亀山千広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かめやま ちひろ
亀山 千広
生誕 1956年6月15日(60歳)
静岡県三島市
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科[1]
職業 フジテレビジョン代表取締役社長

亀山 千広(かめやま ちひろ、男性、 1956年6月15日 - )は、日本のテレビプロデューサー映画プロデューサー実業家フジテレビジョン代表取締役社長、フジ・メディア・ホールディングスポニーキャニオンフジパシフィックミュージック東映アニメーションおよびフジアール取締役も兼務する。

略歴[編集]

静岡県三島市出身。静岡県立韮山高等学校早稲田大学政治経済学部政治学科卒業[1]

大学在学中に三島在住であった映画監督五所平之助(当時日本映画監督協会理事長)の書生を務め、映画製作を経験。五所の助言によりテレビ業界を志す[2]。元読売テレビ解説委員の辛坊治郎は早稲田大学の同期であり、共に同じ年にフジテレビを受験している。

1980年、フジテレビ入社。同期には『報道2001』元キャスターの黒岩祐治(現神奈川県知事)と『ニュースJAPAN』元キャスターの松本方哉がいる。

入社後すぐに編成部に所属。1983年には映画『南極物語』のキャンペーンでタロとジロの世話係であった[3]

1986年10月からの『タッチ』第4部(上杉達也3年夏の甲子園編。この時の直属の上司は1980年代にアニメ・テレビドラマなどに多大な影響を及ぼした岡正)を手始めに、アニメ版『陽あたり良好!』(1987年)、『季節はずれの海岸物語』(1988年)、『スワンの涙』(1989年)、『いつも誰かに恋してるっ!』(1989年)、『花迷宮-昭和異人館の女たち-』(1990年)など、ドラマやアニメの企画・プロデュースを手がける。なお、フジテレビ入社から現在に至るまでディレクター・監督として演出を務めた経験は一切ない。

1990年4月にテレビドラマを作る第一制作部(現ドラマ制作センター)に移り、月9など、テレビドラマのプロデュースを手がける(下記参照)。1994年正月には『あおげば尊し 先生、元気ですか! 一緒に笑って、泣いたあの時を私たちは忘れない たくさんの愛の思い出をありがとう…』の総合プロデューサーを務める。

1997年7月、自らも最終話に出演した『踊る大捜査線』のヒットで編成部に部長として復帰[4][5]。1999年には関連番組である『愛する二人別れる二人』のやらせを黙認していた事が発覚、同番組は打ち切りになっている。 2001年10月には編成制作局長に。2002 FIFAワールドカップの日本vsロシア戦の放送権を引き当て、「神の手」ならぬ「亀の手」と呼ばれる。この試合はサッカー日本代表にとって2002FIFAワールドカップ本戦での初勝利の試合となり、視聴率も平均66.1%、瞬間で81.9%を記録した。

2003年7月、新設された映画事業局の局長に就任。2006年6月には執行役員、2010年6月には取締役、2012年6月には常務取締役とフジ・メディア・ホールディングス取締役に就任[6]

2004年夏の『お台場冒険王2〜レインボーブリッジは封鎖するな!!〜』では初イベントプロデューサー。2005年にはフジテレビ映画事業は日本で一番の利益率を誇り、全邦画興行収入の約30%を占めるほどであった。この収入はフジテレビ全体の収入にも貢献しており、フジテレビは史上最高益を記録した。

2012年1月17日、ベンチャーキャピタル事業の新会社「フジ・スタートアップ・ベンチャーズ」の代表取締役に就任した。

2013年6月27日、豊田皓の後任として、第9代フジテレビ代表取締役社長に就任した[7]

2013年10月、視聴率低迷に悩むフジテレビの抜本的大改革のため、看板番組で2014年春改編で32年間の長きに渡り続いた長寿生放送番組の『森田一義アワー 笑っていいとも!』の番組終了を決断。それを皮切りに毎年長寿番組を次々と終了させていった。

2015年の“LIFE is LIVE”と銘打った春改編に際しては、「テレビそのものがライブ感を持っていなくてはいけない」との決意を示した[8]。21年続いていた長寿報道番組『ニュースJAPAN』と17年続いていた報道番組『FNNスーパーニュース』の2本を打ち切り、更に2016年春改編には、31年続いた平日昼のライオン1社提供番組(『ライオンのいただきます』→『ライオンのごきげんよう』)と52年続いた『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』を廃止して15時間連続生放送(11時台の5分番組を除く)[9]を実現し、15年続いていた夜のスポーツニュース番組『すぽると!』を打ち切ったが効果は上がっておらず、2016年春頃からは全日時間帯視聴率でもTBSを下回ることが多くなった。

人物[編集]

  • 「逃亡者」「パ★テ★オ」では、音楽制作を伝説のスタジオミュージシャンニッキー・ホプキンスに依頼し、彼の晩年の製作活動を支えた。

世界の亀山モデル[編集]

亀山が「制作」としてクレジットされている映画を称して言う。オリジナルはシャープアクオスの宣伝フレーズ(三重県亀山市にあるシャープ亀山工場にて製造)から。テレビや広告で大規模な宣伝を行うことによって半ば強引にヒットを生み出すことを指して、世界の亀山モデルと揶揄されることもある[10]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

プロデュース[編集]

企画[編集]

テレビアニメ[編集]

プロデュース[編集]

映画[編集]

製作[編集]

T.R.Y.』(2003年公開)、『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(『踊る大捜査線 BAYSIDE SHAKEDOWN 2』)と『交渉人 真下正義』、『容疑者 室井慎次』(2005年公開)を除き、2002年7月以降のフジテレビ製作映画は「製作」として関わっている。 映画事業局には、少数精鋭の企画プロデューサー(関口大輔臼井裕詞)がおり、彼らが中心となって亀山の映画戦略を支えている。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]