • 2016年2月15日放送以降はSMAP解散騒動の影響からか、スタジオの観覧が行われず、観覧の声のみ別日の収録となっていた[注 3]
  • 2016年12月19日放送をもって「閉店」。最終ゲストにはタモリが出演。この回はタモリとの共演の歴史を『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」でのメンバー初登場時や『FNS27時間テレビ』などの映像で振り返るなど、終始和やかなムードで進行し、『いいとも』終了から現在までの生活などについてトークした[1][2]。また「みんなで試食」が復活、6人でビールの乾杯も行われた。この際、香取がビールを何杯も飲み、「飲み過ぎだよ!」と中居が注意して笑いが起こる場面もあった[3]。コーナー最後のゲスト判定の際にタモリは「最終回だから、判定はいいでしょ」「おいしかったよ」「乾杯したら仲良し。勝敗はない」[1]とした。中居が粘り強く判定を求めるも、タモリは「俺はね、ずーっと判定ばっかやってきたんだよ。もうたくさんだ。判定なんかしたくない。俺は23の時から判定だけの人生だった。ここは判定したくないって時も判定してきた。そしてこの歳になったんだよ。もう俺は判定は飽き飽きだ。人生に判定なんかどうでもいいことだ」[2]という名言も飛び出し判定を断ると、中居も了承し(香取が「引き分けって言うか、ここまでスタートから(20年9ヶ月)支配人を務めてくれた、勝者は中居くん!」と話した)「どっちも美味しかった」[1]とのことで、前述の真野響子以来20年ぶり2度目の引き分けとなった。最後はタモリから全員に各メンバー全員の名前と『SMAP×SMAP』ロゴがついたバカラ (ガラス) 製の五角形型のオブジェが贈呈され[1][2][3]、20年9ヶ月にわたる歴史に幕を下ろした。なお、この日の放送の視聴率は16.3%(瞬間最高は18.6%。ともにビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録した[4]

政界人の出演[編集]

国会議員[編集]

政界からは、放送当時現職の国会議員として、1999年6月14日に小泉純一郎2000年7月9日に田中眞紀子2005年3月14日に安倍晋三2006年12月18日に杉村太蔵2008年2月18日に麻生太郎2013年4月22日に石破茂が来店している。なお、首相退任後の細川護熙1998年7月18日に出演している。

出演後に内閣総理大臣[編集]

小泉が来店した時は中居が「総理大臣にでもなっちゃうんじゃないですか?」と冗談で言い、それに対し小泉が「I'mソーリ」と洒落を言ってその場を笑わせていたが、それは1年10か月後に現実のものとなる。そして安倍も出演1年半後、麻生も出演7ヶ月後に内閣総理大臣に就任した。安倍は一度内閣総理大臣を辞任しており、辞任した5年3ヶ月後に再び内閣総理大臣に就任している(その3ヶ月前に自由民主党結党以来初となる党総裁に返り咲いている)。

地方首長[編集]

2003年9月22日には長野県知事の田中康夫が出演し、2007年秋、宮崎県知事東国原英夫がゲスト出演した際、「宮崎てげてげ音頭」が使用され、放送後視聴者からこの曲についての問い合わせの電話が殺到した。2008年3月31日には、大阪府知事に就任して間もない橋下徹が出演している(その後、大阪市長も歴任し、政界引退後の2016年9月5日放送分も出演)。2016年10月3日には、東京都知事の小池百合子が出演した。

外国要人[編集]

2010年2月22日の放送では、ソビエト連邦最後の最高指導者書記長大統領)だったミハイル・ゴルバチョフが来店し、独特のペースにメンバーは翻弄された。勝った木村・稲垣ペアにはゴルバチョフがその場でサインを入れたマトリョーシカ人形をプレゼントされた。

スポーツ人の出演[編集]

プロ野球選手やサッカー選手、競馬騎手など、スポーツ関係者がゲストとなる事例も多い。プロ野球選手が来店した際には愛用品や選手のサインをプレゼントされることが多く、野球ファンである中居はもらえない立場なので、よくおねだりする(後ろに隠しておいて持って帰ろうとしたこともあった)。中居は2003年2月17日の放送で、当時読売ジャイアンツ所属の清原和博からご褒美にサイン入りバットをもらったが、清原はサインを書く際に「中居」の「居」の字を「井」に書き間違えてしまった(後でマジックで上から書き直した)。競馬騎手は武豊などが出演した。

  • 2005年1月17日生放送の『SMAP×SMAP'05ワールド生放送SP』では和食料理店「BISTRO SMAP別館 割烹すまっぷ」を、試食判定ゲストに中日ドラゴンズ監督(当時)の落合博満東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督の田尾安志を呼び、生放送の12分間で調理を行った。注文時は(割烹という設定上)「喜んで」という挨拶だったが、香取は通常通り「ウィームッシュ」と叫んでしまった。しかし香取はそれをつられて言ってしまった草彅になすりつけ草彅がメンバーに指摘された。
  • 2006年3月13日放送では全員の試食時に荒川静香とSMAP全員での乾杯が行われた。また、2008年2月4日放送でも、試食の前にゲストである白鵬とSMAP全員での乾杯が行われた。
  • 2012年10月15日放送では、ウサイン・ボルトが出演。
  • 2015年11月2日放送では、ラグビー日本代表五郎丸歩選手と所属チーム(ヤマハ発動機ジュビロ)の清宮克幸監督が出演[5]
  • 2016年2月15日放送では、2016年1月場所に日本出身力士として10年ぶりに優勝を果たした、大相撲・琴奨菊夫妻と豊ノ島が出演[6]

記録[編集]

  • 記念すべき第一回のゲスト大原麗子。2009年8月3日に死去したため同年8月10日に第1回分が再放送された。
  • 史上最高齢のゲストは2008年4月14日の日野原重明96歳
  • 史上最年少のゲストは2016年5月2日の市川海老蔵の長男・堀越勸玄3歳[7]
  • 最多人数出演は、2010年1月4日放送のAKB48メンバーで48人
  • 最終回のゲストタモリ

ゲストでの最多来店[編集]

エピソード[編集]

  • 初期の放送では、ゲストの嫌いな食べ物の下調べがされなかったためか、シェフの調理する様子を見たゲストが「○○はあまり好きじゃないんです…。」などと言い、その発言にシェフが慌てて食材を変更するというシーンが見受けられた。初期の頃はSMAPよりも年齢が上のベテラン女優がゲストにくることがほとんどだった。
  • 現在の2チームに分かれて行うグループ戦の時は、正面から向かって左側に木村が固定で残りのメンバーが入れ替わっている。香取は正面向かって右側にいることが多い。この正面から向かって左側に木村が固定になっている理由としては、荒井昭博プロデューサーが「木村はカメラ映りを考えた時に、右から映した時と左から映した時を比べた場合、右から映した(つまり、キッチンは左側)ほうが暖かいから、木村は動かすな。」との指示の元、固定になった[8]
  • タモリビートたけし明石家さんまといった「お笑いBIG3」や所ジョージ島田紳助等、大御所芸人が出演するとその後のコーナーや翌週以降の放送の1コーナーにゲスト出演する事がある。
  • 稲垣の謹慎中からシェフとして参加していた中居は、メニューにバナナを必ず登場させており、それがきっかけで、番組内で加藤あいとのバナナのCMコントが制作されるまでに至った。
  • 2012年7月2日放送分では北村一輝栗山千明玉森裕太の『ATARU』出演者が来店、他局のドラマの最終回から間もない出演に、主演でもある中居は「(ドラマの)打ち上げから3日しか経ってないし、そもそもここフジテレビだし!」と苦笑いしていた。
  • 番組開始当初より、オーナーがゲストのオーダーを聞く際に「当BISTROにはメニューは一切ございません。お好きな料理を言っていただければ何でも作らさせていただきます。」という決まり文句を言っていたが、2009年頃から言わなくなり、すぐにオーダーを聞くようになった。
  • 番組開始当初より、ゲストによる試食終了後の判定までの間、トークを交えながら中居による「はい、みんなで試食でーす。」というコールのあと相手チームの料理をSMAP各メンバーが試食、中居は両チームの料理を試食していたが、格付けビストロ開始以降休止し、2011年5月23日放送分で従来のルールに戻されてからは完全に廃止され、SMAPメンバーが全員料理を食べる機会はほぼ無くなった。しかし、最後の来客時(2016年12月19日)にオーナーの中居が「それでは、まあタモさん、今日最後なんで、昔よくやってたんですけども『みんなで試食』っつって、みんなで食べましょう」と発言し、最後の営業日でシェフの試食が復活した。
  • コーナーのレシピ本が定期的に出版されていた頃は、ゲストにレシピ本をお土産として渡すのが恒例だった。レシピ本の出版が途絶えた現在ではその慣わしも無くなったが、「ビストロ Invitation」ではお土産(BISTRO SMAP特製の食器皿)が復活している。
  • かつては4人のトーナメントで「BISTRO KING決定戦」を行っていた(過去の成績は後述)。
  • 1996年7月29日放送分の真野響子がゲストだった回で真野が判定を渋ったため、コーナー史上唯一のドロー判決だった。後にも先にもドロー判決はその時の1回だけだったが、最終営業日である2016年12月19日放送分においてゲストのタモリによる計らいで真野以来のドロー判決となった。「全員勝者」というかたちでオーナーの中居を含め、5人全員にプレゼントが手渡された。

チーム形態[編集]

通常時の「BISTRO SMAP」の形態
時期 オーナー(MC) シェフ(料理人) ギャルソン(給仕人) 衣装
1996/4/15 - 1996/5/20 中居 木村チームvs 森チーム 香取 → 草彅 → 稲垣 木村チーム → 赤、森チーム → 水色地に黄色のタイ
1996/5/27(森ラスト) 木村・森vs草彅・香取 稲垣 木村と森は上記と同じ、草彅と香取は緑
森脱退以降 2人vs 2人 (廃止) 木村 + 1人 → 赤、残った2人 → 青または黄
稲垣謹慎期間中 1人
(週替り)
3人(個人戦) 中居 → 桃色、木村 → 赤、草彅 → 黄、香取 → 緑
稲垣復帰 - 2002/12/30 4人(個人戦) 中居 → 桃色、木村 → 赤、稲垣 → 青
草彅 → 黄、香取 → 緑
2003/1/13 - 2003/2/24 2人vs 2人
2003/3/3 - 2010/9/6 中居 木村 → 赤、稲垣 → 青、草彅 → 黄、香取 → 緑
2010/9/13 - 2011/5/16、5/30 4人(個人戦)
2011/5/23、6/6 - 2016/12/19 2人vs 2人
通常時と違う形態
放送日 オーナー(MC) シェフ(料理人) お客様(ゲスト) 備考
2005/1/17 中居 木村・稲垣vs草彅・香取 落合博満
田尾安志
BISTRO SMAP別館「割烹すまっぷ」。
衣装も和装で、普段の掛け声の「ウィームッシュ」の代わりに「喜んで」だった。
2006/2/6 中居 木村vs稲垣vs香取(個人戦) チャン・ドンゴン 草彅はインフルエンザで欠席。
2006/4/24 草彅・香取 木村・稲垣vsタモリ・中居 タモリ ゲストと対決[注 12]。アシスタントは中居、判定は草彅・香取が担当。
中居の衣装は桃色のコックコートではなく黒いエプロン。
2006/7/10 稲垣・香取 木村vs草彅(個人戦) 米倉涼子 中居は流行性角結膜炎で欠席。
2007/7/29 中居 木村vs稲垣vs草彅(個人戦) 香取慎吾 FNS27時間テレビ みんな なまか だっ! ウッキー!ハッピー!西遊記!』内の1コーナー。
総合司会を務めた香取がメンバーから初めてゲストとして迎えられた。
2010/1/4 中居 木村vs稲垣vs草彅(個人戦) AKB48 4時間24分の生放送。香取がインフルエンザで欠席したため個人戦に。
メンバーは通常衣装の一部に香取の物を着用した。
鳩山幸
2010/12/20 中居 木村vs稲垣vs草彅vs香取vs岡村隆史(個人戦) めちゃイケメンバー 岡村はコックの衣装と中居のイメージカラーである桃色の前掛けを着用。
2012/7/22 中居 SMAPチーム(香取・木村・稲垣)vsいいとも!チーム(タモリ・ベッキー三ツ矢雄二 笑っていいとも!レギュラーメンバー FNS27時間テレビ 笑っていいとも! 真夏の超団結特大号!! 徹夜でがんばっちゃってもいいかな?』内で「SMAP×SMAP 生でビストロやっちゃってもいいかな? いいとも!SP」を生放送した。
「残り6時間を頑張れる『団結ごはん』」をテーマにタモリと2度目のゲストと対決。
ゲストとしては、タモリは史上初2度目の登場でビストロのキッチンに立った。
アシスタントは『笑っていいとも!』から代表をして木曜レギュラーのベッキー・水曜レギュラーの三ツ矢雄二が登場した。
判定は『笑っていいとも!』全曜日レギュラー陣が担当。制限時間は約30分。
結果は11-4でチームのいいとも!チームの勝利。
勝ったタモリにはいいとも!女性陣からキスがプレゼントされた。
尚、中断の形で愛知県名古屋市豊明市にある中京競馬場からサマーマイルシリーズ 第1戦の第60回記念中京記念を放送した(解説・優木まおみ/実況・福原直英)。
2014/7/27 中居 坂上忍vs今田耕司馬場裕之ロバート)vs高橋尚子vs荒川静香 SMAP中居正広木村拓哉稲垣吾郎草彅剛香取慎吾 武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』内で「ごちそう BISTRO SMAP」を生放送した。
初のSMAPがゲストとして出演。
総合司会を務めるSMAPをもてなす為に、「このあとも元気でいられる料理」をテーマに坂上忍今田耕司馬場裕之が対決した。
また、上記のテーマで高橋尚子荒川静香が対決した。
判定はSMAPの5人が担当。
結果は4-1-0-0で今田耕司・馬場裕之の勝利。
勝った今田耕司・馬場裕之には『FNS27時間テレビ』のロゴTシャツ全色がプレゼントされた。
「シャッフルBISTRO」の形態
放送日 オーナー(MC) シェフ(料理人) お客様(ゲスト) 備考
2015/5/11 中居 木村vs稲垣vs香取(個人戦) 草彅剛 「シャッフルBISTRO」の第1回目のゲストとして、草彅剛が出演。
「草彅剛に食べさせたい料理」をテーマに木村拓哉と稲垣吾郎と香取慎吾が、1人ずつの3人で対決した。
結果は木村拓哉の勝利。
2015/8/10 草彅 中居vs木村vs稲垣(個人戦) 香取慎吾 「シャッフルBISTRO」の第2回目のゲストとして、香取慎吾が出演。
「香取慎吾に食べさせたい料理」をテーマに中居正広と木村拓哉と稲垣吾郎が、1人ずつの3人で対決した。
中居正広が、2006年以来の9年ぶりにシェフとして出演した。
同じく、草彅剛が、2006年以来の9年ぶりにオーナーとして出演した。
結果は稲垣吾郎の勝利。
「おいしいリアクション」は稲垣吾郎が担当。
2015/11/16 香取 中居vs稲垣vs草彅(個人戦) 木村拓哉 「シャッフルBISTRO」の第3回目のゲストとして、木村拓哉が出演。
「木村拓哉に食べさせたい料理」をテーマに中居正広と稲垣吾郎と草彅剛が、1人ずつの3人で対決した。
香取慎吾が、2006年以来の9年ぶりにオーナーとして出演した。
結果は稲垣吾郎の勝利。
「おいしいリアクション」は稲垣吾郎が担当。
2016/2/8 木村 中居vs草彅vs香取(個人戦) 稲垣吾郎 「シャッフルBISTRO」の第4回目のゲストとして、稲垣吾郎が出演。
「稲垣吾郎に食べさせたい料理」をテーマに中居正広と草彅剛と香取慎吾が、1人ずつの3人で対決した。
木村拓哉が、2003年以来12年ぶりにオーナーとして出演した。
結果は香取慎吾の勝利。
「おいしいリアクション」は草彅剛が担当。

BISTRO KING決定戦の成績[編集]

放送日 KING ゲスト
第1回 1996/9/30 稲垣吾郎 宍戸錠斉藤由貴周富徳
第2回 1997/3/24 木村拓哉 木の実ナナ萩原流行道場六三郎
第3回 1997/9/29 稲垣吾郎 宮本信子伊丹十三服部幸應
第4回 1998/10/5 木村拓哉 貴乃花小林カツ代
第5回 1999/4/5 香取慎吾 橋田壽賀子赤木春恵尾崎将司
第6回 1999/10/4 木村拓哉 千代大海深田恭子周富輝
特別編 2000/7/9 草彅剛 田中真紀子
第7回 2002/9/23 木村拓哉 木梨憲武RIKACO中井貴一
第8回 2004/11/29, 12/6 稲垣吾郎 KONISHIKI武蔵丸親方W辻希美加護亜依
  • 特別編は2000年の27時間テレビの中の「生ビストロSP」。
  • 第7回は中居も交えての5人のトーナメントでの勝負。

レシピ本[編集]

このコーナーを基にしたレシピ本が放送開始の1996年から不定期に発売されている。

発売日 タイトル
第1弾 1996/12/25 ビストロスマップ 完全レシピ
第2弾 1997/12/20 ビストロスマップ KANTANレシピ
第3弾 1998/12/20 ビストロスマップ 美味しいレシピ
第4弾 2000/1/31 ビストロスマップ からだにいいレシピ
第5弾 2001/3/20 ビストロスマップ 新世紀こだわりレシピ
第6弾 2002/6/30 ビストロスマップ かならずできる!!レシピ
第7弾 2003/12/17 ビストロSMAPレシピ7th★Victory&Quick
第8弾 2011/6/21 BISTRO SMAP おうちで簡単!ビストロスマップ

歴代セット・調理場[編集]

  • 1996年4月15日 -
    初代。
  • 1996年10月21日 -
    河田町の旧フジテレビ本社スタジオ最後のセット。
  • 1997年4月21日 -
    TMCスタジオへ移転後最初のセット。
  • 1998年4月13日 -
    途中1999年1月より、料理完成前の中居とのトーク時にゲスト名の書かれたネームプレートを置くようになる。
  • 2000年3月13日 -
    デザインリニューアル。
  • 2001年4月23日 -
    青と白を基調としたデザインにリニューアル。
  • 2002年4月22日 -
    デザインリニューアル。窓の外に高層ビルがある。
  • 2003年4月14日 -
    デザインリニューアル。中二階が設置された(ゲストとの料理完成前のトークスペース)。
  • 2004年4月19日 -
    デザインリニューアル。中二階がなくなり、ゲストとのトークスペースが再び2階に。
  • 2005年5月9日 -
    デザインリニューアル。
  • 2007年10月22日 -
    建築家のアントニ・ガウディの作品をモチーフにしたデザインにリニューアル。[9]
  • 2010年5月10日 -
    建築家のフランク・ロイド・ライトの作品をモチーフにしたデザインにリニューアル。[10]
  • 2011年5月23日 -
    湾岸スタジオへ移転後最初のセット。デザインはそのままに、初めて2階建てから1階建てへリニューアル。通常のBISTRO SMAPにおいて初めて観覧席が設置された。
  • 2013年10月14日 -
    白を基調としたデザインにリニューアル。観覧席が設置されてから2代目のセット。初登場は2013年9月30日放送の『SMAP GO!GO!』内のBISTRO SMAP。

コラボレーション[編集]

2012年から2015年まで、毎年10月ごろにセブン&アイ・ホールディングス[注 13]とのコラボレーションによる商品が発売された。同グループのセブン-イレブンイトーヨーカドー西武百貨店池袋本店において期間限定で発売されている。発売直前には、開発や試食の模様が番組内で放送されている。

各年内容[編集]

2012年[11]
  • 木村プロデュース「贅沢W(ダブル)ソースオムライス」
  • 稲垣プロデュース「こだわりW(ダブル)ドレッシングサラダ」
  • 草彅プロデュース「彩り具材と豆乳仕立てのクリームドリア」
  • 香取プロデュース「マンゴーオレンジ仕立ての濃厚杏仁
2013年[12]
  • この年から中居プロデュースのメニューが追加された。
  • 中居プロデュース「具(ぐ)〜んとたっぷり!!しょうが焼きおむすび」
  • 木村プロデュース「ミートソースの和風仕立てオムライス」
  • 稲垣プロデュース「ハンディラップサラダ(チキン&ベーコン)」
  • 草彅プロデュース「スモークサーモンとレモンクリームのパスタ」
  • 香取プロデュース「苺みるく大福」・「キャラメルムース&香りとコクの珈琲ゼリー」
2014年[13]
  • 中居プロデュース「ど〜ん!と大きなチーズ焼つくね」
  • 木村プロデュース「麻婆&海老チリ炒飯」
  • 稲垣プロデュース「バジルソースのアボカドチキンサラダロール」
  • 草彅プロデュース「18種具材のミネストローネスープパスタ」
  • 香取プロデュース「お餅で包んだ苺レアチーズ」・「マンゴージュレ&ムースブラン」・「ショコラプリン&ムースオランジュ」
2015年[14]
  • 中居プロデュース「ラー油入味噌を添えた豚汁うどん」
  • 木村プロデュース「Wソースカレー(キーマ&チキン)」
  • 稲垣プロデュース「3種のレタス&タコスミートサンド」
  • 草彅プロデュース「生姜香る!根菜ご飯で仕立てた鮭むすび」
  • 香取プロデュース「いちごしょこら大福」・「苺ソースのクレームダンジュ」

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現に現在でも『味いちもんめ』はスペシャルドラマが不定期で放送されている。
  2. ^ 『SMAP×SMAP』全体では生田斗真薮宏太がそれぞれ2007年、2009年に出演
  3. ^ 2016年2月15日放送直前の2016年2月13日に放送された『めざましどようび』では観覧の声が追加される前の予告映像が流れた
  4. ^ 1回目=2001年9月、2回目=2002年2月4日、3回目=2004年9月27日、4回目=2008年11月10日、5回目=2009年6月1日、6回目=2010年7月26日、7回目=2012年1月9日
  5. ^ 1回目=2001年11月12日、2回目=2003年5月26日、3回目=2005年5月16日、4回目=2009年3月16日、5回目=2009年6月29日
  6. ^ 1回目=1998年3月2日、2回目=2002年1月7日、3回目=2005年6月27日、4回目=2006年1月9日、5回目=2007年7月16日、6回目=2011年10月24日、7回目=2012年9月3日、8回目=2015年9月14日
  7. ^ 1回目=2001年5月21日、2回目=2003年1月27日、3回目=2008年1月14日、4回目=2010年11月8日、5回目=2011年10月24日、6回目=2015年8月3日、7回目=2016年6月6日
  8. ^ 1回目=1997年4月7日、2回目=2000年1月3日、3回目=2006年11月13日、4回目=2007年9月3日、5回目=2011年9月5日、6回目=2015年7月13日
  9. ^ 1回目=2000年2月28日、2回目=2006年1月23日、3回目=2010年5月10日、4回目=2011年9月12日、5回目=2013年5月20日、6回目=2015年11月9日
  10. ^ 1回目=2002年9月9日、2回目=2004年1月19日、3回目=2006年7月17日、4回目=2007年1月29日、5回目=2013年11月25日、6回目=2014年10月6日
  11. ^ 1回目=2001年4月30日、2回目=2002年6月17日、3回目=2006年7月10日、4回目=2011年9月19日、5回目=2014年7月28日、6回目=2016年3月14日
  12. ^ ちなみにビストロのキッチンに立ったことのあるゲストは他に倖田來未島田紳助細木数子などがいる(対決はしていない)。
  13. ^ 以前SMAPがCMに出演していた、また番組の提供スポンサーでもある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d “最後の「ビストロスマップ」判定下さず幕 ゲストのタモリ「最終回だから、いいでしょ」”. オリコン. (2016年12月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2083303/full/ 2016年12月20日閲覧。 
  2. ^ a b c “最後の『ビストロ』はまさかの判定なし!タモリからSMAP全員に“五角形”のプレゼント”. サンケイスポーツ. (2016年12月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161219/joh16121923290003-n1.html 2016年12月20日閲覧。 
  3. ^ a b “スマスマ最後の「ビストロ」は"判定なし" - タモリ「乾杯したら仲良し」”. マイナビニュース. (2016年12月20日). http://s.news.mynavi.jp/news/2016/12/20/031/ 2016年12月20日閲覧。 
  4. ^ スマスマ最後のビストロ 16・3%で有終の美 タモリが来店 スポーツニッポン、2016年12月20日
  5. ^ “五郎丸選手&清宮監督、ビストロSMAPに初来店 プレースキック対決も”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年10月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2061474/full/ 2016年1月6日閲覧。 
  6. ^ “琴奨菊夫妻、スマスマにゲスト出演!豊ノ島も参加”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年2月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160212-OHT1T50158.html 2016年2月15日閲覧。 
  7. ^ 勸玄君、ビストロSMAPに最年少出演”. デイリースポーツ (2016年4月25日). 2016年5月2日閲覧。
  8. ^ TOKYO-FM木村拓哉のWhat's UP SMAP!」2007.6.29放送分
  9. ^ 週刊TVガイド「週刊スマスマ新聞」2008年1月18日号より
  10. ^ 週刊TVガイド「週刊スマスマ新聞」2010年5月21日号より
  11. ^ http://www.sej.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/pdf/2011/201210152.pdf
  12. ^ http://news.mynavi.jp/news/2013/10/22/007/
  13. ^ http://www.sej.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/pdf/2011/BistroSMAP.pdf
  14. ^ http://www.sej.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/pdf/2011/2015bistro2.pdf

関連項目[編集]